The following two tabs change content below.
かねやま たかこ

かねやま たかこ

“退屈”が何より苦手な自由人。 今よりもっと粋な生き方を提案する 「アーリーセカンドライフクリエイター」 同じ女性としての悩みに答えながら、 安心してその一歩を踏み出すお手伝いをしています。 一番始めやすいのが実は40代、今ですよ!
やりがいはあるけど毎日単調な仕事、
楽しいは楽しいけど発展性のない人付き合い、
なんとなく続けてきた形だけのイベント事…

 

ふと我に返ると、
こんなことするために生まれて来たんだっけ?って
考えるようになった。

 

それだけじゃない。
自分をすり減らして会社のために頑張る自分、
人のためを優先しての自己犠牲、
納得のいかない妥協、
「仕方が無い」という諦め…

 

なぜか当然のように強いられきたように思うけど、
これって自分を押し殺しているってことじゃないだろうか。
私は人に比べて自由に生きて来たつもりだったのに、
それでも人並みに自分を押し殺してしまっていた。

 

これが不幸だなんて思わない。
けれども、幸せかと聞かれたらどうだろう。。

 

hu204a_0398r_29da599a

 


思い切って我慢することを辞めてみた。


 

生活のために選んだ仕事も、
付き合いで顔を出していた飲み会も、
不満を抱えた人達との交流も、
全部辞めてみた。

 

仕事を辞めたことで先々の生活に対する不安、
付き合いが悪いと叩かれる陰口、
夢ばかり語る私に向けられる疑いの目、
不思議と全く無かった。

 

それどころか周りは温かく応援してくれるし、
同じ世界観を持った人達との出会いや、
自分の夢を実現できそうなフィールド、
私の夢に価値を感じてくれる人達が
自然と集って来て、
何もかも手放してみたら、
自分が生まれて来た意味がなんとなく見えて来た。

 

image40

 


そして感謝だけが残った。


 

人はやっぱり認められたいもの。
認められると嬉しくて、
ついついその道のオタクに走っちゃったりして、
それが更に感謝を産み、
感謝と感謝のループが始まったんだ。

 

すると楽しい仕事ばかりが舞い込んで来て、
そこに集る人達との交流は楽しいし、
また集れるための場を企画する。

 

一年前の私とは全く真逆だし(笑)
人生がだんだん面白くなってきた。

 

20150327221922-success-winning-inspirational

 


皆が健康で幸せであればいいのに。


 

これが私の目指すささやかな夢。
だから色んな資格も取ったし、
健康を手に入れた先の“幸せ”が一番の目的なので、
その人によってアプローチは様々。

 

とにかくストレスに囲まれて自分を見失ってる人には、
ヨガを教えたり一緒に休養をとりながら、
自分が喜ぶことを見つけて行く。

 

そうすると自分がどうしたいかが分かって来るから、
それを実現するためのヒントをそっと渡すだけで、
勝手に答えを見つけてくれる。

 

身体に対する何かの症状に悩んでる人には、
自分の持ち得る技術を使って、
直接身体と心にアプローチしながら改善を目指す。

 

カイロプラクティックやアロママッサージ、
他にもいくつかのセラピストという経験を通して
多くの患者さんと向き合って来た中で、
一番ベストな施術を選ぶだけ。

 

自分の身体が元気になっていくことが実感出来ると、
それが自信に繋がり、心まで元気になっちゃう。
そうすると前向きに人生を歩みたくなるみたいで、
自然と良い情報を選び、
自分にとってのベストなチョイスが出来るようになるのが
とても不思議だし面白い。

 

good choice

 


価値提供=幸せのお裾分け?


 

結局はそういうことなんだと思う。
“自分が何のお陰で幸せになれたのか?”
これを知ることが最大のミッションで、
見つけちゃうと人生面白く動き始める。

 

何かで満たされた経験がある人の話には
妙に説得力があるのに対し、
その経験がない人の話は、
人の心を動かす力が圧倒的に弱くなる。

 

人の心を動かす力があれば、
自然と人が寄って来るようになっているし、
そこで自分がどうやって幸せになれたのかを
ただお裾分けしてあげるだけで、
充分価値提供に繋がるのに、
何だか難しく考えすぎちゃって、
自分には提供できる価値がない!
なんて思っちゃうんだよなぁ。。

 

だから好きなことだけをすることに
罪悪感なんて持たずにさ、
自分の幸せ探しに励みましょ♪

 

images (1)

この記事を書いた人

かねやま たかこ
かねやま たかこ
“退屈”が何より苦手な自由人。 今よりもっと粋な生き方を提案する 「アーリーセカンドライフクリエイター」 同じ女性としての悩みに答えながら、 安心してその一歩を踏み出すお手伝いをしています。 一番始めやすいのが実は40代、今ですよ!