The following two tabs change content below.
優月 理沙

優月 理沙

猫好きの優月(ゆずき)です^^ 猫は好きすぎて、話し方が変わる程w 実は幼少時「超貧乏」という経歴を持つカラーセラピスト。 アトピーも経験し、 「好きなものを満足に食べられない」「眠れない」 そんな辛さを体感。「心が満たされる事」を自身のテーマに、 アレルギーでも安心して楽しめる、大施設を 企画運営することを夢見て活動中!


食物アレルギーって何?


食物アレルギーとは・・

ここ数年、ニュースにも食物アレルギーについて、特集が取り上げられることがありますが、

飽食の時代であっても現代の日本や世界で、食物アレルギーがある為に、食べたくても食べられない方々が

たくさんいるのを知っていますか?

(ちなみに我が子も)

そんな「食物アレルギー」とは、一体どんなものなのでしょうか??

良かれと思って自分が手渡したお菓子を食べてしまい、症状が出て悪化し、仇となる可能性だってあるのです。

どうか現代に必要な知識として知って欲しいです。

食物アレルギー

食物アレルギー(しょくもつアレルギー)は、原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して起こる生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシー反応など)と定義されている。

食品によっては、アナフィラキシーショックを発生して命にかかわることもある(そばが有名)。

乳幼児から幼児期にかけては食物アレルギーの主要な原因として鶏卵牛乳がその半数以上を
占める。青年期になるにつれて甲殻類が原因の事例が増え、牛乳が減る。成人期以降では、
甲殻類小麦果物魚介類といったものが主要なアレルギーの原因食品となる。

引用-Wikipedia

まー・・wiki様では、読むのが疲れそうな説明なので、ざっくり言うと。

「アレルギーの原因となる物を(特に多いのは、卵・乳製品・小麦・えび・かにetc)食べたら、痒くなったりするし、呼吸苦しくなったりするし、辛いんだよ!!

下手すれば死に至るし、ナメてると大人になってから症状出るようになる人もいるんだよ?マジでさ。」

って感じです。


アレルギーの人は原因食物を食べたらどうなるの?


上記の引用にもありますが、食物アレルギーの人は、人により症状・原因物は異なります。

・皮膚(じんましん・かゆみなど)

・呼吸器(せき、くしゃみ、ゼーゼーする、声がれなど)

・粘膜(唇・まぶたの腫れ、痒み、口の中のイガイガなど)

・消化器(腹痛など)

・アナフィラキシーショック(上記複数の症状が出た場合)

このような様々な症状が、個人差で現れ数多くの症例が出ています。

特にアナフィラキシーショックは、

アレルギー対象の食品を食べる・触れる・さらに重篤な場合は調理した空気を吸い込むだけでも、

数分~数時間のうちに、上記に記載したような蕁麻疹、嘔吐、などの、

【皮膚や粘膜の症状+呼吸器or血圧低下等の複数の症状】を出し、

急激に症状が悪化してしまうと、死にも至るとても怖いものです。

例にすると、そば・ピーナッツは、よく知られるところで、その症状の重篤さをサスペンスの殺人トリックに取り上げられる程、症状の進行が速く、本当に怖いアレルギーです。

(確かトリックは、ピーナッツアレルギーの元カノに振られた恨みで、結婚式前にピーナッツバターを入れた紅茶を新郎に飲ませて誓いのキスで唇が触れたことで・・・ショック死してしまった。というトリックだった。)

OOK863_neccyusyou


どうやって調べられるの?


食事をした後におかしいな?と何度も感じる事があれば、病院で検査することが出来ますよ。

(ただし、再現性(複数回同じ症状が出る事)が食物アレルギーか判断基準の一つでもある。)

最近は「アレルギー科」のある病院が増えたので、出来れば初めから専門医がいる病院にいく事をおすすめします。^^(検査結果が重いと最終的に専門医に紹介状を出されてしまうので。)

病院に行く前には、食べたものと、症状の記録をメモとして残しておくといいと思います。

メモが無くても「何を食べてどうなったか、症状は食事後どれくらいの時間で出て治まったか」をきちんと伝えられると良いですね。
(運動後やお風呂の後に出る場合もありますので、そういった事もあればお話されると良いです。)

検査は・・血液検査(陽性だと結果が出ても実際は食べられるケースもある)を主に行われていますよ。


症状がでたらどうするの?


一般にニュースなどで言われるのは「エピペン」と呼ばれる一時的に症状が緩和される補助治療剤(自己注射剤)です。

自分で太もも等に打つものなのですが、体重が15キロ以上にならないと使えない為、小さなお子様には処方されません。

このエピペンも、症状がでた場合に飲める他のお薬も、あくまで病院に行く前の時間稼ぎみたいなものなので、

食物アレルギーは本当に命に関わる事なのです。

その為、重い症状のある方は、症状が出ないように普段から原因食物を除去している為、美味しそうで食べてみたくても食べれないのです。

チョコとか食べれない子もいる訳ですよ。

売ってるものが食べれない・・その辛さ想像できますか??

