The following two tabs change content below.
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」 人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?

忘れていた。
嫁、子供を優先に考え、自分が『男前』になること

忘れていた。

 

 

昨日(12月27日)から39歳、30代最後の1年で 『男前』 になる

 

 

ビックイベントに挟まれた誕生日

盛大なクリスマスのイベントが終わり、一瞬でお正月ムードになるこの時期。
そんな時期に私の誕生日がある。

 

 

最近、クリスマスからお正月までの間に誕生日の人が多いことに気付く。
同じLIFEメンバーの”ゆずっきー”も25日が誕生日。

誕生日プレゼントとケーキは2個以上でお願いしまーす!』

と心の叫びを記事に書いていた!! (笑)

さて、ゆずっきーは(も?)今年は何個もらえたのかなぁ・・・。

 

 

確かに、クリスマスが誕生日だったらプレゼント&ケーキが一つなのはしょうがない。
私の場合、半額のクリスマスケーキだったり・・・。もういらないとよく言っていた。

 

 

今年の誕生日は、嫁の忘年会を我が家で実施。
同じ日に誕生日のかわいい女の子がいたので、その子と一緒に祝ってもらった。

(プレートが“ノリック”だったのでびっくりした)

201512270512

 

 

免許の更新がきっかけ

さて、誕生日のこの時期、久しぶりに免許の更新通知がきた。
証明写真を自分で撮ろうと頑張ったが、納得いかず、あきらめて自動証明写真機へ。

 

 

そのとき、出会ったこの『男前+(プラス)』。
思わす選択してしまったw!!

2015-12-26 17.05.16

 

 

 

2015-12-26 17.05.31

 

 

 

2015-12-26 17.05.43

そして思い出した!
『俺、最近、男を意識していなかったわ!!』

 

 

 

誤った男前とは

学生時代は、何よりも“モテたい”が勝っていた時期。
コンパに行きまくったり、今まで来たことがないおしゃれな服を買ったりしていた。
男としての当たり前の行為?

 

でも、当初は全くモテなかったなぁ・・・。

 

今考えると『男前』の定義を間違っていた。
外見重視で中身が空っぽw

 

そりゃ無理だな。
経験して初めて気づく、今となっては良いも思い出。

ただ、一方で、最近はその外見もほったらかし。
それをこの『男前+(プラス)』が気づかせてくれた。

 

 

 

30代最後の宣言

宣言します。
30代、最後の歳に 『男前』になる。
そして、私の男前は、内面重視、以下を鍛え上げる。
■自分の意見ははっきり言う。
■きれいな姿勢をする
■常に笑顔

 

 

 

■自分の意見ははっきり言う。
ちょうどこの世代。世間でいう中堅社員。いろんな人に挟まれたり、家庭を持ち、気づけば受けになっていて、自分の意見を言えない。
でも、言えないのは言い訳
自分の芯がないことに気付いた38歳。39歳は自分の芯を信じてしっかり自分の意見をいう。

 
■きれいな姿勢をする
どれだけ、自分の意見が言えるようになっても、お腹が出てたり、背中が曲がっていたら説得性に欠ける。もう一度、学生時代の筋力を取り戻せるようにしっかり鍛え、厚い胸板、割れた腹筋を作るぞ!!

早速一昨日から朝のランニング開始!!

 

 

■常に笑顔
これまで続けている感謝の気持ちをより強く持ち、自然体の笑顔を作る。
怖い顔で、話していたら、相手の笑顔もなし。
せっかく話すならお互いの壁は取って深く話したい。

 

 

 

以上の内面重視の男前になり、30代最後を楽しみます。

みなさん、良い年を!

 

 

 

2015-12-27 10.19.08

 

家族との時間を作るのに集中したら世界が変わったファミリータイムマネージャーのノリックでした。

この記事を書いた人

加藤 のりふみ
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」
人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?