The following two tabs change content below.

立花 伊澄

ネットビジネスに夢見て参入したのはいいけど 気づけば借金まみれ?! 底辺の仕事をしながらも諦めず見つけた成功への法則。 どん底から這い上がり逆転中なう。

煙草をプカ~と吹かし脚をくみかえながら、

「俺ぇ、いま、めっちゃ遊んでるんだよね~

上司にさぁ、結婚したら遊べないから

今のうちに遊んどけって言われて~」

と見事なドヤ顔で語られたことがあります。

いやぁ…

この情報、誰得なんでしょう。苦笑

 

「格好いい」と「格好つける」の違い

女の子は得てして

格好いい方は好きですが、

格好つける人は「微妙…。」というのが

シビアですが、本音です。

 

でも

格好良い人ってどんな人だと思いますか?

・顔が整っている

・身なりがキチンとしている

・仕草に色気がある

など考えればたくさん上がりますよね。

 

容姿や雰囲気の格好良さは

雑誌を研究してお洋服を変えたり

髪型を変えたりするだけで、だいぶ作れるとなると、

 

その人本来の格好よさとは、

どれだけ自分を素直に表現できるかなんじゃないかなと

思うんです。

 

見た目は格好よくは見えなくても、

不器用でも一生懸命自分を喜ばせるために

行動してくれたら嬉しいし、

失敗がむしろ愛嬌にみえちゃったりするのが

女心というもの。

 

ビジネスだって一緒です。

ビジネスだって同じです。

格好つけよう、いいとこみせようとして

文章を書けない、行動できない方がいます。

 

でもそれ、

「誰得」でしょう??

 

ビジネスを初めたてで

なにもわからない状態だから

同じような境遇の人に伝えられることもあるし

誤字脱字がむしろ

その人の”味”に見えちゃうのも

ビジネスならでは、ですよね。

 

「案ずるより産むが易し」と

ことわざでもある通り

「でも…」「だって…」で開く扉なんて

ありません。

 

迷ったら行動しましょう。

拙くても発信しましょう。

 

それが

まずはあなたを形作る格好よさにも繋がると思いませんか?

この記事を書いた人

立花 伊澄
ネットビジネスに夢見て参入したのはいいけど 気づけば借金まみれ?! 底辺の仕事をしながらも諦めず見つけた成功への法則。 どん底から這い上がり逆転中なう。