The following two tabs change content below.
かねやま たかこ

かねやま たかこ

“退屈”が何より苦手な自由人。 今よりもっと粋な生き方を提案する 「アーリーセカンドライフクリエイター」 同じ女性としての悩みに答えながら、 安心してその一歩を踏み出すお手伝いをしています。 一番始めやすいのが実は40代、今ですよ!

そー言えばシュミテクトを使わなくなって

1年以上になる。

 

久しぶりに戸棚に眠るシュミテクトを見て、

すっかり知覚過敏の悩みから

解放されてたことに気がついた。

 

30代に入ってから、

冷たい飲み物やアイスを食べると

急に沁みるようになって、

歯磨きする度に神経を刺激する痛みに耐え切れず

ついにシュミテクトに手を出した。

 

テレビCMで知覚過敏に効くって

しきりに言ってるし、

ものは試しに使ってみたら結構調子良くて、

歯磨きしてもあまり沁みなくなったから、

それからは安売りの度にまとめ買いするほど

手放せないものとなってしまった。

 

特にお世話になったのは、

シルバーの『やさしくホワイトニング』だったかな。

でもホワイトニングに関しては

あまり効果は感じなかったように思う。

 

2年くらいシュミテクトを愛用した甲斐あってか、

ずいぶんと落ち着いては来たけれど、

月に一度の生理の時には相変わらず沁みるし、

知覚過敏のケアには役立ったけど、

改善されたかと言えば正直“NO”だ。

 

知覚過敏の主な原因は歯の削りすぎで、

その多くは歯磨き粉に含まれる

多量の研磨剤によるものらしく、

シュミテクトは他の歯磨き粉に比べて

研磨剤の量が少ないというのが

効果を生んだカラクリなのかもしれない。

 

結局シュミテクトを使い続けない限り、

知覚過敏からは完全に解放されないことに

気がついてしまった私は、

元歯科衛生士の友人である

ユカリさんの元を訪ねた。

 

私:最近歯磨き粉について悩んでるんだけど、ユカリさんはどうしているの?

ユ:私はいつも“塩”か“重曹”を使ってる。

私:へぇ〜。塩は聞いたことあるけど、重曹は初めて聞いた!

ユ:重曹は洗浄力に優れているから、歯の汚れを落とすのはもちろん、ホワイトニングにも効果があるの。

私:でも、重曹ってお掃除に使うイメージがあるけど、口に入れても大丈夫?

ユ:だって料理のアク取りにも重曹は使われてるでしょ?

私:そっか!

ユ:一緒にココナッツオイルを混ぜても良いと思うんだよねー。

私:ココナッツオイルはオイルプリングとかでも使われるし、確かに良さそう!

 

ということで、“重曹×ココナッツオイル”で

早速歯磨き粉を作ってみた。

 

その時の様子がこちら↓

 

この時の衝撃は今でも覚えているけど、

重曹のしょっぱさとココナッツオイルの

クリーミーな感じがクセになり、

1年以上経つ今でも愛用している。

 

考えてみると、この歯磨き粉を使い始めたのを界に

一度も知覚過敏の症状が出ていない。

それどころか、親知らずの痛みや

虫歯の心配からもすっかり解放された。

 

ココナッツオイルは、

オイルプリングでも注目を集めたように、

口の中に含ませることによって

体内の毒素を排出するデトックス効果がある。

 

だから食用とは言え飲み込んじゃダメだけど、

その分美容効果にも繋がるし、

歯がツルツルになるから気持ちいい。

 

重曹も天然のものとは言え、

私は気になるので食用を使っている。

たいていのドラックストアで手に入るから、

ぜひ店員さんに聞いてみて欲しい。

 

口の中がアワアワにならないとスッキリしない

という人には向いてないかもしれないけど、

ケミカルな歯磨き粉に抵抗を感じてる人や

子供への影響が気になる人は

試してみるといいかも。

 

食べ物だけが口に入れるものじゃないんだって、

これをきっかけに気がついて良かった。

毎日ケミカルな薬を歯に擦り付けてると思うと、

やっぱり慎重に選びたいものだ。

 


“重曹×ココナッツオイル”のまとめ


 

【作り方・分量】

  • 重曹とココナッツオイルを1:1
  • 食用の重曹とヴァージンココナッツオイル
  • ココナッツオイルは20℃以下の固まった状態が好ましい
  • 重曹の代わりにクレイパウダー“カオリン”もオススメ
  • ミントパウダーやミントオイルを加えてもOK

 

【注意点】

重曹やカオリンは洗浄力がパワフルなので

磨くのは朝1回だけがベター。

あとは何もつけずに磨けばいい。

 

【期待できる効果】

  • 知覚過敏
  • 歯周病予防
  • 歯肉炎の改善
  • 口臭対策
  • ホワイトニング
  • 歯がツルツル

 

 

この記事を書いた人

かねやま たかこ
かねやま たかこ
“退屈”が何より苦手な自由人。 今よりもっと粋な生き方を提案する 「アーリーセカンドライフクリエイター」 同じ女性としての悩みに答えながら、 安心してその一歩を踏み出すお手伝いをしています。 一番始めやすいのが実は40代、今ですよ!