The following two tabs change content below.
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」 人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?

家の近くの新幹線の道。
見慣れているはず新幹線。

2015-11-23 15.36.26
でも、近づいてくる音が聞こえると絶対見てしまう!!

大人も子供も関係ない。

 

 

何故だろうか・・・

 

 

やっぱ夢を運んでいるからだろう!
夢を運ぶ新幹線!!こんなに速くどこまで行くのか・・・。

 

 

 

そんな夢を運ぶ乗り物が・・・。

中に入ると、現実はスーツ姿の人でびっしり。
笑顔がない。
外の景色を見ようともせず、パソコンとにらめっこ。
レポートを作ったり、メールをチェックしたり・・・。会社と一緒

c5bbc77eae50882c31beaa4487b18577_m

 

もっと、新幹線を楽しめばいいのに・・・。

 

 

 

夜もサラリーマンでびっしり。
疲れきって、お酒飲んで寝るだけ・・・

そんな姿、子供に見せるの?
夢ぶち壊しやで。

 

 

 

子供の頃の夢

・車掌さんになりたい!
・新幹線に乗りたい!
・速くてかっこいい新幹線作りたい!
はどこ行ったサラリーマン!!

 

 

仕事だからしょうが無い!?
会社の金だからええやん!?

 

 

まじていっているか?
子供の前にそんなこと言えるか?

 

 

その考えが子供の夢をぶち壊している。
大人も子どもと一緒に夢を追いかけて何がおかしい。

 

そのために新幹線は走っている。夢を載せて走っている。

 

思い切って自分のお金で新幹線のチケットを買ってみよう。
家族の分も買ってみよう。それが夢を取り戻す第一歩!!

eb206d5fb2ae1557dc1aa40ebb19e880_m

子供の夢を見て、自分の夢を思い出そう。
家族で新たな一歩を踏み出してみればいいやん。

 

 

 

新幹線展望台テラス

久しぶりに行ってみた。

2015-11-23 15.35.03

この看板を見て、ワクワクしない人はいないはず。
少なくても男なら・・・。

 

 

予想通り、男の子がお父さんと大興奮中!!
右から、左から、新幹線がドンドンくる。
こんなに新幹線って走っているのか!と思うくらいビュンビュン来る。
子供の興奮は止まらない。

2015-11-23 15.42.08

 

結構寒かったが、子供には関係ない。
興奮状態の子供には関係ない。ずっとずっと新幹線を見続けている!!

 

 

団体では大人も夢見れる

新幹線を見ているのは子供だけではなかった
なんとその隣に大学生くらいと思われる団体さんが、
自慢の一眼レフでバシバシ撮っている!!

2015-11-23 15.36.42

2015-11-23 15.42.29

何枚撮っているんだ!!と思うくらい撮っている。
私の盗み撮り?にも気付かず、レンズの向こうの新幹線をずっと見ている。

 

 

さっきの男の子より興奮気味。
それも団体で。周りの子供関係なしに喜んでいる。

 

2015-11-23 15.37.05

新幹線が行ってしまう度に、写真のチェック!!
お互い写真を見せ合いっこ
自慢気に見せ合いっこ
そして、新幹線がまた来ると、レンズの向こうの新幹線をてパシパシ。
また、見せ合いっこが始まる。

 

 

終わらない・・・w

 

団体で同じ夢を見ている!!
これほどパワーを感じる瞬間はない。

ちょっとしたら大人は団体行動(コミュニティー)でしか夢を追い続けられないのか?
でも、それで夢が追い続けられるなら、追い続らけれる団体(コミュニティー)に入れば良い。
ただそれだけ。

 

 

私も夢を追いかけている1人

やっぱここに来てします。子供たちがいなくても来てしまった。
今回は、九州新幹線を思い浮かべた。

まだ、九州は博多までしか行ったことがない。
九州一周の家族旅行!!考えただけでもワクワク。
暖かい時期が良いのかなぁ・・・。寒い時期が良いのかなぁ・・・
いろいろ夢が膨らむ。

気づけば辛子明太子を買ってしまってた。うまい!!

2015-11-23 16.10.26

 

話が少しそれてしまったが・・・。

 

 

夢に年齢は関係ない

・父親であれば、子供の夢をぶち壊してはいけない。
新幹線は夢の乗り物。子供にとっては純粋な乗り物。
大人にとっても純粋な乗り物であるべき。

 

 

・1人で駄目ならコミュニティーに入ればいい。
1人では夢を追うのが怖いというなら、コミュニティーなど夢を追い続けている場所に入ればいい。
大人は子どもと違い、そういう行動ができる。

 

 

・子どもと夢を一緒に追いかけるのもあり。

子供のような純粋な心に一度戻ってみてはどうかな。
夢に年齢は関係ない、子どもと一緒に夢を追いかけてみよう。

 

 

さあ、あなたも久しぶりに新幹線を見に行こう。
運が良ければ、ドクターイエローが見れるかも。

生でドクターイエローを見たことない人は”いいね”してください。(私も”いいね”しなければ(^^♪ )

 

4decf6a8ef26f19d8a5bb8c18b5817fe_m

 

 

 

 

家族との時間を作るのに集中したら世界が変わったファミリータイムマネージャーのノリックでした。

この記事を書いた人

加藤 のりふみ
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」
人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?