The following two tabs change content below.
七原園美
「てまり-ねこ」こと七原園美(ななはら そのみ)です。伊豆の山奥から見た景色を手まりにうつしています。職業は手まり職人です。手まりのWeb講座準備中!作品はミンネ、クリーマ、アマゾンで販売中。The scenery viewed from the mountains of Izu you want transferred to a Temari.
【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

 

 


★目次


目次はリンクになっていますので

クリックで途中から読むことができます。

★序章

★私がインターネットビジネスに入ったきっかけ

★いくつかのMLMを順番に手がける


★内職商法から学んだこと


★覚えたことは使ってみる!


★ナイジェリア詐欺に振り回された1年間

 

★インターネットビジネスの勧め

★諸事情でお勤めが出来ない人こそネットで仕事をすべき!

★林一馬さんの所で転売を学んでいたころ


★ある日マルサが・・・


★アカウントは大切に育てましょう

 

★物販はリサーチが全て!

★リサーチが全ての物販

★統計的、転売手法を習った2009年


★2010年頃よりブラの転売を始める

 

★輸出入転売から撤退

★欧米輸出入から撤退

★商品が売れないならデータを売ればいい!


★中国輸入アマゾン転売に参入


★中国輸入は代行さん選びが重要


★中国輸入、アマゾン転売リサーチ中に感じたこと


★中国輸入、商品の数はいくつ仕入れる?


★中国からブラを仕入れてびっくり!

 

★転売以外の道を模索する

★2015年、我が家の一大事!

★今、ネットでどんなビジネスが出来るのか?


★ビジネスをする上での基準値を知る


★ネットでたくさん稼げた人と、少ししか稼げない人、全く稼げない人


★ネットビジネスでたくさん稼いだ人の特徴


★私が初めて購入した情報商材

 

★手まり講座、開講を勧められる

★2015年、年末に見た動画・・・

★即断、即決、即行動!


★30日間起業トレーニング、スカイプ面談


★ある方のウェビナーを見て

 

★10年後、安心して生活するために・・・

★あなたのお仕事、10年後も安泰ですか?

★ネットビジネスの黄金ルール

 

★製造販売の勧め、著作権

★あなたの作品、売ることが出来ますか?

★手作り品を販売、著作権、完全アウトの事例


★手作り品を販売、著作権、絶対に大丈夫の場合


★手作り品を販売、著作権、有効期間は?


★手作り品を販売、著作権、あなたは大丈夫?

 

★製作、販売、はじめの一歩

★手作り品を販売、小資本で始めるには何からスタートすれば良いのか?

★手作り品を販売、どこで販売する?カテゴリは?


★手作り品を販売、配送方法と梱包


★手作り品を販売、写真の撮り方


★手作り品を販売、販売価格の決め方


★手作り品を販売、使う方がイメージできていますか?


★手作り品を販売、出品点数、在庫はいくつがいいの?


★手作り品を販売、商品に何を選ぶ?


★手作り品を販売、どこで販売する?


★手作り品を販売、何箇所に出す?


★手作り品を販売、JANコードって何?必要?


★手作り品を販売、作品が売れ、品切れになった時

 

★広報活動も重要

★手作り品を販売、作品販売を決めたら広報活動

★手作り品を販売、ブログ等を開設したら最初にする事


★facebook攻略は3段階で!まずは友達5千人!


★友達5千人の根拠


★facebook攻略は友達5千人達成してからが本番!


★Instagram攻略

 

★販売最大化とリピーターさん獲得のために

★手作り品を販売、コピペ、フル活用で時間短縮

★手作り品を販売、売り上げをあげるには


★展示会の極意


★イベントは、作る物


★1円スタートにするか?それとも所定の金額にするか?


★サンクスカードとラッピング

 

★まとめ

★夢を実現するために

★作業内容


★千里の道も一歩から

 

目次に戻る


★私がインターネットビジネスに入ったきっかけ


 

gahag-0048833312

 

私が最初にPCで仕事をする

これを知ったのは、Win98のPCを手に入れた時でした。

まだ回線速度も遅く

満足にネット環境も整っていませんでした。

 

現在の定額制ではなく

従量制(使った分だけ通信料を払うシステム)

だったのでかなり大変でした。

 

その頃、主婦のグループで

入力の仕事などをして

所定のお金をいただいている方たちがいると

知ったのです。

 

どうすれば私にそれが出来るようになるのか?

お仕事はどうすればよいのか?

全く検討がつかなかったです。

 

PC雑誌などを見ると

『まぐまぐ』さんなどから様々な

メルマガが出ていることを知りました。

 

いくつかのメルマガをとってみました。

その中で見つけた求人広告があったのです。

初期費用は0.(ネット環境のみ)

ワード、エクセルの基本操作が出来る方。

 

早速応募してみました。

 

自分自身が病気をし

子供も保育園を休みがち。

漠然と、お勤め仕事は今後、難しいのでは?

そのように感じていたからです。

 

応募は簡単に通りました。

 

お仕事の内容は

所定の投稿テンプレ文書が渡されました。

そしてメルマガや掲示板の一覧が渡されました。

 

そしてメルマガや掲示板に

所定の文章をひたすらコピペしていくのです。

(メルマガはともかく、掲示板は・・・

今で言う、スパムコメントです)

 

しかしその頃は明確なルールも無く

掲示板への書き込みはかなり黙認されていました。

ネット人口も少なかったからです。

 

でも、その時の私は

言われた事をやるだけで

その先に、何があるかは知らされていなかったのです。

 

少し行った後、ようやく正式に

教えてもらうことが出来ました。

某健康食品のMLMの勧誘だったのです。

 

目次に戻る

 


★いくつかのMLMを順番に手がける


 

gazo3

2000年から2003年くらいまでの間

いくつかのMLMを順番に行っていました。

その頃はまだ多くのMLMが

ネットでの勧誘を禁止していたのです。

 

現在はどうなのかあまり事情がわかりませんが

MLM=悪とする見方も多かったです。

しかし米国では大学でマーケティングの手法の一つとして

講義が行われているという記事を目にしたのも

この頃でした。

 

多くのメルマガを購読しながら

ある日思ったのです。

 

無料投稿専門でメルマガに掲載依頼をかけながら

これ、自分で発行したら広告収入も入ってくるのでは?

そう思い、早速メルマガ発行も始めました。

 

この時期はまだメルマガもゆるく

無料配信スタンドも見本誌を上手に書けば

簡単に審査が通りました。

 

つまり、CMだけのメルマガ発行も可能だったのです。

しかし、だんだんビジネス系メルマガの発行が

無料で行えなくなります。

 

有料配信スタンドを使用しないと

難しい時期になっていきました。

 

いくつかのMLMに参加しましたが

どれも愛用者どまりで終わりました。

 

 

どうしても、ある段階になると

セミナー参加が必須になってくるのです。

パソコンでお仕事・・・

と勧誘しながら、リアル参加を求められる。

しかも自由参加ではなくほぼ必須。

 

だんだん広告文章を見ただけで

これはどこのグループと見分けがつくようになりました。

 

 

いくつかのMLMに参加した中で

唯一、多少の収入になった物があります。

現在は存在しない会社ですが

この時はアップ(私が入ったグループのリーダー)

この方が非常に良い人でした。

 

本業が忙しいのでメンバーさんのサポートが出来ない、

しかもパソコンの基本操作のレベルで

サポートを必要としている。

このサポートを行うという条件で

彼が獲得したダウン(その商品の参加者)を

私の下につけてくれたのです。

 

後で聞きましたら

メルマガへ載せる広告文章も

彼が全部、ダウンの人に合わせて書いていたそうです。

私はほぼ自分で広告文章を書いていました。

 

 

この時にわかった事は

どの商品を販売するか?

ではなく、どのグループに所属するか?

これで成功するかどうかが決まるという事でした。

 

MLMのシステムから

自分の紹介した人を有望な人の下につけることにより

上手にピラミッドを作ることが出来ると

リーダーも会社から認められ

それなりの地位が獲得できるからです。

 

 

しかし、参加しそれなりに収入も入ってきた

2つの会社が相次いでつぶれ

私もMLMから手を引くことになりました。

 

 

メルマガ発行も無料スタンドが使えなくなり

『未承諾広告』としてツールでメール送信をする事も

規制されたのです。

それまでは何らかの手段で手に入れたアドレスへ

メールの件名の頭に『未承諾広告』の文字を入れれば

メールを送ることが許されていました。

 

ほぼ同時に私の所へ舞い込んだのが

Web製作しませんか?

入力のお仕事をしませんか?

という、俗に言う内職商法と呼ばれるものでした。

 

目次に戻る

 


★内職商法から学んだこと


 

gahag-0048833312

 

2000年から2003年ごろにかけて

いくつかのPCを使った内職を行っていたのですが

後でそれは違法行為と知りました。

 

もっとも、常に問題が公になってから

内職商法は違法と決まるのだから

私が始めたころ、どうだったのかは確認していません。

 

 

内職商法とは

所定の金額を教材費という名目で支払い

卒業後、お仕事を斡旋するという名目において

会員を集める商売です。

 

しかし、教材費が高額

終了後のお仕事斡旋が約束どおり行われない。

それ以前に講座さえもきちんと行われない。

 

このような事情において

お仕事を紹介するという名目で

高額教材を売る行為は法律で禁止になりました。

 

 

最初はホームページ作りませんか?

だったのですが

送られてきたROMは

なぜか旅行業に関するものでした。

そして研修期間は、半年だったか1年だったか・・・

結果として2ヶ月前後で

サポートのフリーダイヤルは繋がらなくなりました。

 

 

それでもいろいろな方がいろいろ教えてくれて

ROMを送り返すという条件の下

ローン契約の残りの期間は支払い不要にする事が出来ました。

 

そして、別の会社では

ワード、エクセルの検定を受けるのが目標でしたが

簡単な入力作業はすぐに行うことが出来ました。

 

 

しかし、パワポやアクセス、Web作成となると

単価も良かったのですが

簡単に出来る代物ではなかったのです。

タイピングだけで何とかするには

エクセル入力が一番手っ取り早く収入になりました。

 

しかし、最初の1年は良かったが

その後、支払い遅延、未払い

結果として会社とは連絡がつかなくなりました。

 

 

私は通常の納期の半分で納品していたので

講座代金は一応全額回収することが出来ましたが

収入がプラスにはなりませんでした。

 

 

もし、過去の自分に手紙が書けるのであれば

書きたいことはいくつかあります。

その1つが

内職商法に手を出すのであれば

そのつもりで書店から本を購入し勉強するように

私は言うでしょう。

 

本気でやりたいと思い本気で取り組むのであれば

それで十分と今だから言えます。

 

 

MLMはどうだったのだろうか?

今は縁が切れていますが

所定のPC作業を行ったこと

初心者に対してのサポート

これらの経験は非常に良かったと思います。

 

何よりも当時はXP全盛期でしたが

その時に、私の上にいた人から

実費のみでPCを作ってもらえたこと。

そして初期化のマニュアルをもらえた事は

その後の私のPC選びに大きく影響を与えています。

 

また、メーカー品で不要ソフトが大量に入っている物を買わずに

OSのみのPCを購入したほうが

使い勝手が良いと言うことも学べました。

 

それらを考えると

人間関係と自分に対する経験は

お金を出して買える物ではないので

良かったと思っています。

 

 

この頃よく言われたキャッチコピーが

1日2時間の作業で・・・

でした。

 

内職商法しかり

MLM勧誘しかり・・・

 

お勤めをあきらめていたので

2時間、パートへ行ったつもりで

所定の作業を行う。

そういうマインドでした。

 

 

今だから言えることがあります。

1日2時間の作業を否定はしません。

しかし、そのマインドで行った場合

何を行ったとしても収入の上限は決まってきます。

月収2万円程度という実情。

 

だが当時の私はそれでも良いと思っていました。

なぜなら本当にやりたい事は

手まりだったからです。

 

 

ホームページは

初歩的なHTMLが使える程度にはなりましたが

Webの世界も次から次へと変化します。

通信速度もかなり速くなりました。

 

 

FTPソフト(データをサーバーへ送るソフト)

も不要になり、今では全てがWeb上で行えるようになりました。

私程度の知識では

ヤフオクのテンプレートの書き換え程度で

ホームページ作成のお仕事など

出来るレベルではなくなってしまいました。

エクセルの入力の仕事をしながら

ホームページ作成の課題にチャレンジしようとした時

自分の未熟さを改めて感じました。

 

だが、Web製作で求められる物は難易度が高かったが

まだまだ素人のサイトも多く

初歩的HTMLで作られた物も多く目にした時期でした。

 

目次に戻る

 


★覚えたことは使ってみる!


 

e27be930d388109dc6804d1027a71b85_s

 

内職商法の中でホームページを作る

というのがありました。

でも、最初のスタート段階では

出来ることは限られています。

当然お仕事にはなりません。

 

でも、習うより慣れろ!

とにかく覚えたことは、どんどん使って

試してみる。

これが上達の秘訣ということは

理解していました。

 

 

注意!

以下の内容は2003年前後の情報なので

現在は使えない物も多いです。

 

当時はまだ検索エンジンもなかなか使いこなせず

使えるサイトは少なく

企業さんが主流でした。

PC雑誌などでも使えるリンク集などが

付録についてきた時期です。

 

私が検索エンジンをあまり活用できなかったです。

大きな理由のひとつに

ネット接続が従量制だったというのも大きいです。

その後、定額制に移行しますが

山間部という立地条件のため

つい2-3年前までISDN回線だったのです。

 

ISDN回線とはADSL回線の1つ前で

通信速度は毎秒5キロバイト!

悪いときは1キロバイト未満に落ちます。

つまり、一般の加入電話の回線が

ネット定額になった。

そう考えて頂けば納得できると思います。

 

つまり、40メガバイトの動画を落とすのに

2時間かかっていたのです。

 

もっとも、ある年齢層には

加入電話を知らないという世代もいるようですが・・・

 

そして少しずつSEO対策という言葉が

聞かれるようになった時期です。

現在は変わっていると思うのですが

ヤフーは登録型でGoogleはディレクトリ型だと

言われていました。

 

ディレクトリ型とはロボット巡回で

自動登録される。

つまりGoogleのロボットが認識しやすいように

HTMLを組み、望んだキーワードで登録されるようにする。

ヤフーのほうは登録型だが

登録してくださいと言って登録されるものではない。

 

嘘か本当かは不明ですが

ヤフーのキーワード上位に載るように

あなたのサイトを登録します

などというボッタクリ業者も数いる

という話もありました。

 

 

そんな中、ある日、私のところに来たメールに

あなたのサイトが上位表示されるための

無料メール講座という物があったのです。

 

そしてそこで教えられた事は

Googleのキーワードランキングを

上げる事が重要になる。

その為には、楽天にブログを持つこと。

そして**からメルマガ発行をする事。

(メルマガ発行に関して伏字なのは、

記憶があいまいなので)

 

 

私は早速実行します。

メルマガは既にそのスタンドを使用していました。

やってない事は楽天にブログを持つ事と

楽天ブログに自分のサイトと

メルマガのリンクを張ることだけでした。

 

そしてその人は言ったのです。

自分のサイトがキーワードで上位表示されると

莫大なビジネスチャンスが生まれると。

 

 

そして、その莫大なお話が・・・

来ました!

でも、それは俗に言うナイジェリア詐欺

通称419詐欺と言う物でした。

 

 

1年間、これに振り回される結果になるのですが

つい先日、典型的な詐欺文例集とも言える物が

facebookの個人メッセで届きました。

 

あぁ・・・まだやっている人いるのね・・・

ひっかかる人もいるんだ・・・

と思った次第です。

 

目次に戻る


★ナイジェリア詐欺に振り回された1年間


 

o05000334shutterstock_84358267

 

注意!

これは私が2004年頃に経験したことです。

しかし手を変え品を変え、現在も出没しているようです。

 

最初に届いたメールは

**年に起こった飛行機事故

その中で亡くなった**さんがいて

あなたが遠い親戚であることが判明した。

ナイジェリアの**銀行にUS$xxxxxが眠っている。

これをあなたに届けるために・・・・・

 

 

このようなメールだったと記憶しています。

だけども、結論から言えば

絶対に返信してはいけないのです。

 

古い時期はメールを読んでいると

NIGERIAという文字が目に飛び込んできましたが

現在は入れなくなったようです。

 

まず返信禁止!

というのは、少しでも反応したら

もう大量のメールが手を変え品を変え、届きます。

 

人間は弱いものです。

最初、嘘でしょ?

ありえない!

と思っていても、大量にそのような物が届くと

だんだん、その気になってしまうのです。

 

 

そして我が家の場合は

主人が本気になってしまった。

これが被害を大きくした原因でした。

 

大量のメールが届くようになり

手続きをする為に**US$必要だと言われます。

彼らは詐欺のプロですから

言葉巧みにこちらの電話番号を聞き出します。

 

私たちを信用させようと

自分たちの個人情報、パスポートその他

ありとあらゆる情報を送ってきます。

 

電話番号を知られたらもう終わりです。

彼らは執拗に電話、FAXを送ってきます。

しかも深夜にハローなんて・・・

 

 

日本のなりすまし、オレオレ詐欺など

これを思うとまだ可愛いと思えてきます。

 

なぜ彼らが詐欺だと気づいたか?

 

私とメールのやり取りを行っていた案件が3件ほどありました。

1件の事案に対し担当者が変わるので

合計10人ほどの人と

メールのやり取りをしていた事になります。

 

ある時、ナイジェリアの同じ銀行名を見ました。

そこで私はAさんにはBさんを知っているか?

BさんにはAさんを知っているか?

と尋ねたのです。

 

そしてもし、知っているのであれば

私の代理として事務処理を行ってほしいと伝えました。

 

最初は私にナイジェリアまで来るように言っていたのです。

 

その結果

AさんはBさんをよく知っていると答えました。

しかし・・・

 

 

Bさんが私に言いました。

自分はAさんを知らない。

あなたが行っているのは、ナイジェリア詐欺と呼ばれるものだ。

通称419詐欺と呼ばれている。

他のものを全部拒否しなさい。

自分ものだけは本物だから自分の物だけに集中しなさいと。

 

そしてナイジェリア詐欺、419詐欺について

検索しなさいと言って来ました。

 

検索して驚きました。

当時はそれなりの商社も引っかかっていたようで・・・

 

怖いことがたくさん書かれていました。

 

そしてBさんが私に言ったことは

彼らから逃れることは出来ない。

ただ1つだけ逃れる方法がある。

 

それは・・・

名前を変え、住所を変え、電話番号も変え

別人になる事だと言われました。

 

 

その後
ネットバンクと信じていた場所が

詐欺という指定でセキュリティソフトが警告を出し

その後、そのサイトが404エラーになりました。

 

とりあえず、警察に事情を話しました。

しかし、何の役にも立ちませんでした。

電話は所定の時間は電話線を抜き

電話が鳴らないようにしました。

 

 

FAXは一時期、外出して帰ってくると

全部の紙が床に散乱してました。

FAXも不要と言う事で

電話機が壊れたのをきっかけに

FAXの無いタイプに変えました。

 

メールは全てそれらしい物は見ずに

迷惑へ行くように設定。

もしくは即、ゴミ箱へ。

 

半年以上、電話が鳴り続けましたが

それも完全無視を決め込みました。

 

ちょうどデータ入力の内職を始めた頃でしたので

そちらへ集中する事で

頭の中からこれらの情報を消すように努力したのです。

 

その後、ヤフオクでも注意喚起が出ました。

ヤフオクの外で取引を持ちかける物に注意と。

facebookも同じですね。

外部メール、その他で声をかけられても

応じないのがベストと思います。

 

そもそも、はじめまして。

の段階で外部誘導って怪しすぎでしょ!

そう思いますが・・・

 

 

ヤフオクのほうは私も経験しました。

ジャンク扱いのカメラ

(新品を購入した場合、約1万円)

これを10万円?ドル?で取引しませんか?

と質問欄から来たのです。

 

海外発送はしません。

(私の作品は海外発送対応しますが)

ヤフオクの外では取引をしません。

と返事をして終わりました。

 

目次に戻る

 


★諸事情でお勤めが出来ない人こそネットで仕事をすべき!


 

e-commerce-1000x750

 

2003年ごろ、漠然と私は思っていました。

もう、お勤めは無理だろうと・・・

 

我が家の立地条件

息子の学校の問題

そして自分の体調管理・・・

 

家にいてお仕事が出来ればよい。

完全在宅とは言わないが

限りなくそれに近い形でお仕事がしたい!

 

 

1998年に母が他界し

今まで多くの手芸を手がけてきたが

今後は手まりをメインにしようと、考えていました。

 

そんなある日、書店で1冊の本を見つけました!

タイトルは『ヤフオクで稼ぐ!』

そんな内容だったと思います。

本というより業界用語で言う『ムック』と言う物で

雑誌と本の中間に位置するものです。

 

その中では一般的なヤフオクに関する知識がありましたが

私が一番気になったのは一人の方のインタビュー記事です。

その方は鉄道模型を粘土で作り

キーホルダーにして販売していました。

作る工程を全部見せてしまう。

これがその方の手法でした。

 

私はこれだ!

と思ったのです。

 

当時、すでに楽天にブログを持ち

いくつかのサイトも持っていました。

メルマガはビジネス系メルマガが

無料では発行が難しくなったので廃刊していました。

 

 

楽天ブログを持っていた関係上

楽天フリマに作品を出品しつつ

楽天ブログに作品解説を出していきました。

(楽天フリマは、その後、楽オク、ラクマとサービスを変えます)

 

ブログは現在、放置で残っていますが

写真は画像の倉庫としてインフォシークを使用していたので

写真の多くが消えています。

 

私がなぜヤフオクを選ばずに

楽天フリマを選んだのか?

 

これは当時ヤフオクはあまり良いニュースが無かったのです。

いくつかの警察沙汰になるニュースがありました。

それで何となくヤフオクを避けたのです。

 

もし、この時、私が楽天を選ばずにヤフオクを選んでいたら

もしかしたら、今とは違っていたかもしれません。

 

 

正直、1年間、作品は全く売れませんでした。

そして1年が経過したころようやく初めて作品が売れました。

 

その後は1ヶ月に1個ぐらいずつ作品が売れるようになったのです。

 

しかし、ようやく作品が売れるようになった時

楽天はシステムを変えます。

楽オクと名前を変え、匿名配送を始めます。

 

当時の匿名配送は

購入者が商品購入後、

気に入らなかったら無条件返送可能でした。

 

多くの出品者がこの時点で離脱します。

 

 

私はネットで稼ぐためにどうすればよいかを模索していました。

そして、アフィリエイトを知ることになります。

でも、自分にアフィリは向いていない・・・

と漠然と感じていました。

 

そしてネット物販の勉強を始めました。

ここで二人の人に出会います。

山口塾を運営する山口裕一郎さんです。

数多くの100万円プレーヤーを出している

実績を見てすごいなぁ・・・と眺めていました。

 

でも、私は山口さんの塾をあえて選択しなかったのです。

 

塾のコースは月額数千円の物から

当時2万円の物までありました。

無料レポートがあったので取り寄せてみました。

 

山口さんの塾はリアル仕入れ中心

そんな印象を持ちました。

でも、私が目指したのは完全在宅です。

私には合わないと感じたのです。

 

もし、自分がアクティブに動けるタイプであれば

迷わず参加したと思います。

でも、仕入れの時点でつまづくのは目に見えていたので

選ばなかったのです。

 

 

そしてもう一人は林一馬さんです。

当時はまだ会社員(米軍基地内でのリアル販売)

をされていました。

現在はSAATS(国際ネット物販塾?)や

TERAPEAK(国際ネット物販販売動向解析)

これらを行う代表をされています。

 

会社員であるという事はリアル仕入れも行うかもしれないが

メインは通販による仕入れになる可能性が高い。

しかも海外オークションサイトeBayをメインに行っている。

そしてカナダでの留学経験、米軍基地内でのビジネス経験

 

私自身は英語はダメダメなのですが

翻訳ソフトはそれなりに使いこなしていました。

ナイジェリア詐欺で失敗したのも

最初は好奇心で英文メールを翻訳したところから始まっています。

 

eBayでビジネスを行うのに

自分の作品は向いているだろうと直感的に感じたのです。

でも、英語サポートが欲しい。

いざとなった時、英語で喧嘩が出来るくらいのスペックが欲しい。

 

そう考え、2007年秋、当時発売された

林一馬さんのeBayマニュアルを迷わず購入しました。

 

目次に戻る

 


★林一馬さんの所で転売を学んでいたころ


 

lgf01a201412221300

 

私が2007年の秋にマニュアルを購入し

非常にラッキーだったのは

上手にクリスマス商戦に乗れたことです。

 

競合リサーチをしましたが

手まりを見た感じでは日本からのものは

ヤフオクの転売と見ました。

 

つまり中古品しか出ていないのです。

当然、私は自分で製作販売していますので

新品で出すことが出来ました。

 

他店と比べてお値段が高くなるのですが

それでも、他店に無い色、模様

これらを作ることが出来るので

それは強みでした。

 

林さんの所で学びながら他のeBay出品者の

メルマガなども読み始めました。

 

この時期に、ビジネスの基本を教わったと思います。

 

林さんのサポート期間が切れ

延長を申し込もうとしたとき

会員制サロンSAATSがスタートしました。

 

この時に、林さんから非常に良いオファーを頂きました。

当時は内緒にと言われましたが

もう時効だと思いますのでお話します。

 

SAATSの会費は月額約5千円のサービスでした。

(現在の価格は不明です)

スタート時、何人かが既に在籍していました。

 

林さんからのオファーは

1年間という期限付きで無料会員にして下さるという物。

その代わり、新しい会員さんに対して

わかる範囲で良いからサポートすると言うものでした。

私は喜んで参加させて頂きました。

 

eBayマニュアルは登録系についてと

オーダー、出品に関する一連の流れについて

書かれていたように記憶しています。

でも、このサロンで学んだことはかなり多かったです。

 

なぜなら、誰が有料会員で

誰が私のように招待された人かは

全く不明でした。

 

目次に戻る

 


★ある日マルサが・・・


 

11031069029

 

SAATSにいた頃、いろいろな方から

多くのお話を伺うことができました。

これは非常に興味深かったです。

 

一番興味が引かれたのは

ある日マルサが・・・

という生のお話を伺えたことでした。

 

その方の場合、

全く帳簿をつけていなかったと言うのです。

おそらくヤフオクの販売手数料から

追いかけられたのでしょう。

 

彼らは最低1本取れる

(1千万の隠しがある)

と踏み込むそうです。

(最新の情報では、入金額1千万になったら注意!)

 

私は一応簿記2級もってますので

記帳のお話は出来ますが

税金に関しては資格が不十分ですので

下手なことを言うと、処罰対象になります。

 

とにかく、出たお金と入ったお金を

きちんと記帳しておきましょう。

というお話です。

 

 

また、どういう事情でそうなったのかは

教えて頂けませんでしたが

ヤフオクのアカウント剥奪という

経験をされた方もいました。

 

アカウントは大切に育てるものと

教えらました。

 

目次に戻る

 


★アカウントは大切に育てましょう


 

11

 

私がネット販売を始めたとき

正直、右も左もわからない状況でした。

2005年頃の事です。

 

そして何人かの方の無料レポートを読みました。

 

 

最近感じるのが

いろいろな方のお話を聞きながら

アカウントを大切に育てる

セキュリティに気を配る。

 

これらが、おろそかになっているのでは?

そんな感じがしました。

 

 

私も過去、手痛い失敗をしました。

メルマガを発行しながらMLMの勧誘をやっていた頃

ウイルスソフトなんて入れても

いたちごっこだから、入れるだけ無駄

なんて思って放置したら見事に感染。

 

何人かの方にご迷惑をかけ

ビジネス仲間さんから、感染しているから

即ネットを切りなさい!

と数人の方から一斉にメールが来たこともあります。

 

その中の一人のサポートは非常に的確でした。

所定のサイトを示され(大手ウイルス対策会社)

ここへアクセスしなさい。

駆除後、DL版で購入しセットアップしなさい。

と指示を受けました。

 

 

その後、データ入力のお仕事をするようになり

私が扱っていたのは見事に個人情報。

役場あたりで購入したのか?

住所録と電話番号の記録をコピーした物を渡され

それをエクセルで入力し、納品でした。

 

この時、担当さんに言われたのです。

セキュリティソフトを入れておかないと

お仕事が取れないからね。

だからウイルス対策じゃなくてセキュリティのほうを

買いなさい!と。

 

セキュリティを入れておかないと

打ち込んだデータを、全部覗き見できるソフト

仕掛けられたらアウトだから・・・

 

このように言われたのです。

その為、アカウントが乗っ取られた

などと言うお話を聞くと

あれ?セキュリティどうなっているの?

