The following two tabs change content below.
戸田 慶一
社会実験派旅人/ブロガー/起業家 10歳からの旅人。かつて1年数か月にも及ぶ放浪をはじめて、世界各国にて数か月単位でのその土地に生きるスタイルで旅を続ける。初海外でBurningman(アメリカ・ネバダ、サバイバルアートフェス)に1週間参加したことを皮切りに、首長族をはじめとした先住民との生活や地下鉄構内やマンホールでの生活などを経験し、その経験から紡ぎ出される言葉には多くのファンがいる。 WEBメディアにて執筆記事が11万イイね超、数十万PVをたたき出し、多くの著名人にもシェアされ一気にその名を世の中に轟かせた。インターネットでの生放送事業にも参画し、認知が上がる。

 

Hi,guys!!

10歳から旅をしている旅人の戸田慶一でーす。(@CHIPPYPY / chippypy)

前回の記事の続き。

 

トラブル続きでも、
何とかその日にニセコに入れた。

そしてメイン日を迎えるわけ。
天気図もいい感じだし、

期待大。

明け方3時くらいまで飲んで
朝は6:30起き、7:30出発。
8時過ぎにはゴンドラに並ぶ。

って感じの予定。

インスタの写真を交えながらお伝えしてこうかな。


外国人が多くてテンション上がる


朝も寝坊なく起きて、支度してゲレンデへ向かう。

途中でタケシ君の職場によって2日券の割引券もらってチケット売り場へ。

2日券で7900円、安!!
もうね、外国人だらけ。

いやー楽しい。
テンション上がるわ。

普通に英語でコミュニケーションだしさ、英語で冗談言えるし。
タケシ君もウィスラーに8年とかいたから喋れるし、面白くスタート。

 


麓のクワッドリフトが動き出す


10番目くらいで僕たちは並んでいて、ようやくふもとのクワッドリフトが動き出した。

タケシ君はどこを落とそうかと色々教えてくれる。
リフトを何本か乗り継いで見えたピーク。

見た途端、タケシ君

『やっぱりピーク行こう。ヒラフってのを滑らせたいわ、一本目。』

ってことでシングルリフトでピーク下まで。

そこからは板脱いで(板を持って)、ハイク。
ツボ足(ブーツのまま)新雪ハイクは意外とキツイ。

けど、みんなペースがいいんだこれが笑

デブにはキツイよ、

喘息もあるから呼吸乱れると本当にまずいんで
気にしながら遅れないようにテクテクと30分ほどハイクした。

 


マイナス10度を超える世界は綺麗だった


やっとのことでピークへ。

マイナス10度を優に超える気温ですが、暑い。

こんな時にヒートテックなんて着てたらダメよ?

あっという間に低体温症とかになるんで気を付けてくださいね。

エビの尻尾もきれいに伸びてた。
(モノに雪がついて片方に伸びてく奴ね。あれは風の来る方向に伸びます)

呼吸が整えば板履いて
早速ノートラックディープジャパウフィールドへドロップイン!!
(JAPOW=JAPAN POWDERの略)

この日の板はいつものGREEN.LABのYY156じゃなくて
先日試したK2 COOLBEAN144。

短くてすごく太いやつ。
フレックスはYYと同じくらい硬めでツインテール。

北海道の軽くて深い雪でどんな感じか自分で知りたかった。

結果、
テールがツインだから抜けも良くて減速しないでいけるし、極太ノーズは浮くわ浮くわ。

最高でしたよ。

あんな板をあの価格帯で出せるってK2の強みだよなー

来週はK2のお泊り来季モデル試乗会に行ってくるんで、来年出るって言われてるCOOLBEANのスプリットを乗ってこようかと思ってる。
(スプリットボード=縦半分に割れて登るときにスキーのように履いて登れる素敵な奴)

おっとそれは来週の話だから、また書くね。

話しを戻してそんな板でニセコのノートラックを撮影しながら滑ってきましたよ。

 


こんな素敵な写真を沢山遺せて言うことないですよ!!


タケシ君が撮ってくれて、ノートラックオープンバーンなんで打ち合わせは特になしで自分で思うように地球に落書きをする。

すげー気持ちよかった!!

