The following two tabs change content below.
島津 啓史

島津 啓史

ネット集客専門会社㈱Smooz代表取締役 早稲田大学理工学部卒業後、2012年アマゾンジャパン株式会社へ新卒1期生として入社。 個人でのインターネットマーケティングの面白さと可能性に惹かれ、2014年より小西玲太朗/大森寛之の元へ師事。個人事業主向けのコンサルティングサービスで500人の生徒を受け持つ傍ら、個人としても4000万を越える売上を記録。2015年に独立し、インターネット生放送事業の立ち上げや500人規模のコミュニティの運営、並びにマーケティングの指導を行ってきた。2017年2月より現職。

少々失礼な話にはなりますが


bsOY151013549718

どうも、島津です。僕は都内の某一流大学の大学院を出て、その後は有名外資系企業に就職し、旗から見れば、まさに順風満帆のエリートコースを歩んできました。

受験も就活も相当頑張ってきたし、偏差値低い大学や、一般的な中小企業に勤めている方とは違い、何不自由なく生活出来て、休みは旅行に行きまくったり、ある程度の欲しい物は手に入ってしまうのでは?

借金やボロアパート、リストラ等とは、無縁な生活を送れるんだろうなぁ!

という淡すぎる期待をしていました。

…まぁ、当然ですが、
そこまで人生甘くはありませんでした。

借金なんてしまくったし…

ボロアパート住んでた時期もあるし…

リストラ…はされたことないけど、
それに近いことをされているのを見てきました。

単純に僕自身が無知だったのですが、先に有名企業に入った先輩方の様子を伺ったり、実際に自分がそうした立場に立ってみて、初めてそれに気がつくことができました。


「あれ、案外こんなもんか…」



bsOHT98_rakutannochinpan

変に期待が大きかっただけに
がっかりしてしまったのでした。

但し、会社員としての生活が不満か?
と言われると、そんなことはありませんでした。

周りの友人達と比べても、まぁまぁ良い給料頂いていたし、面白い仕事ができているし、むしろ自慢したいくらいでした。

けれども、一度きりの人生。
一生このままで良いのかな?

という疑問だけは、ずっと消えませんでした。


会社員と自由人のあいだ



bsMIYAKO85_maihamabeach20140726

それから数年間。会社員として働いてみてわかったのは、会社という組織にいる以上、サラリーマンである以上、その中での差は誤差に過ぎないということ。時間的な自由は無いし、給料にも限界はあります。

つまるところ

収入を犠牲にするか
時間や労力を犠牲にするか

2択でしかありません。

限られた枠の中で、日々コントローラーを握って微調整を繰り返しながら、サラリーマンという枠の中で、優劣競って生き続けているだけなのです。

一方で、世の中全体を見渡すと…学歴や職歴が無くとも、青天井に収入を得ていたり、自由なライフスタイルを謳歌している人が、うじゃうじゃ存在しているわけです。

最初は半信半疑ながらも、本当なら凄いよなぁと思って調べていく中で、わかったこと。

それは、自分を取り囲む「枠組み」が違うという、たった一つの真実でした。


鳥は鳥かご以上の大きさにはなれない



bsKAZ88_yuyakenokamo

好きな時間に、好きな場所で、好きな仕事をしていこうと思ったら、会社という組織に依存することなく、自分で業を起こして制限を取っ払う必要があるのです。

仕組みが整っている、会社という「枠組み」の中で、ぬくぬくと過ごす人生も僕は有りだと思ってます。なぜなら8割以上の人はそうしているし、ダメということは無いです。それを良いか悪いか、満足かどうか決めるのは本人次第ですから。

けれども何か不満を持っていたり、もっと自由に生きることを願うのであれば、今自分が閉じこもっている鳥かごについて、見直してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

島津 啓史
島津 啓史
ネット集客専門会社㈱Smooz代表取締役
早稲田大学理工学部卒業後、2012年アマゾンジャパン株式会社へ新卒1期生として入社。
個人でのインターネットマーケティングの面白さと可能性に惹かれ、2014年より小西玲太朗/大森寛之の元へ師事。個人事業主向けのコンサルティングサービスで500人の生徒を受け持つ傍ら、個人としても4000万を越える売上を記録。2015年に独立し、インターネット生放送事業の立ち上げや500人規模のコミュニティの運営、並びにマーケティングの指導を行ってきた。2017年2月より現職。