The following two tabs change content below.
戸田 慶一
社会実験派旅人/ブロガー/起業家 10歳からの旅人。かつて1年数か月にも及ぶ放浪をはじめて、世界各国にて数か月単位でのその土地に生きるスタイルで旅を続ける。初海外でBurningman(アメリカ・ネバダ、サバイバルアートフェス)に1週間参加したことを皮切りに、首長族をはじめとした先住民との生活や地下鉄構内やマンホールでの生活などを経験し、その経験から紡ぎ出される言葉には多くのファンがいる。 WEBメディアにて執筆記事が11万イイね超、数十万PVをたたき出し、多くの著名人にもシェアされ一気にその名を世の中に轟かせた。インターネットでの生放送事業にも参画し、認知が上がる。

ども、

10歳から旅してます旅人の戸田慶一です。

今週はクリスマスがあるってことで

洋楽のクリスマスソング特集を。

あなたも聞いたことあるあの曲たち。

あなたはどの曲が好きですか??

僕は。。。

えっと。。。

とりあえず紹介します笑



勝手に10選します笑


数多く存在するクリスマスソングの中から

これ聞くとこの季節だわーって感じるやつ選びました!!

あなたの意見も聞かせてくださいね!!

  1. ラストクリスマス(Wham!)
  2. 恋人たちのクリスマス(Mariah Carey)
  3. Happy Christmas(War Is Over)(John Lennon)
  4. Let It Snow (Boys Ⅱ Men)
  5. This Christmas (Chris Brown)
  6. It’s not Christmas without you (Victorious)
  7. Wonderful ChristmasTime (Paul McCartney)
  8. Carol of The Bells (Celtic Woman)
  9. Chirstmas Lights (Cold Play)
  10. White Chrsitmas (Bing Crosby)

こんな感じですかね。

トップ3は多くの方が聞き覚えあるはず!!

あなたはどの曲が好きですか??

教えてくださいね。



どの曲?わからない人もいるでしょうから動画でどうぞ




ラストクリスマス(Wham!)


クリスマスと言えばこれでしょ!!

どう?

違います??

この曲は1984年発表で

実は失恋歌ってるんですよ。

【去年のクリスマス】のことを歌ってて、ルンルン気分な感じではないのです笑



恋人たちのクリスマス(Mariah Carey)


ドラマの【29歳のクリスマス】の主題歌として

独身女性を中心にヒットした歌姫マライアのこれ!!

発表から時は経つけど

この時期はチャートに入ってくる人気曲。



Happy Christmas(War Is Over)(John Lennon)


発表当時

ベトナム戦争真っただ中。

この曲には反戦のメッセージも色濃い。

今ではこんなに人気の曲ですが

1971年当時アメリカでは売れませんでした。

翌年イギリスでチャート4位を獲得して一気に人気になりました!!



Let It Snow (Boys Ⅱ Men)


ファンからの支持が高いこの曲。

今回の動画は綾戸千恵さんのピアノとで

大人な夜を演出しますね。

彼らのクリスマスソングはこれですね。



This Christmas (Chris Brown)


2007年発表の曲で

彼自身が出演した【THIS CHRISTMAS】の主題歌として発表されました。

男性から意中の女性への甘ーい感じのラブソングですね。



It’s not Christmas without you (Victorious)


アメリカの青春ドラマ【ビクトリアス】から生まれたクリスマス曲。

このドラマは主にティーンからの支持がすごかったので

そこから火が付きました。



Wonderful ChristmasTime (Paul McCartney)


彼のクリスマスと言えばこれでしょ!!

同グループのジョンレノンの曲に比べて

こちらは終始鈴の音が気持ちいいクリスマスソング。



Carol of The Bells (Celtic Woman)


ウクライナの民謡である【ウクライナの鐘のキャロル】を

アイルランド出身のケルティックウーマンがカバーしたこの曲。

バイオリンと声に美しいハーモニーが織りなす雰囲気は

クリスマスの夜にばっちりですね。



Chirstmas Lights (Cold Play)


2000年以降最も成功したロックバンドとして君臨するCOLDPLAY。

この曲は恋人が自分のもとを去り、

クリスマスに街に溢れかえる光が彼女を自分の元へ返してくれると信じているという中身。

実はちょっと悲しい曲なんです。



White Chrsitmas (Bing Crosby)


世界で最も売れたシングルですね。

もう長く愛され多くが知ってるこの曲。

やっぱり落ち着きますね。

これからも毎年流れるでしょうね。



ちょっと番外編


【監獄ラッパー】著者である北海道出身のラッパー“BIG JOE”

彼のフローもライミングも好き。

番外編なんですが、

ジョンレノンの曲に絡めて紹介です。

オーストラリアの刑務所からも曲を発表し続けた彼には

いいエネルギーしかもらえない。

これからもどんどん売れてほしいです。



クリスマスくらい時間作ろうよ


クリスマスはあなたの大切な人とゆっくり過ごしてくださいね。

それができないような仕事なら考えた方がよくないですか?

生きるための仕事じゃないでしょ。

大切な人と十分な時間が取れない人生なんて

偽物の人生だ。

言い訳ばかりしてカッコ悪い。

今ドキッとした人は僕のメルマガ読んでみてください。

そこに自由に生きる方法まで書いてますので。

素直に取り組んでくれたら

来年のクリスマスは

大切な人とゆっくりできるはずですよ。

人生なんて待ってても変わらないですからね。

自分が変わらなければ変わらない。

この記事を書いた人

戸田 慶一
戸田 慶一
社会実験派旅人/ブロガー/起業家
10歳からの旅人。かつて1年数か月にも及ぶ放浪をはじめて、世界各国にて数か月単位でのその土地に生きるスタイルで旅を続ける。初海外でBurningman(アメリカ・ネバダ、サバイバルアートフェス)に1週間参加したことを皮切りに、首長族をはじめとした先住民との生活や地下鉄構内やマンホールでの生活などを経験し、その経験から紡ぎ出される言葉には多くのファンがいる。
WEBメディアにて執筆記事が11万イイね超、数十万PVをたたき出し、多くの著名人にもシェアされ一気にその名を世の中に轟かせた。インターネットでの生放送事業にも参画し、認知が上がる。