The following two tabs change content below.
戸田 慶一
社会実験派旅人/ブロガー/起業家 10歳からの旅人。かつて1年数か月にも及ぶ放浪をはじめて、世界各国にて数か月単位でのその土地に生きるスタイルで旅を続ける。初海外でBurningman(アメリカ・ネバダ、サバイバルアートフェス)に1週間参加したことを皮切りに、首長族をはじめとした先住民との生活や地下鉄構内やマンホールでの生活などを経験し、その経験から紡ぎ出される言葉には多くのファンがいる。 WEBメディアにて執筆記事が11万イイね超、数十万PVをたたき出し、多くの著名人にもシェアされ一気にその名を世の中に轟かせた。インターネットでの生放送事業にも参画し、認知が上がる。

ども、

10歳から旅してます旅人戸田慶一です。

僕は1歳半からスキーをしていて

10歳でスノーボードに転向し

今に至ります。

人生で一番長くしていることです。

今日はそんな僕が

立山に籠っていた時にあるガイドの方に教えていただいたことをあなたにもシェアしようと思います。

それは

ユニクロのヒートテック着てると死にますよ

ってことです。

何言ってんの?

あんたバカァ??

と言われそうですが

本当なのですよ。

その根拠も含めて書いていきますね。

これを読んだらあなたは雪山でヒートテックを着ることはなくなるでしょう。

では、

その理由を見ていきましょう。



素材にそのカギはあった


このヒートテックの素材が問題なのです。

  1. アクリル 41%
  2. ポリエステル 38%
  3. レーヨン 20%
  4. ポリウレタン 3%

ということなんだが、

このレーヨンってやつが問題児なのです。

では、

レーヨンってどんな素材か見ていきましょう。



レーヨンって何よ?


レーヨンは

人工繊維なのですが元は天然素材原料から作られています。

レーヨン自体の特徴としては非常に滑らかな肌触りがありますね。

じゃあいいじゃないですか!!

と聞こえてきますが

『吸水性』という部分において問題があるのです。

レーヨンは非常に高い吸水力を誇ります。

これが逆に

極限のマイナス世界では仇となるのです。

つまり

汗などをかきすぎると、吸水量に飽和がおとずれてしまうのです。

どういうことかと言いますと

乾きが遅くなるということです。

この乾きにくいということが

体温低下を推し進めてしまうのです。

体温低下は

雪山や登山において最も気を付けなければいけないところです。

本当に死に至ることもありますし、

ナメテはいられない問題なのです。



特にユニクロのモノは注意が必要


全体的にレーヨンの配合率の高いユニクロのヒートテックは注意です。

温かいと勘違いしていると

いつの間にか体温が奪われ

悪寒をも感じます。

では、

どんな原理でヒートテックが発熱するのかをお話ししましょう。



吸湿発熱、それが原理だ


『吸湿発熱』

つまりは汗をかくことで発熱するんです。

人間は汗をかかずに生活していても

1日800mlほどの水分を水蒸気として出しています。

この水蒸気を利用して、発熱しています。

繊維に吸着することで熱エネルギーに転換されて

温かくなるのです。

じゃあ雪山とかでは使用が向かないのはわかったけど

ダメなの?と思ってる方もいるでしょうから

そこを書いていこうと思います。



普段使いには最適


どんな時に有効なのかといいますと

下界での普段使いであれば問題ないです。

 

激しい運動とかには向きません。

 

体温低下が死に直結するような場面では避けた方がいいです。

 

ゲレンデなどでも

初心者を中心に見かけるのでこれからは違うモノにしてくださいね。

では、

違うモノってなに?という質問が来るので

次に行きましょう笑



メリノウールがいいよ


メリノウールは羊毛の中でも最高級とされるウールでメリノ種の羊からとれます。
他の種類の羊毛に比べて繊維が細いのが特長で、直径は通常23マイクロンより細いもので、とてもソフトな肌触りで衣料品に一番適したウールです。
メリノウールの中でも特に細いものはエクストラファインメリノと呼ばれ、高級紳士スーツや最高級のニットウェアなどに使われます。

参考URL

汗をかいても

肌にくっつかないサラサラ感や

なんといってもウールなので保温性は抜群です。

加えて

消臭効果も兼ねていて

汗をかいても匂いが気になることは皆無です。

値段はちょっとヒートテックと比べるとしますが、

雪山で寒いとかなりませんし

汗をかいてのベタベタもない。

それに乾きが早い。

そんな点からも僕は好きですし、

滑りに行くときのインナーはすべてメリノウールです。

長い目で見れば安い投資ですから

是非使ってみてくださいね。

滑った後が幸せな気分になりますよ。



まだシーズンインできてないんですよね


そう先週の5日

仲間からLINE。

『明日足慣らし行くけど行かない??』

もう6日は湘南へフラフラ行くことが決まっていたので残念ながらお断り。。。

そして8日

『明日行くんだけどイケル??』

9日も湘南なんでお断り。。。

もうなんなのみんな笑

ピンポイントで移動日に何で!!

僕の予定わかってんだろ。。。

でも

ようやく16日にはいけそう。

もう板の準備も万端!!

バインのセッティングはちょっと変えてみた。

はじめの一本で足がだめになる気がするけど

スノーボード大好きな仲間と

雪遊びしてる時間が最幸なんだ!!

今シーズンも怪我なく

楽しく感謝していたい。

もちろんスマホで仕事はしますよ笑



場所に縛られないお金の稼ぎ方


僕は今となってはスマホ1つでどこでもネット環境があれば仕事できる。

これって1年前は全くできてなかったな。

ハンモックに揺られてたもん笑

それがあっという間にできるようになって

場所に縛られることはなくなって

時間にも余裕が

心にも余裕ができて

どんどん理想の人生に近づけているんです。

滑ってて一緒になった方とかには

よく聞かれるんですが

『何をどうやってそんな生活してるの?』

教えたくないんですけどね笑

でも、

自分がある程度できるようになったので

あなたにも教えます。

でも期間限定!!

知る方法は下のバナーから僕のメルマガに登録するだけ!!

そのメルマガの中で

僕がしてきたことをすべて話しています。

ぜひ登録して無料のうちに情報だけでもゲットしてね!!

出し惜しみはないので!!

ただ、

本当に期間限定

気分屋ですから急に申し込みができなくなることが近日中にありえます。

メルマガであなたからのメッセージ待ってますね!!

この記事を書いた人

戸田 慶一
戸田 慶一
社会実験派旅人/ブロガー/起業家
10歳からの旅人。かつて1年数か月にも及ぶ放浪をはじめて、世界各国にて数か月単位でのその土地に生きるスタイルで旅を続ける。初海外でBurningman(アメリカ・ネバダ、サバイバルアートフェス)に1週間参加したことを皮切りに、首長族をはじめとした先住民との生活や地下鉄構内やマンホールでの生活などを経験し、その経験から紡ぎ出される言葉には多くのファンがいる。
WEBメディアにて執筆記事が11万イイね超、数十万PVをたたき出し、多くの著名人にもシェアされ一気にその名を世の中に轟かせた。インターネットでの生放送事業にも参画し、認知が上がる。