The following two tabs change content below.
北村 信樹
18歳から商売一筋で、勤めに行かず商売に明け暮れていました。 ですが、労働時間の長さがたたり過労で脳神経を患ってしまいまいました。 その時に左半身麻痺の後遺症が残ってしまって、貯金はないし、仕事もできない状態に陥ってしまいました。 なんとか生計を立てる為に、商売の合間にしていたバイナリーオプションという投資を研究しなんとか生計を立てれる様になり、今では投資で生活しあとの余った時間で、左半身麻痺のリハビリに励んでいます。
北村 信樹

最新記事 by 北村 信樹 (全て見る)

A photo by Roman Kraft. unsplash.com/photos/bW-x0hJM6G4

charisma_logow

dsc_0059

北村 信樹

バイナリーオプション&FXデイトレーダー

北村信樹の簡単な経歴

バイナリーオプションで片手間に稼ぎ自由に生きる左半身麻痺トレーダー
1980年生まれの36歳。大阪府大阪市出身。ファイナンシャルプランナー(AFP)取得
現在は滋賀県在住。

2015年の9月に過労で倒れ瀕死の状態で搬送され、

左半身マヒの後遺症が残ってしまった。

仕事が出来ない状態になり、今まで数々の商売をしてきましたが、その合間に
バイナリーオプション・FXの勉強や実践をしてきた経験うを活かし
バイナリーオプション・FXが、時間を自由に作れ生計を立てれると確信しました。
ですので今は、バイナリーオプションとFXで生計を立てリハビリに励んでいます。

18歳の時に友達に誘われ毛皮の販売事業を立ち上げ好調に見えた販売も長くは続かず

先細りになってしまった。

この経験が私に商売の楽しさに目覚め様々な商売をしていく。

 

・毛皮の販売(展示会事業)

・風俗営業のお手伝い(運転手)

・出会い系BOOK販売事業

・合法ドラックの販売

・風俗店経営

・電気工事株式会社経営

・移動販売=石焼き芋屋さん

・花火大会の出店(焼き鳥屋)

・店頭販売(かき氷・やきとり・しそジュース・からあげ)
ときにはお金がなさすぎて、ガスと電気が止まり真っ暗で、シャワーも水だけという日々を

中2週間ほど過ごした経験もあります。

こんなことが、有っても定職には就かず商売で生計をたてていました。
自分を信じ、自分は成功できると本気で思い商売をする毎日です。
その時に助けてくれていたのが、今の嫁です。
とはいえ、私は商売をやり続けました。
1日に働く時間は、17時間以上 睡眠は2時間

焼き芋のサツマイモを仕入れに、朝早く中央市場に行き

そのまま、許可をもらっている。売り場に向かいます。

朝は病院の前で、焼き芋を売り、夜は終電がなくなり人通りがなくなるまで

駅前で売っていました。

 

この激務がたたりついに過労で倒れてしましました。

 

気が付いた時は、ベットの上です。

今の嫁(当時は彼女です)が覗きこんでいたのです。私はわけがわからず彼女に近寄ろうとしました。

ですが、身体が動かないのです。

どうも脳神経を痛めてしまったようで全身が動かなくなっているとのことでした。
先生には、動くことが出来る様にはならないかもしれないと言われましたが、

毎日動くようにと必死でがんばり、左半身マヒは残ったもののなんとか動けるようになりました。

倒れて気づいたのです。自分の体をすり減らして商売ばかりしてそれがなんなのだと!?

時間もない。お金もそこそこで。意味があるのかと。彼女の泣く姿がとても切なく感じました。
そうだ、在宅で仕事すればいいじゃない

在宅で仕事をしていれば、今度家族ができたときは常にいっしょにいられるし、

そこでお金を稼いでれば時間的にもゆとりがもてる。これが私の至った結論です。

昔から、FXをやったりバイナリーオプションをやったりと投資を勉強していました。
「投資で生活していけばいいんじゃね!?」
まずは、商売道具をすべて売却し車も売却し資金を作りました。
バイナリーオプションで、毎月30万ぐらいの利益を重ね。

 

生活が安定してきたので、2016年1月1日に今の嫁と入籍しました。

DSC_0227
私のライフスタイルは、投資という仕事をしていく

自営業者になったのです。バイナリーオプションでは、たった5分の取引で4万円を稼ぐことができます。

5分で、4万円の利益ですから、30万でしたら約40分間で達成してしまいます。

残ったあとの時間を自分の自由な時間なのです。

私の場合は、色々な病院や接骨院に行きリハビリに励んでいきます。
やることがなさすぎたので、Facebookに取引動画や実績を載せるようになりました。

そして現在は、FXでも利益をあげれるようになりました。

今後は、新しい家族がほしいと思っています。

 