と思うこともあります。

 

 

SAATSに参加されていた方で

ヤフオクアカウントが、削除になった方から

お話を伺ったことがあります。

(毛嫌いしていたヤフオクですが

eBay転売を始めるにあたり、ヤフオクも始めました)

 

なぜアカウントが消されたかは

詳しくは教えて貰えませんでした。

ただ、その方が、しみじみ

アカウントは大切に育てるようにと教えてくれたのです。

 

 

消された原因は一言、規約違反をしたと。

 

多くの場合、いきなりは来ません。

誰かに規約違反をヤフオクに報告したと連絡が来ます。

その時点で、対策をとり

その後、十分に注意すれば・・・

たぶん、大丈夫です。

 

ここで、絶対とは言えないのですが

規約違反申告を受け、それが一定数に達し

放置していると、見事にアウトになります。

 

 

そしてここからが重要なのですが

私がお話を伺った方

奥さんの名前で再登録しようとしたらアウトだったと。

 

ヤフオクの場合、出品アカウントを取るのに

本人確認書類が送られてきます。

配達さんに、身分証を見せて

本人の確認が取れれば出品アカウントが通常は取れます。

 

でも、1回停止になった方がアカウントを取ろうとした時

この方の場合、奥さんの名前で取ろうとしたら

苗字、住所が同じなのでアウトになったと言います。

 

極端な話

田中さん、佐藤さんは日本で一番多い苗字だと聞きます。

 

つまり、田中AさんがマンションBに住んでいたとします。

そして田中Aさんのアカウントが停止になります。

田中Aさんは引越しをします。

マンションBに、たまたま田中Cさんが入居し

ヤフオクのアカウントを取ろうとした時

田中Aさんのとばっちりでアカウントが取れない。

 

こういう事態も発生することが考えられます。

もっとも、このような事例をまだ聞いていませんので

実際は不明です。

 

田中Aさんが引越しをし、マンションDに住所が変わったら

ヤフオクのアカウントが取れるのか?

これも未知数です。

 

ただこの方は、一言

裏を使って再取得したと言っていました。

 

それ以来、さまざまなアカウント

放置ブログはありますが

規約違反には十分注意しています。

 

 

お話を伺ってから随分時間が経過しているので

現在、どうなっているかは不明です。

リスクヘッジも重要と思います

うっかり規約違反なのか確信犯なのかはともかく

アカウントは大事に育てましょうと教えられた出来事です。

 

目次に戻る

 


★リサーチが全ての物販


 

java2

 

私が2007年にeBayに参加した時は

まだリサーチ方法は確立していませんでした。

 

その為、何を商材にしたらよいのかわからない・・・

このような人も多かったのです。

 

自分の得意分野を販売主力にすると良い。

こういう答えしか導き出せませんでした。

言ってみれば経験と勘が中心の世界でした。

 

 

林一馬さんと当時一緒に講座運営をしていた露口さんが

リサーチ法を教えてくれましたが

現在の統計的方法とは全く違ったものでした。

しかし、統計から入っても結果的に最後には

この時に習った方法へ落ち着くのか?

と現在は感じています。

 

 

その方法とは・・・

現在のトレンドを知り、そのトレンドの中から

商品選定を行う。

トレンドを知るためには雑誌などを活用する。

この方法がこの時、習った方法でした。

 

でも、私には全く理解不能な世界でした。

 

なぜなら私は作品を作り販売することしか

頭に無かったからです。

 

この頃、eBay転売をされている

他の方のメルマガも片っ端から読みました。

音楽雑誌をeBayで販売されていた森 俊徳さん。

彼のメルマガは物販の心得的なことが多く書かれていました。

 

 

専門店を作るのが最強だとも。

この専門店については非常に納得します。

また専門店が作れると、商品探しのリサーチをしなくて良いので

非常に楽になるのです。

 

しかし、この時はまだわからない事が多すぎました。

多くの転売情報を仕入れ、理解できずに

またが実践できずに(物理的に無理という問題も含めて)

頭の片隅にしまっておいた方法も数多くあります。

 

今になって、そう思えばあの時・・・

と思うことは多々あります。

 

でも、出来ることは即実行しました。

 

一番簡単で今も続けているのは

販売記録を残すこと。

私の場合、自作品ですから

次に補充用作品を作るときの資料にもなります。

 

エクセルで管理していますが

写真画像、送り先の住所その他の記録が残っています。

 

 

本来であればこの送り先にDMなどを出して

活用する方法もあるのですが

私はそこまでは行っていません。

 

内緒で購入される方も多いので

受け取ってご迷惑じゃないかな?

などといろいろ考えてしまうからです。

 

母が生前言っていたことですが

この**の手まり、すぐお嫁入りしちゃうのよね。

だからまた似たようなの作っておかないと・・・

このように言っていました。

事実、よく売れる商品というのは存在します。

 

またある方から、スカイプコンサルを条件に

売り上げ一覧が欲しいと言われたこともあります。

 

 

手まりを作る人には見せたくないデータですが

普通の転売者さんには見せても役に立たないデータです。

なぜなら、同じものを用意するのは難しいので。

 

 

当時、よく売れていた作品は

人気作品のひとつではありますが

入手ルートを作るのが困難な作品が多かったのです。

 

つまり、よそに無い模様が好まれたからです。

 

個人情報の部分を消して画像部分だけ・・・

という条件でお譲りしました。

その方からのコンサルは・・・

内容は覚えていません。

 

印象に残っていれば

内容を記憶しているはずですから。

私のデータも役に立ったのかどうか・・・(笑

 

 

私がその当時行っていたリサーチ方法は

自分と同じ商品、つまり手まりを販売している人が

どの色使いでどの模様の物が売れているのか?

これを見ていました。

 

統計的に調べることはまだ難しかったので

片っ端からウォッチリストに入れていきます。

そしてそれらの商品がどうなったか?

これを毎日眺めていました。

 

その結果、落札された商品を見ることで

売れ筋、好みの傾向などがわかります。

そこで用意するのは似たような作品

同じ模様で違う色使いの作品。

そしてそこに載っていない作品を用意するなど

いろいろ試してみました。

 

 

正直、手まりの販売をしていて

いつも感じるのは

定番の作品と、定番の色使いは自然と出来てきます。

しかし、それだけでは売り上げも安定しない。

常に新しいことへの挑戦だとも感じているのです。

 

 

SAATSから離れて少し経過し

別の方のeBayマニュアルを購入します。

この方の手法はオークファンを活用した

統計的手法になります。

 

この統計的手法を行うようになり

見えてきたものがありました。

 

目次に戻る

 


★統計的、転売手法を習った2009年


 

free

 

2007年ぐらいから、手まりの製作販売をしつつ

即金が欲しくていろいろな方の

転売に関するノウハウを見ていました。

 

 

そして1人の方の手法を学ぼうと

教材を購入することになります。

 

無料オファーで登録し教材を販売する

この手法の走りだった頃です。

 

 

私が習った方は

eBayから輸入し、ヤフオクで販売

という流れでした。

 

オークファンで、輸入、海外・・・

このような検索ワードで商品を探すとあります。

 

ただ漠然と探しても見つかるものも見つかりません。

またジャンルによっては、商品が大きい、重い・・・

これらの理由でコストがかかりすぎる物もあります。

 

欧州からアンティーク品を仕入れる手法もありますが

アンティークは真贋が問われます。

古物商も必要になります。

 

商売を行ううえでは信用第一です!

もし偽物などを扱った場合

アカウントの危機にもなります。

 

多くの方は利幅や利益見込み額で商品を決めるように

言う場合がありますが

私の場合、外出時は杖使用。

となると、発送の際

片手で持てる物!

これが絶対条件になります。

 

そして、自分が関心の無いジャンルでは

質問が来たとき、非常にストレスになります。

 

 

当時はニッチ商品が面白い

とも言われていました。

コレクター系も面白いと言われていました。

そこで私はジャンルを絞りました。

 

おもちゃ、ホビー系で探すと・・・

1/144の模型がかなり熱いです。

(現在はすっかり下火になりました)

ある方がかなり羽振りが良いようで・・・

しかもライバル店が他に居ません!

 

しかも、この方

海外で売られている英語のままで販売しています。

eBayで調べたら、なんと!

アカウントがヤフオクとeBay同じです!

 

この時知ったのは

ガンダム模型も1/144だったと言うこと。

ガンダムは初代を高校時代に見ただけで

それほど詳しくは無いですが

思わず、へぇ!だったのです。

 

この時は仕入れx2くらいの相場で売れました。

ほぼ10ヶ月程度1/144模型のブームが続きました。

この間は売れたのを仕入れ、売上金を仕入れに回す。

という事でほぼ潤沢に資金が回っていて

それなりに忙しく楽しい時間でした。

 

3070074146_e92557e2e9_b

 

しかし、コレクター商品はいずれブームが去ると

急激に回転が悪くなります。

 

周囲を見回しても

リサーチに疲弊してやめる人も多かったです。

 

模型を仕入れる直前までは

家庭の不用品を販売していました。

自分の作品も販売していました。

 

 

どうしても月額2万円の売り上げ

この壁を越えることが出来なかったのです。

模型販売もブームが熱い間は良かったのですが

下火になると次なる商品を探す必要が出てきます。

 

ネット回線の遅さも手伝って

リサーチ作業が非常に苦痛になってきました。

 

 

また、有名芸能人がらみの商品などは

仕入れれば売れるには売れるのですが

思ったより良い価格にはなりませんでした。

 

今だからわかるのですが

例えば、芸能人の顔がプリントされたTシャツ

(私が仕入れたのはマイケル・ジャクソンが他界し

その時にテスト販売を兼ねて2枚仕入れました)

 

一応、不良在庫にはなりませんでしたが

思ったより反応は薄かったです。

 

必殺シリーズをまとめた文庫本を100円で見つけ

少し寝かせた後、藤田まことさんが他界しました。

この時も無事売れましたが

思ったより良い金額にはならなかったのです。

 

 

なぜか?

私が芸能人関連のさまざまな物を扱う

専門店を開いていたなら

もっと別の結果になった可能性があります。

 

またTシャツ専門店を開いていたのであれば

別の結果になったでしょう。

古書店を開いていたら・・・

 

つまり、ユーザーに私の店が認知されていなかったのです。

 

この時は

情報では良い金額になると言われているジャンルなのに

なぜ?!?!

と思いました。

 

目次に戻る

 


★2010年頃よりブラの転売を始める


 

150623lingerie4_1

 

ある日のこと、ある方から

大きいサイズの下着(ブラ)を仕入れて欲しいと頼まれました。

その方を見れば・・・

確かに大柄ではあるが

そんなに大きなカップには見えない・・・

 

また同時期、自分のブラもどうもサイズが・・・

アンダーは良いのだがカップが・・・

という事で欧州からブラの仕入れを始めるようになります。

 

この時期お客様から教えていただくことが

数多くありました。

 

 

1/144の模型の販売も

私には理解不能な物ばかり。

でも、私がメインに仕入れていたのは

香港の某社、製造元でした。

 

お客様が**戦線に使われた車両その他が

欲しいのだが、どうしても手に入らない。

あなたの所で仕入れることが出来ますか?

と言ってきたことがあります。

 

正直言って、車両は全て同じに見えます。

何となく、丸い感じ、角ばった感じ・・・

この程度の見分けしかつきません。

 

でも、お客様が言ってきたことを

そのまま製造元に翻訳して伝えます。

製造元には、私は全くお客様が言っていることが

理解できていない。

これも伝えておきます。

 

製造元の担当さんが

いち早く、作ったから、いくらだから・・・

とメールで教えてくれます。

つまり所定のサイトに展示する前に

入手できたのです。

 

そうなればもう、こちらのものです。

誰よりも早くヤフオクに出品できて

先行利益を取ることが出来ました。

 

 

そんな中でブラのお取り寄せを頼まれました。

資金が潤沢に回っている最中でしたので

非常にやりやすかったです。

 

 

しかし、取り寄せてからサイズにびっくり!

アンダーのサイズ表記に@@状態でした。

 

でも、これは覚えてしまえば簡単です。

英国、米国サイズのアンダー表記は

後にヤードだと知ります。

もう丸暗記するしかないです。

 

34 → 75cm

36 → 80cm

38 → 85cm

40 → 90cm

 

規則性がわかれば問題はありません。

最大に問題なのはカップサイズです。

 

日本はアンダーとトップの差が何センチあるかで

Aカップ、Bカップ・・・

とされています。

 

しかし・・・

カップが大きくなった時

メーカーにより同じ表記なのに

大人物と子供物ほどサイズが違うのです。

 

世界的に見て英語が通じる範囲で言えば

カップのサイズは

日本を中心とした日本サイズ、

中国サイズは日本サイズとほぼ同じと思われます。

米国サイズ

欧州サイズ、小

欧州サイズ、大

この4種類に分かれるように感じました。

 

 

そして女性ならわかると思いますが

ワイヤーが合わないと非常に不快です。

 

また、当時はアンダー70,75

カップ、A、B、Cぐらいまでは入手しやすいのですが

それ以上のサイズになると途端に入手が難しくなります。

国産品の大きいカップ・・・

ストラップが貧弱で・・・

 

 

つまりここから外れたサイズは

急激にお値段が変わってきます。

つまり、所定価格以上になります。

値崩れしません。

 

 

私はブラのカップを全て実測し

その実測寸法を商品説明に書くことにしました。

つまり、手持ちの物と比較すれば

大きく外れるサイズを購入する失敗が無くなります。

 

最初のうちは品揃えも少なく売り上げは良くなかったのですが

所定数そろってきた辺りから

それなりに安定して売り上げが出るようになりました。

 

下着販売のメリットは

流行があって無いようなもの。

つまり長期在庫になっても流行おくれだから

という理由で売れない・・・この心配がないです。

 

一般アパレルは長期間在庫で持つには不向きです。

保管スペースも他のアパレルと違って

小さくて単価が高いです。

 

 

デメリットは新品でないと販売できない場合が多いです。

慣れるまで良質の仕入先を見つけるのが難しいです。

1回に多くの物を仕入れずに5枚前後ずつ購入し

良質の仕入先を探すしかないです。

 

写真では素敵に見える商品でも

試着した物?

汚れている・・・

これら、新品では販売が難しい商品が届く場合もあります。

ネガティブ評価は残せますが

交換等は不可能と思ったほうが良いです。

 

 

初期の頃はこれらがわからず

完全な不良品(ストラップがねじれて付いている)

でない限り、返金はされなかったので

赤字になる事も・・・

 

しかし、慣れてきたら

良質ストアを見つけることも出来ましたし

お値段のつけ方もわかってきました。

比較的良質なストアでもトラブルは時々発生します。

 

つまり、日本人は非常に神経質な民族とも言えます。

向こうの方たちの言い分は

少しぐらい汚れていても、お洗濯すれば問題ないよ。

という事なのです。

 

また、理由は不明ですが

1つのお店から購入しているのに

複数の梱包で送ってくる場所もあります。

当然ながら同梱していただいたほうが

送料を抑えることが出来ます。

 

 

その為には、パッケージを1つにまとめて送ってください。

と頼む事も必要です。

こうする事で、途中紛失のリスクが回避できます。

10枚ほどまとめれば、普通航空便と

追跡つきの物との送料がほぼ同じになるのです。

 

 

経験的な事を言うと

トラブルのあるお店は商品をバラバラに送りたがりました。

届かない商品は返金されますが

英国から日本へ商品が届くのに

平均2週間かかります。

 

商品が届かなかった場合

返金はされますが、時間は帰ってきません。

 

 

赤字回避のための価格設定

送料込みの支払い金額(円)を請求金額(ドルやポンド)で

割ると、1ドル(またはポンド)いくらかがわかります。

これは諸経費込みの金額ですので

実際の為替の価格とは変わってきます。

 

仮に1ドル121円と出たとします。

この場合、1ドル125円で原価設定をします。

7ドルの物を購入した場合

125x7=875円

これを仮の仕入れ価格とします。

 

つまり、時間差などで為替が変動したとき

5円単位で切り上げし計算しておけば

マイナスにはなりません。

 

そして販売価格は

875x3=2625

ですので、2650円にします。

 

つまり、何らかのトラブルで不良品が発生しても

原価の3倍で販売していますから

不良品分のリスクをここで相殺することが出来ます。

 

また、商品がブラですので

お値段の安いものと高いもの

同じサイズなのになぜ???

これが、一般的にはわかりにくいです。

 

 

細かいことを言えば、レースの品質とか

微妙な生地のカッティングとか・・・

そういう部分でお値段の差が出てきます。

数多くの商品を見ると

目利きが自然とできるようになり

基本の販売価格よりもう少し利益を乗せても大丈夫とか

いろいろわかってきます。

 

最近では少し変わってきたようですが

一般的なアパレル製品の仕入れ価格と

販売価格を知ったときはびっくりしたのと同時に

大いに納得しました。

 

その数字は・・・

仕入れ価格1に対して希望小売価格は10だったのです。

だからシーズンごとに売れ残り商品を

5割引、7割引にしても

最低の利益は確保できると言うわけです。

 

a7e7ae8f

 

しかし、この間、

サブプライムショック

リーマンショック・・・

そして2011年の震災と続き

欧米輸出入から撤退を決定することになりました。

 

目次に戻る

 


★欧米輸出入から撤退


 

サブプライムショックがおき

米国の消費が落ち込み、クリスマスでやや復活。

そしてリーマンショックの時も同じく。

しかし2011年1月に起きたのは

我が家の一大事!

 

元はといえば11月に主人が現場で

土手から滑り落ち肩の筋(?)を切りました。

手術をするか?

と言われたそうなのですが、年齢、その後の治癒率

これを考えると切っても痛いだけ・・・

になりそうだったので、見送りにしました。

 

9cb0ca6abf121eaa292991f9c9dc3b8b_s

 

しかしこの時、落ちた衝撃で脳しんとうを起こしていたのです。

1人で現場に行ったのも問題でした。

何かあっても誰も気づかない・・・

 

2011年の1月に慢性硬膜下血腫(こうまくかけっしゅ)

という事で緊急入院、手術となりました。

息子は高校2年でした。

 

そして3ヶ月間、ほぼ主人の収入は0となりました。

その間、今まで仕入れ、ためたブラの在庫があったので

それらが売れる事で、3ヶ月間何とか食いつなぐことが出来ました。

 

ただこの時、クレジットカードを2枚飛ばしました。

支払いの目処が立たないとわかった時点で

急いで電話をかけたが間に合わず・・・

とりあえず、毎月の支払い金額を最低にしてもらい

クレカ停止という処理で乗り切りました。

 

結果として仕入れの目処が全くつかない状態になります。

それでも、何とか商品が売れているので

一番重要な支払いから順に片付ける結果となりました。

 

 

幸い主人は4ヶ月目から現場復帰できました。

しかし、社員という立場から現場作業員という立場に変更です。

社会保険から国保へ変更。

手取りの給料は3万円近く減給でしたが

国保その他の支払いのため

結果として実質10万の減給となりました。

 

それでも、在庫商品があったから何とかなりました。

しかし、仕入れを全くしていないので

在庫は少しずつ減っていきます。

 

1月の時点でブラの在庫はおよそ600ぐらいでした。

3月には震災発生。

海外発送品が全く売れなくなります。

送ったものも返ってきます。

返金処理をしなければいけません。

 

 

そして8月、急激に売り上げが落ち込みました。

在庫数量300ちょっと。

8月はいつもあまり売り上げが良くないのだが・・・

9月になっても売り上げは復活しません。

 

ここで気づきました!

初めてネット転売を習ったころ

セドリを行っていた人が言っていました。

在庫1000冊で売り上げが安定する。

1万冊でカスカス食べれるようになる。

10万冊で**円稼げると。

 

取り扱い商品、商品単価、仕入れに対する利益率

この数字によって変わってくるが

売り上げが安定する商品数

これは絶対存在するとわかりました。

 

模型を扱っていた時は

大当たりを引いて滅茶苦茶回転が良かったから

気づきませんでした。

しかし、ブラという地味な商品を売って

売り上げ月額20万越えという

私としては最高値を記録しました。

 

それが商品数の減少により

元の月額売り上げ2万以下に戻り見えたものがありました。

これが在庫の数で全てが決まると気づいた瞬間でした。

 

eBayの撤退を決め

ArtFireに引越しするが(米国の手作り品販売サイト)

ほとんど売れず・・・

結果として海外仕入れ、販売両方から撤退を決めたのです。

 

目次に戻る

 


★商品が売れないならデータを売ればいい!


 

f7ddce7082319b30a9779701469d6fe6_s

 

2011年震災、そしてあの事故・・・

それが原因と思われるが

海外へ発送したものが次々とキャンセルになりました。

 

送料分の赤字です。

 

2007年にeBayに参入し

少し慣れたころ、YouTubeにあげた動画を

商品説明としてeBayに貼れる事を知ります。

(頻繁に規約が変わりますので

現在貼れるかどうかは不明です)

 

そこで手まりの簡単な作る手順を

スライドショーにして商品説明として

貼っていました。

 

この時は作り方手順と言っても

本当に何も知らない人に対して

こうやって作るのです・・・

と見せるためのプロモーションと考えていましたので

肝心な部分の画像、説明はあえて抜いてありました。

つまり、作りたい人向けではなかったのです。

 

YouTubeのアカウントを取ったのが2008年春でした。

 

その間、動画は全く更新せず10個ほど作ったものを

完全放置でした。

 

 

でも、わずかながら、YouTubeから収益が発生していました。

何か楽しいことになりそう・・・

と思い、それならば!

積極的に動画をあげ始めたのです。

 

私にすればYouTubeは完全に自分のメモ帳的存在でした。

作り方動画と言っても

膨大な資料から、ほとんど作らない作品のデータを探すのは

非常に困難です。

ところが、自分の覚書としてUPしておけば

ほしい部分だけすぐに見ることが出来ました。

 

そこにわずかながらと言っても報酬が発生する。

これはある意味、モチベーションを保つには

なかなか楽しい作業になりました。

 

 

でも、自分で何も生み出さず

他者の記事やデータをコピペし

話題性だけで動画から報酬をもらう人たちが増え

その為に、日本のYouTube再生単価が大きく減りました。

 

私のスライドショーは、海外ユーザーも多いので

国によって1再生あたりの単価が大きく変わります。

こういう事情を考えても

アフィリエイターが嫌われる1つの事例だと思います。

 

そして2014年秋、

中国輸入アマゾン転売に参入する事になったのです。

 

目次に戻る

 


★中国輸入アマゾン転売に参入


 

53025e5515b2bedb2e4de1ebf36d0099_s

 

2014年秋、某転売塾に入りました。

この時、2つの塾の案内が来ていたのですが

半分後悔しながら

でも、結果オーライなのか?

と考えています。

 

 

海外輸入転売で多くの方が

語学の問題を心配されます。

 

私も最初にeBayにチャレンジした時は

英語でいざとなった時、喧嘩が出来るくらいのスキル

と思い、林一馬さんの教材を購入しました。

 

私が当時販売中の商品画像を無断借用された時

右も左もわからなかったので

林さんに相談し、相手の方に送る英文を書いていただきました。

しかし、その他は

特に問題も無く、当時と比べてネット検索も充実し

必要な例文集を探せばコピペで手に入ります。

 

私は翻訳ソフトやサイトを使用しています。

 

 

私がこの時、入った中国輸入の塾は

0の人を1にしてあげたい。

これが塾長の方針でした。

確かにこの点では問題なく教材は配布されました。

 

でも、一部の人から

内容がお粗末過ぎる。

費用に対して内容が見合わない。

そんな声もありました。

 

私自身もその点で少々、失敗したかな・・・

と感じています。

 

 

もう1件の転売塾はOEMをするレベルまで

と言われていました。

多少心残りはあります。

でも、現在は転売よりも別の方向性を考えているので

これも縁かな・・・

とも思っています。

 

もし、あなたが転売塾を選ぶなら

本当に初心者で家庭の不用品を売る程度の

スキルしか無いのであれば

サポートの充実した場所をお勧めします。

 

講座の費用を言うのであれば

月額課金制、もしくは3-5万円程度の

買いきり教材をお勧めします。

 

 

なぜなら最近流行の

プロダクトローンチ(数回のビデオを見せて

30万、それ以上の教材を売るタイプの物)

これはもし、あなたに合わないとなると

非常にリスクが大きすぎるのです。

 

そして多くが3ヶ月程度が受講期間ですが

3ヶ月、半年で学びきれる訳では無いのです。

塾の期間が終わった後からが本番になります。

 

 

だから本当に稼ぎたいと思うのであれば

月額課金タイプがお勧めなのです。

もし、自分に合わないと思ったらすぐにやめれますから

高額教材を買って失敗・・・になりません。

 

また、私が失敗したと思った点は

私は欧米転売を経験後、中国転売を始めました。

中国転売に関しては素人でしたが

転売という点では経験者でした。

 

 

つまり、日本人の悪い癖ですが

自分を低く見てしまい

まだまだ初心者だから・・・

レベルの低い場所を選んだことも失敗でした。

 

なるべくレベルの高い場所を選ぶのも

1つの方法です。

そのほうが早く成長できるからです。

 

ただし、注意点が1つあります。

レベルが高い場所を選択したとき

初心者はお呼びではない。

そういう場合もあります。

 

 

だから、レベルが少し高いかな?

と感じたとき、主催者に質問をしてみてください。

私は完全初心者です。

もしくは、この程度しか経験がありません。

それでも大丈夫ですか?

このような質問をしてみてください。

 

一般の稼げます系の物であれば

大抵、初心者でも大丈夫です。

と言われると思います。

 

 

私が今準備中の技術系(私が準備中のものは手まりの作り方)

もしくはヨガや瞑想などスピリチュアル系

この場合は、最初の導入を知らないと無理な部分もあるので

初心者はこちらを学んでから・・・

と言われるかも知れません。

 

特に技術系はよそで経験があっても

お流儀が変わればいろいろ変わってきます。

今まで習ったものはとりあえず置いておいて

入門からと言われる場合が多いです。

 

目次に戻る

 


★中国輸入は代行さん選びが重要


 

cfcf990a718c08d145063c6544536cf0_s

 

特に中国輸入に関しては

代行さんの存在が必要不可欠です。

代行さんを使わない方法もありますが

海外向けにビジネスを行っている場所は

中国、国内向けの物と比べて割高な場所が多いです。

 

商品数が少ないというデメリットもあります。

ただ扱う商品によって

どこを使うか?

これも変幻自在に扱えるのがベストになります。

 

 

ただ中国輸入、アマゾン転売に関して言うなら

現状、数年前まではよかったのですが

昨年あたりから単純転売はかなり厳しいです。

 

生き残るためにはOEMする。

工場契約をし、アマゾン相手に売り込む。

このような対応をしないと厳しくなってきました。

 

皆さんが心配するような語学の問題

これは代行さんを使う限り

全部日本語で大丈夫です。

 

代行さんが中国人経営の場所と

日本人経営の場所とありますが

どちらも窓口対応の方は日本語が非常に堪能です。

 

欧米輸入は英語でやり取りになりますが

中国輸入は日本語で問題なく出来ます。

 

むしろ中国輸入の最大の注意点は

コピー品に注意という点です。

よく見慣れた、さまざまな商品

全てがコピー品です。

 

こういう物に手を出すと

最悪、税関で没収、破棄費用請求で

大赤字になります。

また無事手元に商品が届いても

それを販売したとき、偽ブランドという理由で

アカウント停止という危険もあります。

 

中国独自ブランド商品であれば問題ありません。

結論として私は完全在宅でのビジネスを目指しているので

中国輸入は転売より材料仕入れをメインに行っています。

 

目次に戻る

 


★中国輸入、アマゾン転売リサーチ中に感じたこと


 

e77712cb11dcc35a9e14a877e3d2f08d_s

 

某転売塾に入り、最初の課題はリサーチでした。

所定の条件に合う商品を50個以上探すこと。

 

しかし私にはどうしても探すことが出来ません。

(正直、リサーチは苦手です)

見本として非常に稼いでいるといわれる方の

リンク集がマニュアルに載っていました。

 

どうしても探せない人の為に

そのリンク集の中から好みの商品を探すことを

薦められたのです。

 

 

ところが・・・

かなりの数のリンクがエクセルで配られているのですが

どのストアも同じに見えるのです。

取り扱い商品に特徴がありません。

専門店という雰囲気が全く無いのです。

 

多くの店の商品を眺めていて

楽しい!

このお店で買い物がしたい!

