The following two tabs change content below.
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」 人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?

お父さん大好き!!行ってらっしゃい!!
チュ~!!

毎朝、嫁、娘達が見送ってくれます。

 

 

嫁は家の前まででて手を振ってくれます。
子供たちは、走って、大通りまで送ってくれます。

45107e74d6aa75eea2aedf0561e1485f_s

素晴らしい朝のスタートです。
こんな生活が来るとは思わなかった。

 

 

昔は、そんなこと言ってくれませんでした。
目の中に入れても痛くない娘達。

 

 

 

でも、
嫁と一緒にいる時も、いつも「お母さん、お母さん
目の前の私を通りすぎて「お母さん、お母さん
嫁が別の部屋に行ったら、泣き出すか、お母さんを探しにいずこへ・・・。
機嫌がいい時は、私も相手してくれるが、機嫌が悪くなった瞬間、「お母さん、お母さん

 

 

子供は正直…

 

 

 

私の存在意義って、どこにあるのだろうか・・・
と感じてしまう時期があった。
あれだけ毎日仕事頑張って、身を削って、得たものは家族崩壊?

 

 

 

まだ間に合った

遅くなかった、気づいて良かった。
子供たちが私によってきてくれた。
今では、私がいるとお母さんよりお父さん。

 

お風呂はいる時も、
寝る時も、
遊ぶ時も、

私がいればつねに「お父さん、お父さん

 

いない時はお手紙

2015-09-30 23.51.06

 

子育てって、こんなに大変だなんて感じてしまった。

”仕事がしんどいし、大変!”と言っているあなた。
一度、2,3日で良いから子育てしてみてください。

嫁を見直します。尊敬しなおします。

というか頭上がらなくなると思うわw

 

ほんま子育て大変。
私なんて、仕事のほうが楽だわと最初思ってしまった。

 

 

何のために競争する?

このように生活のリズムが完全に変わったのは、

 

『人との競争をやめたこと。』

 

がきっかけ。

俺、誰と競争しているのだ?
なぜ、あいつに勝たないといけないの?
勝ってどうする?
勝てば勝つほど、家族は崩壊してないか?
どんどんしんどくなっていないか?

 

 

 

いろんな笑顔が見えてきた

そして、人との競争をやめた。
そしたらびっくり、何のために働くべきかが見えた。

 

 

『家族の笑顔が見えた』
『私も笑顔が増えた』
『家族ぐるみの友達が増えた』
『笑ったら、もっと友達が増えた』

 

 

トップが当たり前の人生

これまでの人生。
レベルは高くないが、自分の環境の中では、ほぼ1番を確保してきた。

 

地元の公立高校だが、
・勉強も学年でトップ
・スポーツもトップ
その結果、大学は高校3年の夏に、面談だけで合格。

 

 

大学は上位1割以内
おかげで就職も大学推薦で気づけば入社していた。

 

 

社会人になり、周りのレベルに圧倒された。
これまでの環境ではトップクラス。
社会人になり自分のレベルの低さに通関。

 

 

トップクラスにいたいという考えだけ残り、がむしゃらに働く。
同期の中では常に上にいたいと思い、ガムチャラにがむしゃらに働く。
同期を常に意識し、一人で勝手に競争してた。
競争し、トップになるのが自分の中でのプライド。

 

 

弱い自分を見せたくなかっただけ

でも、それって単に自分の弱さを隠していただけ。
トップから落ちるのが怖かっただけ。ビビっていただけ。

 

がむしゃらに働きすぎて、見えなくなっていた。

 

 

というより家族崩壊寸前までいっていた。

 

 

『人との競争をやめた』

 

家族と向き合った。
今まで近づいてこなかった子供たちと向き合った。
嫁と向き合った。

 

 

競争し、トップをキープする必要性は全くないことに気付いた。
あとは簡単。
笑顔いっぱいで過ごした。

 

そうすると
『家族の笑顔が見えた』
『私も笑顔が増えた』
『家族ぐるみの友達が増えた』
『笑ったら、もっと友達が増えた』

 

まだまだ、笑顔が増える予感。

 

 

あなたは、誰のために、その競争しているのですか?
意味のある競争ですか?
私が間に合ったのだから、あなたも間に合うはず。
一回の人生、しっかり見直してください。

 

2015-03-06 20.58.56

家族との時間を作るのに集中したら世界が変わったファミリータイムマネージャーのノリックでした。

この記事を書いた人

加藤 のりふみ
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」
人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?