The following two tabs change content below.
小川タカコ
子供服オンライン講座を主催。23歳の時にフリーランスで起業。29歳からはパリコレの作品を縫うことに。一流ブランドとの経歴は、再現性が高く、洗練された出来上がりを求め、数々のヒミツを実行したからに他ならない。子供服にも有効な、超絶わかり易く【失敗しないコツ】を伝授。『面倒くさがりなのに超一流!ずぼらでもパリコレ作品を縫えるヒミツ』

こんにちは!
パリコレ元顧問 ソーイングマスター小川タカコです。

 

昨年12月から、先行販売の形で「ずぼらでもパリコレ」子供服オンライン講座がスタートしています。

banner_b

受講生の皆さんと活発に、縫い方の事、出来上がった作品の事、分からないことなど、気兼ねなくワイワイと会員だけのお部屋でディスカッションしています。

 

サーキュラースカートを初月の講座に盛り込みました。
全円の裾が広がる、クルクル回って子供の大好きなデザインを、最初の月に作れるようになることを目標にしたかったからです。

サーキュラースカートは、難題のベルト付けをしなければなりません
今回はそんな頑張っている受講生の方々から届けられる
「出来ちゃった自慢」の作品と、コメントをご紹介いたします。

インスタグラムでpostしてくださっている方もいます。
また、匿名ながら掲載を許可してくださった方もいて、受講生の方々の熱意を、少しでもお届けできたら嬉しいです。

 


サーキュラースカートは、難しくて挑み甲斐のある課題でした(・・;)


polka dot さんより
2017年1月16日 8:36 PM 編集
サーキュラースカートの動画を何度も見て、ある程度覚えたところで作り始めましたが、立ち止まること多数。

サーキュラースカートの丸い裾のいせ込みを1/4ずつで縫いましたが、いせ具合に悪戦苦闘しながらがんばりました~

「慣れるしかない」という先生のお言葉を胸に刻んで、サーキュラースカートの次の工程に。

サーキュラースカートの課題で、一番楽しみにしていたベルトづけ。

今まではベルトを上手くできないからあえて挑戦せず、リブでベルト付けすることがほとんどだったんです
ウエストのいせミシンの張りを切る瞬間、自分の肩の力も抜けた気がします(^^)

初めてのことばかりで、上手くできたのかどうかもまだ自分では判断できないですが
ここまでできたことが今の自分の精一杯なのでよしとします!

 


サーキュラースカートが、ようやく完成しましたヽ(´▽`)/


2017年1月17日 9:37 PM 編集

サーキュラースカートの裾は、どうしても”いせミシン”を隠す最初のやり方でやりたかったので、3度縫い直しました

仕上げのアイロンをかけたまでは上手くいったと思っていたのですが、写真を撮るとナワになっているのが丸わかり。
目が肥えると気になるとおっしゃっていたのを痛感しています。
なんとなく、綺麗にできている部分の手の動きやチェックポイントが、わかり始めたような、まだまだのような。忘れる前に練習あるのみです。

サーキュラースカート
サーキュラースカートのベルトは31日目を見る前に縫い付けてしまって、ゴム口が右にいます。

今回は解かず、復習の2枚目は左に来るようにしたいです。

また、最初から33ミリだと落ちると思ったので、35ミリで裁断しました。落ちはしなかったのですが、裏側がピシッと一定の幅で縫えていなくて、どこが悪かったのかは、2枚目で検証したいです。

 

サーキュラースカートのベルト付けは難しかったですが、これが綺麗に縫えたらきっと気持ちいいはずなので、何度も動画と手元を行ったり来たりしようと思います。
2分割か4分割か伺ったのですが、どちらにしてもサーキュラースカートの用尺が足りず。

家にある生地で足りるものを引っ張り出してきたら、横幅がw幅より広い生地でした。おかげで120サイズを2分割で縫えました。
250円/mの激安シャンブレー。
安くて色も可愛いのですが、洗濯しても蒸気をあてても針跡が消えない強情な子でした

ですが、メルマガの講座にあった爪で糸を戻してやる方法で、かなり針穴が消えました
私にとっては超お得な内容です。早速他の生地たちにもやってみます。

 

banner_b


サーキュラースカート終わりました


YUMIさんより:
2017年1月17日 10:39 PM 編集

サーキュラースカートのベルトを作る際に、インベルを初めて使いました。

が70㎝の長さでインベルを作ってしまった為、ベルトの長さに足りなくてアイロンで折り目を付けるのにインベルを移動しなくてはならないという…折り目をつけるのが苦労しました。
サーキュラースカートの裾の三つ折りは、いせこみのミシン糸が見えてしまいました。
縄になったところがあるので、サーキュラースカートの裾を1/4の分で考えて、扇型の真ん中の部分辺りにいせこみがはいるように次回はやってみたいと思います。
サーキュラースカートのベルトつけは、ベルトの長さをスカートよりも4㎝も長く間違って作ってしまったようで、いせこみをつくらなくても縫えました。
今回の反省を活かし忘れないうちにもう一つ作りたいです。

サーキュラースカート

 


