The following two tabs change content below.
中村 光信
マウンテン&ウォーターマンでありグラフィックデザイナー。 オヤジと呼ばれる歳になっても今なお自然を舞台に実践し続けているエクストリームな遊びと、 デザイナーとしての腕一本だけを武器に、好きなことで稼いで自分らしく生きていく、自称「エクストリームオヤジ」として世の迷えるオヤジ達をそそのかすような発信とゴキゲンなライフスタイルを実現する可能性をExploring!

こんにちは、エクストリームオヤジの中村です。

 

僕はコーヒーが好きだ。

 

何と言っても、淹れているときの
豊かな香りが気持ちを落ち着かせる。

 

コーヒーにはカフェインという成分が
含まれていて、興奮剤の一種だというが、
僕の場合、極端に目が冴えたりするようなことはなく、
どちらかというと、リラックスするための
効能が大きいような気がする。

 

豆の種類や挽き方、淹れ方などに
それほど強いこだわりは無いが、
自分の好みのデザインのコーヒーメーカや
コーヒーカップを選んだり、
色々な豆の種類を飲み比べたりするのも、
コーヒーを嗜むひとつの楽しみであると思う。

 

最近では、スタバなどの大規模チェーンの
珈琲店が沢山出来て、それはそれで、
とても結構な事なのだが、
コーヒーのおいしいお気に入りの喫茶店が、
どんどん無くなっていっているのが少し寂しい。

 

子供の頃は、コーヒーを飲むと
頭が痛くなるので、嫌いだったが、
高校受験の勉強と称して夜更かしするのに、
コーヒーを飲みようになってから、
好きになってしまった。

 

嗜好性が高く依存したりすることもあり、
あまり健康面では評判の良くない印象もある
コーヒーなのだが、
最近では、適度な摂取量を飲んでいると、
死亡リスクが減少するとの研究結果も出ているようだ。

 

その研究では、
日当たりカップ1杯未満を飲む人は9%、
1~2杯飲む人は15%、
3~4杯飲む人は24%、
5杯以上飲む人は15%のリスク低下が見られたという。

 

つまり、一日に3〜4杯のコーヒーを飲む人が
一番死亡率が低かったということだ。

 

さらに、心臓病、脳血管疾患、呼吸器疾患という
3つの主な死因についても、コーヒーの摂取量が多いほど、
死亡リスクが低下することが明らかになったらしい。

 

これは、僕たちのようなコーヒー好きには、
歓迎すべき研究結果といえるが、
逆に、飲み過ぎると死亡率が高まるとの
研究もあるらしく、何にでも
「過ぎたるはナントカ」という諺もあるように、
ほどほど加減が大切なようだ。

 

いずれにせよ、コーヒがもたらしてくれる
豊かでリラックスしたひとときに感謝しつつ
これからも嗜んで行きたいと思う。

===================================

生活に流され埋没しそうになりながらも、
「こんなはずじゃない!」と心密かに思っているオヤジたち!

エクストリームでゴキゲンな生き方を教えようかと思うんだけど、どう?

今すぐ登録(無料)→ https://canyon-ex.jp/fx18530/nakamura

この記事を書いた人

中村 光信
中村 光信
マウンテン&ウォーターマンでありグラフィックデザイナー。
オヤジと呼ばれる歳になっても今なお自然を舞台に実践し続けているエクストリームな遊びと、 デザイナーとしての腕一本だけを武器に、好きなことで稼いで自分らしく生きていく、自称「エクストリームオヤジ」として世の迷えるオヤジ達をそそのかすような発信とゴキゲンなライフスタイルを実現する可能性をExploring!