こう感じられないのです。

 

 

正直、この時は非常にあせりました。

私自身、物を作り、作ったものがお客様から

素敵!

かわいい!

綺麗!

欲しい!

そう思ってもらわなければご購入いただけません。

 

自分で作っていて

それなりに満足・・・

そう思えなければ作り手として

お客様にも満足してもらえないと思っています。

 

 

しかし、リサーチをしていて

正直、苦痛にもなってきました。

全く楽しくないのです。

 

もしかして、私の中から

楽しいと思う心が消えてしまった!?!?

非常にあせりました。

 

 

そこでアマゾンでのリサーチをやめ

仕入先サイトへ行きました。

今まで利用していた

一般的には為替が高いと言われている代行さん

こちらへも行ってみました。

 

為替が高いで有名な代行さん

多くの中国転売者の間では

欲しい商品を探す為に検索サイト的な

利用方法がされていました。

 

某社のコピー品ですが

素敵な商品がたくさんありました。

お勧め!

人気!

そういう商品を眺めたら

わくわく、ドキドキが戻ってきました。

 

コピー品を輸入転売は出来ませんが

素敵!

そう思う感覚が戻ってきました。

 

つまり、私の中から素敵!

と思える感情が消えたのではなく

そう思える出品者さんが居ないのだとわかりました。

 

本当に一時はあせりまくった時期でした。

 

 

リサーチは転売を行うのに非常に重要ですが

ブームに乗った商品構成だけで取り扱い商品を選ぶと

リサーチに疲弊しやめてしまう例も数多く見てきました。

 

自分の専門店を作る。

メイン商品を決め、それに従って商品を探せば

同じリサーチをするのであっても

商品が決まっていますので非常に労力が少しでよくなります。

 

そこで今までブラをメインに扱ってきたので

ブラのリサーチを始めました。

そしてブラを輸入したのですが・・・

各部細かい採寸をしてびっくり!

まさか・・・

この事実には笑うしか無い状況でした。

 

目次に戻る

 


★中国輸入、商品の数はいくつ仕入れる?


 

lgf01a201308041200

 

中国輸入転売を行う場合

欧米転売と比べ単価が安いので

いくつ仕入れたらよいか?

この点に戸惑う方も居るようです。

 

私が習った塾では

1品、3-5個仕入れるように言われました。

しかし、これは正解でもあり不正解でもあります。

 

 

なぜ3-5個仕入れるか?

その理由は売れたのが、たまたま売れたのか?

それとも継続して売れるのかを

見極めるためだと教えられました。

 

しかし、この方はアパレル関係の経験が無かったのです。

雑貨でも商品によっては

3-5個仕入れたら失敗する物もあります。

 

 

中国輸入の場合

私たちが欲しい商品を持っているのは

メーカーさんや卸屋さんというイメージです。

その為、仮に100個欲しいと言った時

入手可能な場合も多いです。

 

では、いくつ仕入れるのがベストか?

条件はその商品を自分自身が初めて仕入れるとします。

どの程度売れるか、未知数とします。

資金は十分にあるとします。

 

上記条件の場合

自分が近くのリアル店舗でそれを購入すると仮定します。

仮に同じものを5個購入しようとした時

そのお店で5個購入出来るかどうか?

色違い、サイズ違いは別商品とします。

 

もし、5個くださいとお店の人に言った時

すぐに購入できる商品であれば

3-5個仕入れて大丈夫です。

 

もし、お店の人に在庫は1個しかありません。

色違いならあります。

入荷まで**日お待ちください。

 

このように言われるであろう商品なら

その商品は1個だけ仕入れるべきです。

ただし、サイズ違い、色違いは別商品と考えます。

 

 

ブラの転売をして経験したことは

商品Aが5個仕入れることが可能だったとしても

同じ商品Aを2個仕入れる予算があるのであれば

商品Aのサイズ違い、色違いを仕入れたほうが

売れる確率は高いのです。

 

もしくは同じお値段で

別デザインの商品を仕入れたほうが

売れるのです。

 

初期のころは、これがわからず

送料がもったいないからと言って同じものを仕入れ

1個はすぐに売れたのに

もう1個がなかなか売れなかった。

こういう経験をしました。

 

こう考えたとき

中国輸入に限らず欧米仕入れでも

全く同じ事が言えます。

 

 

扱う商品によって仕入れる数は変わります。

1箇所からなるべくまとめて仕入れたほうが

送料コストが安くなります。

自分が仕入れるお店は専門店を狙ったほうが

同じ商品でも、サイズやデザインが豊富にあるので

非常に良いという結論になります。

 

これは逆の立場

つまり自分が販売者になった時も同じ事が言えます。

どこから仕入れるかはともかく

自分の店を作る。

専門店を作るというスタンスで商品選定を行うと

お客様に認知されやすくリピーターさんもつきやすいです。

 

私がいつもメンバーさんに読むように言う本があります。

「貿易ビジネスの基本と常識」

「輸入ビジネス儲けの法則」

2冊とも大須賀祐さんの著書です。

 

輸入転売を行うのであれば

どこから何を輸入するにしても

この2冊は読んでおいて損は無い本です。

 

 

また、価格のつけ方に悩む方もいるようです。

中国転売をメインに行っている片桐亮さんが言っていましたが

『自分の中に商品の価値観を持っている人は

仕入れ代金がいくらであろうが、所定の価格をつけることができる。

だが、価値観の無い方は、原価を基準に価格をつけてしまう』

 

これは非常に重要だと思います。

また自分の作品を販売するとき

適正な価格をつける事は非常に重要になってきます。

詳しいお話は後ほどしたいと思います。

 

目次に戻る

 


★中国からブラを仕入れてびっくり!


 

150623lingerie4_1

 

英国から仕入れていたときは

同じデザインでサイズ違いを

複数、仕入れることもありましたが

まとめてサイズを一覧表にしていなかったので

この事実に気づきませんでした。

 

 

ブラのカップで一番重要なのは

ワイヤーの幅とカップの深さです。

特にワイヤーが自分の身体に合わないと

非常に気持ち悪いのです。

 

そして英国仕入れの場合は

それなりに品揃え豊富なストアから

仕入れていましたが、

中国ストアと決定的な違いが1点ありました。

 

英国ストアは専門店であるが

問屋、工場ではないです。

品揃えは豊富だが1つのデザインで多くのサイズ

多くの枚数を持っているわけではないです。

 

 

中国のストアは

問屋または工場なので

デザイン数は少ない物の

1点あたりの在庫数が豊富にあります。

 

つまり、1デザインで

赤、黒、ピンク、ベージュと色バリエーションがあり

各サイズ全て購入が可能でした。

 

そして私は1つのデザイン

所定のサイズより大きいもの

全てを1枚ずつ購入したのです。

 

海外品は日本のものとサイズ表記が違います。

表記サイズだけを信じて購入すると

びっくり!

そういう事も多々あります。

 

その為、私はワイヤーの幅と

カップの深さを1点ずつ実測して販売しています。

他所でブラの販売をこのように行っている場所は

私はまだ知りません。

 

アマゾンでは色違い、サイズ違いは

バリエーション登録ということで

同じカタログで行うように指示を受けています。

 

私は商品説明として

表記されたサイズ

実測したカップのワイヤー幅

カップの深さを一覧表にまとめました。

それを画像キャプチャに取り

説明画像に入れたのです。

 

 

数字を見て驚くより笑うしか無かったのです。

アンダー90

カップB、C、D

とあったとします。

なんと!

カップのワイヤー幅、カップの深さ

5mmの差で変化がある物の

ほぼ全て同じだったのです!

 

またアンダー80、85、90

と見たときも

全てカップは同じ!

 

 

極論するとカップのパーツは全部同じ

違うのはアンダーを変える脇布とタグだけ。

もう大笑いするしかないレベルでした。

 

また私はそのブランドで3つほど

全種類仕入れたのですが

デザインA、デザインB、デザインC

とあった時

デザインAは微妙に小さめ

デザインBが中間

デザインCが微妙に大きめ

この事実にもびっくり!だったのです。

 

英国から輸入した物で

かなり同じデザインで販売した物があったので

それも確認しました。

一覧表にはしていないのですが

ほぼ似たような結果に。

 

もう、この事実は大笑いです。

 

メーカーによってサイズが微妙に違う

これは事実ですが

同じメーカーでもデザインによって微妙に違ったのです。

 

 

ブラの選び方として女性は思春期のころ

教えてもらうと思うのですが

アンダーとトップの差が何センチあるかで

カップを選ぶように言われます。

 

また着用したとき、胸の中央でワイヤーが

浮いていた場合、サイズが合っていないとも

言われています。

 

しかし、数多くのブラのカップを実測した結果

私が導き出した結論は

着用して不快じゃなければ、それでいい!

この答えでした。

 

目次に戻る

 


★2015年、我が家の一大事!


 

9cb0ca6abf121eaa292991f9c9dc3b8b_s

 

お正月から主人は胃腸の具合が悪かったのです。

そして梅雨ごろ、主人のあまりの痩せ方に驚きました。

 

私と主人は17歳、歳が離れています。

年齢順を考えても

主人のほうが早くお迎えが来るのが順序になります。

 

主人のやせ方と、その頃の胃腸障害を考え

私はある種の覚悟をしました。

2011年のお正月、主人が頭の手術をした時以来でした。

 

 

現状、私は主人の給料と年金に依存しています。

それらが無くても生活できるだけの経済力が欲しい!

月収、30万くらいは最低稼げるようになりたいと

本気で考えました。

 

それまではパートへ行く代わりに・・・

と考えていたので目標金額は非常に少なかったのです。

 

そして8月・・・

 

まず親父が腕を骨折しました。

幸い4日間の入院で帰ってきたが

この間、朝から夜遅くまで

何だかんだで走り回る結果となりました。

 

医療費の立替分も大きな出費でした。

隣に住んでいる親父なので

表向き、親父にお金を貸すと言いましたが

私自身は、返ってくる事を想定しないお金でした。

 

 

親父が一段落したら

主人の胃腸の検査の為に病院付き添いとなりました。

何だかんだで8月1ヶ月間

私は家族の病院の付き添いに走り回る結果となりました。

 

体力的なことを言えば

2011年のほうが大変だったはずです。

入院期間は1ヶ月だったし

病院も遠かったのです。

 

しかし・・・

 

幸いにも主人は十二指腸潰瘍、大腸ポリープ

と言う事で大事には至らず

今は元気に仕事をしています。

 

だが・・・

私のほうが大変でした。

 

朝、一通りやるべき事を片付けるます。

家事とネット関係と・・・発送・・・

通常はその後、製作に入るのだが・・・

 

3ヶ月間、私は半寝たきり・・・

どうにもこうにも、身体に力が入らず

寝るしかなかったのです。

半病人状態でした。

 

たった1ヶ月のオーバーワークが

3ヶ月間、何も出来ない状態になりました。

 

 

もう若くないのだと自覚させられました。

そして本気で仮に何もしなくても

複数の収入源から

最低の生活費を生み出す

仕組みを構築せねば・・・

そう考えました。

 

この時、非常にありがたかったのは

アマゾンFBAの存在です。

倉庫に荷物を送ってしまえば

後は自販機。

何もしなくて良い。

まだこの時期は転売品が良く売れていました。

 

しかし、現在は単純転売はほとんど利益が出ません。

現在の私は単純転売から撤退を決めています。

利幅が良いのはひと手間かけたものです。

 

我が家でオリジナルセット組みを作った商品。

だが物が物だけにあまり多くは売れていません。

 

この夏からの数ヶ月が無かったら

私はそこそこ仕入れ資金が捻出

出来る様になった時

欧米からのブラの輸入を再開するつもりでいました。

 

中国輸入は同じ商品のサイズ違いが多く仕入れられるので

カタログ作成が非常に楽だが

難点は取り扱いサイズが限られる事。

大きなサイズを狙うのであれば

やはり英国輸入だと感じました。

 

そこで再開を計画したのですが・・・

この数ヶ月間を経験し

転売は在庫限りで終わりにしようか・・・

と本気で考えました。

 

写真を撮る手間

カタログ作成をし、出品する手間。

この2つが非常に労力的に負担に感じました。

 

 

そして2011年の震災

あの時、漠然と思ったことは

明日、何があるかわからない・・・

という事です。

 

もし、何かあっても

悔いが無いようにしたい。

 

これからはやりたい事だけやりたい!

その為の収入源の確保。

仕組み化。

これらを作る為に本気で何とかしようと

考えるようになりました。

 

そして、まさか・・・

トンデモなアフィリ商材を買う結果になるとは・・・

この時はまだ予想もつきませんでした。

 

目次に戻る

 


★今、ネットでどんなビジネスが出来るのか?


 

79cc0d88

 

大きく分けて

・物販

・広告

・教育

・投資

だと思います。

 

物販は非常にわかりやすいと思います。

ネットに疎い人たちでも

輸入転売しています。

とか

ネットショップやってます。

と言えば大抵理解してもらえます。

 

 

広告の分野だとちょっと理解されにくかったり

怪しい・・・と思われたり。

アフィリエイトなどは

本当に稼げるの?

というような目で見られることも・・・

 

逆に教育のほうは

e-ラーニングと言うと

理解が早かったりします。

 

そして投資に関しては

以前はネット環境が遅かったりで難しい部分もありましたが

最近ではネットでも様々な取引が出来るようになり

関心が高くなっている分野に感じます。

 

 

今回はそのアフィリエイトに関してのお話です。

 

私がネットの世界に入ったころは

物販アフィリがメインでした。

楽天やA8ネットなどが主流でした。

 

しかし、気づけばアフィリで稼ぐ人の多くが

情報商材アフィリ・・・

こちらが主流になっています。

 

初期のころは多くのアフィリ手法を耳にしました。

トレンドブログを書く物。

リスマケ(リストマーケティング、メールで行うもの)

PPC(広告を出して所定のサイトへ誘導するもの)

そしてそれらがYouTubeを利用したものと変化してきました。

 

 

様々な手法が生まれ

今も生きている手法もあれば

廃れた手法もあります。

 

廃れた理由の多くは

無秩序に乱発され

それは健全なネット運営から好ましくない

という理由において

検索サイトから非表示になった物もあります。

 

個人的には本来アフィリとは

紹介者が本当に、その商品、商材を良いと思い

その結果行うのがベストでしょう。

 

しかし、実際はどうでしょうか?

 

私がネット業界に入った15年ほど前

アフィリエイターの事を

煽りエイターなどと揶揄する声がありました。

 

その後

**詐欺(特定の人や商品を名指し)し

詐欺とたたきつつ、自分が所属している商品を売り込む手法

これらが生まれました。

 

 

私は貼りっぱなしの楽天ウィジットや

Google adsなどを長い間行ってきましたが

正直、稼げると言うほどの金額にはなりませんでした。

 

ところが。。。

2015年、アフィリと気づかずに

2本も高額商材を購入する結果に・・・

 

 

1本目はツールのモニターだと言っていました。

確かにツールは配布されました。

所定のブログの記事ツールだと言われましたが

結果としてそれで稼げるのであれば

私などとっくに稼げているはず。

 

もう1本は投資系アフィリでした。

しかし、今流行の無料登録をし

数本のビデオを見せ

商材購入へ導く。

 

この手法を完全に商材説明時には否定していたのです。

 

 

そして紙飛行機を折るくらいに簡単と言っていました。

しかし、紙飛行機は紙飛行機でも

競技用レベルだったのです。

 

そして、1ヵ月後には40万円

半年後には外注化が完了し

自分の作業は全て無くなると。

 

しかし、結果として外注化のマニュアルは

配られませんでした。

そして無料登録系の記事も書くように指示されました。

 

 

この事ではっきりしたのは

何をして稼ぐのか?

ここをはっきりさせずに勧誘するもの。

これは危険と学んだのです。

 

転売に関しては

リサーチがそれなりに出来れば

金額を問わないのであれば、即利益を出すことが出来ます。

 

つまり飛行機にたとえれば

即上昇が可能なヘリコプターと同じです。

 

 

しかし、アフィリについては

どの手法を行うにしても

非常に長い滑走路が必要な飛行機と同じと考えます。

 

転売並みに早く利益を出すのは不可能です。

 

なぜなら、仮に即日報酬が発生できても

それが手元へ振り込まれるのは2ヶ月ほどかかるからです。

報酬が発生しても

振り込み金額に満たないという理由において

すぐには入手できない場合のほうが多いです。

 

そして2015年、年末から2016年初めにかけて

自分の基準値が違っていたことを

複数の方から教えられたのです。

 

目次に戻る

 


★ビジネスをする上での基準値を知る


 

logi_kv04221

 

2015年、年末から2016年春にかけて

私は数多くの成功者と呼ばれる方たちの対談

実践記を聞きました。

 

最初は物販関係の方たちでした。

2005年にネット物販の世界に入ってから

ずっと何人かの方たちの

物販系メルマガを読んでいました。

 

そんな中である方のメルマガから

スタートして1年で

サラリーマンの月収並みの収入(30-50万)

を得るようになった方の対談を聞くことが出来ました。

 

その方のお話を聞きながら

同じ中国転売塾に入っていた人だ!

とすぐにわかりました。

 

 

当時の塾長が1人すごい人がいる

というお話をしていたのですが

会員同士のコミュニケーションサイトには

全く顔を出さない方がいたのです。

 

でも、お話を聞いた時

多分、間違いない!

と確信したのです。

 

その方の場合、フリーターをしていたから

1日6時間前後ガッツリ作業をしたと言うのです。

 

 

前後して他の方の音声を聞くことも出来ました。

ある方はコンサルを受けながら

あなたは月収いくらを目指したいのですか?

と尋ねると多くのサラリーマンが

30-50万と答えます。

 

そこで作業にどれだけの時間が費やせますか?

と聞くと2時間前後と答えます。

その時間ではその金額は無理ですね。

と言われています。

 

 

私自身、この世界に入ったときから

1日2時間前後の作業をして

月額2万円程度の金額でした。

 

なぜなら、私が本当にしたい事は手まりの製作であり

ネット作業ではないのです。

 

ネットはあくまでもツールの1つ。

電話やFAXと同じ。

1日2時間パートやアルバイトに行ったつもりで

作業をしてきました。

 

ブラの転売をしていた頃は

商品が届き、撮影

その後、2日前後

朝から晩まで出品作業。

 

出品作業が終わったら仕入れをするのが月に1-2回。

あとは発送作業、これはカウントに入れていませんでした。

作業量としてはサラリーマンの副業レベル。

 

 

それでも資金が順調に回っているうちは良かったですが

2011年の我が家の一大事で仕入れ不能に。

 

正直、リサーチが一番苦手です。

競合リサーチや自分がこれからどのような作品を作ろうか?

これを考えるのは非常に楽しい作業です。

 

作品作りだけでなく、どのように舵を切っていくべきか?

これを考えるのも楽しい作業です。

 

転売はリサーチが上手に出来れば

即金になります。

 

 

そして、私の性格として

買い物は大好き。

でも、手元に届いて、検品した途端に

その商品に対しての関心が薄れてお蔵入り。

 

そういう意味でも海外転売は

ストレス解消しながら

収入にもなる。

非常に良いビジネスでした。

 

 

しかし、主人の収入に依存しない生活がしたい。

その為には月額30-50万の収入が欲しい。

収入を得るためには1-2年、1日5-6時間の作業量が必要。

 

PC作業はそこそこ出来るけど

毎日5-6時間なんてやりたくない。

作品制作なら出来るけど・・・

 

作品を販売することで収入は得られるけど

どう考えても上限は決まってくる。

月額30-50万コンスタントに・・・

これを作品販売で得るのは不可能。

 

そんな時に出会った人とグループがありました。

 

目次に戻る

 


★ネットでたくさん稼げた人と、少ししか稼げない人、全く稼げない人


 

c57724dc

 

同じビジネス、同じ塾に入りながら

稼げる金額の大小があるのはなぜだろう・・・

 

私はずっと転売を学びながら

自分の作品を売ってきました。

転売もしてきましたが

私が行っていたのは、輸入転売になります。

 

 

一部で転売の方が嫌われるのに

2つのパターンがあると思います。

 

主に国内仕入れを行っている方たちで

仕入れはリアル店舗をメインに行っている人たちです。

セドリと呼ばれる古書販売を行う人たち。

もちろん、全てでは無いです。

 

 

私は目にしたことが無いのですが

マナーが悪いからと聞きました。

その為、書店によっては

出入り禁止になるとか・・・

 

他には、ワゴンセールの商品

これには2種類のパターンがあります。

在庫処分でワゴンセールを行う場合

目玉商品としてワゴンセールを行っている場合

 

これらを仕入れて転売という人もいます。

在庫処分であればお店としては

値引きしつつ、最低のラインで

在庫が消えるから嬉しいのです。

 

 

しかし、目玉商品の場合は

その商品でお客さんを引き

他の商品も買ってもらおう・・・

というお店の事情もあります。

 

もし、目玉商品であるのであれば

お一人様1個限りとか書いてあったほうが

親切ですよね。

それを全部、転売さんが買ったといって

不満を言うほうもどうかな?

と思うこともあります。

 

またチケット販売などを行う人もいます。

もちろん、地方に住んでいると

なかなか購入できない物もありますから

ネットで欲しい気持ちもわかります。

 

ただ昔はヤ**さんたちが行っていた

ダフ屋行為をネット転売の人が行う。

これはよく思われないのは当然だと思います。

 

 

前売り券を購入したが

どうしてもの事情で行かれなくなってしまった。

だから。。。

そういうのを無駄にしたくないから・・・

これがギリギリよいと思っています。

(あくまでも私の主観です)

 

こういう場合は、正規価格に手数料(500円くらい?)

程度上乗せぐらいで、いかにも商売してます

みたいな金額にならないようにしたほうが・・・

そのように感じます。

 

 

株主優待券であれば正規価格とほぼ同額なら・・・

そう感じます。

 

多くの転売を行っている人が

悪く言われることは基本的には

あまり耳にしません。

 

転売という言い方をしますが

所定のルートで仕入れ、それを販売。

これはリアル店舗をもつ人たちも

同じ事をしているわけです。

 

仕入先が特定の契約を結んだ卸業者さんか?

それとも自分で開拓した海外ルートか?

 

その為、物販系は銀行など頭の固い方たちにも

理解されやすく、融資などもおりやすいと聞きます。

 

 

私はどう見てもたくさん稼げたグループではないです。

少し稼げた組かな?

ぜんぜんでは無いですから。

 

今までは仕入れ資金が少ないから

稼げる金額が少ないのだとずっと思ってきました。

しかし・・・

 

2015年年末から2016年春にかけて

月収30-50万、それ以上稼げるようになった

しかも短期間で稼げた人のお話を

複数のグループでまとめて聞くことが出来ました。

 

また稼いだ人の特徴も知ることが出来ました。

そして自分がなぜそこに到達できなかったか?

これも理解することが出来たのです。

 

目次に戻る

 


★ネットビジネスでたくさん稼いだ人の特徴


 

7e01584d237a10c843022f0f8579d157_s

 

2015年、年末から2016年春にかけて

何人かの稼げるようになった人の対談を聞きました。

 

私が望む金額は

多くの人が会社を辞めて生活できる金額

月収30-50万・・・欲しいと思っています。

 

物販を薦める人たちは

手っ取り早く稼ぐのであれば

コンビニ等でバイトしたほうが

確実に、早く現金が手に入ると言います。

 

 

しかし、諸事情でお勤めが出来ない人もいます。

現状は不明ですが以前、某コンビニでパートをしていた方は

1日2時間しか働かしてくれないから

所定の金額が欲しければ掛け持ちしないと・・・

と言っていました。

 

 

物販系の人たちは

1日5-6時間作業をして

1年間ほど続けると月収30-50万稼げるようになると言います。

 

そしてネットビジネス界では古株の

畑岡宏光さんは

自分に合ったビジネスをしなさい

と言います。

畑岡さんは2016年3月に

レジェンド21というキャンペーンを行いました。

 

21人のネットビジネスの成功者たち

いわゆる億万長者と呼ばれる人たちと対談をしました。

この時のキャンペーン動画は非常に勉強になるものでした。

 

物販で成功した人

アフィで成功した人

プロダクトローンチ

(数回の動画を見せて商品を売る広告手法)

で成功した人。

さまざまな人がいました。

 

物販、アフィリで成功した人たちの共通項は

やはり1日の作業量でした。

 

 

では、私は・・・

長い間、物販を行ってきましたが

1日2時間程度の作業量しか無いです。

 

アフィリも経験しました。

こちらはさっぱりでした。

数百円稼いだだけでした。

 

今まで物販を行ってきて

仕入れにどれだけ資金を入れられるか?

これでその後の稼げる金額が決まってきます。

 

 

しかし、海外輸入転売の場合

大きな注意点があります。

必ずテスト販売を行い、確かめながら行うこと。

 

資金があるからといって

一気に仕入れることは失敗のリスクも大きい。

実はリアルで失敗した人を見ています。

 

 

アフィリを経験して思いましたが

私には向いていない・・・

そう感じました。

 

何でもそつなくこなす、器用貧乏運を持っていますので

一部の物を除いてたいていの事はそれなりに出来ますが

私にも好き嫌いがあります。

 

正直言ってPC作業は、やらなければいけないから

仕方なく行っています。

好きか、嫌いか?

と言われれば、嫌いではないけど

好きでもない。

 

好きでも無いことを毎日5-6時間行う。

会社員と違い、仕事をこなせばお金が入る訳ではない。

いつ入るかわからないお金のために

1日5-6時間、1年間の作業が出来るか?

 

私には無理です。

 

そして畑岡さんは言っていました。

作業量と収入は比例しない。

毎日同じ作業をして、少しの収入が入る。

そのまま上らず、一回下がる。

その後、上昇しうなぎ上りになる。

 

 

これはブラの販売をしていた時

経験しました。

 

しかし、ブラの転売もそれなりに体制が整ったら再開

と思っていましたが2015年の夏

我が家の一大事で走り回り

その後、3ヶ月間自分の仕事が出来なくなったので

転売を見直す結果となりました。

 

ここで考えたのは

1日5-6時間、喜んで出来る仕事は何か?

これはもう、手まりしかありません。

でも、作品販売では天井が見えています。

どんなに頑張っても、

しかるべき金額しか稼ぐことは出来ません。

 

なぜなら自分で作れる数に上限があるからです。

 

そして私に道を開いたのが1つの出来事、出会いと

15年前、私が初めて買った情報商材

しかも使えない・・・最低だと思っていた物だったのです。

 

目次に戻る

 


★私が初めて購入した情報商材


 

93d6c6f2c41debbefd93e4e3c72ab3c4_s

 

15年ほど前に商材になります。

タイトルは「mixiで日給3万円」

そんなタイトルでした。

 

中身はmixiで商売をしようと考える人はいなかった。

だから出来てしまった。

mixiのアカウントのとり方。

Myspaceが日本語対応になるから

いち早く参加すると良い。

 

 

そんな内容だったと思います。

当時は、これで商材代金3万円?

と思ったと同時に、

そうか・・・

そっち側(情報商材作る側)に行けばいいんだ。

そう思ったのです。

 

私がmixiに参加したとき

規約をよく読みましたら営業禁止となっていたのです。

そしてMyspaceも営業禁止。

 

商材代金3万円は返金保証がついていましたが

自分自身への自戒をこめて返金請求はしませんでした。

これを書いた方のメルマガを1年ほど購読していました。

 

 

ある日のメルマガで

税理士さんから税金の予想額を提示され、びっくり!

そのような内容のものを記憶しています。

その後、この方からのメルマガは途絶えます。

 

メルマガ内容はあまり記憶に残っていません。

ただ今思えば情報商材の販売スタンドでの

ランキング上位をとった商材ですが

ランキングが良いから中身が良いとは限らない。

 

キャッチコピーが良いから中身が良いとも限らない。

一時的に売れてそのお金を元に

お金を増やし、資産構築に当てることが出来れば良いが

後先考えずに使ってしまうと撤退を余儀なくされる。

 

これも聞いた話ですが

一時的に売り上げ、その後が続かなく

コンビニでバイト・・・

という話も聞いたことがあります。

 

 

その後、2008年ごろ

個人が会員制SNSを作るのが流行した時期があります。

あるビジネス系SNSで私は言われました。

 

自分の作品を自分で販売している人は少ない。

だからそのマニュアルを書かないか?

