The following two tabs change content below.
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」 人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?

あなたは、

夏が近づくと

頭に”ダイエット”という文字が浮かびますよね。

 

夏が近づくと誰もが”痩せたい”と思いますよね。

 

そういう私も同じです。

 

そして昨年はこの時期になんと体重を

 

70キロ ⇒ 62キロ (-8キロ)

に減らすことができ、見事ダイエットに成功しました!!

 

高校時代のベスト体重まで戻りました(^^)v

 

期間は半年。

そして現在、63キロくらいをキープ中。

 

ところで、

”ダイエット”ってそれ自体が目的ではないことを

意識してくださいね。

 

例えば最終目的としては、

 ・モテたい

 ・もう一度あの服を着たい

 ・海で水着姿になりたい

 ・健康になりたい

とかがあり、そのために人はダイエットします。

 

私の場合は、今回

”健康になりたい”

というのが目的でした。

 

だからこそ、無事ダイエットに成功しました。

 

なぜならば健康になるためのダイエットをしたからです。

 

例えば、”モテたい”ためのダイエットを目的とした場合、

モテる事が目的なので、短期間で無茶なダイエットをします。

”夏をターゲットにあと1ヶ月で痩せる”など。

 

そうすると

いろんなダイエットグッツ、ダイエット食品に飛びついて

挑戦するが、ハードなため途中であきらめてしまったたり、

仮に短期間で痩せられたとしても、それに対してストレスがかかり

それがリバンドとして体に戻ってきて、

結果これまで以上に体重が増えてしまう。

 

私もそういう経験も何度もしました。

そして一度もダイエットに成功しませんでした。

 

 

ところでみなさん

”健康”の本当に意味ご存知でしょうか?

 

ウィキペディアによると

 

健康とは

「身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、

 たんに病気あるいは虚弱でないことではない。」

 

とあります。

 

そうなのです。

見た目が元気だけでは”健康”とは言えないのです。

精神的、社会的にも健康でなければならないのです。

 

そういう私は一昨年、仕事に悩み

精神的にボロボロになり、

会社を辞めようとまで決意した年でありました。

 

今考えると、ぞっとするくらい恐ろしいことですが、

当時は、日々の睡眠時間が1,2時間しかなく、

日々怒られ、頭に酸素がないと思えるくらいフラフラの状態でした。

 

家族を支える以前に自分自身が支えられていない状態でした。

それをみている家族も最悪の状態になっていました。

負のスパイラルですね。

 

その結果、私の場合体重の増加となっていました。

 

本来の健康に対して全くバランスが取れていない状態でしたね。

 

でも、

そのような状態からわずか半年の間で体重を8キロも落とし

高校時代のベスト体重まで持ってくることができたのは

家族の支えや、友人の支えを元に

もう一度、身体的・精神的・社会的に健康になり、

家族を支えたいと思ったからです。

 

ただ、それだけなのです。

 

でもそれが非常に大事で、私の目的として最強でした。

 

その目的が定まった後は、特に無理をせず

健康のために何をすべきかを考えただけです。

 

その結果、ダイエット成功につながりました。

 

現時点では健康が維持されていますので、体重が保持されています。

 

もし、あなたも健康のためにダイエットを考えているのであれば、

あなたにとって何をすれば健康になれるかを考えれば良いのです。

 

そしてそれをゆっくり実行するだけです。

一度考えてみてください。

 

とはいえ一部ですが、私が少し意識して取り組んだ内容をお伝えします。

参考に1つにしてください。

 

背筋を伸ばし、胸をはってお腹を意識して歩く。

 

 70キロになるとかなりお腹が出てくる。

 そのため、お腹を意識すると背中が丸まり、姿勢が悪くなったので、

 意識的に姿勢を良くするため、片方の肩でかけるカバンではなく

 両肩にかけ背中に背負えるカバンに変更。

 そのカバンを背中に背負い背筋を伸ばすのを意識して通勤。

 そうする良い姿勢を保つため、無意識にお腹を引っ込めようとし、

 筋肉的にも良い緊張感が保てる。

 

・いつもスポーツアンダーウェアをはく。

 

 野球やスポーツする時のスポーツアンダーウェア(下半身用)をいつも着用。

 長時間履くのでお腹を締め付けすぎないようにすること。

 それでも、腹が引き締まる。お腹をすこし締め付けているので、

 食事の量も減り暴飲暴食もすくなくなる。

 

・しっかり寝る。

 

 何事に対しても言えることですが、しっかり寝たほうが良い。

 一般的には6時間くらいとるのが良いと言われていますが、

 適切な睡眠時間は人により異なりますので今までのあなたの経験で

 一番効率が良いと思われる時間をしっかりとってください。

 あたまをスッキリさせたほうが絶対に効率良く進めることができる。

 

以上

 

この記事を書いた人

加藤 のりふみ
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」
人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?