The following two tabs change content below.
金子 裕亮

金子 裕亮

批判されないように。叩かれないように。嫌われないように。ただそれだけを考えて生きてきた時間があった。そんな時間は、いつも、窮屈で、不毛で、ただただつまらなかった。前(さき)には繋がっていなかった。けれど過去は持ちだして今の自分を傷つける為のものじゃない。そんな自分でも愛されていて今がある。ということを知る為にある。そんな気がしている。

 

僕はUVERworldが大好きなんです。

 

a989e003363c7a8b29a590b9349b7d08_2cb7b7a413097791ac29b3199404aee8

 

出典 : UVERworld公式サイト

 

 

初対面でも共通点が3つあればすぐ仲良くなれるってよく言うけど、僕は「UVERworldが大好き」って共通点さえあればそれだけで誰とでも仲良くなれる自信がある。それはちょっと言いすぎかw

 

まぁ、とにかくそのくらい大好きだってことと、UVERの曲を聴いて一緒に鳥肌たたせながら「くぅ~っ」と言い合える仲間がほしいってことが言いたかった。

 

UVERworldがきっかけで出逢って繋がって仲良くなって、一緒にLIVE行って(男だったら横アリの男祭り、女だったらXmasの武道館がいいね)感動して涙ながして、居酒屋行ってビール片手に語り合って、カラオケ行って今日のセトリを歌いあげて抱き合いながら「よっしゃ、やってやろうぜっ」て叫ぶ。

 

参考記事 : そんな悲しい顔すんなよ。だったら一緒に行こうぜ!UVERworldのLIVE

 

そんな少年のような真っ直ぐでHOTでROCKなことを馬鹿みたいにやりたい。

 

で、そんな最高の瞬間を最高の奴らと味わい尽くすために、こうして今日も書きます。で、何を書くのかというと今日は「届け!この想いを」的なノリで僕の大好きなUVERworldのオススメ曲10選の前半を書いていきます。

 

「オススメ曲10選」と言ってるけど、超絶良い曲がてんこ盛りって中から選曲してるんで、楽しさ反面苦しさ反面なんです。すでにUVERが大好きな人ならこの気持がわかってくれるよね。あ、あとせっかくなら曲を聴いてほしいから動画を載せたいんだけど、YouTubeにはオフィシャルなUVERworldの曲が少ないんだ。涙

 

だから、僕の大好き加減に加えて曲動画がYouTubeにあるかないかも加味したオススメ曲10選となります。オフィシャル動画がもっと増えますよ~に。

 

てなわけで、興味が無いって人もまぁ付き合ってくださいよ。たった5分で済むからさ。それではいきます。

 

 


1、ナノセカンド


 

 

どんだけハートを燃やしてくれんねん!

 

ナノセカンドは曲も超かっこいいんだけど、僕がこの曲(動画)を選んだのはTAKUYA∞さんのMCに痺れたから。僕はTAKUYA∞さんのMCが大好きでUVERを好きになったんだ。

 

TAKUYA∞さんが放つメッセージは先が鋭く尖っていて胸に突き刺さるんだけど、突き刺さっても全然痛くないんです。痛いどころか心地良くて安心させてくれる。胸に刺さった切っ先から愛が注入されてくる、そんな感じを僕は毎回うけるんだよね。TAKUYA∞さんのメッセージに感動し涙し、人生を変えていった奴はめっちゃ多いはず。

 

抱いた夢、理想は現実にしなくちゃいけないっしょ。

 

 


2、O choir(ゼロクワイヤ)


 

 

お前ら本当に仲間想いだな、、、涙でてきたわ。

 

「懐かしさ」とか「優しさ」とか「強さ」そして「虚しさ」、色んなものを感じながら生きていく。柔らかさの中に太い芯を感じる一曲。この曲の「O choir(ゼロクワイヤ)」という題名に込められた彼らの想いを多くの人に知ってほしい。めっちゃ感動するから。

 

曲を通して僕らが生きていくうえで大切なことを、そっと優しく教えてくれるんです。特にココ。涙

 

人はしてもらえた事は すぐ忘れがち

してあげた事だけは 忘れずに悲しくなり

一人の方がマシだ なんて心に嘘つき

そんな事ばっかり言って 愛され方忘れないでね

 

参考記事 : 0 choir – UVERworld – 歌詞 : 歌ネット

 

人生に「絶対」なんて無いって言うけど僕は一つだけあると思ってて、それは「人は一人では生きていけない」ということ。

 

 


3、Roots


 

 

この真っ直ぐさ、潔さが清々しい。う~ん、たまらんっ!

