The following two tabs change content below.
武原 夏子
玉川大学農学部卒。元・日本不耕起栽培普及会理事・事務局長。不耕起移植栽培や田舎暮らしの楽しみを教えています。農産物の差別商品化や売上増加コンサルをしています。手作り、田舎の食や暮らしが大好き。伝統食大好き。農家のじいちゃん大好き。都会暮らしでは、命と精神が縮んでしまう。ずっと満員電車に乗らず、朝に出勤しない生活を望んできたら、そうなった。ナチュラリストでも何でもないのに、化学物質過敏症、合成添加物過敏症、合成洗剤アレルギー、シックハウス症候群。さらには、憑依体質。宇宙とのつながりについて、いつも考えています。

banner_b
☆☆☆田舎暮らし・農業の始め方を学ぶコミュニティをスタートします。私と一緒に始めませんか?☆彡


農業を始める教えてもらうことから


農業を始めてみると

わからないことだらけ、

初めてのことだらけです。

 

田舎にはどんな危険があるのか、

知らなかったために、けがをしたり、

事故に合った人もいます。

 

知っていれば、起こらなかった、

回避できたことです。

 

 

現場で体や五感を使いながら、

覚えた方がいいことがたくさんあります。

 

田舎暮らしが上手くいく秘訣、

道具の使い方などは、教えてもらいながら

やりながら、覚えるほうが身に付きます。

 

 

不耕起移植栽培では、

葉っぱが5枚になるまで苗を育てます。

 

普通は2枚になったら田植をします。
種もみは、葉っぱが3枚になるまでの

おっぱい「胚乳」を持っているから肥料分はいりません。

 

5枚の葉っぱになるまで、不耕起移植栽培用の

苗を育てるには、土に栄養分が必要です。

 

不耕起移植栽培技術を生み出したのは

農家の人たちですから、苗箱と市販の土を使います。

 

苗箱と市販の土を使って不耕起移植栽培用に

5枚の葉っぱまで苗を育てるには

追肥が必要になります。

 

苗箱を使うのか、苗代で苗を育てるのか、

有機質の肥料を使うのか、無肥料栽培なのか、

それぞれやり方が違うんです。

 

こういうことって、教わらなければ、

わからないことですよね。

 

dsc00135

 


農業を始めるなら仲間作りから


 

農作業って、2人でやる作業も多いんです。

 

父ちゃんと母ちゃん、

じいちゃんとばあちゃんが、

夫婦で作業をやっている姿って

いいものですよ。

 

 

農作業は、一人でやるより、

大勢でやるほうが、効率も上がり、

時間も短縮できます。

 

Photo by Natsuko Takehara

 

農業を学びたくて、あっちにもこっちにも、

頭を突っ込む癖の人がいます。

 

どんな農業技術でも、それを生み出した人たちが、

長年の試験や経験から一番良いやり方を

見つけ出して、組み立てられています。

 

一人で、あれもこれもと欲ばっても、

基本が何だか、まったくわからなくなり、

頭でっかちになってしまいます。

 

初心者の考えついたやり方は、

上手くいかないことも多いんです。

 

教えてくれた方にも失礼ではないでしょうか。

 

経験がないのに、結果を急がないことです。

 

 

農法のノウハウや手順だけ追い求めていると、

相手が生きものだということを忘れます。

 

育てている作物を見なくなるんです。

 

生きものを見る目を養い、気づきを増やすためにも、

仲間を見つけて複数で少しずつ始めましょう。

 

そうすれば、みんなの経験を

1年で自分の経験や知識にできるのです。

 

Photo by Natsuko Takehara

 

私は20年ほど農業や農村にかかわり、

農業や田舎暮らしを始めて、

上手くいった人、いかなかった人を

たくさん見てきました。

 

私にとって、消えていく人を見ることは、

とても辛いこともありました。

 

田んぼでうまくいかなかった人の例を

20分ほどの音声でお届けします。

 

⇒  農業は、がむしゃらにひとりでやらないほうがいい

 

WEB会員制田舎移住コミュニティ

「ローカルライフきらめき」はじめます。

 

田舎暮らしや農業を始めたい人に、

上手くスタートを切ってほしいと思ってきました。

 

だからコミュニティを作りました。

 

私が知っていることを伝え、

ワークや見学会・体験会もしていきます。

 

2016年1月正式スタートです。

 

短期でさっそく田舎移住したい人、

週末農業を始めたい方も歓迎します。

 

良かったらこちらの記事もお読みくださいね。

⇒ 田んぼを始める人は必見!稲穂はどうやって食べられる「お米」になるのか知ってる?

⇒ 農業を始めたい人が自然災害から学んでおくこと

⇒ Facebookの友達申請はこちら

 

☆☆☆田舎暮らし・農業の始め方を学ぶコミュニティをスタートします。私と一緒に始めませんか?☆彡

banner_b

この記事を書いた人

武原 夏子
武原 夏子
玉川大学農学部卒。元・日本不耕起栽培普及会理事・事務局長。不耕起移植栽培や田舎暮らしの楽しみを教えています。農産物の差別商品化や売上増加コンサルをしています。手作り、田舎の食や暮らしが大好き。伝統食大好き。農家のじいちゃん大好き。都会暮らしでは、命と精神が縮んでしまう。ずっと満員電車に乗らず、朝に出勤しない生活を望んできたら、そうなった。ナチュラリストでも何でもないのに、化学物質過敏症、合成添加物過敏症、合成洗剤アレルギー、シックハウス症候群。さらには、憑依体質。宇宙とのつながりについて、いつも考えています。