The following two tabs change content below.

高橋 統仁

高橋 統仁(タカハシ トウジン)と申します。 46歳、妻と4歳、3歳の娘の4人家族。 44歳の時に腎不全になり、2015年8月にすい臓がんにより、 余命半年と事位されました。 家族の為、”生きる為の戦いと死んで何を残すか?” 二つの相反する胸の内を綴りました。

高橋統仁です

”子供の記憶に残るように、

なるべく一緒にいる時間を作る。”

私hが死んで残すもののひととして

意識している事ですが、

最近、迷っている事があります。

それは、

このままだと、”優しいパパ”ってだけの

記憶しか残らないのでは?というもの。

週末は一緒に公園に行き、

平日は時間があれば子供と遊ぶ・・・。

これでは単なる優しい人と何も変わらない。

親バカかもしれないが、

私がいなくなり、娘が成長したとする。

やがて結婚と言う事のなるだろう。

そりゃあ、あれだけ可愛いのだから、

世間の男が放って置けないのは当たり前だ。

私が生きていれば全力で阻止するが、

いないのだから、泣く泣く諦めるしかない。

そして結婚式に親に向けて読む手紙の中で

私の事が書かれてるとしよう。

”パパは私が幼稚園の時に他界してしまったけど、

とっても優しいパパだったのを覚えています。”

なんて言う内容かも知れない。

これがイヤ!

だって手紙の中でたった2行しか出てこない。

それも”優しい”だけ。

コイツ何言ってんだ!バカじゃね!

と思われようがゼッタイにイヤ!

どうせ記憶に残すならもっと面白エピソード作って

結婚式で言われたい。

例えば、テレビでひな壇に座っている芸人が

面白い鉄板ネタを披露するように、

私も娘達の中に”鉄板ネタ”の一つくらいは残したい。

”面白いパパ”の印象が欲しいのだ。

そんな事を考えつつ、

今日も子供たちと遊んでいるのだが、

中々いい案は出てこない。

こんな事を妻に相談したらバカにされるのは目に見えてるし

誰にも相談できるものでもない。

結局は偶然起きるハプニングに期待するしかないのだが、

大学病院お先生が言う事が本当なら、

私の命は、早ければ年内、持って来年⒉月なのだ。

それを信じるなら、私の余命は最短で50日以内、最長で約100日。

ハプニングはやってきてくれるのだろうか?

このままでは、”優しいパパ”というだけの

”つまらない人”になってしまう・・・。

何か今回は、物凄いくだらない事を書いているが、

私としてはかなり真剣に悩んでいる。

どこか遊園地でも・・・。

イヤイヤこれも優しいパパだ。

答えが全く見つからない。

一体号やれば”面白いパパ”として

面白エピソードを子供の中に残せるだろう。

これが出来るまでは、とてもじゃないが

素直に死ぬわけにはいかないな。

この記事を書いた人

高橋 統仁
高橋 統仁(タカハシ トウジン)と申します。 46歳、妻と4歳、3歳の娘の4人家族。 44歳の時に腎不全になり、2015年8月にすい臓がんにより、 余命半年と事位されました。 家族の為、”生きる為の戦いと死んで何を残すか?” 二つの相反する胸の内を綴りました。