サーキュラースカート なんとか完成しました(*´∇`*)


 

rinrincornerさんより:  2017年1月19日 12:24 AM 編集

メルマガは35回目まできていますが、
29回目までの内容でサーキュラースカートを作りました。

なにも考えないで、横柄の生地を使ってしまいましたが、サーキュラースカートには向かないですね(^◇^;)
しかも柄を上下逆に裁断しているし、踏んだりけったりです。
まずはサーキュラースカートの裾。
いせ込みとはこのことか!と作業しました。

今までいせ込みも知らずに、どうやって服を使っていたんでしょうか…袖付けとか。
独学恐ろしいです

サーキュラースカートの裾の三つ折りステッチは、バイアスの角度の所が少し縄になってしまいました…
そしてサーキュラースカートのベルトつけ。
多少の歪みはあるものの、とりあえず今までで一番上手にベルトつけができました
裏側落ちてない!

それだけでも感動して出来上がってテンションが上がっているところです
とりあえずできた!という安堵感で、なにがいいのか悪いのか、わからないレベルですが、繰り返し復習していきたいてます。
また次の動画で、サーキュラースカートの裾処理の方法や、サーキュラースカートのベルトでの落としミシンの方法も身につけれるよう頑張ります。
娘が明日これをはいて、クルクル回る姿を想像してニヤニヤしながら寝ます。

banner_b


「(サーキュラースカート)このスカートはもっと作って!!」だなんて、嬉しいおねだり


polka dotさんより
2017年1月19日 10:37 AM 編集
サーキュラースカートの終わりに近い、33回目のメルマガまできました。
サーキュラースカートは2着目です。

最初のサーキュラースカートで苦労した、裾のいせ具合は生地の性質だったことがわかりました。
楽しいです。

前回はサーキュラーにしたときのフレア感が綺麗に出るだろうと、簡単に想像できた薄地のローン生地(たぶん60)を、手持ちの生地の中から選んでつくりました。
今回は中厚と生地屋さんで表記されていたものを、サーキュラースカートの素材に購入してみました。

このサーキュラースカートは卒園式に着せることを意識しています
サーキュラースカートの裾の”いせ”は、生地の厚みのおかげと前回時間をかけて試行錯誤したからか、前の苦労を感じずできました。

サーキュラースカートの完成品に、娘も満足していて、くるくる回って踊って喜んでくれました。
私が作る洋服にはもう全く興味を示してくれなかった娘。

 

「このスカート(サーキュラースカート)はもっと作って!!」
だなんて、嬉しいおねだりも♡

サーキュラースカートの裾のいせミシンは隠したいので、隠す方法しかやっていませんが
簡単にできる動画だけはチェックしています。
今朝届いたメルマガで落としミシンに挑戦したくてウズウズしてきました。
できなかったこと、自分にはできないと諦めていたことができるようになってきて楽しくて仕方ないです


サーキュラースカートで、綺麗にフレアーがでて良かった


ナイショのSさんより   2017年1月21日 2:57 PM 編集
メルマガ31回まででサーキュラースカートをつくりました。

サーキュラースカートでの一番の難点はベルトつけでした
ウエストのカーブとベルトをぴったり合わせて縫うのも、タックにならないようにするのも、かなり神経を尖らせて挑みました。
1度目では裏に落ちまくってしまい、ベルトの作り方からやり直し、2回目でなんとかうまくいきました。
一箇所、小さいタックになってしまいましたが‥
でも、綺麗にフレアーがでて、良かったです
次はもっと肩の力を抜いて縫えるようにしたいです。

サーキュラースカート

 

 


サーキュラースカートを、ちょうど週末だったので一気に仕上げました


矢部 和子さん より:  2017年1月22日 11:35 PM 編集

メルマガの講座も34回まで来ました。
ちょうど週末だったので最終日を待たずに、サーキュラースカートを一気に仕上げました。
ハワイアン柄の綿ブロードで張りのある生地です。

裾の縄は、「かまして縫う」のおかげでなんとか回避しましたが、インベルの移動時なのかカーブに添わすのをおろそかにしたせいか、ステッチに乱れが出てしまいました。
ウエストベルトはそこそこ落としミシンで処理できたかと思います。ウエストゴムは2.5ミリのゴムテープ1本で仕上げました。

生地の目が詰まっていて張りがありすぎるせいで、裾の寄せミシンがあまりうまく行きませんでした。

直ぐに生地を替えてウールのチエック柄でも作ってみました。
こちらは生地の性格上、裾は三つ折りではなくロック始末の1回折を1.5ステッチで+ウエストベルトもロック始末まま輪にしたゴムテープ仕込み方法で。

生地違いで2着作ったので、生地によって気を使うべきところの違いが勉強になりました。

サーキュラースカート


サーキュラースカートは解いてやり直しましたが、かなり神経使いました


armyuさんより:  2017年1月24日 12:49 AM 編集
サーキュラースカート完成しました。
サーキュラースカートの裾のいせこみミシンで寄せ具合が難しく、解いてやり直しましたが、かなり神経使いました
サーキュラースカートのベルト作りは、インベルを使ってアイロンかける作業が楽しかったです
ウエスト部分もいせこみしてから縫うのに解いてやり直しました。