投資を仕事にしている以上、タックスヘイブンへの移住を考えています。
狙っているのは、ドバイですね^^

治安もよく、発展途上の良い国です。

Dubai_Emirates_UAE_442993

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私の根底にある価値観 「自分を信じる」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の根幹にある価値観を知ってもらったほうがいいと思うので公開します。

私は常に「自分を信じる」ことを考えています。そして人の事も信じます。

基本的に信じないことができません。

 

ただ、ここで勘違いしてほしくないのは「自分を信じる=自己中心的」じゃないということです。

自分を信じていても、その事によって他人を傷つけていいわけじゃない
・他人の為になることをする。

・他の人の笑顔の為に自分を信じる

・自分の信念をはっきり持っておく

・他人の目はきにしない
自分を信じれない人が、他人に信じてもらえるわけがない。だが、他人の目や意見を機にし過ぎても

自分のライフスタイルは作れない。他人を信じつつ、自分の信念を貫き通す。

他人に流される方が楽かもしれないが、それが自分の人生といえるのでしょうか?

他の人の信念を、応援できる自分を作れば、自分の信念も他人の信念も素直に受け止めることが

出来ます。

 

北村信樹は、そんな人生観でものごとを考え、いい意味でも悪い意味でも自分を信じてる私の様子を

書くことで、自分を信じ他人を信じ前向きになってくれる人がたくさんできたら最高に嬉しいです。
ーーーーーーーーーーー
改めてごあいさつ
ーーーーーーーーーーー

はじめまして!FB
私に興味をもっていただきありがとうございます。北村信樹です。
私は、18歳のころから、商売をし過労で倒れ左半身マヒの後遺症が残ってしまったことを

きっかけに、投資で生計を立てるライフスタイルをはじめました。
①身体が不自由でもできるのが投資です。

②時間と場所に捕らわれない仕事場

③そして家族を守っていく

という3つのすべてを実現するライフスタイルが、移動をとことん減らし、在宅ですべてを

こなすデイトレーダーという生き方でした。まずは、身体を直し旅行したり海外移住をするという事を

目指してリハビリに励んでいます。

そしてほとんどやることが無くなってしまったので、やることを決め増やしました。
・取引の画像解説

・その画像解説の動画を作成

・実績の投稿

・FXでも実績の投稿

・自由な時間を使ってプライベート投稿

・自分の信じている世界観を投稿

・読者のメッセージやコメントに返信

・投資の知識を増やす

・毎月の生活費の確保
などを、日々することに決めました。もちろん、すべて在宅で、です。

投資というのは、会社と同じです。

会社では、社長が社員に指示を出して利益を出しています。

投資では、自分が指示した取引をし利益を出します。

まったく同じですよね。

 

もちろん、会社と同じで投資でも利益を出す戦略・手法・リスク管理が必要になります。

ただ単に根拠もなく投資しているだけでは、ギャンブルと同じになってしまいますので、

しっかりとした取引の指示を出さないと、会社と同じで経費倒れで倒産してしまいます。

投資では、資金がなくなってしまうということです。

 

利益を出せる指示ができるように日々勉強し観察し努力が必要だということですね。

相することによって、資金がなくなってしますリスクやギャンブル性はなくなります。

さらにもっともっと自分のライフスタイルを自由にコントロール出来るのです。
「どうすればもっと自由に、より家族の為になるのかを考える」をテーマに、

どこにいても家族とともに生活し続けられるのライフスタイルとワークスタイルの構築を続けています。
もともとは、「商売で成功しよう」というコンセプトで実践していましたが、

最終的に目指すものは必ずしも「商売・投資」を続けることではなく

「好きな時間に好きな場所で好きな人と一緒にいられること」にあります

お金の自由はもちろんですが、語学や金融リテラシーなど、必要な要素はさまざまです。
そういった資産的な力をひとつずつ獲得し、どこにいても暮らしていける状態を獲得することが、

私のの目指す「自由」です。
今後は海外へ拠点を移す予定です。

banner_b

ピックアップ

td_bn canbn takepon himegoahn temari naoki animal
キャンペーン

gold

SNS LINK

OTHER CHARISMA

この記事を書いた人

北村 信樹
北村 信樹
18歳から商売一筋で、勤めに行かず商売に明け暮れていました。
ですが、労働時間の長さがたたり過労で脳神経を患ってしまいまいました。
その時に左半身麻痺の後遺症が残ってしまって、貯金はないし、仕事もできない状態に陥ってしまいました。
なんとか生計を立てる為に、商売の合間にしていたバイナリーオプションという投資を研究しなんとか生計を立てれる様になり、今では投資で生活しあとの余った時間で、左半身麻痺のリハビリに励んでいます。
Simple Share Buttons
Simple Share Buttons