The following two tabs change content below.
井手上 義彦

井手上 義彦

中小企業の経営者を本気で叱れる熱血コンサルタント 「赤字の原因は間違いなく経営者の不勉強!本気で黒字化したければ黙って俺の言うとおりやれ」20年にわたる会計事務所での実務経験から培った赤字の中小企業を”必ず”6ヶ月以内に黒字化する3つの秘策を公開中。

 

昨日からスタートした

新ドラマ【遺産争族】

 

ご覧になっただろうか。

 

このドラマについて、相続診断士の

目線から、ポイントを解説してみたい。

 

実の親に向かって、ストレートに

「お父さんさぁ、遺言状書いてる?」

と脳天気な三女が質問するシーンがあった。

 

現実には、その一言をなかなか言えないから

相続対策をしないまま亡くなってしまい、

家族に争いの種を残してしまうことになる。

 

それ以外にもいくつか重要なポイントが

出てきていたので、ドラマの中でのセリフも

交えて紹介しておこう。

 


2015年 相続税改正


岸部一徳演じる長女の婿、河村恒三が遺産相続

の話になった際に放ったこのセリフ。

 

「今や、誰しも避けては通れないことです。

2015年から相続税が増税されたからね。

葬儀でも、もめる家が増えました

会社の経営者であれ、年金生活者であれ

関係ありません」

 

この2015年の相続税改正だが、

この改正によって、今までだったら

相続税に無縁だった方たちにも

相続税がかかってしまうケースが増える

こととなった。

 

改正の大きなポイントは次の2つ。

 


1.相続税の基礎控除が縮小


このドラマでは、3人の娘たちが法定相続

であるため、改正前と改正後の基礎控除

は次のようになる。

 

家系図

家系図

(参考)家系図

 

改正前:5,000万円+1,000万円×3人

=8,000万円

改正後:3,000万円+600万円×3人

=4,800万円

 

つまり、改正前だと財産が8,000万円まで

なら相続税はかからなかったが、改正後

だと、4,800万円まで少なくなってしまった

のである。

 

 


2.相続税の税率がアップ


ドラマの中では、「財産が10億ぐらいある

のでは?」というやり取りがあった。

 

もし、財産が10億円あるとした場合、

改正前と改正後の相続税の総額は、

こちらのサイトで試算してみると、

 

改正前:31,902万円

改正後:35,001万円

 

と、3,099万円も増加することになって

しまうのだ。

 

「三代の相続で財産は無くなる」

とよく言われるが、

 

今まで相続税がかからなかった人からも

相続税を徴収し、

 

多くの財産を持っている人の税率を上げ、

さらに財産を残しづらい世の中になってきた。

 

要するに、財産を手元に残さず、

贈与するなどして財産を還流させ、

 

世の中にお金の流れを作り、

消費を拡大させようということなんだろうが、

果たして、そう上手くことが運ぶのか!?

 

次回は、ドラマの中で出てきた【遺言書】

についてのセリフから、解説してみたい

と思う。

 

>>ドラマの解説・目次<<

この記事を書いた人

井手上 義彦
井手上 義彦
中小企業の経営者を本気で叱れる熱血コンサルタント
「赤字の原因は間違いなく経営者の不勉強!本気で黒字化したければ黙って俺の言うとおりやれ」20年にわたる会計事務所での実務経験から培った赤字の中小企業を”必ず”6ヶ月以内に黒字化する3つの秘策を公開中。