タックにはならなかったので、よしとします。
もう1着分、裁断済みなので反省踏まえて作りたいです。
メルマガは33回目まで終了しました。
要復習です

アリスをイメージしたサーキュラースカート 自分の洋裁技術を高めるために かなりやりがいのある課題でした 裾の三つ折り の仕方、ウエスト部分 プロの技を学びました。 これが完璧にできるように♡ この技は布小物や他の作品にも活かせました。 もう1着、裁断済みのものがあるので、反省点踏まえて取り組みます。 @yumenoito #handmade #ハンドメイド #ハンドメイド販売 #クリーマ #creema #ハンドメイド雑貨 #メルヘン #ガーリー #ゆめかわいい #ファンシー #ハンドメイド好きさんと繋がりたい #ハンドメイド部 #雑貨 #手作り #手仕事 #lifeisbeautiful#ハンドメイド子供服#ファッション #おしゃれ #雑貨屋#姉妹育児 #姉妹コーデ #年子育児 #親子リンクコーデ #コーデ #おしゃれになりたい #アンティーク #handmadefashion #アリス

armyu.handcraftさん(@armyu.handcraft)が投稿した写真 – 2017 1月 23 3:06午後 PST

 


サーキュラースカートの2着目でき、子供たちが朝からクルクル回ってます


rinrincornerさんより:   2017年1月25日 8:52 AM 編集

サーキュラースカートのベルトを、落としミシンでやってみました。
先生のように、被りの中に入るようにギリギリのところを縫うのが難しかったです。
しかし、裏は落ちたりすることなく縫えました。まだまだ練習します!
「これ(ベルト付け)ができないとパイピングなんてできないよ!」これを思いながら神経使って縫っています。
前回とは素材を変えて、少し厚めの起毛の生地をつかいました。
生地がペラペラしてないからなのか、裾やベルトつけなどしやすいように思いました。
これでサーキュラースカートは2着目。
1着のスカートを取り合うことなく、子どもたちは朝からクルクル回ってます。
目が回って色んなところにぶつかって大変です(笑)


非公開グループへのお誘い


最後に私が運営する、Facebookグループへのリンクをお知らせしますね。Facebookグループ「How to ずぼらでパリコレ」
承認制の秘密グループです。

~あなたの縫うときの疑問に、私が直接に答える特典~

動画や記事に関しての質問や、洋裁用語の使い方スレッド
生地と糸調子、針のことなど

分類別のスレッドで、
画像のやり取りを含めてお答えしますので、理解しやすいシステムです。
詳しい質問や意見を、全員でディスカッションしましょう!

しっかりと自分の血肉化するまで、あなたがすることはアウトプット

 

習ったことをどんどん言葉にして、発する

習ったことをどんどん言葉にして、発することで、あなたは理解を深められます
自分ではわかったつもりになっていても、応用が利きにくいのです。

 

疑問を見つけ出す気持ちで作る作業をしながら、実際にそれを言葉にして相手へ伝えディスカッションすることで、自分の中にしっかりと根付いたものが作られていきます。

素材が変わるなど、服を作る作業は同じ状況ではなく、常に応用の繰り返しです。
その中で、難しい状況になった時に、お手上げな状況に陥らない応用の幅を持てる基礎の力を作ってください。

 

頭の中で言葉にすることに慣れ、言葉からも習うことを位置づけてあげれば、グンと伸びていきます

 

現在のメンバーの、縫える内容はそれぞれですが

お互いに思いやりと慈しみの心で
地道でしんどいときも多い、洋裁という自己表現

もっと楽しく、もっと共感する笑いや
報告できた時の達成感を大切に、運営していきたいです。

 

上手い人だけいるんじゃないの?とか
知らないことを聞いたら、出来る人に笑われたりするんじゃない?

なんて、心配はご無用です。

私ががっちり管理しています。
上から目線な物言いや、冷や水を浴びせるような言動は、私が許しません

もちろん最初は忠告からしますが、場合によっては退会処分すると明記してグループを発足しました。

 

共感と相手へ尊重する心を、大切にしたいです。

心置きなく質問出来て、意見交換も遠慮なくできるような
大切な仲間を育てたいです。

 

興味はあるけどミシンなんて無理というかたも、ご参加ください

ぜひ、濃厚な情報を無料で受け取りに来てください

このグループに参加するために、
わざわざ、Facebookアカウントを所得してくれたメンバーもいます。

Facebookまで私の情報を受け取りに来てくれる方へ、私も精いっぱいお応えします。

banner_b

 

この記事を書いた人

小川タカコ
小川タカコ
子供服オンライン講座を主催。23歳の時にフリーランスで起業。29歳からはパリコレの作品を縫うことに。一流ブランドとの経歴は、再現性が高く、洗練された出来上がりを求め、数々のヒミツを実行したからに他ならない。子供服にも有効な、超絶わかり易く【失敗しないコツ】を伝授。『面倒くさがりなのに超一流!ずぼらでもパリコレ作品を縫えるヒミツ』