The following two tabs change content below.
野田 長世

野田 長世

1972年生まれ。元看護師。現在はフリーランスとしてサイト・メルマガアフィリに取り組み、指導実績あり。 ECCジュニア教室運営者・講師。 企業向けのコンサル・集客プロモーションも手がける。 「愛」をテーマに、教育・文化・行動心理学・マーケティングについて語る。

「もっと自分の頭が良かったら、

もっといい生活をしてるのに。」

あなたはそんな風に思っていませんか。

頭のいい、悪いは実は学歴等は関係ありません。

頭を効率よく働かせる秘密があります。

ここでは3つお話します。

  1. ワクワクする
  2. 好きな事をする
  3. 人をほめる

 

 

1 ワクワクする

人はワクワクすると、頭の回転が速くなります。

ワクワクすること・・・それは

  • 新しいこと
  • 面白いこと
  • 楽しみなこと

こんな感じですね!

 

人は情報を得ると、

まず脳の中心部にあるA10神経群で

「好き」「キライ」

の2つにラベリングします。

キライなことは、脳の深い思考回路に入りませんが

好きなことは脳の深い思考回路に入ります。

 

好きな事、ワクワクすることはどんなに考えていても

考え続けることができますね。

 

2 好きになる

 

 

あなたは、中高生のとき

あるいは、もっと若い時に初恋、しましたよね。

片思いで好きになった人の事って

ずっと考えていませんでしたか。

その人に振り向いてもらう為にはどうすればいいのか?

どれだけ考えていても、疲れませんよね。

 

また、学生時代に好きな先生の科目は

成績が良かったはずです。

好きになる、という事は頭が良くなります。

 

 

3 人をほめる

 

褒められると、人は伸びると昔から言われています。

さらに、人を褒めることは自分の頭を良くします。

褒められた人は、

少なからずともあなたの事を好きになりますね。

あなたの事が好きな人が増えたら、

あなたも楽しくなりますよね。

そうすると、頭が働き

ワクワクに繋がっていきます。
いかがでしたか。

頭を良くする為に必要なことって、

意外に簡単だと思いませんか。

あなたも

  1.  ワクワクする
  2.  好きな事をする
  3.  人をほめる

 

この3つを意識すると、知らないうちに天才になれるはずです♪

この記事を書いた人

野田 長世
野田 長世
1972年生まれ。元看護師。現在はフリーランスとしてサイト・メルマガアフィリに取り組み、指導実績あり。 ECCジュニア教室運営者・講師。 企業向けのコンサル・集客プロモーションも手がける。 「愛」をテーマに、教育・文化・行動心理学・マーケティングについて語る。