 

とりあえず書いてみたものの

販売方法がわからず、ヤフオクで少数の方にお分けして

終わりました。

 

自分で出来ないのであれば

しかるべき工賃を払って誰かに頼めばよい。

今だったらそういう選択肢もあるとわかりますが

当時は全部自分で勉強して

自分で行うものと思い込んでいました。

 

 

その為、物凄く稼いでいるアフィリエイターさんは

サイト作成から検索エンジン対策など

全てを網羅して詳しい人だと思い込んでいたのです。

 

 

畑岡さんはネットビジネスで稼げた人と稼げない人

この大きな違いを教えてくれました。

稼げない人は圧倒的に作業量が違うこと。

サラリーマンの月収並みを望むのであれば

1日5-6時間の作業量は必要。

 

そして

目を開きなさい

と言っていました。

最初は意味がわからなかったです。

お客さんのほうを向いて情報発信する。

 

私も言葉では何となくわかりますが

まだしっかり理解が出来ていません。

 

自分にあったビジネスをする事。

当然ながら、自主的に作業するものですから

嫌々やっていたのでは時間だけ過ぎ

成果が出るはずがないです。

 

稼げる金額(成果)は作業量に比例しない。

成果は一度下がった後、はじける時期が来る。

 

多くの成功者と呼ばれる方が

ある日突然はじけたと言います。

これは私にも何となくわかります。

 

ネット社会において認知された日

とでも言えば良いのでしょうか。

昨日と全く変わってないのに

ある日突然、今までと違った日になるのです。

 

作業だけやっていても駄目。

SNSの活用

と言っていました。

 

ブログが検索重視で集客になるのに対し

SNSが人との繋がりだと

最近少しずつわかってきました。

でも、まだよく理解できてない部分があります。

 

 

そして2015年の年末

私はある人のメルマガのリンクを何となくクリックし

ある動画に出会いました。

全てはここから始まっていたのですが

この時はまだ私自身、

今のようになるとは想像出来ませんでした

 

目次に戻る

 


★2015年、年末に見た動画・・・


 

d39ec08f0de45eb73a43c6946735a9d0_s

 

ある方のメルマガのリンクをクリックし

そこで見たのが

小西玲太朗さんと大森 寛之さんの対談動画

「さて、俺らこれから・・・」でした。

 

多くの場合、無料で登録し

数本の動画を見せる構成になっている物は

後から非常に高額な教材販売が待っています。

 

そして高額商材が用意されている物は

一見、センセーショナルで刺激的に作られています。

 

 

ただ非常に少ないのですが

本当に役に立つ内容が用意された動画は

落ち着いた雰囲気で、本当に役に立つ内容が

その動画の中に盛り込まれています。

 

私にとって「さて、俺ら・・・」

この動画は静かに語られていましたが

この時は役に立つ内容かどうかは理解できませんでした。

 

でも、他の物とは明らかに空気が違っていました。

 

そしてこの動画を見終わった後

お決まりの・・・

と思いきや、全く違った物が待っていました。

 

自己紹介(?)を

所定の場所に書き込むようにあったのです。

無料で30日間のビジネストレーニングが待っている

と言うのです。

 

思わず、これは何だろう・・・でした。

2本の高額アフィリ商材に失敗し

共通項はアフィリだと言っていなかった。

だから訳のわからない物には手を出さない。

これを誓ったばかりだったのです。

 

ここで2度あることは3度ある・・・

と考えるか、それとも3度目の正直と考えるか・・・

 

まず無料だと言うのだから

とにかく失うのは時間だけ。

であるなら飛び込んでみよう!

 

やらずに後悔するくらいなら

やってから後悔しよう。

常にそう思っています。

 

 

そして・・・

確か2週間以内に合否の連絡が来ると言うのですが

1ヶ月経過しても返信は来なかったので

所詮無料だし・・・と思っていたのです。

 

ところが、2月に入ってすぐの頃

携帯に電話が入ります。

え!?!?

 

とりあえず、出ましたら

30日間トレーニングに合格しました。

公認トレーナーの方から連絡が行きますから・・・

と言われて、トレーニングを受けることになったのです。

 

そこでまず、聞いてみました。

ネットで行われることは

物販、アフィリ、投資などが一般的ですが

何を行うのですか?

と・・・

もしアフィリと言われたら断ろうと思っていたのです。

 

そうしましたら、その前の土台を作るのです。

と言われたのです。

後にその理由はわかりましたが

この時は全く理解できませんでした。

 

目次に戻る

 


★即断、即決、即行動!


 

fc3f9ce6d090d389d12a733115ed2a21_s

 

30日間のビジネストレーニングで

最初に注意されたことは

必ず24時間以内にメールを返信する事でした。

 

もし、返信が遅れた場合は

そこで、途中でも即終了になると言われました。

 

これに関しては

そりゃ、仕事だから当然でしょ・・・

と私は思っていました。

 

無料だからこそ思いっきり活用しないと

もったいない!

使えるだけ使い倒さないと・・・

そう思ったのも事実です。

 

そしてまた、高額商材で

正直、支払った金額に対しての満足度が低かったのも

事実です。

 

 

なぜなら最初にこのネットビジネスの世界に入ったとき

ヤフオクからでしたが

ある方に教えられたことがあります。

 

その方の場合

21時から24時まではPCの前で待機。

なぜなら皆さんがアクセスし

質問、入札、落札を行うから。

落札されたら即

「落札ありがとうございます」

このメッセージを入れるように。

 

自動返信で用意したものを・・・

という手法を取る方もいますが

質問に返信は出来ません。

 

 

今はヤフオクもだいぶ自動化されていますが

当時は1件ずつ丁寧に返信する必要がありました。

 

このやり取りで

相手の人となりがわかる部分もあるのですが

最近はあらかじめ、データを入力し

クリックだけで完結する方法も導入されています。

こちらの方法を使うようになると

ヤフオクがお取引の手順を学ぶのに最適だからと

入門者さんにお勧めしにくくなりました。

 

 

以前は夜間待機していましたが

さすがに今は朝が早くなりましたので

私は21時にはPCを閉じ寝るようにしています。

時には19時くらいから

自動人形状態になっている事もありますので。

 

 

でも、起きている時間であれば

2時間ごとにメールチェックしていますし

必要があれば即返信するように心がけています。

 

その為、24時間以内返信

それは当たり前のこと。

遅くても12時間以内返信でしょ!

そう思っています。

 

 

しかし、ワークを行っている時間は

それなりに厳しかったです。

所定の動画を見て、

それなりの文章量を返さなければいけません。

 

厳しいと思ったこともありましたが

なかなかやりがいのある時間でした。

 

 

ただ、1点

正直、物足りない・・・

そう感じたこともありました。

それは、どう返しても

いいですね。

これしか返ってこない。

 

確かに褒めて伸ばせは基本だが・・・

 

 

実は輸入ビジネスの第一人者

大須賀祐先生のお話の中に

ある商品を仕入れようと思って見本を手に入れます。

この時、誰かに、

「これ、販売したいけど、どう思う?」

こういう質問をする時

絶対に男性に聞いてはいけない。

女性に聞きなさい!

と言われているのです。

 

理由は

男性は、そのまま、良いよね

としか言わない。

女性の場合は

それ、良いと思うけど、ここ、こうなっていると

もっと良いんじゃない?

こういう答えが返ってくるから。

 

だから、悩んだら女性に聞きなさい。

間違っても男性に聞いてはいけない。

 

このように言われていたのです。

 

私のトレーナーさんは男性でした。

その為、良いですね。

と言われたとき、素直に聞くことが出来なかったのです。

 

でも、24時間返信と言われた物

ぎりぎり23時間で返して

トレーナーさんも23時間で返すと仮定すると

トレーナーさんは2日に1回メールを返せば

問題ないわけです。

 

しかし、私のように2時間以内に返信すると

1日1通返さなければいけなくなります。

今思えばなかなかハードだったのでは?

 

 

最初のうちは物凄くへそ曲がりな私でした。

今までサポート体制万全

と言っていながら本当に

納得できるサポートが受けられたのは

一番最初に教材購入をしたeBayマニュアルの

林一馬さんの物だけだったからです。

 

そして30日間ビジネストレーニングを始めて

1週間が経過しスカイプしましょう・・・

と言われたのです。

 

目次に戻る

 


★30日間起業トレーニング、スカイプ面談


 

302536

 

トレーナーさんから起業トレーニングを受け始め

約1週間が経過し、第1回目

スカイプでお話しましょうと言われました。

30日間の間に2-3回スカイプ面談があったように思います。

 

まず言われたことは

返信が早いから通常より進みが早い事。

そして手まり講座を開きませんか?

と言われたのです。

 

今まで自分自身の記録として

無料でYouTubeに作り方解説動画をあげてきました。

でも、この時は手まり講座をしようとは思わなかったのです。

 

理由は

手まりに関する組織の問題がありました。

私は現在どこにも所属していません。

母は以前存在していた通信教育でお免状を取りました。

 

 

通信教育では全部で3ステップあり

そこで習った手まりを販売すること

お免状を頂ければ先生として教えることが出来ました。

 

現在、通信講座を行っていた会社は存在するようですが

講座は無くなっています。

そして様々な資格がありますが

大きく分けて公的資格と民間資格があります。

 

公的資格の場合は多くの資格が

もし無資格で、業務を行った場合

法的に罰せられる物が多いです。

 

民間資格の場合、そのグループ内で

いろいろ事業展開する場合は良いのですが

グループの外へ出たら役に立たない物も多いです。

 

 

伝統工芸士は少し特殊で

国が発行する物と県が発行するものがあります。

多くの場合、所定の技能を持っていると

認められた人に渡される場合が多いです。

 

県の伝統工芸士の場合

ある県ではその技術を取ることが出来ても

別の県では取る事が出来ない。

技能士が取れる県へ行くしかない場合もあります。

 

静岡県の場合は

5人以上の事業所という規定もありますので

私などは1人で行っている関係上

どうする事も出来ないという問題もあります。

 

ちなみに手まりの技能士が取れるのは

「讃岐かがり手まり」の香川県

「松江和紙てまり」の島根県のみです。

 

 

そして、手まりの技術認定証を発行しているのが

「日本てまりの会」です。

現在手まり関係の大きな組織は

「日本てまりの会」と

「NPO法人、日本てまり文化振興協会」

この2つがあります。

 

私は一時期、「日本てまりの会」の会報をとっていましたが

現在は会員から抜けています。

 

 

そして、この起業トレーニングを受けていたころ

私の個人ブログでは、悪意ある攻撃・・・

と言うのが1日数百単位で来ていました。

(所定の時期にぴったり止まったので

企業さんのお仕事だったとわかったのですが・・・)

 

その為、この時はまだ手まり講座を開き

その先生として事業展開は考えられなかったのです。

 

ただ、手芸関係の先生は

資格があっても民間資格ですので

フランチャイズのお教室を開こうと考えずに

自分独自のお教室であれば

開いても、全く法的に問題はありません。

 

しかし私は起業トレーニングを受けているときは

即参加にはならなかったのです。

30日間のトレーニングプログラムを受け

一応、クルテルワンのパートナーとして

講座を開きませんか?とお誘いを受けましたが

この時は、いろいろな条件が厳しくお断りしました。

 

目次に戻る

 


★ある方のウェビナーを見て


 

1d5739bdfb4bc8194dc377a16c052be7_s

 

2016年3月、ある方のウェビナーを見ました。

その方は1年前はPCの電源も入れられないほどの

PC音痴。

ところが1年後、月収100万になったと言うのです。

実は私、基本ウェビナーはリアルタイムでは見ていません。

 

多くの場合は録画して自分の都合の良い時間に見ます。

どうしても・・・の時は

録音だけして後から聞きます。

 

この時も、録画で見ていましたので

最後の15分間、感想等を送る時間があり

その時間に感想を送った人にだけ

コンサルを受けられるチャンスがありました。

 

でも、リアルタイムではないので

時間切れは間違いなし。

私としては、PCのスキルは明らかに私のほうが進んでいる。

つまりスタート地点が違う。

私も1年間がんばったら同じように収入が得られるだろうか?

いったい何をしたらそこまで出来るのだろうか?

 

ここが一番気になっていました。

現在はご本人の口からは聞いていませんが

おおむね見当がついています。

 

でも、この時は何としてでもその部分を知りたかったのです。

 

 

放送中に聞くことは出来なかったのですが

後にメルマガが届き、

その方のコンサルが受けれるチャンスが来ます。

 

私は早速応募しました。

 

今までの経験から本当に自分に必要なものであれば

仮に1度チャンスを失っても2番目のチャンスが来るのです。

 

そしてスカイプでお話しましょうと言われました。

毎年の事ですが

大体、冬季は我が家、

いろいろあり家計がかなり苦しいのです。

何とかお話を聞きだそうとしましたが

何をしてそこまでの収入が得られるのかを

聞く事は出来ませんでした。

 

ただお話をしながら

私が最初にクルテルワンの

パートナーとして参加するのに必要な

いろいろな事を聞く事が出来ました。

 

 

しかるべき参加費も必要です。

いろいろな条件もお聞きし確認をしました。

そして私は最初に聞いたお話より緩く

楽に進める道がそこにはありました。

 

問題は参加費だけです。

でも、この時、本当に4月の銀行引き落とし

どうしよう・・・状態でした。

 

 

その為、即答は出来なかったのです。

しかし、4月に入りもっと

参加しやすい条件が提示されました。

 

金銭的にも物販が目標値には届かないものの

少し気分的に楽になりました。

そこで、参加を決定します。

 

参加決定をしても受け入れてもらえるかどうか・・・

今度は本部の審査があります。

1週間ほど待っている間が非常に長かったです。

 

最初の30日間トレーニングを受けたとき

釘を刺されています。

塾ではない。

パートナーであると。

フランチャイズのお店を持つのと

同じような感覚でしょうか?

 

しかし、物販、ブログアフィリと経験し

自分には手まりの製作販売が、一番継続して出来る仕事。

そして、作品販売では天井が見えている。

しかし講座作成なら問題なく出来る。

という事であればこの船に乗るしかない!

 

 

私が知る限り

その人がその人の特技を生かして

個人事業を行うためのトレーニング

これを手助けしてくれる場所は

現在、クルテルワンと小玉歩さんの所しか

その時は知らなかったのです。

 

そして小玉さんの所の参加費は・・・

私には手が出ないほど高額です。

 

結果的に、手まり講座を行うという事で

無事参加する事が出来ました。

 

目次に戻る

 


★あなたのお仕事、10年後も安泰ですか?


 

d96d41284af0c85ee22842fb61dd3329_s

 

最近よく見るネット広告で

いずれ、かなり多くのお仕事が機械に変わられ

人が不要になると言われています。

 

実際、いくつかのお仕事は

管理する店員さんが居るだけで

以前より店舗での、店員さんが減っているように感じます。

 

買い物をする時

私も店員さんの居るレジではなく

セルフのレジへ行くことも多いです。

 

完全にお店から人が消えることは無くても

減ることは容易に想像がつきます。

 

 

ネットビジネスはどうでしょうか?

ネットで出来るお仕事は、現在

物販、広告、教育、投資と言われています。

 

広告業は昔からありますが

ネット広告は様々な形態が出来ています。

そして一部ではアフィリエイトで稼いだ人と

それらを嫌う人たちがいます。

 

私はアフィリエイトを経験し

自分には不向きと感じました。

その為、積極的な活動はしていません。

 

ブログに貼りっぱなしですむ

Googleや楽天の物を貼っています。

当然ながら、それらは稼ぐという言葉には程遠く

月額小銭が少々という状況です。

 

 

さて、あなたの本業、副業は

今後、10年間安泰でしょうか?

10年後も生き残れるビジネスでしょうか?

 

 

機械化が高度に進んだとき

人は何を求めるか?

 

私は人のぬくもりを求めると思います。

そしてそれらは高額になると思います。

 

機械で作れないものが残ると思います。

 

a56a95af303dde5f2c96f6153682687a_s

 

長い間、ケーキはデコレーションが機械化できないために

高額でした。

しかし、ある時

人が教えたことをコピーできる機械が出来上がりました。

 

その為、安価な価格で

コンビニにもデコレーションケーキが並ぶようになりました。

 

最近、ハンドメイドが注目を浴びているのも

人が作ったぬくもり

同じ人が作っ物でも2つとして同じに出来ない部分。

これらが大切にされるからだと思います。

 

一時的なお金が必要で

バイト、その他のお仕事を短期間するのは

別に良いと思います。

 

しかし、一生の仕事

もしくは短期間、がっつり稼いで

その後、別の事業を行うとき

10年出来るものを選ぶ必要があると思います。

 

 

私は15年前ネットビジネスの世界に入りました。

欧米輸入転売を学びました。

そして自分の作品を輸出していました。

 

2011年の震災で海外での販売が難しくなり

海外販売を断念し、国内販売をメインにしました。

また、作品が売れないのであれば

データを売ればよいと

作品の製作データを作るほうに

エネルギーをさくようになりました。

 

 

海外輸入は中国輸入が良いと聞き行いましたが

最初の2年は良かったです。

しかし、現在ではもっと大きなビジネスをした人は

成功した人も居ますが

アマゾンが中国人の販売を受け入れるようになり

単純転売は厳しくなりました。

 

中国輸入もやり方次第ですが

楽に安直に稼げる時期は終わったと感じています。

欧米転売は日本人の外国語コンプレックスもあり

出来る可能性はあります。

 

しかし本当の実力者と呼ばれる方たちに

教えを求めたほうが早いと感じています。

 

私はこれからの事を考えたとき

これからは、

人のぬくもりが求められてくる時代だと思います。

必要なのは技術とコミュニケーション能力でしょう。

そして発信力も必要と感じています。

 

 

さて、あなたのお仕事は

10年後生き残れるお仕事でしょうか?

自分がそこに居ることは可能でしょうか?

10年先を見据えて今、準備をしなければいけない。

私はそう考えています。

 

目次に戻る

 


★ネットビジネスの黄金ルール


 

3607f78841644316b6fe870c3fae9c3c_s

 

私がこの世界に入った15年前

当初は個人が情報発信できる場は非常に限られていて

ワードが使える程度の技量では

無料ブログが主流でした。

 

Webサイトを作る物もありましたが

Webを持つのは企業さんというイメージが

強かったです。

 

その頃はWebを作り

バナーを貼っておけば簡単に稼げた。

なんて言う人も居ました。

 

 

私はこの頃から

これからの時代はインターネットの時代だ!

と感じていました。

 

そしてメインは手まりの製作販売を目指しつつ

販路をどうするか?

これを行うために転売を学びました。

 

一般的に言われるのが

ネットビジネスの黄金ルールと言われる物です。

まず、ヤフオクでの不用品販売、転売。

情報発信をしつつアフィリエイト

自分の経験を元に、情報商材を作り、教育、コンサルタント

作った資金を基に投資。

 

 

このように言われています。

不用品販売を経験するとわかりますが

不用品=中古品になります。

中古品はクレームが来ないように

ダメージ等をきちんと明記する必要があります。

 

また、中古品ならではのダメージもあります。

汚れ、傷・・・

これらをどうするか?

 

クリーニングが出来るか?

それともそのまま明記して出してしまうか?

 

物によっては最低限のクリーニング(アルコールで拭くなど)が必要

な物もあります。

家庭の不用品を出品する程度であれば

まだしも、中古品を転売し

しかるべき金額を稼ぐようになると

古物商が必要になる場合もあります。

 

初心者が出来る事として

転売とアフィリエイトがありますが

アフィリエイトは所定の収入を得るまでに

非常に時間がかかります。

 

正直、今後の展望を考えたとき

アフィリエイトを私はお勧めしません。

 

 

買い物が大好きで独特の世界観が作れて

その中で自分の好きな物を紹介し

素敵なお部屋を作るようにブログやサイトが作れる人

こういう人であれば、

素敵なアフィリエイトのページを作ることが可能でしょう。

 

つまり、その商品が好きで購入して良かった。

または、欲しくて欲しくてたまらない。

そういう商品を皆さんに紹介する。

これが出来る方であれば

正統派のアフリエイトが出来ると思います。

 

 

しかし、現状を言えば

情報商材アフィリと言われる物が大多数を占め

高額商品を扱うことで稼いでいる人が大多数です。

また超高額な商品のプロモーションに無料登録をして頂き

1人登録すると数百円いただける物を

行っている人も居ます。

 

時々、紹介者としての責任は?

と感じる場面も多々あります。

 

 

しかし、これからの時代

個人が楽しみながら仕事をする時代が来ると

私は考えています。

 

また、元マイクロソフト日本法社長の成毛眞氏や

ホリエモン、こと堀江貴文氏は

「遊びにハマれ」

と提唱しています。

 

物販が好きな方、物を紹介するのが好きな方

そしてそれらで上手く出来た人は良いでしょう。

でも、これから何かを始めたいと考えている方に

私は製造販売を提案します。

 

正直言いまして

誰でも、すぐに、簡単に出来る。

このような言葉は皆さんが飛びつきやすい

広告として誓約しやすいワードだと言われています。

 

しかし、こういう耳障りの良い言葉で誘う物ほど

多くの人が行うので、すぐに行う人が多くなり

ビジネスとしての寿命が短いです。

 

 

ツールを使って3クリック

ツールを規制されたらそれで終わりです。

 

製造販売、一番時間がかかり

難しい作業になるかもしれません。

でも、何かを作ることが好きな人であれば

あなただけの何かをお客様に届けることが出来ます。

 

10年後を見据えたとき

人の手で作ったものは

それなりの個性と味があります。

 

既に何かを作っている方は

すぐに収入につなげる事が出来るでしょう。

好きだけど、本当に稼げるの?

そう思う方は

2-3年の準備期間を覚悟して取り組んでください。

 

好きな事であれば1日5時間前後の作業時間

全く苦にならず、むしろ好きなことを好きなだけ行い

収入に結びつけることが可能になってきます。

 

目次に戻る

 


★あなたの作品、売ることが出来ますか?


 

072

 

私はサラリーマンの副業、

もしくは主婦の方が手作りの何かを売りたい

そう思ったとき・・・という視点でこの記事を書いています。

 

まず法的な問題はクリアできているでしょうか?

 

手工芸関係であれば、

何かを作って売りたいとなった時、

問題になるのは著作権だけで

その他にはほとんど、問題は起きません。

 

販売することは自由に行えますし

無資格でも販売したりお教室を開いたり

自由に行うことができます。

(ただ、稼げるか?という視点で見た場合は

別の問題が発生します)

 

005

 

時々いらっしゃるのですよ。

手作りのお菓子などが得意なので

それを販売したいと言う方。

アロマ関連が好きなので

化粧品等を販売したいと言う方。

 

 

食品は保健所の問題等がありますので

設備、資格いろいろ必要です。

家庭の台所とは別に専用の調理室が必要です。

 

本業が・・・

実家が、喫茶店などを経営

パン屋さんなどをやっていて設備がすぐ使える。

こういう方でしたら問題ないのです、

新規で始めるには設備投資に費用がかかりすぎます。

 

その為、既に何らかの形で営業している。

過去営業していたので、すぐに作業が開始できる。

そういう方を除きお勧めしません。

 

fre_tr

 

化粧品関係も、専用の販売資格が必要になります。

皮膚につける物は化粧品扱いになります。

また製造販売となると、

それもしかるべき資格が必要になります。

製造場所も整える必要が出てくる可能性も・・・

 

石鹸などは雑貨扱いで

販売出来ないことは無いのですが

問題が起きないように

商品説明の書き方に工夫が必要になります。

 

7fab96ca

 

農家の方などが野菜を販売する。

これはネット販売であれば、販売サイトの規約を見て

問題なければ販売が可能になります。

しかし、リアル販売であれば

所定のルールがありますので

農協などに相談したほうが良いでしょう。

 

img56716118

 

農産物をそのまま販売は比較的簡単に出来るのですが

それをお漬物等に加工した場合

やはり加工する場所、その他設備関連で

所定の手続きその他が必要になる可能性が高いです。

昔営業していた方や保健所などで問い合わせたほうが安全です。

 

gahag-0017564256

 

もし、自家製のお酒などを・・・

と考えている場合も

酒類になるとさらに手続きが複雑になります。

酒税法なども絡んできます。

 

しっかり調べて、諸々の手続きで

トラブルの無いようにしてください。

 

 

これらの事情からサラリーマンの副業

または主婦が余暇を利用して何かを製造販売する場合

私は手工芸品をお勧めします。

 

ここで注意が必要なのは1点です。

著作権法です。

 

 

多くの手芸品テキストの場合

材料の指定に特定商品の色を番号などが書かれています。

完全コピーして販売したとき

著作権で問題になる場合があります。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、著作権、完全アウトの事例


 

licenset_img01

 

時々、完全アウトなのに販売している物を

見つける事があります。

 

それは有名キャラクターがプリントされた布で

入園、入学グッズが販売された場合です。

もう10年以上前になりますが

ヤフオクでこれを行い、検挙された事例があります。

 

その布を使用して作ってはいけない場合

布の端、耳の部分(布がほつれないように作られている部分)

この部分に、許可された正規品の布であること。

製作物を販売すると罰せられること

これらが印刷してあります。

 

 

バレなければいいのよ。

だって、ほかの人だって自分で作ってないよ・・・

この考えは非常に危険です。

最悪、警察沙汰になりますので注意してください。

 

でも、最近ではお裁縫が全く出来ない。

入園、入学グッズ、用意が出来ない。

そんなお母さんも増えています。

キャラクターの布でそれらの袋物を持ちたい

そういうお子さんの希望もあるでしょう。

 

リアル店舗やネットで製作販売は禁止されていますが

作ってはいけないとは言っていないのです。

誰かに作ってもらうことも禁止ではないです。

 

つまり、『製作者が販売してはいけない』のです。

 

知り合いのお子さんの物を作ってあげることは

全く問題ありません。

そこで所定の金銭を制作費として頂くことも

禁止ではないのです。

 

自分では作ることが出来ないので

作れる人に作ることを依頼する

これは全く問題がありません。

 

リアルでお付き合いがある方であればもちろんのこと

ネット経由で内職依頼するのも良いかもしれません。

ただ金銭的問題が後々起きないように

依頼前にきちんと

話し合いをしておく事が重要になってきます。

 

私も息子がまだ小さかったころは

何件かの依頼を受けて製作し

良い内職になりました。

 

また、キャラクターを編みこみしたベストなども

息子に着せていましたが

これも、他の方に作ってほしいと依頼され

製作したこともあります。

 

このように有名キャラをデザインした作品は

知り合いのお子さんの分を頼まれて作った。

こういう場合は見逃しになると思いますが

オークション等での販売は完全アウトですので

注意してください。

 

残り物の端切れをヤフオクで処分したこともあります。

反復継続して行うと

業(なりわい、営業行為)と見なされますが

端切れの処分ぐらいでしたら何も言われません。

ただし、製品はアウトになります。

 

私の場合、コップ袋を洗い代えにと2個作ったのですが

実際は1個でよく、

もう1個、未使用のまま余ってしまいました。

端切れを処分した際に、落札者さんに

もし使用するのであればサービスします。

と言い、引き取って頂きました。

 

制作費に関しては、私から請求はせずに

少し頂けるのであれば大変うれしいとお伝えし

数百円ほど頂いた記憶があります。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、著作権、絶対に大丈夫の場合


 

まず、その作品が完全に

あなたのオリジナルと言える場合。

これは全く問題がありません。

でも、なかなかそういう作品を作れる方は少ないでしょう。

 

free-vector-minimalist-christmas-card-snowflakes-freepik

 

次に大丈夫と言える場合は

通信教育やお教室で、作品製作を習い

教室の趣旨として、技術を習ったら

それを販売する事で、お小遣い稼ぎが許可されている場合。

これも問題ありません。

 

 

私は母から手まりを習いました。

母は祖母から習ったのですが

通信教育でお免状を持ちました。

 

その通信教育は現在存在していませんが

そこで教えられている作品、その作品を元に

バリエーションを創作したもの

これらは自由に販売して良いと明記されていました。

 

自分自身が通信教育代金を払い

習ったものもいくつかあります。

これらは多くの場合、そこにある作品

そしてそれを元に自分で創作した作品は

販売の許可が出ている場合が多いです。

 

色使いを変えたり、若干の手法を変えるだけで

無限に作品を作る事が可能になってきます。

 

そもそも、お教室での作品作りや

通信教育の作品は技術を広めること。

その技術を使って副収入を得るために

行われる場合も多いので

販売許可が出ている場合が多いです。

 

通信教育の場合は特に

技術を身につけたあと、販売する事で収入を・・・

と言っているものが多いですので

テキストやその他、受講に関する注意書き

募集の広告などをよく読んでみてください。

 

リアル教室の場合は先生に相談してみてください。

 

 

次に注意が必要なのは

市販の作品作り方テキストを見て作品を作った場合です。

 

一部の作品テキストには

コピー作品の販売を禁止する

このような文言が書かれています。

この場合は、避けたほうが良いのですが

一番重要な点は誰がこの文言を書いたか?

