The following two tabs change content below.
堀田 なおや

堀田 なおや

1968年5月生まれ本業が服をきれいにするお仕事(クリーニング屋さん)なので洋服やファッション関係が大好きです。 日本伝統文化の和服にも携わっているので、ファッション、お手入れ/保管方法、発信しています。 「大切な服汚しちゃった」なんてあったらお気軽に聞いて下さい東京都在住 リアルビジネス経営者と同時にインターネットビジネスでもプレイヤー&アドバイザーとして活動中

堀田です。

先日、嫁さんと仲良く手繋いでスーパーへ買い物に行ったんですよ。
買い物かごに商品を入れレジへ行くと、

なんと!無人レジがあったんです。

初物に好奇心旺盛な僕は異常なほど興奮し、
ドキドキしながら初体験してきましたw

 

レジ袋を「買いますか?」の選択から始まり、

S__21413970

 

 

 

 

 

 

 

 

1枚」を選択。

どこからレジ袋が出て来るか、ワクワクしながら待っていると!

店員さんが歩いて持ってきてくれましたw
ビックリですww

あぁ~そこは手動なんですねって。

商品についているバーコードが識別されると
ピュッ!ピュッ!」ってw も~う 「快感w」でした。

S__21413974

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーコードを通して設置したレジ袋へ入れないと次の商品を打ち込めない仕組みになっていて
入口と出口の重さを測りながらで、不正させない様になっているんですね。

進化です~

そういえばひと昔は商店街で買い物があたり前の時代でしたが、
大型量販店へ人の流れが変わり、
これからは無人レジが主流になるんでしょうね。

高速の料金所だってETCによって無人化して来たし、
ガソリンスタンドも、お金借りるのも「セルフ」や「無人君」があたり前。

ファミレスだってお水はセルフサービス。
その差別化は業態によって変わってくると思います。

カジュアル衣料店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは、グループ店舗で今夏メドに来店客が自分で精算する無人レジを導入する。
全品に無線で商品情報を読み書きできるICタグを付け、レジでの即時精算を可能にする。店舗側は接客を手厚くできる。
生産履歴や購買行動を詳細に把握できるICタグは普及が遅れていたが、ファストリの大量導入で、小売り現場での利用に弾みがつきそうだ。
こういう仕組みがこれから主流になって来るってことは、

企業が人件費と効率化を考え、セルフにする事で価格を下げ顧客満足を考えた仕組みなんです。

僕のいるクリーニング業界もひとつ例としてあげると、

ワイシャツの立体化です。

以前はワイシャツは「たたみ」仕上げるのが普通でした。

しかし現在は立体にして仕上げるのが主流になりました。

これも「たたみ」工程を省く事でも効率化を図っているのです。

その作業がなければ、人件費が1人分削減できる利点があるので価格も落とせる事で主流になりました。

サービスの考え方が、

人件費や効率化とか色んな要素でこんな仕組みになって来たのか、

それか、世の中の仕組みが人と接しない方向へ向かているのか。

対「人間」から、対「機械」って感じです。

人も仕組みも変化してきています。

考えてみれば、パソコンやスマホやインターネットが出来た事で沢山のビジネスモデルが変わりました。

昔は年賀状作りでお世話になったプリントゴッコ」って知ってますか?

2015y11m19d_201926518

 

 

 

 

 

 

お客様各位
理想科学工業株式会社
当社は、平成24年12月28日をもちましてプリントゴッコ事業を終了いたしました。
プリントゴッコは、創業者 羽山昇が「すべての家庭で親子一緒に印刷ゴッコを楽しんでほしい」、
「家庭における『ごっこ』遊びこそが知育の源泉である」との思いから開発し、自らが命名しました。
昭和52年(1977年)に発売され、以来35年間にわたり多くのお客様に年賀状印刷や布印刷などで広くご愛用いただきました。
皆様の長年にわたるご愛顧に心より感謝申し上げます。

なんか寂しいですね。

僕が9歳の時に発売されたんですね。

僕達の年代はプリントゴッコにどれだけ助けられた分かりません。

今じゃ家のパソコンで年賀状だって名刺だって写真だって印刷できちゃうし時代になって

アナログからデジタルに移り変わり

スマホや携帯の画像データーを写真屋さんへ持っていきプリントアウトする流れになりました。

新年のあいさつがメールやLINEによって交わされる様になったり、
FacebookやTwitterによって、知り合いが今何処で何をしているなんてわかる世の中になりました。

もうこれも当たり前の時代ですよね。

猛スピードで変化していく時代について行くのも大変です。

無人レジとか新たなモノの出現に対して、僕達はどんどん挑戦していくしかないです。

 

 

この記事を書いた人

堀田 なおや
堀田 なおや
1968年5月生まれ本業が服をきれいにするお仕事(クリーニング屋さん)なので洋服やファッション関係が大好きです。 日本伝統文化の和服にも携わっているので、ファッション、お手入れ/保管方法、発信しています。 「大切な服汚しちゃった」なんてあったらお気軽に聞いて下さい東京都在住 リアルビジネス経営者と同時にインターネットビジネスでもプレイヤー&アドバイザーとして活動中