The following two tabs change content below.
かねやま たかこ

かねやま たかこ

“退屈”が何より苦手な自由人。 今よりもっと粋な生き方を提案する 「アーリーセカンドライフクリエイター」 同じ女性としての悩みに答えながら、 安心してその一歩を踏み出すお手伝いをしています。 一番始めやすいのが実は40代、今ですよ!

 

鶴瓶さんがこの前テレビで言ってました。

「福岡はホンマに綺麗な人が多いねん」て。

 

 

ライブとかに行っても、

いつもサングラスかけて歩くけど、

福岡じゃもったいなくてサングラス外すって、

色んなアーティストや有名人達も褒めてくれます。

 

 

そんな福岡で、

私、やけに綺麗な女性達にモテるんですよね。

 

 

一緒に居ると鼻が高くなっちゃうような

素敵な女性達から、

「連絡先交換してください!」とか、

「今度一緒にお茶しましょ♪」

なんて言われると、

同じ女性でもウキウキしますし、

やっぱり気分が良いものです。

 

 


なんで私が綺麗な女性にモテるのか?


 

 

結論から言うと、

彼女達が欲しいモノを、

私が提供しているからです。

 

 

簡単そうで難しいですよね。

これが出来たら男性は苦労しないでしょうし、

私だって最初から狙ってたわけではなく、

ただ単純に自分の“好き”を追求していると、

気が付けば綺麗な女性にモテていたって話です。

 

 

“美”に関する知識であったり、

“健康”に対する情報、

あるいはその全てを含んだ

私自身のライフスタイル、

人との繋がり方、

そして、私の在り方そのものに

興味を抱いてくれるのが、

不思議と綺麗な女性ばかりだということ。

 

 

例えば、私はお客様から

毎日のように肌が綺麗と褒められますが、

実はスキンケア用品を一つも持っていません。

 

 

化粧水、乳液、美容液、クレンジング、洗顔、

シャンプー、リンス、コンディショナー…

 

140526_hayashida_05169_480_360

 

 

これら全て持っていませんが、

髪への悩みだって一つもありません。

なぜなら、これらを使わなくても綺麗を保てるし、

健康にも繋がるということを知っているからです。

 

 

市販のものであろうが、

オーガニックのものであろうが同じで、

私達はそもそも手ぶらで生まれて来たわけですから、

何かを毎日使い続けなければならないこと自体が、

かえって不自然だと思いませんか?

 

 

さすがに私も女性の一員ですから、

それなりに“美”を意識しています。

肌が乾燥してるなと感じたら、

水分で肌を潤し、油分で蒸発を防ぎます。

 

 

わざわざ高い化粧水を買わなくったって、

ミネラルウォーターや精製水に

好きな精油を垂らすだけで、

立派な手作り化粧水が作れますし、

そこにハチミツを加えてあげると、

保湿効果や多少の殺菌効果も期待出来ます。

 

 

乳液や美容液を使わなくったって、

私はいつもココナッツオイルで

皮膚表面を保護しています。

栄養は内側から摂るものなのに、

皮膚表面からも栄養を与えるということが、

どれだけトンチンカンなことかを知ってしまうと、

たったこれだけで充分だと気付くでしょう。

 

 

そのうえ余分な添加物を一切取り込まないので、

肌への負担もゼロですし、

経済的にも、そして在庫が切れた時の

精神的ストレスからも解放され、

一石二鳥のメリットどころではありません。

 

 

考えてみてください。

美しくなるために、

何かを使い続ける道を示す人と、

何も使わなくて済む術を教えてくれる人、

どちらに価値を感じますか?

 

 

実際には何かに頼った方が楽なので、

そちらを選ぶ人の方が多いでしょう。

しかし、綺麗な人というのは、

その美しさが外から作られたものではなく、

内側から来るものだということを知っています。

 

 

ですから、内側からの綺麗を目指す

私の生き方に興味を抱き、

そこに ヒントを得た人が

繋がりを求めてくるのかもしれません。

 

 

外見が綺麗な人

中身が綺麗な人

立ち振る舞いが綺麗な人

志が綺麗な人

 

 

綺麗な女性という定義は様々ですが、

共通して言えることは、

皆さん目がキラキラしていて、

前向きな人が多いということ。

 

 

綺麗なものは人の心を奪います。

その“人を惹き付ける力”こそが自分の魅力となって、

未来を豊かにして行くのだと思うので、

ぜひ一人一人が自分の力で輝く力を

身に付けましょう!

この記事を書いた人

かねやま たかこ
かねやま たかこ
“退屈”が何より苦手な自由人。 今よりもっと粋な生き方を提案する 「アーリーセカンドライフクリエイター」 同じ女性としての悩みに答えながら、 安心してその一歩を踏み出すお手伝いをしています。 一番始めやすいのが実は40代、今ですよ!