The following two tabs change content below.
石橋 秀明
葬祭アドバイザー、葬祭ディレクター1級、株式会社ベルフォーエバー代表取締役 全国160件以上の葬祭会館を展開する、大手冠婚葬祭グループの葬祭業を通じて山口県東部のセレモニーを一手にプロデュースし、家族を失くした遺族に寄り添い、大切な人の最期を真心で飾る葬祭アドバイザー兼ディレクター。過去5000件以上の葬儀に携わり、豊富な経験を活かし家族葬から社葬までトータルにプロデュースし、大切な人の最期に故人への感謝と真心の涙を届けつづけている。

人との繋がりを増やすなら青年会議所に入るといいよ!


こんばんは。
いしばしです。

僕は冠婚葬祭の代理店を経営しているんだけど
事業をやっていると、いろいろな人との繋がりって
すごく大切です。

特に田舎で事業をやっていると
地域のコミニュティって重要です。

地域の経営者のコミニュティっていろいろあります。
青年会議所
商工会議所青年部
倫理法人会
中小企業家同友会
ロータリークラブ
ライオンズクラブ、、、etc

ちょっと書いただけでも、
これだけのコミニュティが存在します。

多くの中小企業経営者や
その会社の後継ぎ候補のご子息なんかは
大抵、地元のこういったコミニュティに入っています。

そして、僕自身も
青年会議書と商工会議所青年部に加入しています。
こういった会は
「どうせ、社長の息子の遊びだよ。」
とか
「どうせ、飲み会ばっかりの会だよ。」
とか
否定的な話も聞きますが本当にそうでしょうか?


青年会議所って何するところ?


37

青年会議所は何してんでしょう?
みなさんがお務めの会社の社長さんや
二代目の息子さんが青年会議所に入っていませんか?
青年会議所って別の呼び方でJCって言います。
JCなら聞いたことある!!って方以外と多くないですか?

「そうそう、うちの会社のドラ息子が仕事ほったらかして
しょっちゅう、JC、JCって呑みに行ってるよ。」
なんて思いましたか?

では実際は青年会議所(JC)って飲み会ばっかりでしょうか?
僕が実際に入会してるんで、よくわかります。

確かに、飲み会も多いですが最近では飲まない人も増えています。
では、みんなでご飯食べているだけかといったら、
そんなことはありません。

JCの3心情というものがあります。
「奉仕」「修練」「友情」です。

「奉仕」とは社会への奉仕です。
たとえば、お腹をすかしている子供が目の前に現れます。
その子の近くに池があります。
一人の大人は、この池で魚を釣って子供に食べさせてやりました。
もう一人の大人は、この子供に魚の釣り方を教えてやって
子供は釣った魚を食べました。
JCでは後者の奉仕を指します。物事の根本的な解決を求めます。

「修練」とは自分の成長です。
青年会議所は会社とは違って、失敗が許されます。
「奉仕」の為の社会活動に様々な事業を行います。
会社の事業では失敗は許されませんが、
JCの事業では失敗することもあります。
しかし、失敗は成功の果実。
失敗することで多くの事を学び成長出来ます。
かといって適当にやっているのではありません。
会員は仕事が終わってから、
時には夜中の2時3時まで議論をしあって
企画した事業を検討します。

「友情」とは会員相互の繋がりです。
JCソングという歌がありますが
その歌詞の一文にこんなフレーズがあります。
「JCの仲間は、みな信じ合う」
永いJCライフの中では意見がぶつかる事もあります。
辛い事、泣きたい事、諦めたい事、様々な事がありますが
そんな苦楽を共に共有するからこそ強い一生涯の絆が生まれます。

現代の日本にも、
こんなに熱く生きてる人たちがいるのです。
「同じ釜の飯を食う」という昔の丁稚奉公さんの言葉がありますが
まさにこれです。


青年会議所の目的って何?


Screen-shot-2012-11-24-at-10.00.11-AM

青年会議所は世界各地にある団体です。
JCの事をJCIとも言います。
これは「Junior Chamber International」の略です。
そして青年会議所出身者の有名人って多いんですよ。
麻生元首相とか小泉純一郎とか
海外だとジョンFケネディもOBです。

青年会議所には卒業があります。
青年って頭につくくらいなので、
いつまでもいるという訳にはいきません。

40歳が定年です。
40歳の誕生日を迎えた歳に卒業しなくてはなりません。

多くのJCマンがこの日を迎える事を寂しく感じています。
こちらの動画をご覧ください。その熱気が伝わってきますよ。

青年会議所は「人生最後の学び舎」とも言われています。
戦後70年経った今ですが
当時、日本の復興を願った若者が東京青年会議所を作ったのが
日本の青年会議所運動の始まりです。

バブル期やいろいろな時代を経て現在の青年会議所があります。

70年の永きに渡り脈々と受け継がれてきた想いや伝統があります。
そんな中、青年会議所の目的は変わっていません。
しかも世界共通です。このような団体は青年会議所以外には存在しません。

その目的は
「明るい豊かな社会の実現」です。

抽象的で分かりにくいかもしれませんが、
JCメンバーは共通のこの目的に向かって頑張っています。


青年会議所に入会するといろいろなスキルが身につきます。


青年会議所の活動は多岐に渡ります。
研修、子供育成、まちづくり、
このような事業を通して「明るい豊かな社会の実現」を目指しています。

その中で多くの学びや多くの仲間に出会える場でもあります。
ちょっと、今年僕たちが青年会議所活動で行ってきた事を
動画にまとめたのでご紹介しますね。

ちなみにこの動画は僕が作成しました(笑)

この記事を読まれた方。
こんな青年会議所に興味ありませんか?

興味ある方は僕まで連絡くださいね。
来年は会員拡大委員長なもので(笑)


記事一覧


葬儀に関する記事はこちら

集客に関する記事はこちら

日常に関する記事はこちら

 


コメントはこちらから↓↓↓


[contact-form-7 404 "Not Found"]

この記事を書いた人

石橋 秀明
石橋 秀明
葬祭アドバイザー、葬祭ディレクター1級、株式会社ベルフォーエバー代表取締役
全国160件以上の葬祭会館を展開する、大手冠婚葬祭グループの葬祭業を通じて山口県東部のセレモニーを一手にプロデュースし、家族を失くした遺族に寄り添い、大切な人の最期を真心で飾る葬祭アドバイザー兼ディレクター。過去5000件以上の葬儀に携わり、豊富な経験を活かし家族葬から社葬までトータルにプロデュースし、大切な人の最期に故人への感謝と真心の涙を届けつづけている。