ここが最大の重要点になってきます。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、著作権、有効期間は?


 

copyright-1481585_960_720

 

著作権の有効期間は日本の場合

没後、50年です。

つまり、著者が他界して50年経過すれば

著作物の著作権が切れますので

好きに使ってよい事になります。

 

この50年という期間が長いのか短いのか・・・

これは賛否両論あります。

そして著作権の期間は国によって違うらしいです。

 

他国では一定期間、書籍が増刷されず

放置された場合

リライトして(書き直して)

新刊を出すことが認められている国もあるとか・・・

 

国によって著作権の期間は違いますから

国境を越えての場合、両方の法律に照らし合わせる必要があります。

 

では翻訳して出版したい場合どうするか?

著者に(既に高いしている場合は権利を持っている遺族に)

許可を取れば出版可能になります。

 

 

手作りの何かを販売する場合

本の作品をコピーして製作販売となりますと

当然、この著作権が絡んできます。

ただし著作権フリーの物もあります。

それは民間伝承品、伝統工芸関係の物は

著作権フリーが多いです。

 

ここで多いと書いたのは、

作品自体を総称して言った場合は

伝統工芸品に含まれるが

特定デザインの物は、著者オリジナルであるために

著作権が発生する可能性が高い場合があります。

 

 

まず、作品テキストAがあった時

それは、民間伝承、伝統品であるか、それとも

違うものなのか?

これを見極めます。

 

つまり作品の歴史を知れば答えは出ます。

もし新しいものであれば

著作権が発生する作品と言えます。

 

6ff57fd50e7635cb7d3351a77d53a694_s

 

先日見た事例では

組みひもでトラブルになった例があります。

 

組みひもは江戸時代から作られていたものですから

伝統工芸品と言えます。

最近では、本格的なものは製作時間も場所を必要ですが

手芸メーカーから簡単にブレスレット程度なら作れる

製作用の板が販売されています。

 

また伝統の組み方があり、それぞれ技法に

特有の名前がつけられています。

 

ある方が所定の書籍を見て作品を作り

販売したところ、

出版社からクレームが来たようです。

その方は納得がいかず

組みひも協会へ聞いたところ

問題なしと言われたようです。

 

では、なぜ出版社がクレームを出したのか?

私はこの事例を見て感じました。

製作販売者さんの作品を見ましたが

金属と思われる、パーツが使われていました。

 

そのパーツはかなり凝ったデザインの

見ればすぐに同じものか否か

わかるパーツです。

 

私は問題の本を確認していませんが

写真の撮り方もありますね。

 

本と同じに撮ったら

クレーム入れてくださいと言っているようなものです。

でも、作品によっては

その角度から撮るのが一番!

という場合もあります。

 

 

ではどうすれば良いのか?

パーツはどういう物が使えるか?

つまり、本と同じものではなく

類似品で別の物に変えましょう。

 

パーツを変えるのは少々難しい・・・

入手経路が・・・

その場合、せめて色を変えましょう。

カラーバリエーションを変えただけで

別作品に見える物もあります。

 

カラーバリエーションを変えて

あなたの世界で複数の種類、作ってしまえば

色を変えただけでコピーとは言えなくなります。

伝統工芸関係はこれでクリアできます。

 

s-nejiriume4-1

 

私が作っている、手まりも

本のコピーの作品もあります。

色使いもあえて

伝統の色使いを真似て作る場合もあります。

 

それと同時に色を変えて類似品を複数つくり

本の作品とは別の物を作るようにしています。

 

 

色を変えて作ることが出来ない・・・

指定の糸では色数が少ない。

こういう場合もあります。

 

でも、テキストの指定の糸は安易に作れるように

糸を変えている場合もあります。

本来はどのような糸を使うのか?

 

使用用途を考えたとき

どのような糸が他に使うことが出来るのか?

これを模索するのも1つの方法です。

 

糸の種類が変わっただけで

作品の表情が変わる場合も多いのです。

 

正直、自分の作品のコピーを作られることは

あまり好きではないです。

でも、私も伝統作品のコピーを作る事がありますので

何も言いません。

 

では、どうするのか?

実は使用した糸、色番号

これらを私は公にしていないのです。

 

 

そもそも、品切れ品補充のとき

写真を見ながらその時の気分で糸を選んでいます。

 

アニメなどに出てきた作品を写す場合を除き

糸番号のメモを残していないのです。

色番号のメモが残ってない以上

同じ色を選ぶ確率は非常に低くなります。

 

また、糸自体が一期一会で手に入らない場合もあります。

 

 

ただ色を変えただけで逃げ切れない場合もあるようです。

著者さんが認めた場合は良いのですが

出版社さんがクレームしてきた場合

75%オリジナルでないと、いけないと言われた方もいるようです。

 

今後、出版社さんがクレームしてきた場合

著者さんと連絡を取るのが一番手っ取り早いのかもしれません。

 

しかし、テキストの物そっくりをコピー

これはクレームしてくださいと言っているような物ですから

出来る限り自分らしさを、そこに入れる努力は必要と思います。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、著作権、あなたは大丈夫?


 

258eef9d1579cb467bf1c5719308120f_s

 

あなたは誰かに著作権関係で

『それは無いよ!』

と思ったことはありますか?

 

私は2回ほどありました。

まだeBay販売を始めたばかりの頃

私は>他の方がどのような手まりを販売しているのか

これを調べるために片っ端からウォッチリストに

作品を登録していました。

 

つまり購入する意思は全く無いのだが

それらの商品がどの程度、売れているのかを見るためです。

 

お客様が好む色、作品、特徴があるのか?

そういうのを見るために

片っ端からウォッチリストに登録したのです。

 

今であればもっと有効な手段はあるかもしれません。

でも、まだ統計的手法が確立されてなかった頃ですので

ウォッチリストに入れることで

商品の動きをピンポイントで見ていました。

 

ある時、比較的新しいアカウントで

タイの人のストアが手まりのキーホルダー?を

出品し始めました。

 

そしてある日、そのストアの看板になる部分

そこに私の手まりの写真が加工されて置かれました。

以下の写真がその時、使われた作品です。

 

nejiriume3

 

この時、私はどうしたら良いのかわからなかったのです。

名誉な事と受け取るか・・・

それとも文句を言うべきなのか?

当然、この行為は著作権違反になります。

当時、林一馬さんの運営するSAATSに入っていましたので

早速相談しました。

 

林さんは私に、このメッセージを店主に送るように

と英文を書いてくれました。

私は言われたとおりにその文章を送りました。

 

記憶している限りでは

あなたの行為は著作権違反なので即刻取り下げるように。

もし放置するのであればeBayに通告します。

そのような内容でした。

 

林さんは少しきつめの口調で書いておきましたので。

と言っていました。

 

翌日、確認しましたら看板は別の物に変わり

返信は一言、

s…sorry…

と返ってきました。

 

そしてこの時受けたアドバイスは

勝手に使用できないように

作品にサインを入れること。

その時に文字を少し作品にかかるようにする事。

このように言われたのです。

 

この時以来、私はネット上に作品を出す場合

必ずサインを入れるようにしています。

ただ最近はアマゾンにも作品を出していますので

アマゾンの規約ではサインを入れてはいけない。

背景は完全な白にする事

となっていますので、それに従っています。

 

 

また別のケースでは

YouTubeに作り方をスライドショーにして

出しています。

当然ながら途中経過にもサインを入れています。

 

実は、ピンタレストで数枚の画像を発見しました。

私がUPしたYouTubeのスライドショーを

6枚の画像に分割し

1枚のものに編集を加えて

ピンタレストに保存してあったのです。

以下の写真です。

 

c9d8a827eb04923c2d11ee46d834063d

 

ピンタレストではYouTube動画もそのまま保存できます。

でも、わざわざ動画を見なくても1枚に見れるように

編集、加工が加えてありました。

思わず、それは無いでしょ!

と思いました。

 

自分の作った動画ですから見ればすぐわかりますし

写真の1枚1枚にサインを入れてありますので

編集したものにもサインが入っていました。

 

思わず動画を加工したことに対して

それは無いでしょ!

と思いましたが、行った人に対して文句を言うのも面倒なので

そのままにしてあります。

サインを入れてあるから、まぁいっか・・・

そんな感じです。

 

 

私のような経験はともかく

知らずに著作権違反をしてしまう場合もあります。

何人かのハンドメイド作品を見ながら

大丈夫だろうか?

 

そう感じることもあります。

 

 

特にYouTubeなどを見ていて

ニュース記事をコピペして動画に仕立てている方

そしてその方法に対して

引用元を書いておけば大丈夫だよと平気でいう方

非常に危険だと思います。

 

それぞれの記事などにはそれぞれに著作権があります。

書き手が主張しないから見逃しになっているケースが

多々あります。

もしルールが変わり

俗に言うチクリ(言いつけ)が可能になった時

一網打尽でアウトになる危険があります。

 

もしあなたが手芸テキストの作品を

そのままコピーして販売したとき

作品の内容によっては多大な罰金がくる危険がある事を

頭の隅に留めておいてください。

 

 

過去の事例では音楽著作権協会がこれを行いました。

行った結果、良かったのか悪かったのか・・・

それは私には答えられません。

 

昔はどこの商店でもうるさいくらいに

流行歌が流れていました。

その曲を聞き、知らず知らずに

今の流行を知ることが出来ました。

 

しかし、ある飲み屋さんでは

著作権料を請求され潰れたと聞いたことがあります。

手芸品販売を行っている私たちに

同じことが起きたとき

そのまま販売を続けることが可能でしょうか?

 

作品を制作しているあなたが

一番わかると思います。

 

 

本のコピーを作ったとき

それを自己満足で公開までは許されると思います。

しかし販売活動をした時

著作権でオリジナル性を主張できるでしょうか?

 

伝統の物だから主張するのがおかしい

そう言いきれるだけの

主張を通すことが出来るでしょうか?

私はこういう部分も含めて

自分の作品に責任を持つと言う事だと思います。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、小資本で始めるには何からスタートすれば良いのか?


 

9f38ffe6c44109b02db5e00e2b38c45d_s

 

よく

手作り品を販売してみたいと思うが

最初の一歩が踏み出せない

そういう声を聞きます。

 

最初の一歩をどこから始めたら良いのか?

 

これは2通りの方法があると思います。

まず、製作する物を決めます。

そして材料を集めます。

製作を開始します。

 

 

この順番なのですが

最初の売上金を早くほしいのか?

それとも製作技術を上げたいのか?

材料をどこから仕入れるのか?

 

ここで優先順位をつける必要があります。

 

最初の売上金を早く手に入れたい。

手っ取り早く売上金を入手するには

海外転売がお勧めになります。

(私は基本、完全在宅でできる、これをメインに行っています)

 

つまり、材料を海外から安く、そこそこ多めに仕入れ

自分で消費しながらその材料を転売しつつ

資金を増やしていく方法です。

 

材料の仕入先は中国、もしくはeBayなどになります。

中国輸入は代行さんにお願いすれば

中国人スタッフで日本語が堪能な方が窓口になってくれますので

比較的簡単に材料購入が出来ます。

 

 

eBayからの仕入れも購入は非常に簡単に出来ます。

出品になりますと、最近は私が行っていたころと比べて

いろいろルール変更などもありますので、少し面倒です。

しかし、購入はクリック数回で完了しますので

大変なのは会員登録作業のみです。

 

ただ副業からスタートになりますと

転売作業が中心になり

メインの製作販売がおろそかになってしまう

という欠点があります。

 

長所は、早く商品が売れるので資金繰りが安定する。

材料として購入したものの回転が良くなるので

常に新しい材料をキープできる。

これが長所になります。

 

 

もう1つの方法は

転売は考えずにひたすら自分の技術と感性を磨き

製作に励むことです。

 

こちらの欠点は最初の1個が売れるまで

1-2年は覚悟しないといけないので

それだけのモチベーションが続くかどうか?

ここが一番の課題になります。

 

 

あなたがどのような作品を販売したいのか?

その作品の材料は中国から仕入れが可能なのか?

もし中国から仕入れが可能であれば

私は材料を多めに仕入れ、転売を行いながら

作品制作をする事をお勧めします。

 

なぜなら2年前後、ひたすら作業に没頭する。

最近の方はモチベーションが続かない

そういう方もいらっしゃいます。

中国から材料が仕入れられれば

かなり制作費も安く上げることが可能になるからです。

 

次に行うことは

ヤフオクの出品アカウントを取ることです。

申し込みをして本人確認の書類が届きます。

受け取りの際に身分証を提示する事で

本人確認が出来、書類が届けばすぐに出品開始になります。

 

ヤフオクはネットでお金を稼ぐ第一歩として

必須になりますので

まずヤフオクで経験を積みましょう。

 

とは言っても、以前のヤフオクは

事細かに落札後やり取りをしましたが

最近はあらかじめ必要事項を登録し

かなりスピーディーに出品、落札後のさまざまな作業が

進むようになりました。

 

まず家庭内の不用品を販売し

ネットで商品を売るという事を経験しながら

スキルアップする事をお勧めします。

 

なぜヤフオクなのか?

これは壊れていようが問題があろうが

それをきちんと商品説明に明記することで

金額はともかく売れる場所だからです。

 

そして、手作り品を販売するとき

ヤフオクに出品する事でリサーチが出来ます。

閲覧数、ウォッチの入り方。

これを見ながら見込み客の動向を知る事が出来ます。

 

手作り品販売の場合

同業他者がいれば良いですが

あなただけの作品、世界で1個しかない作品

それが閲覧されているのか?

購入したいけど指をくわえて眺めている人が何人いるのか?

これを見るために私はヤフオクに出品しています。

 

手作り品をヤフオクで販売するとき

カテゴリに注意が必要です。

少しでも高く販売したいと思うのであれば

手作り品カテゴリに出品をしないほうが良いです。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、どこで販売する?カテゴリは?


 

86279d420281754dc789664c9949fffd_s

 

私は現在、ヤフオク、モバオク、ラクマ

クリーマ、ミンネ、アマゾンに作品を出品しています。

 

作品が売れている場所は

クリーマ、アマゾンが同じくらい

次にミンネ、その他のオークションサイトになります。

オークション系では正直、売り上げはあまり良くないです。

 

なぜ良くないのか?

それぞれの場所によりお客様の性格が違いますし

商品のお値段の相場も変わってきます。

 

ヤフオクで販売されている物で

手作り品になりますと

古いもの、安価なものとなっています。

正直、全体の質として考えたとき

クリーマさんやミンネさんのほうが

手作り品専門サイトになってきますので

商品の質とお値段のバランスが良いです。

 

オークション系では手作り品はちょっと価値が低くなっている

そういう印象があります。

では、なぜ私がヤフオクに作品を出しているのか?

 

これはリサーチのためと言っても過言ではないです。

 

 

最近ではメルカリやその他の場所のほうが熱い

というお話も聞きますが

私はパソコンで管理できる

これも1つの条件にしていますので

メルカリは今のところ出す予定がありません。

 

重要なのは多くの人が参加している場所に

作品を出すというのがポイントです。

もしかしたら、

あなたの作品は他所のほうが向いているかもしれません。

 

 

私がヤフオクに作品を出している理由は

お客様の反応とウォッチの入り方を見たい。

それだけの為に出していると言っても過言ではないのです。

 

なぜならお客様に見向きもされない物を出しても

意味が無いからです。

ウォッチが入れば非常に見込みがあります。

すぐにご購入いただけなくても

欲しいと思ったから・・・という可能性が高いです。

 

私のように買う気は無いのに

ウォッチを入れて動向を探る

というお客さんがいるかどうかは不明ですが

それでも注目されていることは間違いないです。

そういうのを観察する為に

私はヤフオクに作品を出品しています。

 

 

まずヤフオクに作品を出すときのポイントです。

間違っても手作り品、手芸品カテゴリには出品してはいけません。

 

そして説明文に

「素人の作品のため・・・」

このような文章も入れてはいけません。

私から見たら

 

甘えるな!

 

と言いたくなります。

 

「素人の・・・」と書いた時点で

多少の不出来は許してください

と言っているような物です。

 

自分自身で、ここがちょっと・・・

と思っても、この文言を入れることで

自分を低く評価していることになります。

 

たとえ初めての作品だったとしても

「素人の・・・」とは書かないようにしましょう。

たとえ1円でも御代を頂いたら

プロとしての自覚を持ちましょう。

 

 

それでも、細かいことを言ったら

ちょっと不出来な場所がある。

そう感じるのであれば

その部分をしっかり写真、説明文に入れておきましょう。

 

これでクレームが来る確率を減らすことが出来ます。

逆に工場生産品ではない。

手作り品である事に価値があるような書き方をしましょう。

作品によって書き方はいろいろあると思います。

そこはご自身で研究してみてください。

 

 

私は手まりを作る人は少数派になっていますので

私の手作り品です。

土台材料に籾殻を使用しています。

多くの方がスチロールボール使用になってしまいました。

模様の糸の説明、

などを入れています。

 

多くの場合、ここで作品に対するエピソードなどを

と言われていますが、私は書いていません、

それらは長くなりますのでブログ等で

新規作品を出品したときなどに書く場合もあります。

 

私は手まりを出していますので

手まりには模様や技法の名前、色づかい

作者がつけた名前などがあります。

これを作品タイトルに入れています。

 

作品タイトルに模様や技法の名前、

色づかい等を入れる理由は

作品が売れました・・・のメールが来たとき

すぐに作品がイメージすることが出来て

類似品と間違わずに作品を保存箱から出すためです。

 

 

また、モニタや写真写りで

色合いが違って見えてしまう場合もあります。

タイトルに色づかいを入れるのは

イメージと違っていた・・・

写真と違うものが届いた

このように言われる危険を避けるためもあります。

 

ヤフオクで作品を出品するときのポイントは

作品を手作りカテゴリに出品しないことです。

あなたの作品はどういう物ですか?

アクセサリーですか?

置物ですか?

スマホストラップですか?

 

つまりスマホストラップであるなら

それらのカテゴリに出品してください。

手作り品カテゴリで作品が埋もれてしまい

安く見られることを避けるためです。

 

もし一味変わったストラップが欲しい人が居たとき

市販品ではないという事で

喜ばれる確率が上がります。

もちろん、商品説明には

自分の手作り品であることを明記しましょう。

 

材料等もわかりやすく明記しておいたほうが良いです。

作品を販売するという事で

初心者さんが書き忘れることがあります。

 

サイズ、配送方法、これらが多いです。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、配送方法と梱包


 

b98d47f19af1f7a7eb246949c015416e_s

 

まず、配送方法にはどんな種類があるのか

調べておきましょう。

 

これはあなたが扱う商品のサイズで

使える配送方法が決まってきます。

また、あなたの立地条件により配送方法が

限定される場合もあります。

 

私は基本的に片手で持てない物は

取り扱いをしない事にしています。

つまり、郵便局のサービスを使ったとき

定形外、クリックポスト、レターパック、ゆうぱっく

この4種類が使用できます。

 

そして宅配さん関係では

立地条件のため、ヤマトさんしか使えません。

 

自分の作品を販売する時

最初のうちはなかなか売れませんから

一般的な配送方法に何が使えるのかを調べておきましょう。

また同時に金額も見ておく必要があります。

 

 

私がヤフオクの出品アカウントを

最初に取ることをお勧めしたのは

この配送方法にも関連してきます。

 

ヤフーウォレットが使用できる人

同時にクリックポストが使用できます。

これはA4サイズ、厚さ3cmを条件に

164円、追跡つきで商品を発送できます。

 

専用サイトへ入り、所定の項目を記入し

ヤフーウォレットで代金を支払います。

配送伝票を作成し、印刷して封筒に貼り付けて

ポストに入れれば出荷完了になります。

 

私は使用していませんが

ヤマトさんのサービスで専用の箱を購入し

その箱に入るものであればOKという物もあります。

 

 

配送で注意が必要なのは

必ず、追跡がつく方法で発送してください。

私は何回か自分が送ったものが行方不明になりましたが

追跡をつけておいたので、全て無事お届けする事が出来ました。

 

追跡をつけることで

間違いなく発送しているという証明にもなります。

 

梱包ですが私はプチプチ、柄物のビニール袋

事務用茶封筒、幅広のテープなどを常備しています。

 

 

間違っても100均では買わないほうが良いです。

できればホームセンター、もしくは梱包資材店で購入しましょう。

 

100均をお勧めしない理由は

割高になるからです。

事務用封筒は100枚単位で購入します。

 

自宅の近くに100均しか無い。

通販は送料が高い

こういう方は仕方ないですが私はお勧めしません。

 

 

ギフトラッピングはどうするか?

私が扱っている手まりはギフトになるケースが多いですが

私は基本的にはラッピング対応をしない事にしています。

 

ただご要望があった場合

柄物のビニール袋で梱包し茶封筒や

レターパックで発送していますので

このビニール袋を必要数、余分に入れる事はあります。

 

ギフトラッピングの対応は

販売者がどの程度対応できるかで決まってくると思います。

箱などをつける事で差別化なども出来ますが

私はしていません。

 

梱包をどうするかは、

作品のサイズや種類でも変わると思いますので

ご自身の無理がない範囲で行うと良いと思います。

 

 

たまに大量オーダーもしくは

気を使いたい作品だから段ボール箱を使用する場合もあります。

私は普段から業務スーパーで食品を購入していますので

段ボール箱に購入した物を入れて

持って帰ることも多いです。

 

その時の段ボール箱を再利用しています。

商品が大量に売れるようになると

ダンボール箱を購入したほうが・・・

という転売さんもいます。

でも、最初のうちはそれほど忙しくなりませんので

必要に応じて考えれば良いと思います。

 

この辺りも作品のサイズや性質で決まってきますので

ケースバイケースになってきます。

 

 

注意が必要なのは

家庭のプリンターで宛名を印刷した場合

水にぬれるとインクがにじみ、読めなくなります。

 

そそっかしい人がうっかり水溜りに落としても

中身や宛名が大丈夫のように梱包してください。

私はクリックポストを利用する場合

宛名ラベルは全面テープで覆うようにしています。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、写真の撮り方


 

2b89eb2257c3fb31cd277f28bfa19df4_s

 

私はカメラ音痴でスマホを持つようになり

ようやく見られる写真が撮れるようになりました。

 

そんな私が写真の撮り方についてお話しするのは

ちょっと、おこがましいのですが・・・

ハンドメイド作品のコミュニティを複数見ていて

いくつか感じたことがあります。

 

 

皆さん、写真としてみた場合は

それなりに撮れていると思います。

ただ、もし、その作品を販売するとしたら・・・

それはちょっと・・・

と思う写真もいくつかありました。

 

 

もし、あなたが

作品、出来た!

自己満足で写真をあげているのであれば

それは全く問題がありません。

 

でも、もしかしたら欲しい!

って思う方がいるかもしれません。

そんな時、あなたが他者に譲るなどトンデモナイ

と思っている物(ご自身のお子さんに作ってあげた物など)

であれば別ですが

そんなチャンスがあったら嬉しい!

と思うのであれば、写真撮影も意識しましょう。

 

 

まず、基本は作品のみを写すこと。

背景がごちゃごちゃと生活感が出ないようにしましょう。

 

私は出品用作品を撮る場所は決めてあり

常にそのスペースを確保してあります。

窓際に専用の机を用意してあります。

 

机の木目を生かして写真を撮るか?

それとも布を敷いてその上で撮るか?

これは作品をどこに展示するかで決まります。

また作品の色でも決まってきます。

 

 

私はアマゾンに作品を出す都合上

アマゾン規約は

周囲が完全な白でなければいけない。

この規約があるので、通常は白い布の上で写真を撮っています。

白い作品は茶色の無地の布の上で撮ります。

 

ここで第1のポイントは

無地の布を使うことです。

時々、柄物の布を使っている方がいまして・・・

柄と作品が混ざって良く見えない場合があります。

 

もし自分の作品を販売しようと考えるのでしたら

専用の布を用意することをお勧めします。

 

実は白い無地の布

これ、カインズブランドのシーツです。

汚れて使えなくなったらシーツとして使おう

そういう算段なのです。

 

茶色い布は無地の頂き物のマフラーです。

マフラーとしては使い道が無いのですが

作品の撮影に非常に役に立っています。

 

 

造花の緑などを使って雰囲気を売りにして

写真を撮る方もいらっしゃいますね。

こういう小物を使うのも1つの方法です。

 

 

素肌に着けるものはボディなどに着せたほうが良いな・・・

と感じる方もいらっしゃいました。

ご自身の手足だとヤフオクの規定に照らし合わせたとき

規約違反になる物もあります。

 

ソックスに近い位置づけにあるような商品

マネキンやボディにつけてあるのであれば良いのですが

誰かの素肌で撮られた写真・・・

これは・・・正直、

規約があっても無くてもちょっと・・・

と私は思います。

 

 

もっともそういうのが欲しいという

トンデモナイ方もいらっしゃいますけど・・・

 

 

注意が必要なのはサイズの比較にする為の小物ですね。

最近はさすがに少なくなりましたけど

タバコの箱を以前はよく使う方がいらっしゃいました。

タバコは匂いを嫌う人も多いです。

 

家族に喫煙者がいるとどうしても匂いがつきます。

もし、喫煙者が同居している場合は

商品説明にお断り文章を入れておいたほうが良いでしょう。

 

サイズ比較に私はものさしを使用していますが

ボールペンやサインペンを薦める人もいます。

作品によってはあったほうが親切な場合もあります。

 

衣類などある程度サイズがある物は

ボディに着せるか、ハンガーを使用したほうが良いと思います。

細かいサイズが欲しい場合もあります。

 

 

アクセサリー類も、もし着用感を見せたいのでしたら

専用ボディを使用したほうが良いと思います。

 

後は、写真の雰囲気を素敵に見せるか?

忠実に見せるか?

どちらが良いかは一概に言えません。

 

アマゾンを使わない限り

写真に関する規約は

モデル禁止ぐらいしかありませんので。

 

もちろん、作品ジャンルによっては禁止でない物もあります。

ただお客様が受け取ったときの印象を考えると

人が着た物より、ボディに着せたほうが・・・

と思うものは多いです。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、販売価格の決め方


 

130412freelance_guide2-thumb-300x200-55861

 

販売価格の決め方には何種類かあります。

1、材料費の2倍~

2、製作時間を基準に時給計算で

3、類似品販売者さんをリサーチして

4、基準価格からどのくらい手間がかかるか計算して

 

母は生前、木目込み人形なども作っていましたので

それらは材料費の2倍で計算していました。

なぜなら、レベルに合わせて本部からカタログが届き

そのカタログにはお値段が書かれています。

 

しかし、カタログ価格は販売価格であり

キットのお値段は別紙にあったのです。

キット自体が安いものでも数千円

高いものでは数万円しますので

時給計算して内職としては

かなりよいお金になる計算なのです。

 

また所定ランクにならないと

難しい作品はカタログが買えませんので

カタログ販売も可能でした。

つまり、無在庫で受注販売ができる計算になります。

 

 

私が作っている手まりは

キットの作品はそれなりにお値段がしますので

キットのお値段の2倍であるなら

悪くはない金額になります。

 

しかしキット自体がかなり高めの

お値段設定になっていますので

手元に残る金額は少ないです。

 

そして私のように出来る限り材料費が低くなるように

自分の手間代で全てを・・・となりますと

材料費を基準に決めるのはかなり危険になります。

 

 

なぜなら私自身、極限まで材料費が少なくなるように

さまざまな事を行っていますので

この材料費基準で製作を行ったら・・・

手間代が全くでない状況にもなりかねません。

 

せめてコンビニ等でバイトしたくらいの時給は頂きたいです。

 

しかし、私は材料費に関しては

個別には細かく計算したことが無いです。

 

 

私は2の製作時間をメイン

3と4の基準価格と類似品のリサーチを行い

自分の作品のお値段を決めています。

 

類似品のリサーチですが

ヤフオクは中古品が多く

新品と書かれている物でも

本当に新品かどうか非常に怪しい物もあります。

 

 

なぜなら手まりには

それぞれ模様に名前がついているからです。

しかし、「手まり1」「手まり2」

このような名前をつけている出品者さんが

本当に手まりのことを詳しく知っているとは

とても思えません。

 

出品担当者さんと作り手が違う

出品担当者さんの知識が乏しい

そう感じてしまいます。

 

それなりに模様に精通した方が出品しているのであれば

それなりの商品名がつくはずです。

 

そして作品を作るうえでどれだけ時間がかかり

その作品を作るまでに

どれだけ手間がかかるかを知っていれば

しかるべき金額でないとお譲りできない

そうなるのは当然の事です。

 

 

私がリサーチするのは

ヤフオクだけではなく

ヤフーショッピング、楽天市場

独自サイトこれらを定期的にまわり

必要に応じて価格の見直しも行っています。

 

もしご自身の作品のお値段が決められないようであれば

材料費と製作時間を基準に作品のお値段を決めてみてください。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、使う方がイメージできていますか?


