The following two tabs change content below.
中村 光信
マウンテン&ウォーターマンでありグラフィックデザイナー。 オヤジと呼ばれる歳になっても今なお自然を舞台に実践し続けているエクストリームな遊びと、 デザイナーとしての腕一本だけを武器に、好きなことで稼いで自分らしく生きていく、自称「エクストリームオヤジ」として世の迷えるオヤジ達をそそのかすような発信とゴキゲンなライフスタイルを実現する可能性をExploring!

こんにちは、エクストリームオヤジの中村です。

 

人は古来より、行ったことがないのに行った気にさせたり、
やったことがないのにやった気にさせたりする技術に
とても情熱をかけて取り組んできたように思います。

 

口伝えや身振り手振りから始まり書物が書かれ、
近代になるとラジオやテレビが登場、
現代においてはコンピューター技術が発達して
インターネットなどの情報技術が普及し、
世界中の情報が1つの場所に居ながらにして
得ることが出来るようになりました。

 

映画なんかもそうですよね。

 

3D作品が普通に出回って、最近では席が動いたり、
匂いや風なんかも感じるような技術も
出てきたようです。

 

これらはようするにバーチャルリアリティ
ということになると思うのですが、
僕もテレビ時代に生まれ、
コンピュータを仕事や生活に普通に使い、
ネットや映像の新技術にワクワクしながら
日々を過ごしている訳です。

 

近い将来僕たちは、わざわざ外へ出かけなくても、
専門的な技術を身につけなくとも、
お茶の間に座ったままで、全てを経験した気に
なることが出来るようになるのだと思います。

 

脳科学的にも、脳がリアルを感じさえすれば、
実際に経験していなくても
実体験として感じるということが
証明されているようですし、
世界一周旅行したくともお金がなくて出来ない人や、
体が不自由で外に出れない人など、
色々な事情を抱えてる人たちには
素晴らしい体験をもたらすかもしれません。

 

それはそれで良いことだと思います。

 


◎バーチャル体験の情報量は少な過ぎ


 

しかしながら、地球を遊び場にさせてもらって、
エクストリームスポーツを実践している
「僕」という観点から考えると、
そんな世界にはとても違和感を感じざるを得ません。

 

クライミングは岩に登ってなんぼ、
サーフィンは波に乗ってなんぼです。

 

たとえ、さも自分が登っているような映像を見ても、
完璧に作られたサーフィンをするゲームをしたとしても、
本当にその場にいるのとは圧倒的に情報量が違います。

 

そして、バーチャル体験に圧倒的に欠けている
情報こそが「地球や世の中の秘密」とも言える
何かを体験・経験することの一番重要な
部分であるということなのです。

 

「地球や世の中の秘密」というのは、
僕が勝手に名付けて使っている言葉なんですが、
僕が人生を賭けてやりたいと思っている一番のことが、
「地球や世の中の秘密」を知るということです。

 

秘密といっても、
オカルトや陰謀論などの話ではありません。

 

「地球や世の中の秘密」はどこにでもあります。

 

でも、普段の生活ではなかなか
見ることが出来ません。

 

なかなか見ることが
出来ないからこそ「秘密」なんです。

 

でも僕はその秘密の一端を、
地球を遊び場にさせてもらうことで
垣間みることが出来ています。

 

あなたは、自分の手足で
十数メートルの垂直の岩壁を登って
そこからの風景を眺めたことがありますか?

 

高さ150メートルの凍った滝が目の前で
爆音をたてて崩壊していくのを見たことがありますか?

 

浜側からでなく沖側から眺めた波に
虹がかかるのを見たことがありますか?

 

これらは、僕たちが生活している日常から
ちょっと離れた場所で見ることができる
「地球や世の中の秘密」です。

地球や世の中の秘密イメージ

行った者でないと見れない風景を見たい

 


◎ヤッてなんぼのエクストリームな世界


 

どれも、本当に美しくかつ壮絶な風景ですが、
誰でも見れる訳ではありません。

 

そこへ到達するための行動力と
技術を持った限られた人々だけが
見ることを許されます。

 

僕は地球上のあらゆる場所に存在する
そういった「地球や世の中の秘密」、
中でも自然に関した事柄をできるだけ多く
見て回るのが人生の夢なんです。

 

ところで僕は仕事柄コンピュータというものと
四六時中付き合っていますし、
相性も良いほうだと思ってます。

 

でも、ゲームというものには
ぜんぜん興味がありません。

 

どんな複雑でリアルなゲームであっても
3分で飽きる自信がありますね。

 

ゲームなんてリアルに比べたらクソです。

 

前にも述べたように、情報量の圧倒的な
少なさに白けてしまうのだと思います。

 

世の中があんなにゲームに熱中している
意味が全く分かりません。

 

あんなものにお金をかけて
勇者だの冒険だの言ってるくらいだったら、
登山靴やサーフボードを買って
近所の山や海に飛び込んだほうが、
痺れるような本当の冒険の旅に
いざなってくれるような気がするんですけど・・・

===================================

生活に流され埋没しそうになりながらも、
「こんなはずじゃない!」と心密かに思っているオヤジたち!

エクストリームでゴキゲンな生き方を教えようかと思うんだけど、どう?

今すぐ登録(無料)→ https://canyon-ex.jp/fx18530/nakamura

この記事を書いた人

中村 光信
中村 光信
マウンテン&ウォーターマンでありグラフィックデザイナー。
オヤジと呼ばれる歳になっても今なお自然を舞台に実践し続けているエクストリームな遊びと、 デザイナーとしての腕一本だけを武器に、好きなことで稼いで自分らしく生きていく、自称「エクストリームオヤジ」として世の迷えるオヤジ達をそそのかすような発信とゴキゲンなライフスタイルを実現する可能性をExploring!