The following two tabs change content below.
中村 光信
マウンテン&ウォーターマンでありグラフィックデザイナー。 オヤジと呼ばれる歳になっても今なお自然を舞台に実践し続けているエクストリームな遊びと、 デザイナーとしての腕一本だけを武器に、好きなことで稼いで自分らしく生きていく、自称「エクストリームオヤジ」として世の迷えるオヤジ達をそそのかすような発信とゴキゲンなライフスタイルを実現する可能性をExploring!

 

どうも、エクストリームオヤジの中村です。

2016年の年が明けましたが、今年の冬は暖冬のようですね。僕の住んでいる北陸地方は2016年の元旦からずっと、この辺りでは考えられないような暖かさが続いています。年明け3日、4日は特に暖かく、春の雰囲気が漂うような感じがしました。

この暖冬にはエルニーニョ現象が関係していると言われていますが、今回のエルニーニョは例年に類を見ない大規模なものになると予測されているようですね。

去年もエルニーニョ現象は起きていて、今年と2年続けてダブルエルニーニョという状態らしいです。

 

今シーズンから、スノーボードに復帰しようと思っていたのですが、県内のスキー場は全滅で、全くオープンの目処が立っていないようなので練習のしようがなくて困っています。毎回、遠征するというようなこともちょっと難しいですしね。

春先にはバックカントリーにも入れればと考えていたのですが、どうなることやらです。

clo08

 


自然や気候の変化に敏感な僕たち


僕たちのような自然をフィールドとして遊んでいるものは、こういった気候変動や様々な自然環境の変化がもろに影響してしまいます。自分がホームにしているようなエリアでは、年、月、週、日の単位で、毎日変化を見ていますから、ちょっとした変化でも敏感に感じ取ることが出来ます。

僕が普段、サーフィンやSUP、ウインドサーフィン等で通っている家のすぐ近くのビーチでは、去年は一年を通じて風が吹く日や波の良い日はとても少なかったです。

僕のように自営で仕事の合間に時間を作って、条件の良いときに合わすことが出来ないサラリーマンの方々は海に出る日数がかなり少なかったのではないでしょうか。

 

他にも変化したことはいくつかあります。

この辺りでは毎年秋になるとエチゼンクラゲが大挙して海岸線に押し寄せ、クラゲに刺されまくりの憂鬱な季節だったのですが、ここ3年ほどは、ピタッと来なくなりました。

クラゲに刺されると普通の人より悪化し易い僕にとっては、とてもありがたいことなんですが、これだけピタッと来なくなると何だか不気味な気さえします。元々は中国の沿岸で発生して流れてくるらしいので、何らかの気候変動で海流が変わってしまったのかもしれません。

海岸の地形変化のイメージ

 


人工物が大きな影響を与える可能性も


近隣にある港の堤防が延長されたことにより、海底の地形が変わり、波の立つ位置が変わったり綺麗なうねりが入りにくくなったということや、ビーチに隣接して大きな工場が誘致されてその建物のおかげで風の入り方が変わってしまったといったこともあります。

砂浜も極端に砂が付く場所と砂が無くなっていく場所がはっきりとしてきたり・・・

とにかく、ここ10年間で大分環境が変わってしまいました。

 

いずれにせよ、大きな気象変動も局地的な地形の変化も、元をただせば人間が行ってきた所業が大きく関わっているのは間違いの無いことだいう気はしますが、僕たちの自己表現の場を提供してくれていた自然が健全ではない状態に歪められていくのを、身をもって感じるのは、やはりやるせないものがありますね。

 


暖冬だからといって油断は禁物


ところで、今年の暖冬はこのまま穏やかに過ぎて行くかといえば、そうでもないようです。

エルニーニョ現象が起きている時は、赤道付近の海水温が上昇することで寒気が入りにくくなり、通常の冬型の気圧配置が崩れ、太平洋側に沿うように低気圧が発生するいわゆる「南岸低気圧」が頻発する恐れがあります。

毎年あまり雪の降らない太平洋側の地域に大雪をもたらす危険性がありますね。特に都心の大雪は、首都機能を麻痺させて日本の経済活動に大きな影響を与えることがあり得るので、注意が必要だと思います。

 

この冬は帰宅難民になることなどに備えて、エマージェンシーシートやカイロなど、簡単なサバイバルグッズを携行することをお勧めしますよ。

 

この記事を書いた人

中村 光信
中村 光信
マウンテン&ウォーターマンでありグラフィックデザイナー。
オヤジと呼ばれる歳になっても今なお自然を舞台に実践し続けているエクストリームな遊びと、 デザイナーとしての腕一本だけを武器に、好きなことで稼いで自分らしく生きていく、自称「エクストリームオヤジ」として世の迷えるオヤジ達をそそのかすような発信とゴキゲンなライフスタイルを実現する可能性をExploring!