The following two tabs change content below.
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」 人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?

38歳 辰年♪

 

まさかこの年まで野球をしているなんで思ってもいなかった。

20歳後半から身体が思ったようには動かなくなり、右肩も靭帯がのびた(^^

 

投げると激痛がはしり1試合で3,4球投げるのが精一杯。

その後、数週間は激痛とお付き合い。

 

金曜の夜は仕事帰りに会社近くのバッティングセンター。

来週末の試合に向けて調整。

 

パソコンと10時間以上にらめっこしたあとのバッティングセンター・・・

全くボールが見えない。

でも、野球が好きなんです。

 

だから身体がボロボロになってもやり続ける。

 

気付けば28年野球をしている。

今のメンバーであればあと20年くらいはつづく。 58歳まで?

 

さすがに若者チームには勝てなくなってきたので、

40歳以上のシニアリーグの話も出始めた。(^^

 

でも、それだけ野球が好きなんです。

 

ボロボロになりながらも好きな野球ができるのは

仲間に恵まれたからと常に感じる。

 

毎週末メンバー10人(9名+控え)集まるのってかなり大変。

幽霊部員を入れると20人くらいはいるが、いつも集まるのは決まった5,6人。

 

家族、彼女、仕事などみなさん予定があるし、

チームを掛け持ちしている人もいるのでしょうがない。

 

助っ人要因として、他のチームに声をかけたり、先輩後輩に連絡しまくる。

そしてなんとか毎回ギリギリ10名集める。

 

毎週ほんとうに大変です。

でも、野球がすき。

 

チームによっては、高校を卒業したばかりの人に声をかけて補強したり、

チームを合併したりして人数やチーム力の底上げをしている。

 

でも、我々のチームは人数がギリギリでも今の仲間で戦いたいと思い、

若手の補強や合併は考えていません。

 

理由はかんたんです。

 

「楽しく全員参加で勝つことを目指しているから。」

 

昔、卒業後、地元のソフトボールチームに3,4名で入ったことがある。

そのソフトボールチームはリーグでは下から数えるほうが早かったが、

我々が入った結果、一年後には一番上のリーグで試合できるまで成長。

 

監督は大喜び!! 我々も大喜び!!

 

でも、でも・・・大問題発生。そのあと私はチームを辞め、

監督と古くからいたメンバーとで亀裂が入りチームは存続すら危うい状態になった。

 

理由は、

チームのメンバーはチームが強くなることを望んでいたのではなく、

息の合うメンバーと自分らのペースで試合ができ、

そして何とかギリギリ勝てるリーグで純粋にソフトボールを楽しみたかったのです。

そして、その後のうまいビールを目的にしていたのです。

 

それが、試合にもでれなくなり、たまにでれてもリーグのレベルが上がっているので

ついて行けない。結果、美味しいビールのはずが・・・

 

という状態になってしまい、我々は自主的に止めることに・・・。

 

という過去に苦い経験をしているので、

 

今の我々のチームのスローガンは

 

「楽しく全員参加で勝つことを目指す」

 

です。

 

そのため、若手の補強などせず、

今年で結成12年目になりましたが、みなさんベテラン選手ばかりです(^^

年齢的には±1,2歳の先輩、後輩チーム。

 

でも、おかげで野球を純粋に楽しんでる。

また、結束力があり意外と強い(^^)v

 

嫁からはいつも『子供みたいやね』と言われる。

 

 

この歳になり、

1つの目標に向かって純粋に楽しめる仲間ってなかなかいない。

私はこの野球チームの仲間を大切する。どんなことがあっても。

 

最近、同じような仲間ができた。

それはこの記事を載せている大森さん、小西さんを始めとするK.RTRuangのメンバー。

 

本当に楽しい。

大森さん、小西さんのそばにいるだけでも十分価値はあり

この記事では書ききれないような濃厚な情報、考え方、行動のしかたを教えてくれる。

モチベーション、テンションは常にMAX

 

何よりも私は同じ目標に向かっている仲間と一緒のいることが嬉しい。

そして、そのメンバーから日々刺激を受け、自分を成長させている。

 

たった1時間の会話でもかなり濃厚な会話となる。

 

メンバーと比較すると焦ってしまう時も有るが、

助け合い、また自分の夢を達成するために何をすべきかを常に考え、正しい道に

進めれらるこの環境が凄く居心地が良い。

 

やっぱ、仲間って良い♪♪

 

1人では限界があっても、仲間がいれば何でも出来そうな気がするし、

この仲間では本当になんでもできちゃいます。

 

この精神的な安心感ってやっぱいい。

 

 

私だけではないですが、この仲間との一緒に何かを取り組みたいと思っている方

は是非とも連絡すべき。 連絡先は私でなくてもだれでも良い。

 

私も含めて変な人はいるが悪い人はいない。

それだけでも、あなたの安心感につながるはず。

 

この仲間たち、野球以上に長く続きそうな予感♪♪

 

取ってつけたようになるがこれが私の最強の健康法かもしれない(^^ゞ

 

この記事を書いた人

加藤 のりふみ
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」
人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?