それを、多くの小さなお子様達が我慢をして過ごしています。


ここ数年の傾向


ここ数年で栄養面も考え、除去するよりも食べれるならば少しずつ食べようという方向性(食べて反応を見る負加試験)も行われるようになりましたが・・・。

とにかく。まだまだ世の食材から食べられるものを探すって難しいんですよ。

無添加、無農薬・・なんかもね、良いものはやはり値が張るし、継続も難しいよね。

自分で作るのも食育にもなっていいのは知っているけれど・・

私も毎年トウモロコシとか作ってたけど、大変よ??

なにより、子供が大きくなれば【外で販売されている食品】に魅力を感じられるようになる訳ですよ。

「みんなと一緒に同じものが食べたいよ・・・」うるうるした目で見られてごらんよ。

その一言が、どんなに胸に刺さることか!!!!!!


たかが食べ物のアレルギーと侮るなかれ。一つの気遣いで救われることがある


食べ物のアレルギーだと簡単に考えていると、いつかそういう人が身近な存在になった時に、実際かなり大変なので、「大変だね?卵食べれないの?」とか簡単には済まなくなります。

世の中の食物アレルギーや、その他の持病のあるお子様がいるお母さん方は、常日頃そういったアレルゲン(原因物)が無いか気を張っていることを、

この記事を読んでくださった方にはご理解いただきたいと切に願っています。

(だからママも表情が強張って、7怖く見えてしまいがちなのよ)

飴やラムネさえも食品添加物の中にアレルゲンが含まれていることがある為、

商品パッケージの成分表を、舐めるように確認しているのです。(私がね)

ジーッとお店の商品の成分欄を見ている人が居たら、私かもよ(笑)

アレルギーなら外で買わずになんなら作れよと・・・?

魚も釣れってか?(笑)

ケーキとか作っとりますよ?(卵、乳、バター不使用のガトーショコラ風)

DSC_000001


なんで、そんな事記事にしたかっていうと・・


実際には、

私の子供が小さい時に泣いているのを見たおばあちゃんが、ご親切にアレルゲンが入った飴をくれた事があったのです。

食べられないものをいただいた時に断るのはほんとーに、良心が痛むのよ。

(嘘をついて頂いても目の前で食べさせなければ失礼に当たるのでそういった事はしないようにしていますが。)

お友達の家にお邪魔するときも、気を遣わせてしまう事に悪いなーと感じてしまいます。

湿疹で痒がる子供を見て、「お母さんが悪いんじゃないの?」と見ず知らずの他人から言われたり、

いきなり、わけわからん化粧品勧められた事もありました。

常日頃、気を配って険しい顔をしていた自分を、今、思い出すと、

同じ想いをしている方に、そんな不満や不足を補って欲しいと思っているから記事にしました。

そして、そんな家族の心のケアしたいって。

だから私はそれを叶えて、アレルギーのイベントを立ち上げようと、今、K.RTRuangにいます^^

本題に戻ると・・

見た目に湿疹などがなくても、何か食べものを出す時は、

「食べられないものはあるかな?」と一声かけていただけるだけで、とてもママたちは

救われた気持ちになると思います。

お・も・て・な・し

では無く、

「おもいやり」

小さな思いやりがたくさんの場所で行われ重なれば、小さな幸せが拡散されます。

幸せな気持ちは、当事者以外にも影響を及ぼせると思うのです。

アレルギーに関わらず、一人一人の心がけ次第で

「お気遣いありがとうございます」と素直に言える世界になるのではないかな。

(ゆずきはこの言葉が結構好き)

アレルギーの人って揉まれてわりかし頑固だからさ。(※ 私がな。)

申し訳ありませんが、頭や心の片隅に、「一言聞いてみる」ってスペックいれといて下さいませ^^

こーんな表示も近年施されておりまする。

日本では食品衛生法第 19条に基づき「食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令」別表第四で「特定原材料」として指定する品目について表示の義務づ けがなされており、また、その他の一定の品目について「特定原材料に準ずるもの」として通知により表示することが奨励されている。

food_allergy_ca_003food_allergy_ca_017food_allergy_ca_025food_allergy_ca_001

この表記が始まって、アレっ子ママにはめっちゃ助かります。

お見知りおきを^^

ではでは・・

「飽食の 世の中ですが、

食べられない。

そんな方々増えてます。」

以上!

次回の話題??

「不登校について」の内容にします。

ちょっと次はいい子な感じの文章にするの止めますよー。

いい子ちゃんじゃなくていいんだよ。みんなさ。疲れちゃうよ。

個々が認められる世界、創ってこう!

ゆずき でした!

この記事を書いた人

優月 理沙
優月 理沙
猫好きの優月(ゆずき)です^^ 猫は好きすぎて、話し方が変わる程w 実は幼少時「超貧乏」という経歴を持つカラーセラピスト。 アトピーも経験し、 「好きなものを満足に食べられない」「眠れない」 そんな辛さを体感。「心が満たされる事」を自身のテーマに、 アレルギーでも安心して楽しめる、大施設を 企画運営することを夢見て活動中!