 

僕の心を撃ちぬいた速度だけで言えばこの曲がNO.1かもしれない。言葉ではうまく表現できないんだけど、何というかとてつもない「疾走感」と「爽快感」とそして「大切なものに捧げる純度100%の愛」を感じて、自分が抱える悩みとか不安とか過剰な自意識が全て吹き飛んでいく。

 

うまくいかずに落ち込んで、ウダウダ悩んで足がとまってる時に聴きたい、そんな曲。「本気の瞬間は全てを癒す」って感じ。

 

最後の夜も歌うよ

ありったけの声を込めるよ

 

参考記事 : Roots – UVERworld – 歌詞 : 歌ネット

 

ここがも~うたまらんっ!毎回鳥肌が立ちます。

 

 


4、THE OVER


 

 

彼は決して逃げることなく深く深く自分の心と向き合ったんだろうな。

 

実を言うと僕はこの曲ははじめのうちは全くピンと来なかったんだ。聴いてるとちょっと疲れてしまうからあんまり聴かなかった。けど最近になってやたらとこの曲が気になりだして、気づいたら口ずさんでたりする。

 

この曲を聴いてるとTAKUYA∞さんの最大の武器は、伸びのある綺麗な高音ボイスでもルックスでも熱く鋭いメッセージでもなく、「自分の心と深く深く向き合うことから決して逃げない強さ」なんじゃないかと感じる。実際には会ったことも話したこともないから、ただの想像だけど。

 

最後まで 嘘ついてまで 一人になろうとするんだね

何もかも嫌になってしまう程 自分の事を知りすぎているから

いつからか僕はもう 逃げようとしてた

 

一番幸せ願って 一番哀しませてそうで

自分に自信が無かった できるだけ一人で生きてきた

 

参考記事 : THE OVER – UVERworld – 歌詞 : 歌ネット

 

 

自分の心と向き合い、自分に関心を持ち、自分を理解していくことが=(イコール)他者を理解すること、世界を理解し受け容れていくことなんだと思う。

 

 


5、7日目の決意


 

 

「ただ信じる。それが一番の勇気」 全てを受け容れて強く生き抜く君に贈りたい曲。

 

僕は「強さ」とか「優しさ」とか「愛」って、全ては「余裕」が形を変えたものだと思ってるんだけど、この曲からは、全ての素敵の元である「余裕」というものを感じるんです。

 

『僕らの悩みなんて宇宙からみたらホントちっぽけなものでしか無くて、そんなことに悩んでいられるほど人生は長くないんだぞ。だから「どうでもいいや」と笑い飛ばし、自分の感覚と未来を信じて、まっすぐ進め!』 と優しく背中を押してくれるてるんだと思う。UVERworldの「決意」と僕らへの「愛」を感じる壮大な一曲です。

 

欲しかった物は 此処に無い未来や過去じゃなく

その気持を失った時に 僕が僕じゃ無くなってしまう・・・

そう思える そんな生き方を

 

参考記事 : 7日目の決意 – UVERworld – 歌詞 : 歌ネット

 

君は君だ。君らしく生きろ

 

 

 

う~~~んっ

 

5曲で終わらせろなんてムリっ!

 

ということで、

 

 


6、Just break the limit!


 

 

「もう今さら遅いよ」なんて言ってる奴はこの曲を聴きなさい!

 

僕はこの曲が大好き。リアルな体験に基づく生の教訓は多くの人に「勇気」を与えてくれるんです。

 

十八の時 始めるには遅いって諦めたピアノ

二十歳の時 同じ理由で思い閉じ込めて

その二年後に諦めきれず 始めたピアノの

沢山のメロディーが 僕に今をくれた この曲も

 

 

夢を抱いちゃったんだから、もう諦めることなんてできないんだよ。あとは踏みだすだけでしょ。で、いつ踏みだすの?答えは決まってる。

 

 

本当は遅すぎるとかはどうでもよかった

上手くいかなかった経験のほうが 心に残るから怖かった

諦めることと 大人になることを 背中合わせにはしないで

 

参考記事 : Just break the limit! – UVERworld – 歌詞 : 歌ネット

 

うまくいかないことや、うまくいかなくて落ち込むことは全然悪いことじゃないんだ。それはパズルの1ピースであって、その1ピースがなかったら、パズルは完成しない。

 

 

どうでしたか?

 

 

好きになりましたか?UVERworld。いいでしょ~、熱いでしょ~優しいでしょ~愛を感じるでしょ~!これを武道館とかに行って生で感じたら、もう最高っですよ。

 

一緒にLIVE行こう~!

 

で、UVERworldオススメ曲10選の後半は後日書きます。今回書いてみて思ったんだけど10選なんて言って10曲だけしか選べないのはマジで辛い。仲間への感謝をうたったあの曲とか、ドームでのエンディングではお決まりの号泣必至のあの曲とか、まだまだいっぱい素敵な曲があるのに。

 

だから、もう10選なんてやめて、僕の「大好き」を好きなだけ書こうかなとも感じております。

 

そんなわけで、次回も楽しみにしといてくださいね~

 

 

 

Fake it until you make it.

(今この瞬間から)

 

 


もう1記事読もう


 

 

ぶっちゃけ「パコリたいだけ」、その理由「SEX大好き」ならOK。だけどアレなら、、、

 

自分を一番に満たし愛し続けろ。それが他人を愛することになるから。

 

「自分を味わい尽くせ」。そう聴こえたんだ。

 

今、言いたいことを言う!身の丈に合ってなかろうが関係ないぜ、ガッハハハ。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

金子 裕亮
金子 裕亮
批判されないように。叩かれないように。嫌われないように。ただそれだけを考えて生きてきた時間があった。そんな時間は、いつも、窮屈で、不毛で、ただただつまらなかった。前(さき)には繋がっていなかった。けれど過去は持ちだして今の自分を傷つける為のものじゃない。そんな自分でも愛されていて今がある。ということを知る為にある。そんな気がしている。