The following two tabs change content below.
井手上 義彦

井手上 義彦

中小企業の経営者を本気で叱れる熱血コンサルタント 「赤字の原因は間違いなく経営者の不勉強!本気で黒字化したければ黙って俺の言うとおりやれ」20年にわたる会計事務所での実務経験から培った赤字の中小企業を”必ず”6ヶ月以内に黒字化する3つの秘策を公開中。

 

ドラマ【遺産争族】第2話。

 

父・龍太郎から、財産のすべてを婿の育生と

孫娘の楓に譲りたいという言葉を聞いた

弁護士・金沢利子のセリフ。

 

「娘さんたちが遺言書に異議を唱えたら

裁判になります。」

 

この言葉を聞いた龍太郎は、

 

「裁判! あのバカな娘たちが…」

 

それに対し、弁護士は、

 

「認識が甘いですね。

遺産には、人間を変えてしまう魔力があります。」

 

と答える。

 

日常生活においては、さほど現れることのない欲望が、

遺産という大金を目の前にした時、

突如として、信じられないぐらい露骨に現れてくる。

 

私自身も、それを何度も目にしたことがある。

 

以前より知っていた人ならなおさら、

 

「○○さんって、本当はこんな人だったんだ…」

 

と恐ろしく感じたこともある。

 

それまで、仲の良い兄弟(姉妹)だと思っていたのに、

遺産を目の前にした途端、お互いの欲がぶつかり合い、

 

互いで互いの足を引っ張り合い、罵り合い、時には

裏で手を結んでみたり…

 

人間関係が泥沼と化していく…

 

かといって、

 

「こんなことなら、遺産などなかった方が良かった」

 

ということにはならない。

 

遺産はあるに越したことはない。

それはそれで、やはりありがたいものである。

 

だからこそ、親の責任として、子や孫に禍根を残さない

よう、今回のテーマとなっている【遺言】

真剣に考えておくべきなのである。

 

第1回で、この女性弁護士が発したこのセリフ。

 

「遺産相続は、亡くなってからではなく、

 生きているうちから始まっているのです!」

 

まさに、この言葉が全てと言っていいだろう。

 

さて、場面は変わって、このドラマの舞台でもある、

龍太郎が創業者であり、河村恒三(岸部一徳)が社長

を勤める葬儀社・河村メモリアルでの一幕。

 

この心情は、ちょっと私には分かりかねるのだが、

実際にこういう方々は、そんな気持ちになるの

だろうか。

 

それは、こんな場面だった。

 

社員から、社長である河村恒三へある報告があった。

 

愛猫ペット葬で盛大に送りたいというある年配の

女性からの依頼だった。

 

大理石の骨壺にして、80万円程度の見積りを出した

ところ、高いと言われたのかと思いきや、

1,000万円ぐらいかけてほしいと・・・

 

「私ね、ポコちゃん(愛猫)のお葬式で、貯金を全部

使ってしまいたいの。私が死んだ後、ハイエナみたい

な息子や嫁たちに、貯金を奪われたくないの!」

 

ということらしい。

 

以前のブログにも書いたが、特に遺産相続でもめるのは

遺産の額がイメージしやすい数千万円から1,2億円

いったところだろう。

 

何十億、何百億と言われたところで、ピンと来ないのが

フツーの感覚だからである。

 

が、私が心情を理解しかねると言ったのは、

そこではない。

 

ペット葬に1,000万円もかけるという心情だ。

 

実際にそれぐらいペットに愛情が向くものなのだろうか。

 

子どもの頃にしかペットを飼ったことのない私には、

実に理解しがたいエピソードである。

 

次回のブログでは、ドラマ【遺産争族】第2回

のクライマックス。

 

財産をあげる人、もらう人、それぞれの

腹の探り合いと、ついてに出てくる伝家の宝刀

【養子縁組】について解説していくことにする。

 

>>ドラマの解説・目次<<

 

この記事を書いた人

井手上 義彦
井手上 義彦
中小企業の経営者を本気で叱れる熱血コンサルタント
「赤字の原因は間違いなく経営者の不勉強!本気で黒字化したければ黙って俺の言うとおりやれ」20年にわたる会計事務所での実務経験から培った赤字の中小企業を”必ず”6ヶ月以内に黒字化する3つの秘策を公開中。