The following two tabs change content below.
かねやま たかこ

かねやま たかこ

“退屈”が何より苦手な自由人。 今よりもっと粋な生き方を提案する 「アーリーセカンドライフクリエイター」 同じ女性としての悩みに答えながら、 安心してその一歩を踏み出すお手伝いをしています。 一番始めやすいのが実は40代、今ですよ!

 

3年前からヨガを教えている。

ヴィンヤサをベースに、

アヌサラのスピリットを少し加えた

完全オリジナルなヨガだ。

 

呼吸に合わせて流れるようにポーズを取りながら、

アラインメントを意識して

限界を一つ一つ乗り越えて行く過程が

たまらなく好き。

 

自信が無くなった時、

必ずと言って良い程それを取り戻してくれるし、

コントロール出来なくなった感情を

シンプルにしてくれる。

 

難しいポーズなんか取らなくったっていい。

鼻から大きく息を吸って、

優しく、そして長く吐くことに集中してみる。

呼吸だけでも立派なヨガだ。

 

精神を落ち着かせるだけでなく、

下降気味の感情を上向きに変え、

チャレンジ精神さえも芽生えさせてくれるから、

やればやるほど元気になるのは

言うまでもない。

 

心と身体のバランスが整い、

余計なものを全部手放せたら

本当に必要なものだけがそこに残る。

 

マットの上でありながら、

そこには人生そのものが現れる。

 

たとえささやかであろうとも、

何かしらの成長を感じさせてくれるヨガは、

私にとって無くてはならない存在となってしまった。

 


孤独と対峙してみる


 

一人孤独に潰されそうな時は、

ひたすら自分と対峙する時間を設ける。

そこには私がいて、一人ではない。

 

やることが無いなんて絶対に嘘だ。

私達に与えられたミッションは無数にあって、

何をチョイスするかを試されている。

 

その先にどうなりたいかが大事なことで、

それまでの過程は全てが正解で、

無駄なんて一つもない。

そう思う。

 

生徒さんには一つ一つのポーズを

大事にしてもらう。

そして、なぜその動きをするのかを

意識してもらう。

 

各々が感じ取るものは違うけれど、

それぞれに大切なものを

感じ取ってくれているようだ。

 

気が付けば出来なかったポーズが出来るようになり、

そこで一つステージが上がる。

 

そうやって喜びを重ねながら

次のステージに進んで行き、

ようやく色んなバリエーションを

楽しめるようになっていく。

 


ステージが上がると選択肢が増えるということ


 

実は目的を果たすには

色んな道のりがあって、

何を選ぼうと本当は自由なのに、

答えは一つだと思い込んでいるのかもしれない。

 

でも目線を少し上げてみると、

他にも道があったということに気付く。

「なーんだ」って、

少し前まで必死にもがいてた自分が、

ちょっと健気に感じたりして。

 

こうやって自分への愛を

いつも噛み締めながら生きて行くことが、

どれだけ大事なのかが段々分かって来た。

 

自分への愛が乏しければ、

自信なんて持てやしないし、

どんなに選択肢が豊富にあろうとも、

決断することは難しい。

 

人生は決断の連続だと誰かは言う。

その通りだと思う。

“今”はその結果でしかないはずだ。

 

だとしたら、

これから私達はどんな決断をし、

どんな結果を望むのだろう。

 

そこには無数の選択肢があって、

何を選んでも自由だということを知っているから、

その先が楽しみで仕方がない。

 

孤独と向き合った時に、

ヨガが私に教えてくれたこと。

この記事を書いた人

かねやま たかこ
かねやま たかこ
“退屈”が何より苦手な自由人。 今よりもっと粋な生き方を提案する 「アーリーセカンドライフクリエイター」 同じ女性としての悩みに答えながら、 安心してその一歩を踏み出すお手伝いをしています。 一番始めやすいのが実は40代、今ですよ!