The following two tabs change content below.
あおの ゆりえ
ファイナンシャルプランナー(2級・AFP)/個人事業主/在宅起業ママ/元パティシエ 2015/4に生まれたの男の子を自宅で育児中(テアトルアカデミー所属の赤ちゃんモデル) 北九州市出身、千葉県在住 保険の総合代理店にFPとして所属するが、現在はほぼ育休中。 育児のかたわら、在宅でインターネットビジネスも行う。 小中とサッカーに明け暮れ、中学時代は神村学園という強豪校にサッカー留学。 高校はバスケ部に入部、3年のときインターハイへ出場。専門学校時代から現在まで、趣味で夫とフットサルを行う。 就職後、OLとして働きながらFPという職業を知り、興味を持つ。結婚退職後、FP資格を取得。 大手総合保険代理店に所属し、学ぶ内に保険で損をする人がすごく多いという事実を知る。そういう人を一人でも減らしたいと思い、現在インターネットで情報発信をしている。

こんにちは、0歳の男の子を育児中のファイナンシャルプランナー あおのゆりえ です。

突然ですが皆さん、おカネ貯めてますか?

「もちろん貯めてるよ!」という声が聞こえてきそうですね。

そりゃそうですよね。大多数の人が貯蓄してると思います。

ところで、その大事なおカネを『預ける場所』って意識したことありますか?

「ん?普通みんな銀行じゃないの?」

って思ったあなた!

もしかしたら損してますよ!!

じゃあ、得してる人はどこに預けているのかというと・・・

『保険会社』なんです。

「保険会社で貯蓄?保険?貯蓄?どゆこと?」

「?」がたくさん浮かんだあなた!もしかしたらとってもモッタイナイことをしてるかも!!


〈なぜ銀行に預けると損なのか?〉


銀行におカネを預けると、利子がつきますよね。現在何%かご存じですか?

ほとんどついていない、ということは皆さんご存じですよね。

具体的に言うと、

普通預金:年0.02%(2015/10/26現在)

定期預金:年0.025%

引用-三菱東京UFJ銀行

だそうです。

これは三菱東京UFJ銀行さんの場合ですが、どの銀行でもあまり変わりません。(ネットバンクならたまに0.2%くらいのはありますが)

例えば今日100万円を定期預金して、1年後、いくら増えているかというと、

100万円×0.025%=100万250円

250円増えます。

ちょいちょい!250円って・・・そんだけかい!!!!

と思ったあなた!

正しい金銭感覚をお持ちです。

また、半年に一度利子が受け取れますよね。でも、通帳の利子の下段に注目してください!

「税金 (○○円)」

「んっ?!」

そうなんです。スズメの涙ほどの利子に、約20%の所得税がかけられているんです!

てことは、250円×20%=50円

250-50=200円

受け取れるのは約200円、ということになります。

銀行に預けてもほとんど増えない、ということがお分かりいただけたと思います。


〈じゃあ保険ならどうなるの?〉


まず、保険で貯金をする場合、当然ですが貯める予定のおカネを「保険料」という形で保険会社に支払います。これを、実は保険会社が「運用」して「殖やして」くれます。

銀行で言う「利子」は保険会社では「利率」という言葉で現わされます。

その利率がどのくらいなのかというと・・・

ナント『1.25%』!!!!(会社や商品にもよりますが)

銀行の50倍!!

さっきの例で行くと、

100万円×1.25%=101万2,500円

保険だと利子だけで年間1万2,500円もらえちゃうんです。

銀行だと200円ですから、12,300円のプラスです!

私も知ったときはかなり驚きました。

 

その上、税金はどうかというと・・・

 

9~10月頃に各保険会社から「生命保険料控除証明書」というものが届きます。年末調整のときに会社に提出したことがある方もいると思います。

これを出すことによって、ご加入の保険の種類によって変わりますが、

所得税:最大12万円

住民税:最大7万円

の所得控除が受けられます。

(H24.1.1以降加入の場合・介護医療保険料控除含む)

これにより、所得税率が10%の人の場合・・・

所得税:12万×10%=12,000円

住民税: 7万×10%= 7,000円

合計19,000円、税金が年間で安くなるんです!これ、すごくないですか?!

なので、実質12,500円+19,000円=合計31,500円得する計算になります!

 

貯める場所を

銀行⇒保険会社

 

にしただけで、1年間にこんなに得するんです!これを30年続けると・・・と考えると、すごい額ですよね!

これを知らずに使ってないなんて、とってもモッタイナイ!!

 

注意点としては、銀行預金ではないので、必要なときにすぐおカネを手元に引き出すことはできません。また、保険加入後すぐに解約すると、元本割れする場合もあります。

なので、貯蓄の保険に入るときは無理の無い範囲にして上手に銀行と併用しましょうね。

これからの増税時代を乗り切るために、これをうまく活用して『得する人』になりましょう!

この記事を書いた人

あおの ゆりえ
あおの ゆりえ
ファイナンシャルプランナー(2級・AFP)/個人事業主/在宅起業ママ/元パティシエ
2015/4に生まれたの男の子を自宅で育児中(テアトルアカデミー所属の赤ちゃんモデル)
北九州市出身、千葉県在住
保険の総合代理店にFPとして所属するが、現在はほぼ育休中。
育児のかたわら、在宅でインターネットビジネスも行う。
小中とサッカーに明け暮れ、中学時代は神村学園という強豪校にサッカー留学。
高校はバスケ部に入部、3年のときインターハイへ出場。専門学校時代から現在まで、趣味で夫とフットサルを行う。
就職後、OLとして働きながらFPという職業を知り、興味を持つ。結婚退職後、FP資格を取得。
大手総合保険代理店に所属し、学ぶ内に保険で損をする人がすごく多いという事実を知る。そういう人を一人でも減らしたいと思い、現在インターネットで情報発信をしている。