The following two tabs change content below.
井手上 義彦

井手上 義彦

中小企業の経営者を本気で叱れる熱血コンサルタント 「赤字の原因は間違いなく経営者の不勉強!本気で黒字化したければ黙って俺の言うとおりやれ」20年にわたる会計事務所での実務経験から培った赤字の中小企業を”必ず”6ヶ月以内に黒字化する3つの秘策を公開中。

 

前回、【養子縁組】の話をしておいて、

肝心の【養子縁組】のポイントを解説して

いないことに気づき、

 

慌ててこのブログを書いている。

 

実は、恥ずかしながら、先日、田舎ゆえに

街灯のない夜道を歩いていた折り、

 

段差に気づかず、顔面から転んでしまい、

とっさに出した両手をけがしてしまった。

 

しかも肝心の右手首(右利きなので)を

痛めてしまい、物が持てないほど痛いのである。

 

けがをしてすでに10日になるが、いっこうに

痛みが引かず、昨夜の23時頃、

 

近所のマツキヨで(高めの)湿布とサポーターを

購入し、だいぶ痛みが和らいできたので、

慌ててこのブログを書いているところである。

 

と、痛い割に無駄な脱線をしているのだが…

 

では、本題に入ることにしよう。

 

養子には2つの種類がある。

 

1つは【特別養子縁組】

 

これは、原則として6歳未満の子どもの場合に

適用するもので、実の親と戸籍上の親子関係

を断ち切り、養親との間に戸籍上の親子関係

を成立させることを言う。

 

もう1つは【普通養子縁組】

 

こちらは、養子が実の親との親子関係を存続

したまま、養親との間に親子関係を結ぶことを

言う。

 

この場合、養子は二重の親子関係が成立する

ことになるため、実親・養親の両方に対し、

相続権を持つことになる。

 

ちょっとうらやましい話だが・・・

 

次に、養子は何人でももうけていいのか?

という話がある。

 

前のブログで、相続税の基礎控除額

(相続税のかからない限度額)の計算方法は、

 

基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数

 

という説明をしたと思うが、覚えているだろうか。

 

相続税を少なくしようと思えば、法定相続人の数

を増やせばいいことになる。

 

そこで、昔の資産家は、何十人も養子縁組を結び、

相続税対策を行っていた時代があるらしい。

 

だが、今は、そういうわけにはいかない。

 

現在の相続税法では、

 

① 被相続人(亡くなった方)に実子がいる場合

「法定相続人の数」に含まれる養子の数は1人まで

 

② 実子がいない場合

「法定相続人の数」に含まれる養子の数は2人まで

 

と養子の数に制限が設けられている。

 

といっても、あくまでも相続税の話であるから、

民法上は、何人と養子縁組を結ぼうと制限はない。

 

ちなみに、養子は「法定相続人」となるため、

実子と同様にみなされ、

 

法定相続分(遺産の取り分)」

実子と全く同じとなる。

 

ちなみに、婚姻関係にある男女がもうけた子供

である『嫡出子(ちゃくしゅつし)』と

 

婚姻関係にない男女がもうけた子供である

非嫡出子(ひちゃくしゅつし)』の場合、

 

父親が認知していれば、『非嫡出子』にも

相続権は発生し、『嫡出子』と『非嫡出子』の

『法定相続分』は同じである。

 

さらに、『半血兄弟姉妹』というものある。

 

文字通り、『半血(はんけつ)』なのだが、

もっと言いようはなかったのだろうか・・・

 

これは、父母の一方のみが同じである兄弟姉妹の

相続分は、父母の両方が同じである兄弟姉妹の

相続分の2分の1になるという決まりである。

 

要するに、実の兄弟と、いわゆる『腹違い』の兄弟

では『法定相続分』が異なる…というわけだ。

 

いよいよ、今日はドラマ【遺産争族】第3話が

放送となる。

 

どんな展開になるのか、楽しみにしたい。

 

>>ドラマの解説・目次<<

 

>> 【相続用語集】 <<

 

 

 

この記事を書いた人

井手上 義彦
井手上 義彦
中小企業の経営者を本気で叱れる熱血コンサルタント
「赤字の原因は間違いなく経営者の不勉強!本気で黒字化したければ黙って俺の言うとおりやれ」20年にわたる会計事務所での実務経験から培った赤字の中小企業を”必ず”6ヶ月以内に黒字化する3つの秘策を公開中。