The following two tabs change content below.
齋藤 啓介

齋藤 啓介

お人好し投資家。とにかく投資に首を突っ込み、試してみなければ気が済まない。人の言うことを素直に信じ、なけなしのお金を突っ込んでは溶かしてしまう。好きな投資は主に不動産。ギャンブル的素質を持ち、借金が好きで夢は100億借りること。不動産投資に有利なはずの会社員(サラリーマン)だが、卒業の機会を虎視眈々と狙っている。
お人好し投資家です。

元旦のyahooニュースにこんな記事があった。

男の挑戦くじく「嫁ブロック」とは 「妻の反対で内定辞退…」
「嫁ブロック」とは、

もともと、企業の採用担当者が使っていた業界用語。夫が起業や転職を考えた際、
妻の鶴の一声反対で採用が失敗に終わること。

まあ今は広く、経済的リスクや世間体、将来の不安などを理由に、
嫁が起業や転職を反対すること、で使うようになっている。
以下転職起業反対の理由を抜粋。
まず、転職に反対の理由はママ友との交際関係だ。
「大手企業勤務」という夫の肩書は一つのステータスになる。

「直接、友人たちに夫の勤務先を聞いたりはしないが、
会話の中で自然と伝わってくる。勤め先から生活水準が想像でき、
相手によって一緒に食べるランチの値段は変わる」

とか、

地方移住を伴う転職に難色を示すのは
2歳の子供のいる共働きの30代の女性。

「共働きだから今の生活を維持できている。
東京を離れるなんて考えられないので、
どうしても移住したいというなら、単身赴任してもらう」

とか、

長男(6)を連れて参加した主婦(40)=大田区=は
「どこに勤めているかで周りの人の見方は変わってくる。
夫が転職を言い出したら反対する」
と言い切る。

以上
この人たちは夫への愛ではなく、
自分の世間体のためだけやん。

君が不幸になることなどあってはならん。
まあ、反対意見だけピックアップするのは
どうかと思うが、世の奥様方全てが
そういう訳ではない。
本当に家族を大事に思うなら、
奥さんの言うことは聞かんでええかもしれん。

まず自分が幸せになることやな。

で、今の仕事がつらくて、
身も心も壊れそうやったら、

奥さんの反対を押し切ってでも、辞めたらいい。
夫や父親の犠牲のもとに成り立つ
家庭の平和て、なんやねん。

ということは、はよ成功せなあかんてことか・・・・・

俺だって、

不動産投資したくて、
不動産投資でセミリタイアしたくて、
不動産投資の勉強に1年、
購入して実践から2年、
家賃の入金が通帳に印字された事実を見せて、
応援してもらえるようになり、
他の投資や副業がやっと軌道に乗りかけて、
中途退職の賛成に転じること、3年かかりで得たんやで。

結構道のりかかるんや。

あなたは本気か?

転職や起業の成功は、
パートナである奥さんの理解を得ることやと思う。

本当に家族を大事に思うなら、奥さんの言うことは聞くな!

まず自分を幸せにしろ!
奥さんには隠すな!!!

迷ってる人は、
さっさと気持ちを奥さんに吐露してしまえ!!!

バトれ、バトろう、バトルの開始や!

転職や起業を考えてる人は、
普段奥さんとコミュニケーションしてる?

いきなり転職したいって打ち明けとんと違う?

奥さんだってなあ、
毎月入ってくるものが入ってこないことを想像するのは、
そらあ怖いでえ(笑)

しっかり転職、退職後の見通しを
何年かかってでも情熱的に説得しようや。
(奥さんへのプロポーズのときみたいに・・・)

成功するかどうか分からんというのが不安なんや。
そんなん払しょくできれば、
それ以上は反対されんよ。

家族一緒にいられる時間が圧倒的に増えれば夫もハッピー!

かつ家事と子育てを夫がやれば奥さんも万々歳やな!
(多分)

だから、俺も今年やめます。

ついでに、

不動産投資に興味のある人に言うと、

不動産投資やる人の奥さんが専業主婦やったら、

うまくいけば毎月奥さんに
MAX8万円のお給料が払えちゃうよ。

あなたのお給料に、

8万円もの手当は何かついていますか?

詳しくはまた今度。

不動産投資、是非やってね。

奥さん反対もしないでね(笑)

みんなで税金対策で法人化せんとあかんくらい稼ごう。
それまであんたのことを馬鹿にしてた人たちからも、
「凄い」と言ってくるから。

こちらも読んでみてくだされ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まだ奥さんに給料渡すの?お金を増やす覚悟なさすぎやろ

この記事を書いた人

齋藤 啓介
齋藤 啓介
お人好し投資家。とにかく投資に首を突っ込み、試してみなければ気が済まない。人の言うことを素直に信じ、なけなしのお金を突っ込んでは溶かしてしまう。好きな投資は主に不動産。ギャンブル的素質を持ち、借金が好きで夢は100億借りること。不動産投資に有利なはずの会社員(サラリーマン)だが、卒業の機会を虎視眈々と狙っている。