The following two tabs change content below.
武原 夏子
玉川大学農学部卒。元・日本不耕起栽培普及会理事・事務局長。不耕起移植栽培や田舎暮らしの技術や楽しみを教え、農産物の差別商品化や売上増加コンサルをしています。手作り、田舎の食や暮らしが大好き。伝統食大好き。農家のじいちゃんばあちゃん大好き。都会暮らしでは、命と精神が縮んでしまう。ずっと満員電車に乗らず、朝に出勤しない生活を望んできたら、そうなった。2017年まで田舎暮らしや農業、手作りを実践。ナチュラリストでも何でもないのに、化学物質過敏症、合成添加物過敏症、合成洗剤アレルギー、シックハウス症候群。さらには、憑依体質。自然や宇宙とのつながりについて、いつも考えています。

banner_b
☆☆☆田舎暮らし・農業の始め方・手作りライフをインターネットで学びましょう。私と一緒に始めませんか?☆彡

 

※記事文末にて、玄米レシピをプレゼント中!


不耕起栽培の苗つくりの準備


 

インターネットで学ぶ講座

「ローカルライフきらめき」では、

毎月、田舎暮らしや農業を始めるためのワーク

手づくりを学ぶワーク、

不耕起移植栽培を学ぶワークを行っています。

 

2月の不耕起移植栽培のワークは、

1年間の田畑での栽培計画づくりと、

種まきまでの作業について学びます。

 

 

関東以西の不耕起栽培農家では、2月に入ると、

不耕起移植栽培の苗つくりの準備が始まっています。

 

この時期の作業は、次の通りです。

 

・禾取り(のぎとり)

もみ殻に生えている毛を取る

農業の専門用語では脱芒(だつぼう)といいます。

 

・塩水選(えんすいせん)

種もみを塩水に入れて、

比重で良い種だけをより分ける

 

・温湯消毒(おんとうしょうどく)

選別した種もみをお湯で殺菌する

 

・浸種(しんしゅ)

冷たい水に種もみを一定期間漬けて、

アブシジン酸を除去する

 

 

浸種の作業は稲の品種により日数が異なります。

 

コシヒカリなどアブシジン酸が多い品種は

約20日間、浸種を行います。

 

不耕起移植栽培では期間を見極めて、

しっかりと浸種を行いますが、

慣行栽培(かんこうさいばい:普通の稲つくり)では、

数日だけ、もしくはやらないこともあります。

 

慣行栽培の苗は20日ぐらいで育てるので、

田植え前の暖かくなった季節に育てます。

 

 

不耕起栽培に適した苗を育てるためには、

寒い時期に浸種をしておかなければいけないのです。

 

季節の見極めでいえば、

桜前線が通過する前に終わっているのが基本です。

 

36%e8%8b%97%e3%81%ae%e6%af%94%e8%bc%83tr

 

 

 

既に不耕起栽培を学び実践している人には、

アブシジン酸がどんなものか良く知っているでしょう。

 

アブシジン酸は水でも温度でも分解します。

 

 

 


アブシジン酸とはどんなものか?


 

アブシジン酸は植物ホルモンです。

 

355px-abscisic_acid-svg

 

アブシジン酸にはいくつか呼名があります。

 

ひとつは落葉ホルモンという呼び方です。

 

アブシジン酸が発見されたのは、

落ち葉の葉柄(ようへい 葉っぱの軸)の部分からです。

 

この呼び方からわかるように、

秋になって木から葉が落ちるのは、

アブシジン酸の働きによります。

 

果実、作物の実や種が熟して落ちるのも

アブシジン酸の働きです。

 

 

休眠ホルモンという呼び方もあります。

 

春に芽を出す植物の種が、冬は発芽しない、

秋に枝にできた木の芽や花の芽が

春になるまで膨らまないのも、

アブシジン酸の主な作用です。

 

32e94eba3528a572eebb087d74cc57fa_s

 

 

雨が降らず乾燥したり、高温や低温、

日長が短くなったりという環境の変化は

植物にとってストレスになります。

 

生きていくため、種を保存するためには、

環境に適応しなければなりません。

 

このような環境の変化が起きた時に

作り出されるホルモンのことを

ストレスホルモンと呼びます。

 

ストレスを感じた時に身を守るために、

植物の中で体を対応させるホルモンなのです。

 

 

 

アブシジン酸は植物の体の中の

色素から作られます。

 

カロチン(黄色)、リコピン(赤色)、

ルテイン(紫色)などの色素の名前を

聞いたことがあると思います。

 

このような色素がもとになって作られるので、

野菜や果物にも、米などの穀物にも、

アブシジン酸は常に存在しているんです。

 

稲刈りの頃になると玄米の中で増えて、

乾燥することによりさらに増えると考えられます。

 

こうしてもみの中の玄米は、

休眠した状態になるのです。

 

 

稲の苗つくりで、種もみが休眠した状態から

目を覚まさせるのが、浸種や春の気温というわけです。

 

 

アブシジン酸を壊す酵素は種もみの中にあります。

 

種もみが水を含んだり暖かさを感じると

酵素が働いてアブシジン酸が分解されます。

 

既に遺伝子レベルでアブシジン酸の

合成や分解について解析が進んでいて、

働きや性質が詳しくわかってきています。

 

 

玄米を炊いて食べる時には水につけて、

更に炊いて食べるわけですから、

「アブシジン酸があるから玄米食が悪い」

とは言えないわけです。

 

日常で私たちが食べている野菜や穀物、果物も

良く熟している程アブシジン酸が多いと考えられます。

 

生野菜や果物、生のナッツは、加熱していないので、

それらに含まれているアブシジン酸は、

食べる時にほとんど減っていません。

 

だからと言って、怖がる必要はありません。

 

純粋に精製されたアブシジン酸だけを

食べているわけではないので、

心配することは無いというわけです。

 

玄米食批判に煽られて、

恐怖感を感じる必要もありません。

 

安心して玄米を

食べていただきたいと思います。

 

dsc02060tr

 

アブシジン酸と同様に体に悪いと言われている

フィチン(フィチン酸)については、

また別の機会にお伝えしようと思います。

 

⇒ 農と醗酵の歴史から考える雛祭とちらし寿司

⇒ 身体に良いいうけど 玄米はどんなものなのでしょうか? レシピプレゼントあり

 お友達申請はこちら ⇒ Facebook

玄米レシピ集 炊飯器で作るチャーハン編  プレゼント

☆☆☆田舎暮らし・農業の始め方・手作りライフをインターネットで学びましょう。私と一緒に始めませんか?☆彡

banner_b

この記事を書いた人

武原 夏子
武原 夏子
玉川大学農学部卒。元・日本不耕起栽培普及会理事・事務局長。不耕起移植栽培や田舎暮らしの技術や楽しみを教え、農産物の差別商品化や売上増加コンサルをしています。手作り、田舎の食や暮らしが大好き。伝統食大好き。農家のじいちゃんばあちゃん大好き。都会暮らしでは、命と精神が縮んでしまう。ずっと満員電車に乗らず、朝に出勤しない生活を望んできたら、そうなった。2017年まで田舎暮らしや農業、手作りを実践。ナチュラリストでも何でもないのに、化学物質過敏症、合成添加物過敏症、合成洗剤アレルギー、シックハウス症候群。さらには、憑依体質。自然や宇宙とのつながりについて、いつも考えています。