 

240_f_66000679_bfqj2tmihk00lmj9edv2s3gaaa0ygry7

 

手作り品の写真をいくつか見せていただき

アクセサリーを作っている方の作品を見て

感じたことがあります。

 

素敵!

と思う作品もあります。

欲しい!

と思った作品もあります。

 

 

そんな中で

丁寧に作ってあるのだけど

それ、アクセサリーとして使うにはちょっと・・・

(ブローチ、髪につけるもの、イヤリング等)

そう思う作品もありました。

 

もちろん、人の好みは千差万別。

使う方が良いと思うのであれば

全く問題はありません。

 

でも・・・

販売を考えたとき

売りやすいだろうか・・・

 

すごく面白いし冗談グッズとしては受けそうだけど

アクセサリーには・・・微妙・・・

そう感じる物も多々ありました。

 

スマホ等のストラップだったら良いかも・・・

 

 

ちなみに根付紐を使用した場合

根付はスマホに下げるには限界があります。

再加工しないと・・・

スマホストラップであれば

キーホルダーや根付に再加工もしやすいです。

 

 

薄利多売路線で行くのも悪くは無いです。

でも、どうせ同じ時間をかけて作るのであれば

多くの方が喜んでくれて

少しでも単価が高く売れたほうが

良いと思いますがどうでしょうか?

 

その為には

その作品はいつ、誰が、どんなシーンで使うものですか?

特にアクセサリーの場合はこれを意識したほうが良いでしょう。

 

普段使いなのか?

それとも特別の日の物なのか?

 

使用する年齢層は?

 

小学校入学前のお子さん?

中高生のお嬢さん?

20代の女性?

お子さんがいるお母さん?

 

これらを意識することで

もっと売りやすい作品が作れるはずです。

 

 

私は手まりを作っていますが

アクセサリーに加工したものは

ほとんど作っていません。

スマホストラップまでです。

 

私がアクセサリーを日常的に使わないので

どうしてもイメージできないのです。

 

私は15年前、作品を売り始めたころ

まだ売りはじめだったので、

実際ほとんど売れませんでした。

その時、ある方に言われたのです。

 

「あなたは自分の作品を買いたいですか?」

 

私はこの質問に対し

「自分で作れるものをどうして買う必要があるのか?」

そう感じたのです。

 

でも、今だからわかります。

私はあなたに聞きます。

「あなたは自分の作品を使いたいですか?

それはどんな場面で使いたいですか?」

 

お子さん向けに作ったのであれば

あなたのお子さんは喜んでそれを使ってくれますか?

 

製作販売をしていて

喜んで使っていただけているメッセージを頂いたとき

非常に嬉しいです。

 

作品を制作するとき

使う方をイメージして製作しましょう。

これを意識するだけで売り上げは非常に良くなります。

 

編み物作品を販売されている方

時々感じる場合があります。

 

丁寧に作ってあるし良いのだけど・・・

色使いがちょっと・・・

はっきり言って野暮ったいのよね・・・

 

まるで昭和30年代の雑誌を見ているみたい・・・

家にもありますよ。

その頃発行された編み物の本。

 

色使いは一番簡単な物は単色で作るもの。

多くの色を合わせる場合は

イメージを決めてそのイメージに合わせて作品を作ることです。

 

薄い色で統一した場合は

ほぼ問題なくそれなりの作品が出来上がります。

でも、同じ色を使いながら少し濃い目にあわせると・・・

途端に、色は自己主張が強くなり

まとまりが難しくなります。

 

ある物をイメージし

そのイメージで統一させて色を選ぶと

まとまりが良くなります。

また作品を出品、展示したとき

**のイメージで作りました。

と説明書きに入れることで

共感、納得してもらいやすくなります。

 

 

こういう部分も意識して作品つくりをすると

売れやすくなる要素のひとつになります。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、出品点数、在庫はいくつがいいの?


 

485c6e7ff325d9a75980d432ef44753f_s

 

私が最初にネットで作品を売り始めたのは

2005年、楽天フリマでした。

約1年間、全く売れませんでした。

 

売れないだけならまだしも

>閲覧数さえもほとんど無い状況。

半年ほど経過してようやく閲覧数が少し出て

1年後ようやく初めてのご購入者さんが出ました。

 

 

初めて売れてから3ヶ月に1個ほど売れるようになり

さらに1年が経過し2年目に入ったころ

ようやく1ヶ月に1個程度売れるようになったのです。

 

この時はまだなぜ売れないのか?

何が悪いのか?

全くわからない状態でした。

 

 

その後、手まりの販売を継続しつつ

ブラの販売を行い

それなりに忙しく楽しい時期と

仕入れが出来なくなり売り上げダウンの時期

これを経験しました。

ここでようやく自分がなぜ売れなかったのか

知ることが出来ました。

 

 

一言で言えば在庫の数です。

 

よく1個や2個で売れると思っている方がいらっしゃいます。

しかし・・・

1個、2個出品し、完売御礼・・・

この状態を作るにはよほどでないと厳しいと思っていてください。

 

勿論、1個2個しか商品が無い状態で

笑いが止まらないほど売れる

これも私は経験しています。

 

わずかな在庫で確実に売り切れる

それは、オークファンなどをフル活用し

今一番熱いジャンルを見つける事。

そしてそのジャンルの商品をほぼ独占的に取り扱えば

笑いが止まらなくなるくらい売る事は可能になります。

 

しかし、こういう商品は非常に一時的で

すぐにライバルが出現し

独占的な仕入れルートが無いと難しいです。

また手作り品でこれを行える確率は非常に低いです。

 

そして流行の商品はライバル出現

もしくは市場に飽きられ

売れない時期を迎えます。

 

一時的に非常に多く売れる商品を常に探し続ける事は

とても大変です。

私は今まで多くの人たちが

疲弊して転売から撤退していくのを見てきました。

 

 

手作り品も同じです。

一時的な流行ではなく

細く長く続け、息の長い商売が出来れば

結果的に長い間、安定的に作品を売ることが可能になってきます。

 

では在庫をいくつ用意するのが良いのでしょう?

これは一概には言えません。

私の場合、安定的に売れ始めたのは

100個を越えたあたりからです。

 

この100個の中には

同じ模様で色違いの作品

サイズ違いの作品も含まれています。

模様の数は50個ぐらいでしょうか・・・

模様の数は数えたことが無いので正確には覚えていません。

 

 

ブラの転売をしていた頃

ブラの在庫は最大で800個ぐらい持っていました。

そして主人の入院をきっかけに仕入れ不能になり

在庫が300ぐらいになった時から

売り上げがガタ落ちになりました。

 

手まりも最大数、在庫を持っていたときは

360個ぐらいありました。

現在は250個ぐらいになっています。

 

 

古書転売を行う人が言っていたのですが

在庫が千点あると売り上げが安定する。

1万点で**円の売り上げ

10万点で**万円の売り上げ

このように言っていました。

 

実際私も転売と作品販売を経験し

確実に言える事は

所定の月商が欲しかったら

所定の在庫を用意する必要がある。

 

商品によってそれが何点必要と一概には言えないが

所定の商品数を持つことで安定した売り上げが出る。

これは間違いなく言えることです。

 

自作品の販売ですから

転売と比べて簡単に商品数を増やすのは難しいです。

まず100個、その次は200個と作品数を増やすことで

安定した売り上げをキープすることが可能になってきます。

 

 

しかし、時には100個作り終わるまで

売り上げ0という可能性もあります。

事実、私がそうでした。

 

今でこそ、手まりだけの売り上げで

最低2万円前後はありますし

他の転売商品と合わせて15万円ほどの売り上げは

キープしています。

 

1-2年売れない時期を覚悟しながら

ひたすら製作に打ち込む。

これをする為の条件もいくつかあります。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、商品に何を選ぶ?


 

1b14b73da9cf3109993beda64001c47c_s

 

私は手まりの製作販売を行う前は

編み物作家になりたいと思っていました。

雑誌「毛糸だま」の中にセーター塾というコーナーがあり

毎回お題が出され、そのお題にそって

オリジナル未発表の作品を提出します。

(現在、そのコーナーは無くなっています)

 

作品を作りながら

毎回自分の未熟さ、足りない部分を痛感しました。

それも当然です。

私は編み物の資格は何も持っていませんでした。

 

後で知りますが

そこに出している常連さんは皆

先生の先生をするくらいの方たちが出していたのです。

2年くらい作品発表をしていました。

何回かは雑誌に掲載して頂きました。

 

この間、作品を作りながら

手編みのセーター、材料費がかかるのですよ。

編みこみの多色使い、糸も毎回多めに用意しないといけません。

小物には関心がなく

編み物といえば、衣類と思っていました。

 

 

息子がまだ小さかったので

息子に編みこみのベストを着せ

息子つながりで知り合った方たちの何人かに

受注製作でベストを編んであげていました。

 

お話をしながら、ご希望を聞き

材料計算をし、出来上がり金額を決めてオーダーを受けます。

 

リアルで対面だから出来る営業ですが

子供が大きくなり、需要も減りました。

 

 

その前は、パッチワーク作品を販売したいと

夢を見ていました。

でも、パッチワークも製作時間はそれなりにかかりますし

材料費もかかります。

そして決定的なのは

パッチワークでは自分のオリジナルが作れない

この事に気づいたのです。

 

 

そんな時に母の病気を知りました。

末期のがんです。

母もいろいろな手仕事を行っていましたが

その中でも手まりは伊豆で一番の腕前でした。

 

もちろん、全国的なことを言えば

母よりすごい人はたくさん居ます。

しかし高齢化に伴い、それなりの腕前の方が減少しているのは

すぐにわかりました。

 

なぜなら若手のすごい人の噂が全く聞こえてこなかったのです。

 

そして母から手まりを習う事を決意しました。

 

手まりを作ってみて驚きました。

材料は究極のリサイクル手芸とも言える物

土台材料の自由さ。

そして模様を作るための糸は

思ったより使用量が少なかったのです。

 

今まで行ってきたどの手芸よりも

材料費が少しで良いのです。

つまり

販売価格に対しての材料費の比率が圧倒的に低いのです。

 

 

多くの作品は販売価格の半分が材料費です。

しかし・・・手まりは

本当に新しい材料が必要なのは仕上げのロックミシン糸

そして模様を作るための糸になります。

 

材料が糸ですから、

それなりに材料費がかかる作品もありますが

それでも金額は知れています。

 

そして模様の数が伝統作品だけでも

かなりの数があります。

全部、作ってみよう・・・

そう思ったくらいですが、まだまだ終わりが見えません。

 

 

手まりを作り始めて1年ほど経過したとき

時代の流れはインターネットの時代に突入しました。

私はその時、漠然と

これからの時代、インターネットでビジネスをする時代

そう感じたのです。

 

リアルと違い自分がどのような作品を作り

どの程度の作品を作ることが出来るのか?

これを見せるためには写真を撮影し

所定の場所に展示する必要があります。

 

特に手まりは作品がすぐに作れる物もありますが

製作時間のかかる物もあります。

 

それでも編み物やパッチワークに比べると

圧倒的に短時間で作品が出来上がります。

作品自体が小さいですから保管も楽です。

 

リアル展示では日光に当たることで

作品が傷みますが、ネット展示では写真による

カタログ販売ですから作品の傷みも気にしなくて良いです。

 

リアルでは受注販売が主になっていましたが

ネット販売では即納できるほうが良いです。

あまりお客様をお待たせするより

欲しいとなったらすぐに欲しいのですから。

 

 

結果的に順調に売れ始めたのが開始から2年後でしたので

私は自分の選択が間違っていなかったと確信しています。

 

あなたがどのような作品を選ぶかは自由ですが

小さくて単価が高くて、材料費が少ない物

これが理想的な商品になります。

 

もしあなたが針仕事、刺繍などが好き

手作り品を販売してお小遣い稼ぎがしたい。

でも、まだ扱う商品が見つからないのであれば

私は迷わず手まりを勧めます。

 

伝統作品ですので著作権も気にしなくて良いです。

色使いに関してはポイントを抑えて教えますので

そのポイントにそって色を選ぶことで

あなたらしい作品を作ることが出来ます。

 

また一番よく売れる作品は

基礎作品と言われる物です。

私の講座では最初の1年でレッスンする作品

これらが一番よく売れる作品になってきます。

 

もちろん、その上のクラスで予定している

さらにランクアップした応用作品も人気の作品があります。

頻繁には売れませんが、技術料と言うことで

単価を高くして販売することができますので

それらの作品も一緒に並べると見栄えがします。

 

お勤め仕事と違い、

定年も気にせずに作ることが出来ますので

今から準備を始め、数年後の年金的収入の1つとして

私は手作り品販売をお勧めします。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、どこで販売する?


 

63386785b1005435667c5a4f14b535c5_s

 

販売方法として2種類があります。

リアルにするのか?

それともネットにするのか?

 

リアルの場合はお店の雰囲気

展示方法、

売れなかったときはどうするのか?

売れた時はどうなるのか?

手数料等、後でもめないように

決めておく必要があります。

 

私はリアルでの販売は経験ありません。

展示会は1回だけ行いました。

その展示会の経験からリアルでの販売を断念しました。

なぜなら飾っておくことで

どうしても糸が傷むからです。

作品が色あせるからです。

 

そしてリアルでの欠点は

商圏が決まってしまうことです。

昔から雑貨屋さんが一番難しいと言われます。

 

 

私が扱っている手まりは

サイトによってカテゴリが変わってきますが

インテリア雑貨に出すことが非常に多いです。

 

2年程度売れない(商品数が200以上欲しい)

これを考えたとき

ネット販売で行う場所を考えなければいけません。

 

まず、ネット販売に必要な経費をあげます。

そこで販売するためのサーバー代。

リアルで考えるなら家賃に当たりますね。

 

その他には

出品手数料

販売手数料などがあります。

 

安定して売れるまでの間は

月額固定費、出品手数料が安い

もしくは無料の所をお勧めします。

 

 

具体的に言うのであれば

クリーマさんやミンネさんなどが

手作り品販売に特化した場所ですので

お勧めします。

 

 

ヤフオクは私は月額数百円、払っていますが

新規に出品アカウントを取った方はどうなるのでしょう?

ある時期から無料になったという噂を聞いているのですが・・・

リサーチには良い場所ですが

販売は期待しないほうが良いです。

 

ただ以前と違って出品手数料が不要になりましたので

期待せずに出品するのも良いです。

私はリサーチ専用に出品しています。

 

作品が売れたとき

自分自身、作ってみたものの自信が無い。

売れるだろうか?

そんな時、ヤフオクのウォッチが入っているか?

その他の場所でハートが入っているか?

その数はいくつあるか?

これらを見て、販売を継続するかどうか決めています。

 

その他にもいろいろ、販売できる場所はあるようですが

私は出していません。

 

 

プラットフォーム(会社が用意した場所)か

それとも独自ストアにするか?

これは賛否両論ありますが

初めてスタートするには

プラットフォームをお勧めします。

 

そして多少、販売手数料が高くても

月額固定費がかからず、

出品手数料がかからない場所をお勧めします。

 

順調に売れ出したらその次のことを考えると良いです。

 

 

私はアマゾンに出品しています。

これは材料の糸をFBA(配送と倉庫のサービス)

に入れて自販機化するために利用しています。

 

アマゾンに出品したメリットは

企業さんからのオーダーが入る場合もあります。

お客様の中には

楽天とアマゾンしか使わない

という方もいらっしゃいます。。

 

つまり客層が全く違ってきます。

私は企業さんからのオーダーなどを頂き

アマゾンに出品して良かったと思っています。

 

ただアマゾンは大口出品をする必要があります。

自分ブランドの商品を出品するためには

ブランド登録が必要になります。

新規カタログの作成も必要になります。

 

月額、約5千円の固定費がかかります。

これらを考えたとき

始めたばかりでまだ、ほとんど売れてない人

こういう方が行うにはちょっとハードルが高すぎますので

いきなりはお勧めしません。

 

転売などでしかるべき収益が見込めるのでしたら

良いと思います。

 

 

アマゾンの良さは

月額の固定費を払えば、どんなに出品しても

売れるまで展示が可能ですし

経費がそれ以上かからない点です。

 

もし継続的に売れる見込みがあるのであれば

アマゾンにチャレンジするのも良いでしょう。

 

一般的なアマゾン開設テキストには

JANコードを取得して・・・

とありますが私はブランド登録をしていますので

JANコード無しの出品をしています。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、何箇所に出す?


 

a4e1b004a4f9802b8c76a8c59f44ed7c_s

 

私は現在、ヤフオク、モバオク、ラクマ

クリーマ、ミンネ、アマゾンと

合計6箇所に作品を出しています。

 

どこも一長一短です。

初めてネット販売を手がける方には

ヤフオク、クリーマ、ミンネをお勧めします。

 

 

まずヤフオクでの出品を覚えてください。

出品作業が45分を超えると

最初からやり直しになります。

 

転売と違って製作販売ですから

一気に大量出品は不可能です。

作品を制作し、写真を撮り、説明文章を書きます。

 

説明文章は類似品を出品している方を見て

参考にするのが良いでしょう。

写真も角度や向きなどを

類似品を出している人から参考にしましょう。

 

 

ヤフオク基準は写真3枚です。

3枚で見せられない場合は写真を結合して

3枚に収める方法があります。

 

また、ヤフオクはヤフー内の所定の場所に

写真を格納することで

説明文の部分に写真を表示させる事もできます。

私はこの機能は使ったことが無いです。

 

 

外部サイトで類似のサービスを行っている場所もあります。

しかし、最初は売れにくい手作り品販売。

なるべくコストがかからなく

手間がかからない場所が良いです。

 

私は不要ノートPCを出品するのに

フォトアップを使用しました。

単発で使用するには使い勝手も良く

良い場所だと思います。

 

 

写真の撮り方として背景等はすでに解説済みですが

もう1つ、ある方の写真を見て気になった点があります。

 

その作品は布で出来た靴です。

一番その作品が素敵に見えるように

そして細部まで良く見えるように写しましょう。

 

脱ぎ捨てたようにぞんざいに見える写真は

避けたほうが良いです。

写真を写す背景は

無地の布を敷くのが一番簡単です。

 

 

新聞紙や包装紙などは柄があるので避けたほうが良いです。

英字新聞を模した包装紙などもありますが

新聞紙は作品が雑に見えます。

 

どうしたら一番、その作品が素敵に見えるか?

写真撮影はここがポイントになります。

 

全体の雰囲気で見せる方法もあるのですが

時に小物を使いすぎると

小物も付属品と誤解されますので

使いすぎないようにしましょう。

 

作品のサイズ、配送方法

これらは初心者の方が説明に書き忘れる部分です。

注意しましょう。

 

 

最初は失敗がつき物ですので

まずは作品を1個作ったら

価格を決め、写真を撮り、説明文を用意して

出品してみる。

 

何事も手を動かさないと始まりません。

 

まずは1箇所、出品方法で戸惑わなくなるまで

練習をしましょう。

 

1箇所攻略が完了したら次の場所に移動します。

 

 

最終的には複数の場所に出したほうが良いです。

その為に、エクセルなどで一覧表にしておくことを

お勧めします。

 

私の場合は左から順に

作品が売れた日、作品の写真、作品を出品した日

各種販売サイトと販売ページのURL、

またはその作品の管理ページのURL

これを記載しています。

 

 

例えばクリーマさんで作品Aが売れたとします。

メールを見て作品名やURLから

エクセルにある作品を特定します。

作品が売れたページを確認し

作品写真と比較し間違いないか確認します。

 

作品の確認が出来たら、他所にある作品を順番に

在庫0、もしくは出品取り下げ、販売しない

の手続きをしていきます。

全てのサイトの作品を下げたら

保管場所から作品を出し、梱包、発送をします。

 

 

作品管理と同時にお金の管理もします。

販売日、販売場所、売り上げ金額、送料・・・

これらをエクセルに記入していきます。

 

どんなに忙しくても間違いが無いように

管理をし、発送しなければいけませんので

何箇所に作品を出品するかは

管理できるだけ、という答えになります。

 

品切れ品も常に補充するのが理想なので

エクセル内の所定の場所に一覧にしておきます。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、JANコードって何?必要?


 

barcode_reader

 

そもそも、JANコードって何?

私は最初、アマゾンでの出品を習ったときに思いました。

JANコードとは

一般のお店で何かを買ったときに着いている

バーコードの番号です。

 

ほぼ全ての商品に着いていると思います。

商品識別番号と言えば良いのでしょうか。

アマゾンで商品を出品するためには

必要不可欠とも言われる番号です。

 

 

ではこの番号を手に入れるにはどうすれば良いのか?

自作品を販売だとJANコード勝手につけていいの???

 

他の方の商品と重なってはまずいので

番号を勝手につけることは出来ません。

 

以前は所定の本を購入し

そこに申込書がついていて

それを提出する必要がありました。

 

 

今は本は購入する必要が無いのですが

商工会議所で申込書をもらう方式に変わったようです。

 

いろいろな事がどんどん変わっていくので

必要のある方は検索にて調べてください。

 

 

実はこのJANコード

自分の商品につけようと思った場合

所定の登録料がかかります。

しかも・・・

1回番号を貰ったらそれで終わりではないのです。

 

1000個で10500円(年商で変わります)

3年更新になります。

つまり早い話、番号を3年間借りるために費用がかかるのです。

そして、商品のサイズ、色が違った場合

番号を別の物にする必要があります。

 

この10500円が高いか安いかは人によって異なるでしょう。

では、アマゾンに出品するのに

JANコードが無いと出品できないのか?

 

そんな事はありません。

私はJANコード無しで自分の作品を出品しています。

 

ただ多少の条件が必要なので

経験者向きなのです。

 

 

まず自分のブランド登録をします。

私は「にゃんころ堂」というストア名で行っていますので

この名前で登録しました。

 

登録前に準備が必要です。

自分が出品しているサイト(独自サイトでもOK)

にブランド登録しようと思う商品を展示します。

(私はヤフオクの出品ページで登録しました)

一部カテゴリはブランド登録と同時に

カテゴリに出品する権利も取る必要があります。

 

そして、パッケージに自分のブランドだと証明する物

これが必要になってきます。

私は名刺用カードを用意し、そこには

自分のストア名、URLとURLのQRコード

お買い上げありがとうございます。

店の住所と私の名前、

これらが入っています。

 

つまり、お買い上げありがとうございます。

の、このカードをストア独自のパッケージラベルに使用したのです。

見本商品を袋に入れカードを

袋に貼ったように見せた写真を撮りました。

 

ブランド登録に必要なのは

アマゾン基準にあった写真を用意します。

本体のみで周囲は完全な白でなければいけない。

写真にロゴとかが入ってはいけない。

商品に印刷されているロゴならOK。

 

写真のサイズにも規定があります。

 

 

そしてアマゾンに「にゃんころ堂」のブランドで

商品を出せるように申請します。

自作の商品のため、JANコードが無いという理由でです。

 

写真に問題があれば指摘されますし

他者の出品ページを使用するとそこも指摘されますので

注意が必要です。

 

もし不備があった場合はあきらめずに

まずい場所を直して再チャレンジです。

 

この方法で自作の手まりに限るという条件付で

自由にカタログを作る権利を手に入れました。

 

 

出品時にはアマゾンからも指導があると思いますが

商品にSKU番号を入れる必要があります。

この番号は自由に決めてよいです。

JANコードの代わりになる番号なので

他者のJANコードと同じ番号にならない事。

サイズ違い、色違いは別の番号にする必要があります。

 

実はこの番号、私の場合、自分で考えられなかったので

ミンネさんに出品したとき割り振られる番号があります。

商品ページのURLを見るとわかります。

その番号をそのまま流用しました。

 

このようにアマゾン出品は他所で既に営業していれば

簡単に開始できるのですが

月額固定費の問題や、ブランド登録の問題などがありますので

経験者さん向きになります。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、作品が売れ、品切れになった時


 

083721

 

転売の世界では

商品が売れ、品切れになったら

仕入れられる限り再度仕入れをし、再販売

と言われています。

 

手作り品も同じです。

売れた作品は再度売れる確率が高いのです。

なるべく早く、類似品を作って再販売しましょう。

 

と言っても、私自身、なかなか最近は手が回らず

長期、品切れ品になってしまった物も多いです。

 

また類似品を販売しているお店があった場合

著作権に問題が無い限り

常にチェックしておくと良いです。

 

 

私が作っている手まりの場合

著作権にひっかかる作品と、そうでない作品があります。

 

著作権にひっかかる作品は

伝統になっていなく、新しい作品です。

 

著作権に問題の無い作品は

昔から伝わっている模様になります。

つまり、伝統という事です。

 

私は、いくつかの販売サイトを常に回っています。

そこで見るのは

作品の模様、売れ具合です。

品切れ品になり、そこのお店から作品が消える前に

データを集めておきます。

 

お値段、作品のサイズがメインになります。

 

そしてこういうデータは

私はワードに貼り付け、データを書き込みしておきます。

 

 

つまり、作者名が明記されている物は

著作権的に問題がある場合もあるのですが

作者名が明記されていない

書籍等で伝統品と判別できるもの

これらは複製して販売しても問題ない物が多いです。

 

ただ私は完全コピーはしません。

色使いは変えるように努力します。

もし色も真似た場合は

バリエーションとして他の色使いも試します。

 

糸を変えると作品の表情が変わります。

 

 

つまり、自分の作品の品切れ品はもちろんの事

他のストアで品切れ品になっていたら

それも製作するのです。

 

最初のうちは難しいですけど

手まりの場合、所定のレベルまでレッスンをすると

まだ手がけていない作品でも

複製が可能になるのです。

 

 

そして品切れになった作品は

高確率で早期に売れます。

 

他の方の作品を見て

これ、良いのだけど・・・

私だったらこうする!

そう思った作品も作ってみます。

 

著作権が問題になる作品は

非常に手間のかかった難易度の高い作品になりますので

なかなかコピーするのも難しいです。

 

 

作家さんの個展などでの作品をコピーするのは

非常に問題がおきやすいですけど

楽天等のストアにある作品であれば

ほぼ大丈夫です。

 

その代わりにテクニックはコピーしても

色使いだけはあなたらしい作品を作ってください。

それが個性であり味になります。

 

作品を売るためには

製作も大切ですけど

広報活動も大事です。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、作品販売を決めたら広報活動


 

4611563aaba914c6963b9bf179f5b8e3_s

 

最初から販売を目的に

作り始める人は少ないと思います。

(私みたいに、ずうずうしい人は別として。笑)

 

最初は作ってみて、作るのが楽しくて

だんだんに、これが売れたら、いいな・・・

と思ってくるのだと思います。

 

 

私は、編み物、パッチワークと経験し

どれも、最初からいずれ、それらを販売して

もしくは、お教室を開いて・・・

そう思ってきました。

 

しかし、これらを行うには

リアルでの受注製作が一番コストがかからずに

開業する事ができるとわかりました。

 

1つ作るにも材料費がそれなりにかかります。

 

 

多くの先生方は

リアルショップを経営しながら

作品の受注製作をしていました。

 

0e70aec1d2733bed0ec4bd432c454a32_s

 

つまり、ネットなどまだ無かった時代の手法です。

 

しかし、私の住む家の立地条件を考えると

ショップ、教室運営はかなり厳しいです。

 

 

そして手まりを製作販売しよう!

と決めたのは「ヤフオクで稼ぐ!」と題された

ムックと呼ばれる雑誌と書籍の中間に位置づけされる

1冊の本でした。

 

そこに載っていたのは

粘土で電車の模型を作り、キーホルダーに加工して

販売している方が掲載されていました。

 

作る手法を全て見せてしまおう

そう思ってその方は作り出したそうです。

 

 

私はこの手法なら私も出来る!

そう思ってインフォシーク、楽天ブログで

広報活動をしながら手まりを作り始めました。

 

当時はようやく無料ブログが少しずつ広まった時期でした。

 

e6a0d51607924ca5dff91bade647688b_s

 

時々、いろいろな方のfacebook記事やブログなど

見せていただいていますが

皆さん、文章を書くのはあまり得意ではない?

