The following two tabs change content below.
金子 裕亮

金子 裕亮

批判されないように。叩かれないように。嫌われないように。ただそれだけを考えて生きてきた時間があった。そんな時間は、いつも、窮屈で、不毛で、ただただつまらなかった。前(さき)には繋がっていなかった。けれど過去は持ちだして今の自分を傷つける為のものじゃない。そんな自分でも愛されていて今がある。ということを知る為にある。そんな気がしている。

ものすご~く今更な話ではありますが、

V6の「愛なんだ」ってめっちゃ素敵な曲ですよね。

僕、大好きなんです。

 

43910737

 

出典 : V6 Official Website

 

 

1997年に発表された曲なんですが

当時、小学4年生だった僕はTVでこの曲を知った日から、

毎朝、起きるとすぐに家の新聞受けに走り

学校に行く前に新聞のTV番組欄を隅々までチェックして

「V6」というワードを見つけるたびにハイテンションになって

即ビデオデッキで予約録画をセットし、

学校から帰ってきたら番組がスタートする時間までに

今日の宿題と夕飯とお風呂と、さらに歯磨きまで完ペキに済ませて

準備万端、極楽気分でTV画面にかじりつくように

V6の「愛なんだ」のパフォーマンスシーンを観ていたんです。

よくお母さんに「目が悪くなるからもっと離れなさい」と言われてました。

 

 

で、最近になって当時の熱が

あの頃の倍以上の温度で蘇ってきたというわけです。

 

 

 


「愛なんだ」を味わい尽くそう ♪


 

V6にしか歌えないめっちゃ素敵な曲です。

軽やかでテンポの良い曲だから心地良いし

丸みを帯びたあったかいメロディーからは「優しさ」を感じる。

なんたって玉置浩二さんが作曲してるからね。

そして、何より歌詞が良いっ!

最初から最後まで一曲まるごと歌詞がめっちゃ素敵。

今スグにでもCD買って聴いてほしいとこだけど、

ちょっとだけ載せておきます。

 

 

1分30秒あたりから「愛なんだ」が流れるよ~

 

 

 


「未熟な自分」だけはマジで今しか味わえない


 

胸に巡る

まぶしすぎる夢も

時の流れにいつか

消えてしまうのかい

参考記事 : 愛なんだ – V6 – 歌詞 : 歌ネット

 

 

なんかせつなくなる。

夢はいつになったって消えることは無くって

姿かたちは変わっていくけど

それは夢が日々進化してるからであって

それって凄く素敵なことだと思うんです。

 

でも、本当の意味での退化はあり得ないから

誰もが、未熟だけど未来に恋していたあの頃には

戻ることなんてできないわけで

 

自分が成長すればするほど

そのことを強く感じることがあって

そんな時は何だか無性にせつなくなる。

 

辛かろうが苦しかろうが悲しかろうが

借金地獄だろうが人間不信だろうが

貧乏なめまわしてる売れない役者だろうが

今は今しかないんだから

 

「自分を味わい尽くす」ってことは

マジで大切なことだと僕は思う。

 

参考記事 : 「自分を味わい尽くせ」。そう聴こえたんだ。

 

 

 


必要なことはたった一つ。「自分らしく在るが儘に」をはじめるだけ。


 

きっとここから愛なんだ

はじめることが愛なんだ

傷つくこと恐れちゃ

だめ だめ だめ だめだよ BABY

 

参考記事 : 愛なんだ – V6 – 歌詞 : 歌ネット

 

 

もうね、その通~~~り!

明日でも100メートル先でもなく

愛は今この瞬間にココにあるもの。

常にあるものだから僕らがその存在にきづけばいいだけの話。

 

だから、

大金持ちになったら愛されるんじゃないし

時間長者になったら愛されるんじゃないし

地位や名誉を得たら愛されるんじゃないし

愛に気づけて初めて愛されるんじゃない。

 

昨日も今日も明日もいつでも愛されてる。

何も持ってなくたって

何にもできなくたって

君は君だ、そのままで素晴らしい。

 

必要なことはたった一つ。

「自分らしく在るが儘に」をはじめるだけ。

 

そして、

「自分らしく在るが儘に」を選択し続けるのは

ものすごく勇気がいること。

時には傷つくこともあるかもしれない。

我が儘に生きるって実は大変だったりします。

 

けど、傷つくことを怖がらなくていい。

「そんなことを怖がる自分はダメだ」なんて

自分を攻撃する必要も全然ない。

傷つくことに抵抗せず受け容れればいい。

そしたらとんでもない喜びを得るきっかけがもらえる。

 

「怖がらなくていいよ、どんどん傷ついておいで」

と大切な人に言ってあげられることは

ものすごく深い愛情表現なのだろうと感じる。

 

 

 


「生き様」「在り方」のトータル勝負なんだ


 

孤独なんか

なんでもないふりで

どうして心は

道に迷うんだろう

わかりあえる

誰か探しながら

すれちがいの優しさに

戸惑ってばかり

 

参考記事 : 愛なんだ – V6 – 歌詞 : 歌ネット

 

 

好きなことを好きと言うように

嫌いなことを嫌いと言うように

辛い時苦しい時悲しい時は

「辛い」「苦しい」「悲しい」って

弱音を吐いちゃえばいいんだ。

寂しい時は「寂しい」って伝えて

相手に甘えればいいんだ。

 

