The following two tabs change content below.
高校卒業後、病院に就職した事がキッカケで介護業界に進出。その後、老人保健施設に転職してから実務経験を積みながら通信教育で介護福祉士の資格を取得。その後はさらにスキルアップの為、職務内容が違う3種類(療養型病院・老人保健施設・訪問介護)の職場を渡り歩き、新人指導や業務改変作業の担当を受け持つなど豊富な経験を持つ。今でも現役で老人保健施設の介護職として働く事で介護業界に貢献中。

 

地域包括支援センターは何のために存在しているか知っていますか?

介護保険制度が始まってから、良く聞くようになったかもしれません。

それではどのような役割を持ち、どのような業務を行っているかを答えられる人は、どれだけいるでしょうか?

言葉では良く聞くけど、詳しい内容は分からない人が実際に多くいます。

それではせっかく地域包括支援センターが存在していても、上手く活用することが出来ません。

地域包括支援センターの役割・業務が何か、その活用法を解説します。

 


地域包括支援センターの役割


地域包括支援センターが何の目的で存在しているのか、まずはそこから説明します。

・介護保険法で定められた機関。
・地域住民の保険・福祉・医療の向上、虐待防止、介護予防マネジメントなどを総合的に行う。
・介護相談の最初の窓口。
・原則として市町村に一か所以上設置するものとしている。
・地域支援として、その地域に住む高齢者の暮らしのサポートを行う。
・高齢者だけではなく、高齢者を介護する家族のサポートも行う。
保健師主任ケアマネジャー社会福祉士を配置することで、それぞれの専門的なサポートを行う。
地域包括ケアシステムの中心的役割をもつ。

地域包括ケアシステムとは

高齢者の状況や変化に応じて、介護サービスを中核に、医療をや様々な支援が継続的かつ包括的に受けられるシステム。

 


地域包括支援センターの業務


目的と役割をもとに、様々な業務を行っています。

保健師主任ケアマネジャー社会福祉士がそれぞれ業務を請け負っています。

保健師の業務

・介護予防ケアマネジメント

支援や介護が必要となる可能性が高い高齢者に対して、介護サービスを提供する。

自立した生活が送れるように支援する。

介護予防ケアマネジメントに基づいたケアプラン作成。

 

主任ケアマネジャーの業務

・包括的、継続的ケアマネジメント

高齢者にとって暮らしやすい地域となるための、個別指導・相談などの、自立支援型ケアマネジメントを支援する。

さまざまな機関のネットワークつくり。

 

社会福祉士の業務

・権利擁護

高齢者が持つ権利を守るために社会福祉制度を活用し、安心して暮らせるように支援する。

・総合相談

高齢者が地域で暮らしていく際の相談や、必要なサポートを幅広く引き受けて、地域に住みやすいように支援する。

それぞれの職種が専門的な業務を行うことで、総合的で包括的なサポートをすることが出来ます。

 


地域包括支援センターを利用するメリット


地域包括支援センターは高齢者だけではなく、高齢者を介護する家族のサポートもしてくれます。

現在、高齢化社会が加速しています。

老々介護は当たり前。

家族の中に一人は高齢者がいると言うのも当たり前の社会です。

しかもその高齢者が介護が必要になる可能性は大きいのです。

そのような状況になったときに、一人で抱えたり家族のみで抱えるのは大変です。

そこで地域包括支援センターに相談することで、色々なサポートや相談を受けてくれます。

困ったときには、福祉のプロに頼れば良いのです。

地域包括支援センターの職員は、色々な福祉の制度に精通し、ネットワークも広く持っています。

それを上手く利用しましょう。

この記事を書いた人

遠藤 こずえ
遠藤 こずえ
高校卒業後、病院に就職した事がキッカケで介護業界に進出。その後、老人保健施設に転職してから実務経験を積みながら通信教育で介護福祉士の資格を取得。その後はさらにスキルアップの為、職務内容が違う3種類(療養型病院・老人保健施設・訪問介護)の職場を渡り歩き、新人指導や業務改変作業の担当を受け持つなど豊富な経験を持つ。今でも現役で老人保健施設の介護職として働く事で介護業界に貢献中。