The following two tabs change content below.

古川 敬三

最新記事 by 古川 敬三 (全て見る)

みなさ~~ん
こんばんは^^v

今日は寒かったですね
お元気ですか~~?

ーーーーーーーーーーー

実は私

中学校二年生の時から
日記を つけています~~~^^
約五十年になりますか・・
読み返すといろんな事が
ありました

初恋の思い出
ふられたショック

それらが
あわ~~く
よみがえってきます

そして
読みたくないページもあります
それらが全部
今の自分をつくってきたのだな~
と思うと
感慨深いものがあります

 

日記と日誌って

おなじなのかな??

 

実は

日記と日誌は違います

日誌をつけるということは
自分を成長させる 唯一の方法です

日々の体験を

その日学んだ教訓と共に
書きとめていけば
おそらく
一日ごとに賢くなっていったでしょう

そして 生きて行く目標の
自覚が深まり 日々の間違いも少なくなったはず

更に
日誌をつければ
自分が意図するものが
明確になり
更に重要なことに集中できるようになったはず

日誌は常に自分自身と
一対一の対話

その結果
物事を深く考える習慣ができて
もっと意識的に賢明な生き方が
出来るようになったはず
つまりは
五十年間日記をつけていたんです

日記と日誌は違う
日記はできごとの記録ですが
日誌は そういったできごとを
分析し評価する場所です

従って
今日のできごとが

なぜ起きたのか
なぜそれをしたのか

自分の行った事から
学ぶ事ができる
唯一の場所です・・

さあ!
あなたも今日から
日誌と向き合う自分を
作るといいですね^^

あれから四十年

今はこうなりました~~

IMG_3868

この記事を書いた人

古川 敬三