The following two tabs change content below.
七原園美
「てまり-ねこ」こと七原園美(ななはら そのみ)です。伊豆の山奥から見た景色を手まりにうつしています。職業は手まり職人です。手まりのWeb講座準備中!作品はミンネ、クリーマ、アマゾンで販売中。The scenery viewed from the mountains of Izu you want transferred to a Temari.
【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

 


★土台作りポイント


 

3つの手まりを1組としますので

土台作りは同時並行で作り

同じサイズのものが3個出来るようにします。

また使用する色糸も3個が統一感を持つように

なるべく同じ糸を使用するように糸を揃えます。

 

1-20-009

 

 


★祖母は好んだが母は好まなかった作品


 

祖母はこの手まりを好んだようで

手元に祖母が作ったものが残っています。

しかし、母は複数を1個とする手まりを

好みませんでした。

 

1個作るにもかなりの時間をかけていた母ですので

おそらく3個まとめては厳しかったのかもしれません。

 

母にある時

松竹梅は作らないの?

と聞いたら

「あれは3個まとめないと・・・

だから作るのが大変」

という答えが返ってきました。

 

s-t1-24-2-003

 

1個の手まりで3種類の模様を入れるデザインも

各種あるのですが

そちらも母は好まず・・・

祖母の物だけが手元に残っています。

 

作る手間を言えば

松が一番大変で、竹、梅と続きます。

その為、私は松、竹、梅の順番で

作ることをお勧めします。

 

s-t1-24-2-005

 

 

どの手まりも基本的な技法をきちんと覚えていれば

問題なく作れる作品です。

 

 


★小さく作りたい方へ


 

松は18個作るデザインになっていますが

小さく作りたい方は

上下2つ模様で2個作るタイプにすれば

良いと思います。

 

s-t1-24-2-007

s-t1-24-2-009

s-t1-24-2-011

 

竹は「つむ型」の手法で作りますが

つむ型を小さく作るのはかなり難しい・・・

というより、ほぼ不可能です。

 

 

ところが・・・

つむ型の本来のかがり方を考えずに

それっぽく、かがるのであれば

模様を作ることは不可能ではないです。

 

参考作品

p1010004-2

p1010003-2

p1010002-2

 

今回のテキストでは説明だけにし

実演は別の機会にしましたが

作る方法はあります。

 

それは「小」の字を書くように

かがることです。

つまり真ん中、左、右と上から下へ

糸を運びます。

このようにする事で、小さく竹の葉を作ることが出来ます。

 

また、2色の糸を2本ずつ針に通し

合計4本にします。

そして縦に1本線をひくようにかがり

その時に、糸が中心に2本、左右に1本ずつ

糸があるように見せる手法もあります。

 

参考作品

p1010003

 

1つの手まりで松竹梅をこの手まりと

ほぼ同じデザインで作る物があります。

母はその手まりも好まず・・・

でも祖母は好んで作っていました。

 

しかし、祖母が作った竹は

葉がどうしてもそのサイズで

つむ型を作るのが困難で、ダイヤ型になっていました。

 

私も長い間ダイヤ型で作っていましたが

別の作品を作ったとき

ふと閃いて試し、ようやく理想どおりに

作ることが出来た作品です。

 

12syoutikubai1-2

12syoutikubai1-3

12syoutikubai1-4

 

竹の葉の詳しい解説は

1つの手まりの中に松竹梅と入れるデザインを作ったとき

説明しようと思います。

 

s-t1-24-2-013

s-t1-24-2-015

 

梅の手まりですが

こちらは細い糸を使用すれば

難なく小さい手まりを作ることが可能だと思います。

 

しかし、最初から小さいものは厳しいと思います。

もっと小さい物をを作りたい方は

まず直径5-6cmで試した後

チャレンジすることをお勧めします。

 

 

私は今回、この手まりを

直径8cmで作っています。

 



 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

この記事を書いた人

七原園美
七原園美
「てまり-ねこ」こと七原園美(ななはら そのみ)です。伊豆の山奥から見た景色を手まりにうつしています。職業は手まり職人です。手まりのWeb講座準備中!作品はミンネ、クリーマ、アマゾンで販売中。The scenery viewed from the mountains of Izu you want transferred to a Temari.