これだよなースノーサーフ。

ホントにサーフしてる時の感じにそっくり。

もう滑りながら夢精するくらい気持ちよかったですよ、ホント。

フェイスショットしまくりで、

叫びまくり!!

このシチュエーション。。。
いつものYYで滑ってみたかったなー
スプレーとかもっと上がると思うんだよな。

贅沢な悩みだな。
これだけの状態を当てたにも拘らず、もう一本のメインボードで当てたいって言うんだから。

本当に素敵な写真などを残してくれたタケシ君には感謝!!

ありがとう!!

 


オープンバーンの後はツリーに沢、沢、沢!!


気持ち良すぎた深いオープンバーン(森林限界)のあとはツリーラン
間隔もケバくなくてメローに気持ちよく流して。

そこからは沢、沢、沢!!!

当て込んで当て込んで。
吹き溜まってるボトムなんかは腰くらいだったし。
ホントにニセコの住人に案内してもらってよかった!!

もう本当に感無量。

この最初の一本は本当に本当に最高だった。

 


その後もシークレットポイントや沢に休みなく連れて行ってもらった


もうほとんど休みなく次から次へとシークレットポイントへ。

その頃ピークを見上げると、もうギタギタ笑
あの時滑ってよかったーと心底思った笑

午後でも踏まれてない場所ばかりに連れてってもらって
滑って脱いで、歩いて登って、履いて滑っての繰り返し。

もう楽しすぎた!!

それに何がいいって北海道は天気よくても気温がマイナスだから雪がだれない!!
最後まで軽い雪で最高でしたよ。

そういえば裏山滑ってる途中、マッシュでトゥイークしたんですよ。
『しゃー、決まったー!!』と思ったら、ランディングすぐにノーズが刺さってクルクル前転を何回転かな笑

あれは悔しかった。。。

 


15時過ぎまで滑り倒して、温泉に鍋に宴じゃ


滑り終わって、タケシ君

『こんなガッツリ滑るとは思わなかったし、けど楽しくてこの時間になっちゃたな』

というように僕もこの時間だとは思わなかった笑

車に戻ってブーツをSORELに履き替えてウェアのままスーパーへ。
鍋の食材と宴の酒を買い込む。

家に戻って、道具下ろして、ブーツのインナー出したり、バイン外したり、もろもろしなきゃいけないことしたら温泉へGO!!
ぬるめのお湯が2人して好きなんで40度の露天は気持ちよくゆっくり入れましたわ。

その後は宴。

映像流しながらあーだーこーだとカナダの話や、僕のの話で盛り上がった。

夜中まで話は尽きずに結構な量飲んでましたね笑
やっぱり飲める人との時間は面白い。

タケシ君の生き方もかっこいいし、色々今後につながる話も聞けて楽しかった。

 


ニセコ最終日もついていた僕たち


帰る前日の夜、降らないんですよ、雪!!
もう2人して諦めまして、明日はゆっくりいくかと。

8時起きで9時にゲレンデ。

滑り出したら雪が軽い!!
放射冷却で冷え込んで雪がいい感じ。

昨晩話していたポイントいくつか行ったら、雪はいいわ、人はいないわで最高!!

こうなるとスイッチ入る笑

この日16:40倶知安駅の電車で空港に向かう予定だったから、14時まで滑ってパッキングにご飯にと予定してた。
9時から14時までこの日も休みなし笑

上手い人と滑るって本当に一番の勉強になる。
遊び方もそうだし、板のノリ方にしても本当に学ぶことばかり。
最初は出来なくても、何度も繰り返すうちにできるようになって今度はその上の次元で競えて、それを笑いながら本気でやれるってイイよな本当に。

 


ホント学び多きニセコだった


 


