The following two tabs change content below.

高橋 統仁

高橋 統仁(タカハシ トウジン)と申します。 46歳、妻と4歳、3歳の娘の4人家族。 44歳の時に腎不全になり、2015年8月にすい臓がんにより、 余命半年と事位されました。 家族の為、”生きる為の戦いと死んで何を残すか?” 二つの相反する胸の内を綴りました。

高橋統仁です。

2015年もいよいよ師走に入り、あと1ヶ月をきりましたね。

思い臆せば、余命宣告を受けたのは8月17日ですから、

お盆も終わり、残暑が厳しい頃でした。

生きる為に闘い、死んで残すものを考え、

きちんと実行出来て来たのかは分かりません。

実際には生きる闘いは2ヶ月も遅れ、

その間も癌は容赦なく私の体を蝕みました。

正直に告白すれば、死を覚悟しているのに、

怖くなる日もありました。

一日中、難しい顔をして、

周りに気を使わせてしまったりもしました。

辛い顔は見せないと決めていたのに、子供に

「パパ、死んじゃうの?」なんて言わせてしまった事も

反省しなければなりません。

思うように治療を始められず、イライラしていた時期もありました。

その時は、少し怒りっぽくなっていたかもしれません。

どんなに覚悟を決めても、平常心でいるのが出来ない自分は

やっぱち”半人前以下”なんでしょうね。

普通の人は、生から死を選択した場合、生へ戻る選択も出来ます。

しぁし、今の私は、生から死そか選択できないのが、

たまに私をイラつかせるのかもしれません。

もっと突っ込んで言うと、生へ戻れる選択が出来る方たち。

死はいつでも選べます。生へ戻れるなら戻ってください。

そして、生へ戻れば、その後は無数に道があるのです。

そして、当たり前ですが、死から生へは戻れません。

私のように、無理やり死へ引きずり込まれない限りは

無数にある道を息て選択し、歩んでほしいです。

道は決して1本ではないのですから・・・。

羨ましい限りです。

とは言っても、生きる闘いは諦めていないので、

引きずり込まれるにしても、抵抗はしまくります。

今の所は時々来る貧血症状ろ、右のお腹のしこりが

症状と言えば症状ですが、癌になったのが初めてなので

これがどの位ヤバイ事なのかは不明ですが、

最大限の努力は惜しみません。

そして、もし、私が死んだときに妻が

「もっと」、違う治療していたら助かったかも。」

と思って一生そのおもいを背負わないよう。

「やれることはやってあげた。」

と思ってくれるような死に方を目指します。

これが”生きる闘い”の裏の目標です。

できれば応援してください。

そして、死んで残すもの。

これが中々に難しい。別に歴史に名を遺す。

とか大げさなことは考えていないのですが、

家族に何を残すのか?なにをの恋して欲しいのか?

考える毎日が続いています。

家族に手紙は書きました。

私が思っているのは、私が死んだ後の生活です。

私がいなくても、生活費が入ってくるシステムを構築する。

これが私の第一目標。

私には時間が無いのは、自分でも理解していますが、

多少、遠回りしても達成した目標です。

その為に、日夜頑張っているつもりなのですが、

どうもゴールが見えてこない。

それどころか、疑問すら感じている。

「このまま、今の作業をしていてもいいのだろうか?」

と思ってしまう。

疑問が入るから、雑念が入り、うまく回って行かない。

どうも悪循環が続いています。

今の作業で家族に毎月の生活費が入ってくると

確信できるものがないからなのでしょう。

なんとなく、不安ばかりの毎日です。

しかし、今はそれを続けるしか方法が見つからないから

全力で行動していますが、死んで残すものの構築が

今年生き延びたら、来年の最大の目標ですね。

なんだか、来年の目標を立てるにはまだ早いかもしれませんが、

時間の無い私だから、少しのフライングはよしとしましょう。

鬼が笑うなら、笑わせておけばいいです。

あっちに行ったら、勝負してやります。

さて、今年もあと1ヶ月ですが、まだまだ元気なので、

これからも、生と死について、私自身の実体験をもとに

真剣に幹あって行きます。

生と死、家族、自分の事、園芸の話。

その他にもどんどん書いていきますので、

よろしければ応援お願いします。

このブログも将来、パパはこんな人だった。

と子供たちに見せられるように、魂込めてかいていきます。

この記事を書いた人

高橋 統仁
高橋 統仁(タカハシ トウジン)と申します。 46歳、妻と4歳、3歳の娘の4人家族。 44歳の時に腎不全になり、2015年8月にすい臓がんにより、 余命半年と事位されました。 家族の為、”生きる為の戦いと死んで何を残すか?” 二つの相反する胸の内を綴りました。