そう感じる部分も多々あります。

 

でも、文章は書き続けないとうまくなりません。

もしあなたが、作品販売をしようと思っているのでしたら

その作品が生まれた背景

その作品にこめる思いなど

ブログ等で発信する事をお勧めします。

 

なぜなら作品を展示しただけでは

誰もあなたの存在に気づいてくれません。

早い話が

**と言ったら、あの人だよね。

と思われるような

小さな世界でよいので、その世界での有名人になる事です。

 

その為には作品を作り続けることと

記事を書くことが必須になります。

 

fd908616772084b098ef52a16e67c17b_s

 

ではどこにブログを作ればよいか?

一般的なのは、アメブロ、facebook

そして今ではinstagramも外せませんね。

YouTubeも活用できれば良いと思います。

 

ここで1つ絶対的なルールがあります。

私はこれを知らずに失敗していたのです。

 

 

まず、ブログは複数持つ必要はありません。

複数の場所に同じ記事を同時にあげると

Googleさんからコピペとしてはじかれ

検索からのアクセスが見込めなくなります。

 

最初はアメブロで良いと思います。

ただし注意としてアメブロは営業禁止です。

記事の書き方に注意をしましょう。

 

 

私は作品を販売サイトに出品する事を

展示する

作品が売れて発送したとき(納品したとき)

これをお嫁入りと言っています。

 

我が家では手まりは販売するとは言わずに

ずっとお嫁入りと言って来た為です。

 

好きなサイトなどをリンクできる場所がありますので

そこに自分の販売サイトのページのリンクを貼るのは

問題ないようです。

 

 

私は多くの場所にコピペブログを作っていたので

コピペは良くないと知ったとき

アメブロの引越しを決定しました。

 

私は多くのコピペブログ、実はそのまま残してあります。

完全放置です。

多くのブロガーと呼ばれる人たちは

独自ドメインをとり、自分でサーバーを借り

ワードプレスでブログを書いています。

 

私もワードプレスを現在使用しています。

 

上記文章で???になってしまった方

私は詳しい説明をする気は全くありませんので

ご自身でわからない部分は調べてください。

 

今まで作ってきたブログ

少ないながらも常連のファンになってくれた方が居ます。

その方たちが迷子にならないように

新しいワードプレスのほうへ来ていただけるように

しっかり誘導しましょう。

 

やり方は簡単です。

 

ブログ引越ししました。

引越し先は以下です。

http://xxxxxxxxx

とリンクを貼るだけです。

 

ブログとfacebook、その他SNSとの

重複投稿は問題ないです。

 

ただ自動リンクは避けたほうが良いと言われています。

私は現在facebookにまず記事を書き投稿。

そしてその記事にワードプレス用のタグ等を入れて編集

そしてワードプレスへ投稿

という順序になっています。

 

 

 

ワードプレスとアメブロ、どちらが良いのか?

私から見たら、多くの人はワードプレスを薦めています。

特にブロガーと呼ばれる方たちはワードプレスを薦めます。

 

でも、ワードプレスを使うのには

ドメインとったり(サイトのURLの事です)

サーバー借りたり・・・

完全ネット初心者にはハードルが高いのです。

 

そこで、私はあなたに尋ねます。

今まで無料ブログ等、経験はありますか?

毎日1000文字を目安に記事が書けますか?

 

ここで、はい!

と答えられる人はワードプレスにチャレンジしてください。

もし、

ブログは初めてです。

記事を毎日なんて書けません。

自信がありません。

そう答えるのでしたら、

アメブロを開設して記事を書く事に慣れてください。

 

 

ブログの記事に何を書くか?

販売を決めたときから、あなたは販売者になるのです。

 

自分の作品に責任を持ちましょう。

品質管理は重要です。

 

先日、とある事を調べる必要が出て

ヤフー知恵袋を見に行きました。

そこで目にした書き込みは・・・

 

子供のオムツを替えた手で

手も洗わずに・・・

ああいうのを見てしまうと・・・

 

当然ですね。

食べ物ではなくても、最低限の衛生管理は重要です。

作品制作前、別の作業をした後は

必ず手を洗いましょう。

 

夏場は手汗をかくので

私は何回も手を洗いに席を立ちます。

 

 

ブログ等には、しっかり作家なり職人なりをしている

外向きの忙しくしている様子

そして作品に対する思い

そういう記事を書きましょう。

 

手作り品作家、職人を名乗るためのブログですから

ここに旦那さんの愚痴とか

そういうのは書かないようにしましょう。

たまに少し・・・であるなら

あなたらしさが見えて良いかもしれません。

でも、グダグダと書くのはやめましょう。

 

もし書きたかったら別の場所で

名前を変えてこっそり吐き出しましょう。

 

どこかへ出かけてきた場合も

それが作品のヒントになるような内容に仕上げましょう。

 

 

ただし、嘘は書かないように。

少しの演出はあっても

嘘は見事にばれますから。

 

どうしても文章の調子に出てしまいます。

見る人が見ればわかります。

これらを注意しながら各所に投稿し

自分自身を広報するようにしましょう。

 

 

ブログはどのくらいの頻度で書くか?

可能な限り毎日書いたほうが良いです。

でも、お子さんが小さかったり

サラリーマンをしていたり・・・

製作しながら、ブログが厳しい人も居ると思います。

 

その場合は

ローテーションを組みます。

製作する日、出品する日、ブログを書く日。

順序や頻度は自由ですが

とにかく毎日どれか1つを行う。

このように決めて必ず行う。

このように習慣付けることが大切です。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、ブログ等を開設したら最初にする事


 

87eb1884dc45bd4b33a9cb9b0f714734_s

 

まずプロフィールを充実させましょう。

顔写真の部分、

ここはアバターを使う方もいますが

私はアバターをお勧めしません。

アニメアイコンもお勧めしません。

 

自分の写真を入れるかどうか・・・

サラリーマンの副業だったりすると

微妙ですね。

ご自分の顔写真を入れるのであれば

にこやかな、親しみやすい写真が好印象です。

明るい場所で撮影しましょう。

暗いものはあまり良い印象を持ちにくいです。

 

 

製作中の真剣な顔

だけど顔自体はよく見えない。

そういう写真を使っている方もいます。

 

私は長い間、自分の作品を

顔写真の部分に使用してきました。

 

 

アバターやアニメアイコンをお勧めしない理由は

他の方と似ていて印象に残らない

これが最大の理由です。

 

あなただと、すぐにわかる写真を使いましょう。

ペットの写真でも良いと思います。

とにかく、顔写真の部分に何も無いのは

一番良くないです。

 

また顔出ししたくないからと

マスクなどで顔を隠したり

目を隠したりするのは怪しく見えます。

 

どうしても顔出しが嫌であれば

作品やペットの写真などのほうが

印象に残ります。

 

 

次は自己紹介の部分になります。

場所によっては文字制限などもありますので

難しいです。

でも、作品を販売しようと思って

その広報用ブログ、その他になるのですから

作家、職人を意識して自己紹介を書いてください。

 

必要に応じていくいらでも書き換えは可能ですが

その時の精一杯の本気で書くことが重要です。

 

 

写真に関しては

私は長い間、作品の写真または

ペットの猫の写真を使用してきました。

 

実は長い間自分の顔写真に自信が持てなかったのです。

今はずいぶん変わりましたが

高校卒業時の写真は・・・

 

 

その頃の私を知っている友人は

この世の不幸を全部自分が背負っている・・・

そのように見えたと言われたことがあります。

 

はっきり言って、自分自身でも

あまり良い性格とは思えませんでした。

でも、少しずつ変わることが出来ました。

 

そしてfacebookに載せる写真は

必要があって写真屋さんに撮って頂いたものですが

私としても、ま、いいんじゃない・・・

くらいには満足した写真に仕上がっています。

 

 

作品写真から今の顔出し写真に変えたとき

存在が近く感じられると言われました。

顔出しするかしないかは自由ですが

好印象に見られる写真、

あなたらしさがわかる写真を使ってください。

 

facebookで友達申請された時

顔写真の無い方は即、承認拒否の対象にしています。

 

 

ヘッダー画像も顔写真の次くらいに重要な場所です。

ヘッダーとは

無料ブログなどで、「**のブログ」と文字が入る場所です。

あなたらしさが出る場所ですから

上手に作ってください。

 

写真と自己紹介が書けたら次にする事が記事になります。

設定で友達のみしか公開しないとか

非公開とかになっている場合は

全ての人に公開に設定しなおしましょう。

 

なぜなら、あなたのブログやfacebookの記事は

作品を販売するための広報用なのです。

誰にでも見えるようにして

多くの方に知っていただく必要があります。

 

 

作品が出来上がったら写真も必ず入れましょう。

 

最初のうちは作品数が少ないので

なかなか写真が難しいです。

でも1年目が過ぎれば

次からは多くの作品が手元にあると思います。

 

私は現在販売する事が可能で

今、一番見せたい作品の写真を出しています。

新しく作った作品を写真に出す事も多いですが

そういう作品が無い場合は古い作品を紹介するのも

1つの方法です。

 

 

facebookなどで友達申請をする場合は

少なくて10記事、

出来れば15記事以上書いてから

友達申請をするようにしてください。

 

アメブロなどのペタも同じですね。

15記事程度書けば広報用として

機能を始めます。

 

私は、友達申請をされて、この人どういう人なのかな?

と思ったとき、必ずその方のページを見に行きます。

その時、記事が全く無い。

閲覧できない。

シェア専門だった場合

一般の娯楽の1つとしてブログ等をしている人

という感じに見えます。

 

作家、職人としての広報として

ブログ、facebookを使用する場合

最初に行うことは自分のページの充実になります。

 

目次に戻る

 


★facebook攻略は3段階で!まずは友達5千人!


 

fb99ed8da30c92a9546d9f740d7ab7e0_s

 

facebookでの発信力は

あなたを作家、職人として周囲に認知させるのに

必要不可欠な物になります。

 

しかし、SNSやブログをしっかり使いこなして

製造販売活動を行っている人は

とても少ないのが現状です。

 

これからの時代

なぜ、その商品を買うか?

よりも誰からそれを買うのか?

ここが重要になってきます。

 

昔からテレビCMなどで

売れっ子の芸能人の方を使用する事が多かったのと

同じ理屈になってきます。

 

 

あなたの作品が喜ばれる作品になるためには

作品のできばえも非常に重要ですが

それよりも、あなたの物を買いたい!

お客様にそう思っていただくためには

日ごろの発信力が重要になるのです。

 

その為にはまずfacebookで

あなたのファンを作る必要があります。

影響力をつけると言っても良いです。

 

影響力をつけると一言で言っても

その前にfacebook社から認知されないといけません。

影響力をつけるという事は

ある意味、一部の人からは、宗教の教祖様のように扱われるが

ある種類の人からは嫌われる結果になるかもしれません。

 

つまり、味方も多いが敵も作ってしまう結果になります。

そうなった時、アカウントが削除されたら

今まで作ってきた、あなたのページが消されてしまいます。

それを防ぐ必要があるのです。

 

ですから、きちんと段階を踏んで

facebookのページを育てる必要があるのです。

 

4d7fc291087f84f2197cb2e17bbcd0e8_s

 

規約遵守は最低限、必要です。

1人1アカウントです。

複数作る事は不可能ではありませんが

もし必要であれば広告等が出せる

業務ページを持ったほうが良いかもしれません。

 

実名登録というのも守ってください。

ニックネーム設定もできますから

万が一のときの為に、片方は必ず本名を入れておいてください。

アカウントが消されたとき、

身分証明書を提出で復活できる

とも聞いています。

 

 

まず、最初に行う事は

顔写真、ヘッダー画像、自己紹介

そして投稿記事を15記事、書く事です。

 

もし誰かからその間に友達申請が来たら

全て承認してください。

ただし、一応、相手の方のページを見に行ってください。

写真、自己紹介、友達の数、記事などを簡単に見ます。

ここをチェックすることで後々

歓迎しない方の特徴が読めてきます。

 

最初のステップは友達の数が上限5千人ですから

この5千人にタッチする事を最優先課題とします。

この目的はfacebook社に自分のアカウントは

友達5千人を達成した優良アカウントだと認知させる事です。

 

 

しかし記事を黙々と書いていても

友達5千人にはなかなかなりません。

そこでコミュニティの力を利用します。

 

4e9b10b3a7d9f761dc381b35104ba4f2_s

 

友達をたくさん作りたい人のコミュニティが

いくつかありますので、そこに参加申請を出します。

ただし、こういうコミュニティには

あまり質の良くないユーザーが多いのも事実です。

そこで5千人になるまで所属だけしていてください。

 

次に行うのはあなたの本当のお客様になるであろう

そういう方たちがいるコミュニティを探します。

 

 

例えば、子供服を製作販売したいとします。

そうなると手作り品コミュニティよりも

子育て関係のコミュニティのほうが

あなたのお客様が居る確率が高いです。

 

そこで、まずお客様が居るであろうコミュニティに入ります。

記事が溜まるまでは、イイネだけを入れていきます。

もし誰かの記事にコメントが書けるようであれば

コメントを入れてください。

 

ただしネガティブな内容や

相手を傷つけそうな内容は控えたほうが良いです。

ここは慎重に進めましょう。

 

とにかく、友達の数が5千人になるまでは

自分の友達にどのような人が入っているかを

見ないほうが良いかもしれません。

 

 

また出会いサイトと勘違いしているような人

望まないビジネスを勧めてくる人も居ます。

ラインや直接メール、電話などのお誘いを受けるかもしれません。

トンデモナイ画像を送ってくる人も居ます。

 

こういう方たちは多くの場合

個別メッセージで着ます。

メッセージを受けとったら

その方のメッセージをブロックしてください。

一応、どのようなページつくりをしているのか?

相手の方のページもこの時、チェックしてみてください。

 

濡れ落ち葉のようにしつこく声をかけてくる人も居ます。

ゲームアプリのお誘いをしてくる方も居ます。

こういう方たちもメッセージブロックしてください。

 

なぜメッセージブロックをするのか?

はっきり言って、これらの方たちは

あなたにとって不要な人だと思います。

しかし第1目標の友達5千人を達成する為には

大事な1人なのです。

 

その為、淡々と作業を行ってください。

5千人になった時、メッセージブロックした人は

友達の所を開くとすぐわかります。

全部まとめて友達から削除する為に

しるしを着けておくのです。

 

目次に戻る

 


★友達5千人の根拠


 

575bac85c22df69d6edff53da9a7e374_s

 

噂の域を出ないのですが

一度友達5千人にタッチしたアカウントは

facebook社に所定期間、健全に運営され

違反も報告されない、優良アカウントだと認められるようです。

 

この為に友達5千人と言われています。

ただ、現実的に考えた場合

普通にリアルに友達と考えたとき

良好な関係が築ける人は何人いるのでしょうか?

 

そう考えたとき、どう見ても5千人という数字は

お仕事で行う人以外には考えにくいです。

 

 

私はInstagramで

アカウントが消える瞬間を見てしまいました。

 

お薦めというのをフォローした場合

高確率で自分をフォローしてくれる人が

お勧めになります。

 

 

私は自分がフォローする人が、あまりにエロ、グロ、暴力

これらに関連するアカウントとは

関わりたくないと思い、見つけたらブロックしていたのです。

 

通常の場合、ブロックしても

写真は消えずに残っています。

しかし、ある日、ある方のアカウントをブロックしたら

画面が真っ白になり

リンクに問題あり

という表示に切り替わりました。

アカウントが消えた瞬間を目にしました。

 

つまり、フォロワーさんなり、友達の数に対して

一定の数、ブロックもしくはスパム報告などが行われたとき

そのアカウントが消されるのでは?

という推測が成り立ちました。

 

 

多くの人に支持をされたアカウント

仮に5千人の友達やフォロワーがいるアカウントで

10人がブロック等をした場合

0.2%の人がブロックする計算になります。

 

しかし、100人しかフォロワーや友達が居ない状態で

10人の人にブロックされた場合

10%の人が、悪いアカウントと評価する結果になります。

 

そうなると、友達等の数が少ないと

アカウントの危険が高まる結果になります。

 

 

自分自身では健全に運営しているつもりでも

誰かから妬みなどを受ける危険は十分にあります。

足を引っ張る人も居るかもしれません。

そう考えたとき

友達が多い=危険度が低いとも言えるでしょう。

 

結果として早期に5千人の友達を作ったほうが

アカウントが安全になる

と言われるようになったのだと推測します。

 

00f49a0d03f1958f405b848cd6ef076a_s

 

facebook記事は可能な限り毎日書いてください。

毎日が無理であるなら

1日おきとか、曜日を決めるとか

自分なりのルールを決めて作業を進めてください。

 

記事内容とは無関係に

「おはようございます、本日もがんばりましょう」

このようなメッセージを入れる人も居ます。

こういうのを受け取った場合も

その人のメッセージを受け取らないに設定しておいてください。

一応、返信だけはその場に応じて返しておきます。

 

なぜならこういう方たちは、あなたの記事を読んでいません。

ツールで回っているだけです。

だから削除対象として、しるしを着けておくのです。

 

 

一気に友達5千人と言われても

本当に出来るのかな・・・

と思うかもしれません。

私も最初はそう思いました。

 

 

私は長い間facebookを放置していたのです。

ブログ等の記事を自動リンクで投稿していましたが

完全に放置でした。

その頃は200人ほど友達が居ました。

この200人は私は自分から集めた200人ではありません。

全部、誰かからのリクエストを受けていただけです。

 

そこからわずか4ヶ月ほどで5千人になりました。

しかも、最初に自分が友達申請したコミュニティは

自分のお客様にはならないグループで

完全に申請先を間違えていたのに

それでも、それなりのファンを今では獲得できています。

 

 

あなたのお客様になるであろうコミュニティの中で

良好な人間関係が築ければ

自然にあなたへ友達申請が来ると思います。

 

記事が15記事たまったら自分から友達申請をします。

最初はfacebookが選んだ

「知り合いかも」の中から申請をする事をお勧めします。

 

 

ここで重要なのは、必ず友達申請をする時

メッセージを入れてください。

例文を書いておきます。

 

はじめまして。

私は**をしています。

お友達になって頂けると大変うれしいです。

よろしくお願いいたします。

 

このような感じで丁寧なご挨拶メッセージを入れます。

投稿記事の設定が、昔は完全オープンだったようですが

現在は、初期設定が友達のみ公開になっています。

つまり、友達になる

またはフォローするにならないと

相手の記事を見る事が出来ません。

 

fd908616772084b098ef52a16e67c17b_s

 

その為、とりあえず、メッセージを入れながら

友達リクエストを入れます。

なぜメッセージを入れるのか?

 

実は私はメッセージを入れることで

ある意味、管理をしているのです。

友達、友達管理と開きます。

送信済みリクエストを表示、を開きます。

あなたが送信したリクエストが表示されます。

 

ここに多くの数が溜まると

アカウント削除の危険があると言われています。

定期的に確認し、1週間以上経過したものは

友達リクエストを取り消してください。

 

メッセージを入れるとメッセージを入れた日が表示されます。

この日付で管理するのです。

 

 

また1回にリクエストする数にも気をつけてください。

最初のうちは1日20人にしてください。

友達の数が2千人を超えたら1日25人。

2千人を超えたあたりから急速にスピードが上がると思います。

3千人を超えたら1日30人です。

 

1日30人以上は増やさないほうが良いです。

メッセージを数多く送ると24時間、

メッセージの送信が完全にストップしてしまうからです。

送信ストップが頻繁に行われると

アカウント削除のリスクが高まります。

 

 

ある程度友達の数が増えてくると

共通の友達**人と出るようになります。

そうなったら5人以上共通の友達が居る人を選んで

友達リクエストをしていきます。

 

これで5千人に早く近づけるようになります。

 

メッセージリクエストが承認されたら必ず

「承認ありがとうございます」

のメッセージも入れましょう。

 

この時のご挨拶は丁寧だけれども

多くのお話はせずに軽く済ませます。

 

 

この段階で、多くの困った方たちは

いきなりビジネスのお話を始めます。

もう少し親しくなってからならともかく

この段階でラインや個別メール

ビジネスのお話ってどう思いますか?

 

はっきり言って

ドン引きだと思います。

こういうミスをしないようにしましょう。

私は即、削除指定にします。

 

人によってはfacebookを

コミュニケーションのツールだけと考えている人もいます。

リアルでつながりの無い人と友達にはならない。

そう思っている人も居ます。

いろいろな考え方があるのだと理解してあげてください。

 

 

記事などにコメントを頂いたら

必ず個別にお返事メッセージを入れます。

ちょっと言葉だと・・・

という場合はスタンプを活用しましょう。

 

そして自分の記事にイイネを頂いたら

イイネを返しに行きましょう。

 

目次に戻る

 


★facebook攻略は友達5千人達成してからが本番!


 

f03c75193587730b5c2b832323b8364c_s

 

まず友達の数が5千人になった事を確認します。

確認ができたら、友達のところを開きます。

通常は、顔写真、名前、メッセージ

と並んでいます。

 

メッセージ拒否した方は

メッセージの部分が空欄になっています。

また何らかの理由でfacebookをやめた方は

メッセージとある場所が、「友達」となっています。

 

メッセージを送ることが出来ない方

顔写真の無い方を規準に友達の削除を行います。

 

 

ここで注意したいのは

自分のお客様は国内のみであり

外国人の方はお呼びでない・・・

と思う人も居るかもしれません。

 

しかし、その方たちが友達になっている

何人かの方たち

この方たちにアプローチする機会があります。

だから外国人だから・・・

という理由で削除するのは早計です。

 

もっと明確な理由

明らかにあなたと、相性が悪い。

不愉快な画像を表示している。

その他、怪しいから近づきたくない。

そういう理由で削除するのは問題ないと思います。

 

類は友を呼ぶと言います。

あなたが一番嫌いなタイプであった場合

自分のそばから遠ざけておいたほうが

後々、良いかもしれません。

 

 

友達の数が5千人になりましたが

これでだいぶ数が減ったと思います。

これからは、あなたの

本当にファンになってくれる方を集めます。

 

今までイイネをつけていたコミュニティの人たち

この方たちに自分をアピールします。

コミュニティ参加者の一覧を開きます。

 

 

以前は自分の友達とそうでない方たちが

すぐにわかったのです。

しかし2017年4月末現在

1人1人名前にマウスを当てて

友達かどうかを確認しないといけなくなりました。

 

積極的に自分をアピールする段階になりましたので

今までどおり、友達でない方にメッセージを送りながら

あなたの濃いファンを作るように努力します。

 

しかし、ここで売り込みはしません。

今までと同じご挨拶メッセージを送ります。

新しいことをするのは、友達以外からメッセージを受け付けない。

このように設定している方にはフォローを入れていきます。

フォローする事で、相手の方の投稿を見ることが出来ます。

 

友達の申請は今までと同じように行っていきます。

1つのコミュニティ、何日かが経過し

何人かの方たちと新しく友達になり

だんだん読み込みが重くなり大変になってくる場合もあります。

 

そうなったら別のコミュニティがあれば

そちらのメンバーさんと友達になるようにします。

 

575bac85c22df69d6edff53da9a7e374_s

 

コミュニティも全て回り終わったら

次の段階に移ります。

少し友達の層が変わってきたと思います。

そこでfacebookがお勧めする

知り合いかも・・・の中から

友達を選びながら申請をします。

 

このようにして、少しずつ

あなたの濃いファンを作っていきます。

 

 

タイムラインも見るようにしてください。

もし不愉快な投稿が見つかった場合

それをあげた人とは相性が悪いので

そっと友達から削除します。

 

積極的にイイネを入れましょう。

イイネを入れる事でその方の友達にも

自分をアピールすることが可能になります。

コメントも入れられるようであれば

入れたほうが良いです。

 

78d2bd670a5eabf8c53ca9a4217dd3e8_s

 

濃いファンを作るための方法を解説してきましたが

基本は記事をしっかり書くこと

一番になります。

 

 

作品が出来上がったら所定の出品サイトに出品、展示しましょう。

そして記事にも写真をあげましょう。

ここで、絶対に売りたいとか、買ってくださいとか

そういう言葉を書いてはいけません。

あなたの価値を下げます。

 

所定の場所に作品を展示しました。

このように書くだけに留めましょう。

facebookのコミュニティ内で販売している方も居ます。

私はあまりお勧めしません。

 

 

なぜなら他の方の投稿にコメントなどが入ると

せっかくあげた、あなたの投稿が下に下がり

埋もれてしまうからです。

 

コミュニティに記事をあげる場合は

「作品お披露目」とするか・・・

または、お子さんに洋服などを縫ってあげた場合

こんなに喜んでくれた!

と半分、自慢するような感じで記事を書きます。

お子さんにもプライバシーがありますから

上手に顔がわからないように配慮してください。

 

所定の場所に展示済みであるのであれば

ご希望の方は個別メッセージください

とコミュニティ内で告知するのも良いでしょう。

ただし、コミュニティを使う場合は

空気を読んで、宣伝、告知が出来る場所で行ってください。

 

 

もし、記事のコメントで

作品が欲しい・・・

そのような書き込みを見たら、個別メッセージ送ります。

とだけ返信します。

そして個別メッセージで所定サイトへご案内してください。

 

 

時々馴れ馴れしく、値引き交渉するような方も

居るかもしれません。

某オークションサイトではそういう経験があります。

価値がわからずにそういう交渉をうけたり

拒んだりした結果、

良い人間関係が続けられなくなる危険もあります。

 

こういう問題を避けるために

所定の販売サイトへ誘導したほうが

お互いのために良いと思います。

 

またお金のトラブルなども避けることが出来ます。

その為にも、販売活動は所定の場所で行うようにします。

 

af114d0a96bed31d1dc4bdc2fdff0085_s

 

また、どこを利用して作品、その他を売買する場合でも

必ず、お互いの住所、氏名、電話番号、作品のお値段、送料

これらをきちんと確認しておく必要があります。

 

 

あなたが何かを購入する場合は

相手の情報をきちんと聞いてから

お金を振り込んでください。

もし詐欺だった場合、

相手の情報を確認していなかった時

詐欺として届出が出来なくなります。

 

またあなたが販売者だった場合は

相手に信用してもらうためにも

はっきりさせておく必要があります。

 

そういう問題があるので

私はプラットフォーム(会社が用意した販売場所)

を使い、個人間取引は本当に近しい間での

手渡しのみに限定しているのです。

 

 

もちろん、自分の独自サイトでの販売を

否定する訳では無いのですが

私はそこまで手が回らない・・・

という理由で、プラットフォームのみを使用しています。

 

目次に戻る

 


★Instagram攻略


 

2b89eb2257c3fb31cd277f28bfa19df4_s

 

実は私、スマホは非常~~に苦手です。

スマホを初めて持って良かったと思ったのは

超絶カメラ音痴だった私でも

そこそこ見られる写真が撮れるようになった事だけです。

 

おまけに様々なアプリやソフトを

PCやスマホに入れるのも嫌いです。

 

PCには最低限のソフトが入っていれば、それで良い!

そう思っているくらいです。

そんな私がInstagramをどう使いながら

毎日確実にフォロワー数を増やしているのかを解説します。

 

 

まず、写真の投稿は一度Googleフォトにあげます。

これでPCで加工済みの写真を

Instagramにあげることが出来ます。

 

まず、スマホでGoogleフォトを開きます。

目的の写真を選択します。

シェアボタンをタップします。

Instagramを選ぶと次へ、次へで

Instagramに投稿が完了します。

 

慣れない方は、

とりあえずやってみるのが一番だと思います。

 

2941942a81b103d5ba5389f0172a371c_s

 

Instagramに写真を投稿するとき

1回に多くの写真をあげるよりは

毎日あげたほうがフォロワーを増やすのには有効です。

 

特に自作品販売の場合

多くの物を一気に上げるのは

厳しい場合も多いです。

 

 

1週間に1回7枚の写真をあげるより

毎日1枚ずつ7日間であげたほうが効果的なのです。

最低でも写真をあげる間隔は9時間あけたほうが良い

と言われています。

 

次に重要なのはタグになります。

タグとは

#ハンドメイド

このように半角#の次にキーワードを入れた物です。

先日ある方の投稿を見ていましたら

タグがきちんと反映されていませんでした。

おそらく、#が全角になっていたのだと思います。

 

Instagramにはどうやら

タグの文字数制限などは無いようです。

数の制限も無さそうです。

 

つまり、タグは考えられる物を可能な限り入れます。

私の場合は、

#temari #temariball #Japan #japanese #手まり #手毬 #糸まり

このように半角スペースを入れて、タグを入れています。

ここにあげたタグは

ほんの一部で実際はもっと多く入れています。

 

 

私はある方から、このタグについて

教えてもらったとき、コピーさせてもらい

不要な物を削り、新たに自分用に追加しています。

また他の方の投稿を見て、そのタグ、いいな!

