The following two tabs change content below.
中村 寿
料理の世界に魅了され35年。更なる飛躍を求めて現在の会社にヘッドハンティングされ日々先生と呼ばれ、うなぎの技術を職人にに教えています。 しかしながら現在の自分に満足できず、最近ではこのネットの世界にも可能性や未来を感じ料理の技術やらレシピ更には、雑学だったり、マナーそして、美を情報発信したくなり、この35年の経験を紹介しています。
中村 寿

最新記事 by 中村 寿 (全て見る)

13920372_1087043534706586_280235807857664486_o

charisma_logow

中村 寿

和食歴35年の職人

料理の世界に魅了され35年
更なる飛躍を求めて現在の会社にヘッドハンティングされ日々先生と呼ばれ
うなぎの技術を職人にに教えています。

しかしながら、現在の自分に満足できず最近では
このネットの世界にも可能性や未来を感じ料理の技術やらレシピ
更には、雑学だったり、マナーそして、美を情報発信したくなり
この35年の経験を紹介しています。

ひらめきや なるほど!が満載の料理が楽しくなる発信です。


__________________________

なたとあなたの大切な人の為に料理してみませんか?
__和食歴35年の職人中村  寿です__
__________________________

 


 

<プロフィール>

料理の世界に魅了され和食の世界に入り既に35年
1964年1月29日生まれ52歳山梨出身 中村 寿と言います。

現在、私は都内に単身赴任中でして全国に約400店舗 海外にも数店舗 
京都ではミシュランの星を獲得している企業でうなぎの職人として
都内のお店でうなぎを日々焼きながらグループ店舗の和食の料理人に
うなぎを教えています。

 

<どうして板前になったのか>

はじめて料理したのは小学校2年位だったと思います。
当時私は親戚が名古屋で経営しているうなぎ屋さんで父が職人をしていましたので
母もそこで、お手伝いをしていたため、妹と家に留守番していることが多かったのです。

ある日、お店が忙しく私達の食事の支度が出来なかったのでしょう
いつもなら、母がごめんね、これを食べて留守番していてね~っと来るのですが
いつまで待っても来なかったんです。そこで私は炊いてあったごはん、
炊飯器の中に卵を入れて醤油等で味をつけ妹と食べた。これがはじめての料理?でした。


食べて、寝てしまった私達に翌朝、母が、優しく良く出来たね!ごめんね!頑張ったねと
言ってくれたのが今考えるとこの料理の世界に入ったきっかけだった様な気がします。
もちろん、父も職人でしたので背中を見て育った影響もあると思います。

そこから、父が実家の農業を継ぐため山梨に移り少年野球に始まり
中高校でバレーボールにあけくれインターハイにも出たほどでしたが高2夏に
腰の骨にひびが入り引退をする様な感じになりそこから飲食店にバイトで入り
和食に魅了され修行に入りました。

とにかく、誰にも負けないんだと思い
日々少しでも早く丁寧に仕事をこなし。
次の仕事を親方から貰うため頑張っていました。
よく私は今、若い人に今自分が作れなくてもいいからおいしい物を食べなさい。
そして、日々の美しい物を見つけなさいと必ず言います。

おいしい物を食べてその味を知らないとそれよりもおいしい物が作れないからです。

それと同じに季節を感じたりきれいな物を知らないとせっかく作った料理が
どんなに高く凄い器に盛り付けても美味しくみえないのです。

お客様を迎える時もそうです。石畳道に水が何気なく打ってあったり、
季節の草花が何気なく咲いている。

そこから、料理が既にはじまっているのです。ただし、演出し過ぎては駄目なのです。

自然が一番です。

とにかく、私はこの料理は勿論ですがこの美を一生追求していくと思います。

 

<バイトなのに物流業の営業所所長>

修行して4年目、父がある日、お店をオープンさせるからと突然
21歳の時、地元山梨にうなぎ割烹店を父と一緒にオープンさせました。

バブルの影響もあり非常に繁盛しました。
そこから、26年目父と意見が合わず、独立し支店を出しました。

ところが、父が持病の糖尿を悪化させ店に戻ることになり
1年で閉める事になってしまいました。
ここでの借金それと、自宅を新築させたので5000万借金が。。。。

そこで、店を手伝いながら運送業のバイトを始めました。
主に山崎製パンの物流の70%をグループで請け負っている会社でした。
ここでは、半年でなんと!山梨の営業所をバイトなのに任せられました。

なぜか?社長に気に入られたのです。しかし、トラックやさんです
任せられた当初は、やんちゃな人ばかりで酷い会社でした。

それを端から首にして新しく人を入れ人を教育しマインドを強化し
荷主から信頼される営業所に半年で変えました。
今思い出すと非常に険しく大変でした。

全国で約5000人の会社でしたがその中で全営業所100以上ある中で
トップ10の業績を上げることが出来ました。
始めは、バイトでしたが、しぶしぶ任せられてから半年後社員になり
物流のノウハウを学ぶ事が出来ました。

今思えばここでの経験が今の職人にうなぎを教えるという事に非常に
役立っていると思います。


<現在、先生と呼ばれ>

そして、改めて私は今料理の世界に魅了され35年
更なる飛躍を求めて現在の会社にヘッドハンティングされ日々先生と呼ばれ
うなぎの技術を職人にに教えています。

しかしながら、現在の自分に満足できず最近では
このネットの世界にも可能性や未来を感じ料理の技術やらレシピ
更には、雑学だったり、マナーそして、美を情報発信したくなり
この35年の経験を紹介しています。

ひらめきや なるほど!が満載の料理が楽しくなる発信です。

 

*********************
こんな感じの私ですが、Facebookコミュニティーを開いています。
興味のある方は参加してくださいね
料理に少しでも興味があれば自分自身のスキルUPになると思いますよ。
一緒に楽しみながら料理しませんか?

https://www.facebook.com/nakamura.hisashi

SNS LINK

OTHER CHARISMA

この記事を書いた人

中村 寿
中村 寿
料理の世界に魅了され35年。更なる飛躍を求めて現在の会社にヘッドハンティングされ日々先生と呼ばれ、うなぎの技術を職人にに教えています。
しかしながら現在の自分に満足できず、最近ではこのネットの世界にも可能性や未来を感じ料理の技術やらレシピ更には、雑学だったり、マナーそして、美を情報発信したくなり、この35年の経験を紹介しています。
Simple Share Buttons
Simple Share Buttons