The following two tabs change content below.
都並 佑樹

都並 佑樹

1972年生まれ。東北大学大学院修了。技術士(総合技術監理・建設)。頑張って取得した学歴や資格が、返って人生を消耗させていることに矛盾を感じたことがありませんか?数年前の私のように。古い常識を打ち破り、まずは年収10倍UPを共に目指しましょう!コモディティからの脱却を応援します!

 

英語のリスニングに苦労してきた私が最終的に辿り着いた劇的な習得方法を公開しています。理論編をまだご覧になっていない方は、先に理論編をお読みください。

⇒ 間違いだらけの英語リスニング習得法【理論編】

 


日本人が英語が聞き取れない理由のおさらい


まず、理論編で示したように、英語が聞き取れるとはどういうことか?についての誤解を改め、イメージを書き換える必要があります。

誤解1 英語は日本語に比べて高周波数だから聞き取れない

誤解2 発音されてない音を聞こうとしている

誤解3 日本語の波長のまま聞こうとしている

しっかりと復習しておいてください。

 


必ずリスニングが上達するトレーニング方法


それでは、私の行ったトレーニング方法を公開します。

それはずばり、

ネイティブのリアルなスピーチを完全コピーすること

です。

リスニングのトレーニングなのにスピーチの練習?

そうです。

誤解2と誤解3で説明したのですが、英語を聞き取るには、発音していない音を聞けるようにならなければなりません。

発音していない音は英語特有の強弱の波として伝わってきます。だから、英語の波長(強弱の波)を徹底的に体に染み込ませて、体内に英語の受信機を構築する必要があるのです。

日本語のようにすべての文字がダダダダダダダダとマシンガンのように伝わってくるのと違い、英語はターン(強)・タタ(弱)の波の繰り返し(サイバのリズム)です。

その波をネイティブと全く同じスピードで完全コピーできるようにします。文章を読み上げるのではありません。全く同じ抑揚・同じ発音でぴったりオーバーラップできるようになるまで訓練が必要です。

間違った舌の動かし方では、絶対についていけません。
日本語には無い舌の動かし方もありますが、筋肉が鍛えられていないため最初は全くついていけません。特に、子音が連続する部分は、母音が来るまで破裂させてはいけません。破裂させると、日本語特有の母音が入ってしまうからです。

 


私のおすすめのスピーチはこちら


あまりに有名なスピーチですね。
15分程度のスピーチですが、最初から通しで練習するのは困難です。

一文ずつリピート再生しながらシャドウイングやオーバーラッピングをして、徹底的にマスターするようにしてください。最初は一文単位でリピートしないと無理です。MP3などの音源データを作成して、トレーニングに使ってください。

自分流の発音で話すのではなく、抑揚なども全て含めて聞こえたとおりに、です。

ただしネイティブが行っている正しい発音の仕方でする必要があります。Waterを「ワラー」などと表面的にマネをするのではありません。

理論編にも書いたように、正しい発音の仕方は「アメリカ英語の分解発音」という講座が圧倒的にお薦めですが、現在サイトが閉鎖中です。

この訓練を繰り返し行なっていると、話し手の息づかいが聞こえてきます。発音していない音(つまり間)がどんどん聞こえるようになります。

 


目標は1000時間


実際は100時間くらいで効果が現れ始めますが、1000時間やるつもりで集中的にトレーニングをすることが必要です。

1日に10分ずつとか分散的なやり方では効果は出ません。閾値を超える前に元に戻ってしまいます。
最低1時間は集中して訓練しましょう。

これを継続していると、だんだんと他の人の英語を聞いても、それがとてもゆっくり話しているように聞こえてきます。いろいろやる必要はありません。このスピーチ教材だけで十分です。(もちろんJobsでなく自分のお気に入りの人でOKです。)

これが完璧にできるようになると、他の人の話すのも聞こえるようになります。実際に発音していない音が聞こえるようになります。どうしても、聞き取りにくくて言いにくい文章もあり、たった1文完がコピーできるようになるのに丸1日かかったこともあります。それに、翌日になったらできなくなっている場合もあります。

決して楽な道のりではありません。

運動部が毎日ランニングや筋トレをするのと同じです。

 

————————————–

関連記事

間違いだらけの英語リスニング習得法【理論編】

関連サイト記事

英語を話せるようになりたかったら一人旅がおすすめ
最短で英語が喋れるようになる私の勉強法
英語に対する洗脳。LとRは聞き分けられないほうが良い?

————————————–

おまけ

Jobsのスピーチ内容を書き起こしと日本語訳はこちらのサイトで見られます。

英文書き起こし

日本語訳

 

 

この記事を書いた人

都並 佑樹
都並 佑樹
1972年生まれ。東北大学大学院修了。技術士(総合技術監理・建設)。頑張って取得した学歴や資格が、返って人生を消耗させていることに矛盾を感じたことがありませんか?数年前の私のように。古い常識を打ち破り、まずは年収10倍UPを共に目指しましょう!コモディティからの脱却を応援します!