と思ったら、追加をしています。

 

このタグをいちいち、スマホで打ち込むのは大変なので

メールでスマホに送り込み、それをコピペで入力しています。

 

Instagramとfacebookは同じ会社の運営ですが

両方を自動リンクはさせないほうが良いです。

面倒でも投稿は別々に行ってください。

同じ写真を入れることは問題ないです。

 

575bac85c22df69d6edff53da9a7e374_s

 

Instagramでフォロワーを2千人にするのは

以外に簡単です。

スマホで自分のページを開き

人アイコンをタップすると

お勧めのフォローが出ます。

 

ここに出た方、全てを順番にフォローすると

Max7500人までフォローが可能です。

ただし、1回にフォローできるのは35人程度ですので

時間をあけて何回か繰り返します。

 

 

毎日1写真を投稿し、写真タイトル、そしてタグを入れます。

フォローが7500人になった頃には

フォロワーも2千人くらいになっていると思います。

実はフォロワー2千人を超えてからが本番になってきます。

 

はっきり言って3歩進んで2歩下がる・・・

そんな進み具合になります。

一喜一憂せずに、1週間単位で増加していれば良い

その程度に考えるのが良いでしょう。

 

6b59e5c0266f383b398c5fda8ffe658a_s

 

各種ツールも出ていますが

私はツールは使用していません。

手動で行っています。

ツールの使用を否定はしませんが

ちょっと危険かな?

と思う場面もあります。

 

まず、スマホで見たとき

右下にハートマークがあります。

本家のインスタアイコンをタップすると

ハートの所にイイネを入れてくれた方と

新しいフォロワーさんの数字が出ます。

 

この数字を覚えておき

ハートをタップするとイイネをくれた方と

新しいフォロワーさんの一覧が出ます。

下へスクロールしていくと

既読と新規の境目が出ます。

 

新規の一番下の人のアイコンなり

IDなりを覚えておきます。

PCを開き、右上のハートをクリックすると

今見た人たちが出てきます。

数えながら、新規の最後の方までページを開きます。

 

 

時に50人分とかになりますが

全部のページをタブで開き、順番にイイネを返していきます。

基本は一番新しい写真にイイネを入れますが

全ての人が毎日更新とは限りません。

 

 

Instagramでは1アカウント、

1イイネしか入れられないのです。

そこで一番新しい写真にすでにイイネを入れていたら

順番に古い写真にもイイネを私は返しています。

 

私にタグを教えてくれた方は

自分からのフォロー0でイイネを返すだけで

フォロワー4千にしたと言っていました。

 

フォローできる人数も、Max7500人ですから

順番に入れ替えをします。

これはツール無しで行うのであれば

スマホのほうが行いやすいです。

 

 

フォローの所をタップし多くのアカウントが並ぶので

一番下まで開きます。

Instagramでは古くからつながっている人が下にいます。

新しい方は上になっています。

 

一番下まで降りたら、40人フォローをはずします。

自分にとって大切と思う人を、うっかりはずさないように

注意します。

 

ここであまり多くの人数をフォローからはずすと

アカウントが危険になると言われています。

そして新たにお勧めのユーザーをフォローしていきます。

 

 

時々フォロワーさんの数とかイイネの数とか

全く増やすのに関心がない。

もしくは、**に関心のある人としか

つながりたくない・・・

そういう声を聞くことがあります。

 

あなたが、趣味で行っているのであれば

それは全く問題がありません。

でも、営業活動として行うのであれば

どこで、誰と、どういうご縁でつながるか・・・

これはもう神のみぞ知る。

という事になってきます。

 

また、所定の数、イイネやフォロワーさんが増えると

人気とか、表示され更にフォロワーさんが増えやすくなります。

私がフォローしている人も、

お勧めの中で、人気という理由でお勧めされた方が

一定数います。

 

こういう言い方はエゲツナイかもしれませんが

Instagramでは数こそ、全て。

とも言う気がしています。

 

1d5739bdfb4bc8194dc377a16c052be7_s

 

しかし、各種ツールが出ているのですが

私はツールを使用するかどうか

かなり微妙だと思っています。

決して否定はしませんが・・・

 

Instagramは写真で表現するSNSです。

一応、アダルト投稿は禁止です。

でも、かなりキワドイ写真をあげる方もいます。

 

 

自分の写真にイイネを入れてくれたから

そのイイネを入れてくれた方

フォローしてくれた方の所へ

イイネを入れようとしたら・・・

トンデモナイ写真だった。

そういう経験を何回かしました。

 

ツールはこういう判断はしてくれません。

また、花の写真、風景の写真をあげる方もいます。

私にとっては作品制作の大事な資料になる場合もあります。

 

正直、タイムラインの写真を眺めて

楽しいと思うこともあります。

こんな楽しみをツールで行うのはもったいない。

そう思います。

 

 

イイネを返す他にタイムライン

PCの時はInstagramの文字の部分

ここを開いて順番にイイネをいれていきます。

 

自分にとってはどうでも良い写真でも

不愉快なものでない限りイイネを入れます。

あまり遊んでいるわけにはいかないので

こういう場合は、何個イイネを入れたら終わり

と、マイルールを設定してイイネを入れます。

 

 

もしあまりに不愉快な写真が混ざっていたら

そっとブロックしておきます。

不愉快な写真とは・・・

一般にエロ、グロ、暴力に該当する物です。

 

私の写真はまだまだですが

自分の作品で1000イイネくらい

貰えるようになったら、気分いいだろうな・・・

と思ったりします。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、コピペ、フル活用で時間短縮


 

abd28e91484497a1fd1dfc99e3fdd7dc_s

 

まず、ヤフオクの出品テンプレートですが

自分の作品に合ったテンプレートを選びましょう。

 

スマホでもいろいろな作業は出来るのですが

作業効率を考えると、パソコンはあったほうが良いです。

ノーパソとデスクトップ、一長一短ですが

私はデスクトップ専門です。

 

ノーパソは移動が多く、隙間時間に作業をしたい人向け

このように考えています。

デスクトップをお勧めする理由は

モニタを買い換えなくて良い。

モニタの寿命はかなりありますが

本体はそれなりの時期に買い替えが必要です。

 

 

もちろん一体型なんて

ノーパソが大きくなったような物なので

しっかり使う人にはお勧めしません。

 

中古品も出どころがわかっているのであれば良いですが

そうでなければ、お勧めしません。

一番安いので十分なので、PC本体とモニタは

別々になった物をお勧めします。

 

実は現在、親父にPCを見繕って欲しいと言われています。

モニタは古いのが使えますから

PC本体、一番安いので3万5千円ほどで購入できます。

つまり買い替えのときに

ノーパソと比べて安価で購入できます。

もし同じお値段であるなら、

デスクトップ本体のほうが、高スペックの物を購入できます。

 

 

さて本題に戻ります。

検索をするとヤフオクテンプレートはいくつかのサイトで

無料で提供してくれています。

 

所定の項目を全部埋めれば

ヤフオクで必要な事は全て網羅されているのです。

 

所定のフォームを埋めると

簡単にかっこいい商品説明が出来上がります。

 

手作り品販売の場合、作る商品は

大きなカテゴリで言えば

ほぼ同じものになる事が多いと思います。

 

つまり、このテンプレートを

メモ帳等にコピペしておきます。

 

よくわからない言葉が、英数で書かれていますが

これがHTMLです。

そしてタグと呼ばれるものです。

 

ヤフオクの出品で覚えておきたいタグは1個だけです。

改行タグ、<BR>だけです。

括弧をあえて全角文字で書きましたが

本来は半角文字で書かなければいけません。

 

BRは大文字でも小文字でも問題ないです。

 

出来あがったタグを読んでいくと

日本語であなたが入力した部分が出てくると思います。

必要に応じてこの部分を書き換えます。

 

もし改行をしたい時は先ほどの改行タグを入れます。

1行空きにしたい時は改行タグを2回書き込めば

1行空きになります。

 

 

他所に出品する時も

その場その場で使用する言葉は変わってくると思いますが

それらをコピペで済ませられるように

私はメモ帳に雛形を作ってあります。

 

最近ではトラブルも少なくなりましたが

ブログ等の更新も必ずメモ帳等に原稿を書き

それをコピペで貼り付けます。

 

フォームに直接入力し

送信ボタンを押した途端に全てが消える・・・

こういうトラブルを避けるためです。

 

 

PCトラブルも最近は減りましたが

メモ帳に書いたものも必ず

名前をつけて保存、一息入れるときは

必ず上書き保存にします。

 

最近ではWeb上で

クラウドサービスを利用する人も、多いようです。

否定はしませんが、個人的にはメモ帳のほうが好きです。

 

 

また、作品が売れ始めるとお客様とのやり取りもあります。

最近のヤフオクではあらかじめデータを入力しておき

クリックだけで用が足りるようになりました。

でも、手作り品販売サイトでは

私は発送完了時に

 

お買い上げありがとうございます。

本日発送完了いたしました。

お届けまでもうしばらくお待ちください。

届きましたらシステムのほうに受け取り報告を

よろしくお願いいたします。

追跡番号 xxxxxx

 

この一文を入れるようにしています。

万が一、届かないなどのトラブルが起きたとき

商品販売のナビ欄に追跡番号を入力することで

運送会社との連絡もスムーズに出来ます。

 

またお客様にも番号をお知らせしていますので

しっかり発送していると証明する事ができます。

 

 

このように良く使う言葉も

所定の場所にまとめて保存してあります。

使用するときはそれをコピペして

必要に応じて手直しをし、終了です。

 

いつも使う文言は決まってくるので

コピペし、手直しだけで出来るようにする事で

大幅に時間短縮が出来ます。

 

目次に戻る

 


★手作り品を販売、売り上げをあげるには


 

59d5cc82699160033db803f1d8601e1b_s

 

私の場合はセオリーどおり

ヤフオクで不用品販売からはじめました。

 

息子の為に買ったけど

あまり読まなかった絵本。

残った端切れ(布)・・・

 

絵本はかなりの数ありましたので

それなりに長期間売っていました。

 

 

でも・・・

売れていてそれなりに忙しいのですが

だんだん、手間がかかる上に

売上金も、もう少し欲しいと思うようになりました。

 

エクセルにつけている売り上げ管理

これを見ながら思ったのです。

 

元が不用品だから仕入れはタダです。

でも、不用品はクリーニングの手間がかかります。

仕入れコストはタダでも

クリーニングに使うアルコールその他が必要です。

梱包費もかかります。

 

私は月額2万円の売り上げ

この壁がこの頃は越えられませんでした。

あと1桁多く欲しい・・・

 

作品はたまに売れる程度です。

 

 

ある時ひらめきました!

単価が数百円だから2万円の壁が越えられないのだと。

単純に1桁違う商品を販売すれば

この壁は越えられると・・・

 

 

そんな時、eBay、ヤフオク転売の

2個目のノウハウを購入したのです。

 

ようやくオークファンなど統計的データで

仕入れが出来るようになった時期でした。

同時に偽ブランドなども問題になっていた時期です。

 

正直、一般に言うブランド品には関心が無く

理解できなかったのです。

 

当然、ブランド品に関心が無いので

転売したのであれば見事に偽ブランドを

掴まされるのは目に見えていました。

 

私には無理だ・・・

そう思ったのです。

 

 

確かに、よい商品は使い勝手が良いですし

縫製が丁寧だったりします。

お値段の差に品質の差が出ることも多いです。

 

 

模型ジャンルは子供のころから好きでした。

そこで熱かったのが1/144サイズの物でした。

これなら自分にも出来ると仕入れをし

それなりに1年間、回転もよく

楽しんで転売が出来ました。

 

月商20万の壁はあっさり越えられました。

でも、利益率はあまり良くないです。

そして、熱が冷めるとすっかり売れなくなります。

 

その後、リーマンショック、サブプライムショック

とあり海外での作品販売が落ち目になります。

少し回復したと思うとまたどん底になる。

 

国内販売は、大きいサイズのブラが

そこそこ売れていました。

しかし、在庫数百では売り上げ良くても

順調というには程遠い資金繰り。

 

後に、基準値が違うことを思い知らされます。

転売の世界では

在庫1000個持つことでようやく

カスカス食べていける金額になると知ります。

(当然、単価にもよります)

 

 

そして2011年、我が家の一大事!

主人の怪我で仕入れ不能。

在庫で食いつなぐ3ヶ月間。

 

カードの支払いは滞り、ローン地獄へ・・・

 

 

そんな中必死で無い頭を回しました。

自分は何がしたいのか?

何をすれば良いのか?

 

 

2013年、ふとしたきっかけで、

中国輸入転売の塾に入ります。

今思えば、

塾費用とノウハウのバランスが、非常に悪い塾でした。

でも、今まで転売さんから糸を購入していましたが

自分で仕入れルートが確立できたので

その点は良かったです。

 

はっきり言って糸を購入するとき

糸を使う方から購入すれば、いろいろ話が早いのです。

でも、これは儲かる・・・

そういう理由で販売している方の場合

ちょっと専門的なことを言うと

話が通じなくなります。

 

転売さんは使用しないから

商品に対しての関心が薄いのです。

 

でも、ジャンルが違っていても

その糸を使う人が販売している場合は

使用者ならではの答えが出てきます。

 

 

私は手まりの製作、販売をしていますが

手まりに使う模様の刺繍糸は

中国から直輸入しています。

 

手まりの土台に使うスパン糸は

刺繍糸と違い、大量購入する必要が無いので

転売さんから購入しています。

この転売さんは縫製業者のようです。

 

つまり、糸の使用者から購入してますので

不良品放出などの時

なぜ不良品なのか?

その理由を聞き、納得して購入が出来ます。

 

 

2011年、我が家でも一大事でしたが

震災とあの事故。

そしていろいろな部分で

何かが変わりました。

何が変わったかは、はっきり言葉に出来ないのですが

価値観みたいなものが変わってきた事を

感じています。

 

そして、その間、手作り品専門の販売サイトが出来

私はクリーマさん、ミンネさんに

作品を出すようになりました。

 

 

2015年、いろいろありましたが

作品の売り上げも上がってきました。

いろいろな部分で歯車がかみ合ってきた

感じられるようになったのです。

 

つまり、売り上げを上げる方法の第1は

販売単価と労働時間が適切か?

数百円の物を売るよりは数千円の物を売ったほうが

確実に売れる実感がつかめます。

 

そして作品のバリエーションはどうか?

それなりに高単価の物があるから

低単価の物も売れるのです。

そして高単価の物も、しっかり充実させる必要があります。

 

 

作品の材料コストはどうですか?

手まりの材料費は他の手芸に比べて

非常に低いです。

 

そして作品がそれなりに出来上がれば

しかるべきお値段で売ることが可能です。

 

お客様に納得して頂ける金額の作品を作り

しっかり頂くものを頂きます。

 

私がeBayをはじめた直後

eBay関連のメルマガ発行者さん、数人の物を読みました。

現在も、何人かの転売さんのメルマガを読んでいます。

 

ある方が、塾生のコンサルをした時

その方が塾生の方にしたアドバイスは

商品単価を上げなさい!

だったのです。

 

 

安いから売れるのではないのです。

もちろん、安さを売りにする商売を否定はしません。

しかし、その商品に見合った価値提供が重要なのです。

 

単価を上げることで収入は増えますし

製作販売の場合、コストは変わらないのです。

変わるのは利益率です。

 

1000円の商品を10個売って1万円です。

材料費が20%として8千円の収入です。

 

でも、5千円の商品を10個売って5万円です。

同じものであった場合

材料費は2千円のままですから4.8万円の利益になります。

どちらが良いですか?

 

 

私は初めて手まりを売ろうとした時

リサーチをして、泣きたいお値段で売っている場所を知り

また納得の出来るお値段で売っている場所も、見つけました。

 

そしてアマゾンに出店したとき

アマゾンの手数料も1つの理由ですが

作品の価格を30%値上げしたのです。

 

ちょっとした賭けでした。

しかし売り上げは落ちずに伸びました。

そこで確信したのです。

 

 

最初に売ろうと思ったとき売れなかったのは

作品数が少なかったから。

宣伝力が足りなかったからだと。

 

自分自身とお客様が納得してくださるお値段で

作品を提供する。

どうすれば売れるのかを考えながら

自分自身ももっと上を目指して上り続けることで

しかるべき作品提供が出来るようになります。

 

 

最初からは無理ですが

まず、100個作品を展示することを目指してください。

色違い、サイズ違い、模様違い・・・

 

作品によっては受注販売のほうが良い場合もあります。

しかしそれを行うにも、見本品が作れないと難しいです。

また、どれも同じね・・・

そう見られないように工夫も必要です。

 

100個展示してようやく

1ヶ月に1個の売り上げと思えば

間違いないです。

 

 

私は最盛期、360個ほど作品がありました。

今は250個ほどになっています。

品切れ品を補充しつつ、新作も・・・

そう思っています。

 

在庫が千個になった時

また見える景色が変わってくると思いますが

そこに到達できるのか?

とにかくやり続けるしかないと思っています。

 

目次に戻る

 


★展示会の極意


 

8cd9e7d99317de3d73774352ead3c0fb_s

 

多くのレベルの作品、色使いを

満遍なく飾ること。

 

これは私の友人が教えてくれたことです。

彼女の家は、お母様が華道の先生をしており

彼女はその助手を務めていました。

 

定期的に生徒さんの発表の場として

また生徒さん獲得のための宣伝として

所定の会場で華道展を行っていました。

 

その事例を元に私に教えてくれたのです。

 

華道の世界にも

入門者向けの物と難しい題材の物とがあるようです。

私はあまりそちら系は詳しくないので

よくわかりません。

ただ、どの世界でも同じだな・・・

と思ったのです。

 

やさしい作品ばかり並べると

この先生、この程度なのね・・・

しかるべきランクの方からはそっぽを向かれてしまう。

 

逆に難しい作品ばかり並べると

初心者さんから、自分には無理そう・・・

と敬遠されてしまう。

だから全てのランクの物を満遍なく並べる必要がある。

 

このように教えていただいたのです。

これは全ての物に応用できると思います。

 

ネット販売はカタログ販売です。

つまり、ネット上のあなたのお店は

あなたの作品の展示室なのです。

 

最初のうちは無理かもしれませんが

少しずつ多くの種類の作品を並べ、増やし

作品のランクや色使いなどが偏らないようにしましょう。

 

目次に戻る

 


★イベントは、作る物


 

0987aee209b568e34fb950fc43ed0302_s

 

リアルでの商店街や

デパートやコンビニをイメージしてください。

1年間でどれだけのイベントが開催されるでしょうか?

 

 

私がまだ子供のころは

バレンタインデーは一般に浸透していなかったです。

小学校卒業のころ、ようやく少しずつ耳に入ってきました。

 

ホワイトデーに至っては

全く存在していないのと同じでした。

少しずつ知られたのは、中学生か高校生のころでした。

 

当時はお菓子屋さんのイベントに

誰が乗るもんか!

とへそを曲げていた人も何人か知っています。

 

 

しかし、今はどうでしょう?

そのイベントに参加するかしないかは別として

日本に住んで生活していて知らないという人は

よほどだと思います。

そのくらい浸透し、なじみになったイベントです。

 

お菓子屋さんだけでなく

あらゆるジャンルの販売者が、

どうすれば自分の商品をそのイベントにのせられるか?

宣伝も昔に比べれば随分派手になってきたと感じます。

 

つまり、既存のイベントに参加するのもよし。

自分で作るのもよし。

お客様感謝デーとして何かを行うのもよし。

いろいろアイデアを練るのも1つの方法です。

 

商店街の**周年記念というのが一番自然です。

所定の評価が溜まり、売り上げがそこそこ安定した頃

通常であれば**円の作品を

特別に**円スタートのオークションにする。

こういう方法もあります。

 

これは周囲に自分の存在を誇示するために行うのですから

採算度外視で、全て広告料と割り切って行います。

もちろん、他の同じレベルの作品の色違いとし

他の作品と全く同品質であることをアピールします。

 

 

私も過去、行ったことがあります。

うまくいけば、それなりの金額になりますが

最悪、スタート時の価格でそのまま

落札される事もあります。

これを覚悟の上で上手に価格設定をしてください。

 

赤字覚悟で全部サービスする。

そのくらいの気持ちで行い、認知度を高めるのも良いでしょう。

 

目次に戻る

 


★1円スタートにするか?それとも所定の金額にするか?


 

1d7f062beb53e0294efcf4f0780350f4_s

 

ヤフオク等で、1円スタートにすると

注目度があがるから落札率が高まると言われています。

これをどの商品で、どのタイミング行うのが効果的か?

というお話です。

 

まず、その商品が無作為に集めた100人に聞いたとき

欲しいと言う人が、何人いるかで決まります。

 

80人以上が欲しいという商品なのか?

それとも10人以下しか、欲しいと言わない商品なのか?

 

 

出品すれば確実に売れる商品というのも

存在します。

しかし、売りにくい商品もあります。

 

これを考えたとき、確実に売れる商品であれば

1円スタート、100円スタートで問題ないでしょう。

でも、特定の人しか欲しいと言わない商品であったなら

商品にもよりますが500円、

1000円スタートにする事をお勧めします。

 

またその商品が出品者にとって

不用品処分なのか、それともしっかり利益が欲しいのか?

この部分でも価格は変わってくると思います。

 

手間を考えたら同じ不用品でも

1点ずつ出品するより

まとめて出品のほうが落札されやすいという物もあります。

 

 

この見極めは経験も必要になってきますので

いろいろ試してみることをお勧めします。

 

目次に戻る

 


★サンクスカードとラッピング


 

ea65a58df20a0f27758f500a199f9ac0_s

 

他店と差別化するために

2つの小技があります。

 

それは

1、発送の際にラッピングを行う。

2、手書きのサンクスカードを入れる。

この2点です。

 

ラッピングとは、ギフト用の特別なラッピングではなく

通常の梱包作業を

お客様にプレゼントを贈る気持ち

ラッピングして送るものです。

 

様々な形式が考えられます。

また苦手な方もいらっしゃると思います。

 

 

私は柄物のビニール袋を専用に購入してあります。

作品を梱包し、プチプチで包んだ後

この柄物のビニール袋に入れて梱包し

所定の封筒で発送しています。

 

 

私がヤフオクのテクニックとして習ったときは

ギフトラッピングして発送と言われました。

しかし、アマゾンに商品を出すようになり

一部商品は未開封であれば返品可能となったのです。

 

ヤフオクや、多くの手作り品販売サイトでは

返品不可になっています。

未開封であれば返品可となった時

どこまでをストア独自の包装と定義するかが難しいです。

 

そこでプチプチを剥いた段階で商品確認が可能ですので

ギフトラッピングに対応しない代わりに

柄物のビニール袋を採用しています。

 

 

また、手書きの

お買い上げありがとうございます。

のカードを封入するというのも

1つのテクニックになっています。

 

しかし、私は行っていません。

代わりに、名刺サイズのカードに

ストア名、お買い上げありがとうございます。

ストアURLとQRコード

住所氏名を記載しています。

これはプリンターで印刷しています。

電話番号やメルアドは、あえて入れていません。

 

アマゾンはストアURLが非常に長いので

短縮URLを使用しています。

 

 

私自身、他店で商品を購入した際

手書きのメッセージカードを頂き

非常に好印象を持ちました。

 

しかし、この2つのテクニックは

あなたが、お客様に対して

感謝の気持ちを持って行わないと

無意味になってしまいます。

 

嫌々、テクニックとして有効だから行う。

本当は嫌いなのだけど・・・

そんな気持ちで行ったのでは

どこかでそれが、お客様に伝わってしまいます。

嫌々行うのであれば、やらないほうが、ましです。

 

そうなったら、逆効果なのです。

 

だから私は自分に無理の無い範囲で

ギフトラッピングの代わりに

柄物ビニール袋を使用し

印刷したURL、QRコード入りのカードを

同梱しています。

 

 

三日坊主は非常に良くないです。

多くの人は、やるぞ!

と意気込んで、3ヶ月ほどの転売塾などで学び

塾が終わった途端に、終息します。

これでは結果が出ないのです。

 

重要なのは続けることです。

最低1年、続けてください。

その結果、別の方向へ行くのも良いです。

 

ベストなのは生きている限り続けられる事です。

数年の経験を経て、今行っている事を

さらにレベルアップさせるのは良いことだと思います。

 

年齢を経て、昔ほどは出来なくなる。

これも仕方が無いです。

でも、やめたいな・・・と思いながら

会社員マインドで行うのは最悪です。

 

何をするのも同じですが

好きだから一生続けられる。

そういう事を行ってください。

続けていれば、おのずから結果はついてきます。

 

目次に戻る

 


★夢を実現するために


 

4c09ae6e53a560db32c92d510dd946ac_s

 

よく最初の一歩が踏み出せないと聞きます。

そして、所定の期間行うが

続けられずにやめていく、多くの人を

私は見てきました。

 

私がここまで山あり谷あり

でも続けてこれたのは

もうお勤め仕事は無理だな・・・

と思ったからです。

外出時は杖使用ですから

コンビニ等のバイトは無理です。

 

また、作品制作が好きだから

続けることも出来ました。

 

 

一般論を言えば

目標設定を明確にする事で、

継続できると言われています。

 

短期、中期、長期の目標設定が必要と言われます。

この目標設定とは、言わば

自分に対するご褒美

とも言えます。

 

1年後の自分はどうなりたいか?

2年後には何をしたいか?

そしてそれを望めば叶うのです。

 

ちなみに私の目標は

月収、30万、50万、100万

そして作業がしやすい家を建てることです。

 

あなたも目標を定めてください。

1年後の自分をより明確にイメージしてください。

 

目標を定めることで

あなたの夢を手の中につかむことが出来ます。

 

目次に戻る

 


★作業内容


 

100c8992b54b13d8f1634bbcbf9ce317_s

 

最後に、作業内容をまとめました。

以下は紙に手書きし、やったものから順に

チェックを入れながら作業をしてください。

 

 

1、ヤフオクアカウントの作成。

 

2、不用品を販売しながら

出品作業、梱包、発送作業に慣れる。

 

3、ブログスペースとfacebook、Instagramアカウントを作る。

 

4、自分は何をして収入を得たいのか、明確にする。

 

5、顔写真の部分を入れる。

 

6、ヘッダーを入れる。

 

7、自己紹介を詳細に作成。

 

8、記事を15記事書く。

 

9、facebookの友達を増やしたいコミュニティに所属する。

 

10、自分のお客様はどのコミュニティにいるのか?

お客様が居そうなコミュニティに参加する。

 

11、お客様が居そうなコミュニティの記事を読み

イイネやコメントを入れる。

 

12、facebookの友達をとりあえず5千人にする。

 

13、製作、記事を書く、イイネを入れる。

これらをローテーションで作業する。

 

14、記事を書く、Instagram投稿は出来る限り毎日行う。

 

15、facebookの友達が5千人になったら

より濃いファンを作るように、記事を充実させながら

友達を絞り込んでいく。

 

16、作品が出来上がったら出品をする。

 

17、ヤフオクの出品作業がスムーズに出来るようになったら

クリーマ、ミンネ、他所と少しずつ出品場所を増やす。

 

18、配送ミスやお客様に作品をお届けできない等

トラブルの無いように、きちんと管理する。

 

目次に戻る

 


★千里の道も一歩から


 

c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s

 

ネットで稼ぐのは簡単

と言う人が居ますが

これは、

リアル店舗を構えるよりは楽

という意味です。

 

決して

3クリックで作業終了

という意味ではありません。

 

また

15年前より、さまざまなシステムが整ったので

その頃と比べて、収入を得やすくなった。

という意味です。、

当事よりは早く最初の収入を得ることが

出来るはずですが、決して

楽をして短期間で収入が得れるわけでは、ありません。

 

 

私はツール類はヤフオクの再出品ツールくらいで

その他のツールは使用していません。

 

これは、しかるべき手順を踏むことで

さまざまな気づきを得ると思います。

 

 

もしあなたが、非常に忙しくて

多くの作業時間が取れないのであれば

1週間単位で予定を作ってください。

 

1日のうち、この時間にネット作業をする。

1週間のうちの、何曜日には何をする。

これを習慣付けてください。

 

毎日の習慣付けをする事で

確実に一歩一歩進むことができます。
非常に長文の物を最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

あなたが良いビジネスライフを送る事が出来ますよう

お祈りいたします。

 

目次に戻る

 



 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

この記事を書いた人

七原園美
七原園美
「てまり-ねこ」こと七原園美(ななはら そのみ)です。伊豆の山奥から見た景色を手まりにうつしています。職業は手まり職人です。手まりのWeb講座準備中!作品はミンネ、クリーマ、アマゾンで販売中。The scenery viewed from the mountains of Izu you want transferred to a Temari.