カッコいいなって生き方してる人ってカッコいいんだよな


今回アテンドしてくれたタケシ君はさ、スノーボードとサーフィンメインの生き方。
好きなモノだけ追ってる感じね。
ある意味先輩。

こんな好きなことを自分に素直に追い求められるってしたい人沢山いるでしょ。

けど、

それをやっちゃう人とやれない人がいるんだよね。

僕は、追い求められるって素敵でカッコいいことだと思う。

人が何と言おうが、自分の好きを貫く

そんな人生がライフスタイルが最高。

今回ニセコ行って、やりたいことが増えたし、アイディアももらった。
僕は遊びを本気でやれる人たちを増やしたいし、
バックアップしたい。

その先にはもっと大きな大義名分があって、僕の成し遂げたいことにつながる。
あなたが好きなことを本気で追える人生に変えたいって言うなら、
僕のメルマガ読んでみてね。

僕がこういうライフスタイルを送れるまでにしたことを
旅のここでは書けない話とともに期間限定配信中。

気になる記事読んでみてよ

せっかくなんで僕の記事とか他にも読んでみませんか?

●旅人・戸田慶一って誰よ?
Who am I?? -旅人、戸田慶一って知ってる?-

●僕を飛躍させた4.3万いいね、11万PV超のとんでもないバズ記事
【ついにアメリカ政府が認めた】癌は大麻で治せる!!

 


旅関連の記事

極貧バックパッカーの1ドル飯に嫌いなトマト克服まで

自分探しの旅に行くとか笑えるww時間と金の無駄ですよ

旅人が世界を見て考える「貧困」というもの

10歳から旅をする僕が教える旅費を抑えるトラベルハック10選

サイレントモンスターとは日本人のことだった

【保存版】海外ATMの使い方

10歳から旅をする僕が教える”冷え性の旅人はブーツを履くべき理由”

【旅人必見】プロブロガーに旅とブログに関してインタビュー

旅人の僕が旅で学んだ”SHIT”の使い方

極貧バックパッカーの1ドル飯に嫌いなトマト克服まで

 


スノーボード、横ノリ、サブカル関連記事

グラフィティが落書きって誰が言ったの?マジセンスないね!

【サブカル】旅人の僕が二眼レフカメラを勧める5つの理由

《話題》小学生が大麻を!?大麻取締法の不思議

【驚愕】ヒー○テック着てると死にますよ!!

世界で一番ファッションを愛すサプール(SAPEURS)になりたい

雪猿の宴は18時間!!滑って飲んで痴漢して

ネガティブをポジティブに変えるタトゥーや刺青(入れ墨)の在り方

チ○コで波乗りできるってまだ知らないの?

挨拶の仕方で感染確立が1/4に??

0円で電池交換できるはずなのに1万円かかった件

雪雲を追って、雪猿大移動スノートリップ ~その壱~

雪雲を追って、雪猿大移動スノートリップ ~その弐~

ゲレンデで好き放題やってるマナー知らずってダサすぎだろ

 


大人気のエロ記事

日本の世界に誇る産業は【エロ】だ

元探偵が語る、怖い現実とカーセックス

未来のオナニー”TENGA”(テンガ)の魅力

 


音楽系記事

【ぶっちゃけます】僕、自閉症でよかった。

GAGLEから感じる東京じゃなくてもいいじゃん

僕のオススメHIFANA(ハイファナ)の曲、5選!!

 

その他にも沢山僕の世界の記事があります

あなたのお気に入りの記事見つけたらイイネにシェアにツイートによろしく!!
旅人・戸田慶一の記事一覧

★戸田慶一の最近の旅事情、動向はブログやSNSでチェック

 

 

これからも旅人・戸田慶一を応援よろしくお願いしますね!!

じゃ、

See,ya!!

この記事を書いた人

戸田 慶一
戸田 慶一
社会実験派旅人/ブロガー/起業家
10歳からの旅人。かつて1年数か月にも及ぶ放浪をはじめて、世界各国にて数か月単位でのその土地に生きるスタイルで旅を続ける。初海外でBurningman(アメリカ・ネバダ、サバイバルアートフェス)に1週間参加したことを皮切りに、首長族をはじめとした先住民との生活や地下鉄構内やマンホールでの生活などを経験し、その経験から紡ぎ出される言葉には多くのファンがいる。
WEBメディアにて執筆記事が11万イイね超、数十万PVをたたき出し、多くの著名人にもシェアされ一気にその名を世の中に轟かせた。インターネットでの生放送事業にも参画し、認知が上がる。