The following two tabs change content below.
吉田直紀
超健康カラダプロデューサー | 国家資格を持ち最新医療の病院という現場からスポーツ現場でも働いてきた。2万人以上の施術、年間150冊の読書量、今まで勉強に費やしてきた金額は数百万円、トップアスリートも担当。人気のカラダブログは記事を取り上げられ、雑誌の掲載もしている。そんなカラダのスペシャリストがあなたのカラダを変える。

banner_b

あなたが大笑いしたのはいつだろうか?
腹を抱えて顔をくしゃくしゃにして笑い転げたのは?

 

笑わない日々・・・

何も感じない日々・・・

笑顔がない日常・・・・

 

そんな日常になっていないかな?

カラダにもココロにも悪影響を与える「笑顔」

日本人は大人になればなるほど笑う回数が減っていく。

赤ちゃんの時のように笑い、健やかに生きるためにはどうしたら良いだろうか?

 


赤ちゃんの笑う回数は大人の30倍!?


p9i1hdm3vw

赤ちゃんは本当によく笑う。
赤ちゃんは1日300回〜400回笑い、大人は10〜15回と言われている。
つまり大人の30倍も笑って生きているのです。
それは赤ちゃんハッピーですよ!

なぜ赤ちゃんはこんなに笑えるのか?

それには幾つか理由がある。

・常に新しいものや発見の毎日
・大好きなパパやママや家族と一緒に過ごす
・何も縛られるものがない

新しい発見と新しい体験。そして大好きな人と過ごし、何からも縛られない。
これが赤ちゃんの生き方だ。

そんなサラリーマンがいたら話してみたい笑というくらい日本人のサラリーマンは深刻な顔をして街中を歩いている。

毎日同じ仕事・・
同じ通勤経路・・
同じ人に会い・・
昨日と変わらない今日を過ごす・・
たまに見るお笑い番組で笑う・・

そう考えると大人の笑う回数が少ないのも納得できます。

しかし本当にこれで良いのでしょうか?

 


笑いが私たちの心と体に与える影響


vz66nhfprr

笑顔というものは無限大の健康を与えてくれます。

・幸福感を与えてくれる
・ストレスを減らしてくれる
・心拍数や血圧の上昇を抑えてくれる
・ドロドロ血を解消してサラサラにする
・顔の筋肉を使いたるみを防いでくれる
・基礎代謝がアップして痩せやすくなる

なんと笑うだけでこれらの効果が得られるのです。笑わない理由はない。

国境も人種も男女も老人も子供も関係ない。

笑顔は共通言語だ。

だからたくさん笑って伝染して人々を健康にしよう。
あなたの笑顔が周りを笑顔にする。笑顔が周りまわって体と心を元気にしてくれる。

どんな薬よりも副作用がなくて拡散作用がある。それが笑顔だ。

 


笑顔を作る準備体操


でもふだん笑っていないと顔の筋肉も動かなくなってしまう。
筋肉は使わないと固くなり、弱くなる。
つまり動きにくくなってしまうのだ。

まずは笑顔を作る前に準備運動をしよう。

1「アイウエオ」口をあけて大きく言う
2アゴから首にかけて優しくマッサージ
3フェイスラインを優しくマッサージ
4シャンプーをしっかりして頭皮を動かす

さて顔が動き始めたら今度は笑う準備。

 


大人よ赤ちゃんを見習え!


fi7y6c9k7z

大人は赤ちゃんを見習う必要があります。常に全力投球で一瞬一瞬を大切に生きている。
感情も全力でむき出しにして。

 

だから笑うだけではなく喜怒哀楽が激しい。腹の底から笑い、鬼のように起こり、時に悲しみ、今を楽しむ。
そんな生き方を見習うべきじゃないかな??

 

医学的には作り笑いでも笑いの効果がある。無理して笑顔を作るだけの理由はある。
でもそれじゃあちょっと寂しい。

 

無理して作り笑いするなら、本気で笑える自分になろう。

 

ほんのちょっとのことで驚き

いつも新しい体験を通して

嫌いなものは嫌い

好きなものは好きって全力で

楽しいことがあれば人目も気にせず笑う

僕らの人生はもっと豊かで明るくて楽しいもんだ。

そうやって子供が教えてくれている気がする。

そんな生き方を赤ちゃんから学ぼう。

 

banner_b

この記事を書いた人

吉田直紀
吉田直紀
超健康カラダプロデューサー | 国家資格を持ち最新医療の病院という現場からスポーツ現場でも働いてきた。2万人以上の施術、年間150冊の読書量、今まで勉強に費やしてきた金額は数百万円、トップアスリートも担当。人気のカラダブログは記事を取り上げられ、雑誌の掲載もしている。そんなカラダのスペシャリストがあなたのカラダを変える。