ポジティブなことばかり言ってるのは

人間として「自然」じゃないって。

 

人は人の弱い部分を

どうしようもなく愛おしく感じることがあるわけで

だからさらけ出せばいい。

 

人生は山あり谷あり当然。

「生き様」「在り方」のトータル勝負なんだ。

 

そして、

愛や優しさで満ち溢れてるのに

それに気づけずすれ違ってしまう原因は

君の心を巣食う恐怖で間違いない。

 

「自分にはどうせ無理」

「自分なんて愛されるはずがない」

「自分が信じてもらえるはずがない」

「どうせ傷つくなら閉じた方が楽」

 

恐怖から生まれるこんな想いたちが

目を覆い、耳を塞ぎ、鼻をつまらせて

心に立ったアンテナを全てなぎ倒し

愛や優しさの入り口を全封鎖してしまう。

 

こんなん悔しいし

せつなすぎるでしょ。

だったらやることはもう決まっている。

 

 

 


今、今、今。人生は「今」の連続


 

きっといまから愛なんだ

はじめることが愛なんだ

ふりむいてばかりいちゃ

だめ だめ だめ だめだよ BABY

 

参考記事 : 愛なんだ – V6 – 歌詞 : 歌ネット

 

 

やっぱり今です。

今認めて

今受け容れて

今自分を満たして

今自分を愛して

今きづけばいいだけです。

 

 

やっぱめっちゃ素敵な曲だ。

 

 

ここまで

V6熱が再燃して「愛なんだ」がめっちゃ素敵な曲だって感じたから、その魅力を綴ってきたわけですが、それに伴い感じたことがあるので最後にそれを書きます。

 

 

 


未来では全てが絶品で愛おしい


 

そもそも僕のV6熱が再燃したのは

先日7年ぶりに放送された「学校へ行こう」を観たから。

特に最後のこのシーンには感動して、

「なんでお前が?」って感じだけど泣いてしまった。

 

 

 

20周年記念のプレゼントとして

「学校へ行こう」の出演者とスタッフが

V6の為に作成したビデオ。

 

このビデオを観たV6の6人が

どんな気持ちになったのかはわからないけど

 

僕は、「全てがパズルのピースであって、どれか一つでも欠けたらパズルは完成しなかったんだな」って感じた。

 

楽しかったこと嬉しかったこと

感動したこと感謝したことは勿論なんだけど

 

辛かったこと苦しかったこと悲しかったこと

ため息をついてしまったこと

気まずくて本音を押し殺したこと

自分の不甲斐なさに涙したこと

他人に腹を立て他人を変えようと躍起になったこと

目の前のことと向き合うことから逃げ出したこと

理不尽な物言いを受け入れるしかなかったこと

見て見ぬふりしかできなかったこと

「自分」を見失い気づけば不感症になってしまってたこと

 

 

などなど、その時はマイナスにしか感じれなかったことも

その時は「こんなこと無意味だ」としか思えなかったことも

全部ぜ~んぶが「今」を生きるために必要な要素の一つであることは間違いない。

 

 

そして、どんなことだって

未来からみれば「いい思い出」にしかならないし、

絶品料理と美味い酒をのみながら

その「いい思い出」を共に歩んだ仲間と語れば

間違いなく、鉄板の笑い話になる。

 

だから未来からみれば

全ての出来事に感謝できるし

全ての出来事がたまらなく愛おしくなる。

だって全ての出来事は「自分」の一部だから。

 

 

「自分」を愛すことは「過去の全て」を認め愛することだし

「過去の全て」を認め愛すことが、今の「自分」を愛すことになる。

 

 

ただ、未来からみても

どうしても「許せない」過去の出来事や自分があると思う。

 

「許せない過去」=(イコール)今の自分を苦しめている根源でもあるから

今すぐに許してあげると良い。

 

今ままでに培ってきた「解釈」というツールを使って

「許せない過去」を新たな角度から覗いてみれば

そこには小さくなって怯えて震えている自分を発見するから

あとは、その自分を優しく包み込んであげればいい。

 

そうやって「許せない過去」を

一つづつ癒やしていけば「今」は瞬時に一変する。

 

 

 

ちょっと話を広げすぎたけど

要は、「愛なんだ」の20週年記念バージョンに

僕は激しく感動して涙し

その感動に共感してくれたらめっちゃ嬉しい。

ってことです。

 

 

 

Fake it until you make it.

(今この瞬間から)

 

 

 


もう一記事読もう♪


 

【自分の声が嫌いで自分の声を好きになりたい人】だけ読んでください。

 

「本気の瞬間が全てを癒す」超人気バンドUVERworldのオススメ曲10選

 

ぶっちゃけ「パコリたいだけ」、その理由「SEX大好き」ならOK。だけどアレなら、、、

 

自分を一番に満たし愛し続けろ。それが他人を愛することになるから。

 

「自分を味わい尽くせ」。そう聴こえたんだ。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

金子 裕亮
金子 裕亮
批判されないように。叩かれないように。嫌われないように。ただそれだけを考えて生きてきた時間があった。そんな時間は、いつも、窮屈で、不毛で、ただただつまらなかった。前(さき)には繋がっていなかった。けれど過去は持ちだして今の自分を傷つける為のものじゃない。そんな自分でも愛されていて今がある。ということを知る為にある。そんな気がしている。