The following two tabs change content below.
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」 人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?

我が家には娘が2人います。

ほんとうに可愛く可能な限り一緒にいたいと願います。

 

 

長期的に家を留守にすることがあるので、家を離れた分だけ、家族のありがたさを感じます。

上の子が現在小学校3年生。友達との遊びも活発になり、習い事も増えて1日の勉強や遊べる時間が少なくなってきました。

その結果、通信教育の勉強がその月では終わらず、遅れてはじめました。

 

 

 

私はそれでもかまわないと思ったが、嫁の機嫌が悪くなり、 毎日、嫁が娘に「勉強はしたの!?」というようになってきたので私も困り、あることを娘に伝えました。

 

 

それは、

『知っている?この通信教育、例えば5月号であれば、5月1日に家に届くのではないよ。前の月の25日くらいに家に届くんやで。だから、前の月の通信教育を25日までにやれば、友達より5日早く、次の勉強ができるんやで!』

 

 

 

そうすると、子供の目が一瞬で変わるのが分かりました。

 

 

それから勉強に対する取り組み方が変わり、

その月をこえるどころが、20日頃までにはその月の勉強をやり終え、25日の通信教育が来るのを待ち遠しくしております。

 

 

 

一言だけしか言わなかったのに、その意味を理解し、ここまで子供の行動が変わると思いませんでした。

言葉の言い方を変えるだけで、ここまで行動が変わることを再度痛感。

やらされている状態から自らの行動に移れる。

 

 

娘に聞きました。

「なぜ、急に『やりなさい!』と言わずに、出来るようになったの?」

 

 

その返事は、

「好きな勉強で毎日怒られたくないから、自分からやったよ!終わったよ!と言いたいから」とのことです。

 

自分の娘ながら誇りに思います。

 

小学3年生でも、しっかり考える能力は持っており、一人で行動できる力は十分ありますね。

子供が小さいため、ある程度は親が道を決めてあげないと行けない事もありますが、

自ら行動する子供を育てるのが親の使命と痛感した瞬間です。

嫁の機嫌も良くなり、また我が家に平和が訪れました。

2014-09-06 15.46.21

今回も記事を読んでいただきありがとうございます。

以下はノリックのことがもっとわかる記事です。気になる記事にクリックを!!
時間がなければ”いいね”だけお願い!!

***************************

■ビジネス編
コミュニケーション不足から出てきた言葉 『もっと残業しろ
■子供の教育編
子供の教育法を教えます。タイムスケジュールでいらいらを解消
■英会話編
30代のおっさんが、10代後半の女性といつでも楽しく英会話する方法!!
■祝100記事達成
ブログを100記事書いたら世界が変わった!みんなやっぱりやらないだけだね

 

家族との時間を作るのに集中したら世界が変わったファミリータイムマネージャーのノリックでした。

 

この記事を書いた人

加藤 のりふみ
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」
人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?