The following two tabs change content below.
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」 人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?

 

この写真、何かわかりました?
そうです。お父さんの”唯一の見せ場”
運動会の親子競技『ドキドキボールシーソー』です!!!

 

 

MP9A6862

こんな感じで、テコの原理を使い、
子供が板を踏んでボールを上に上げ、親がバケツでキャッチ!!

 

 

 

意外と難しい!!
子供の力加減によりボールが飛んだり、飛ばなかったり・・・。

気合入れすぎていたお父さんは、近づきすぎてボールを顔面キャッチ(笑)

 

 

 

 

大量のデータ

さて、突然ですが、
41枚
62枚
172枚
1097枚

合計 1,372枚

これは何の数字だと思います?

 

 

 

そうです!!

今回の運動会で我が家がとった写真の数です。

 

 

2015-10-18 15.00.39

いつもは、
200~300枚くらい(1日で)ですが
今回は、お父さん(嫁の両親)の“ええカメラ(Canon EOS 7D)”を借りて最高のショットを撮ってきました。

 

 

 

なんと、1秒間に8コマ/秒
少しシャッターを押しただけで、10枚くらい簡単にとれてしまうので、気付けば1000枚超えていましたね(^o^)。

 

 

 

 

さて、データ整理・・・
と思っているのですが、なかなかやろうとは思わない数・・・困った(*^^*)
大変です^^;

 

 

 

溢れすぎている情報

さて、さて、データといえば
最近はいろんな情報データをかんたん読むことができますよね。
大量の情報データを常に浴びている。
新聞、TV、携帯電話、パソコン、などなど色んな所から・・・。

 

 

 

でも、
情報量が多くて、どれが自分にとって必要なものかわからなくなることないですか?

 

気になるメルマガをたくさん登録して、毎日のようにメールがたくさん飛んでくるが
キャパがオーバーフローして全く見れていないことないですか?

 

 

 

私はそうでした。
大量の情報がありすぎて、何から読めばよいか分からず。
時間も限られていたので、結局いつもと同じような情報。

そしてその情報が自分にとって役に立つ情報か分からず、気付けば行動に移せていないパターンでした。

 

 

 

本当にもったいない。
重要な情報が無料で降っているにも関わらず、
・情報量が多すぎて、どれが正しい情報か?
・今の自分にどの情報が必要か?
・どれに対して行動にでるべきか?

判断できていない自分がいた。

 

 

 

本当にもったいない。

 

 

 

 

気付けば行動に移せず、時間だけが立っている・・・。
本当にもったいない。

 

 

 

自分の今の状態を知る

では、どうすればその大量の中の情報から自分にとって必要な情報を絞り込むこと出来るか?

 

 

 

私は以下と思います。

 

 

『自分の今の状態を知る。』

 

 

そうです。
今の自分の状態を知ると、自分にとって何が必要か分かります。そうすると必要な情報も何か分かりますよ。
その結果、更に今の自分にとって内容の濃い情報を集めることができ、行動に移せば結果がでる。

 

 

 

これって簡単のようで、実は難しい。

人のことはいろいろ忠告できるが、いざ、自分のことになったら全くわからないって言うことありますよね。

 

 

 

人に頼る

私の場合、今の自分を知るために、自分の尊敬する人や見習いたい人に連絡を取り、教えてもらうようにしています。

それだけでも十分行動に出ている事になりますが、その行動の結果、短期間に自分にとって必要な情報、もしくは情報の在り処を聞き出せ、確実に行動まで落とし込める。

 

 

 

こんな素晴らしいことはないですよね。
それに多少お金がかかっても、私は喜んで出します。

お金を出して買うからこそ、情報の価値をより高め、それに対して行動に移せれとも考えれます。

 

 

 

だって、そこには今の自分にとって情報の価値があるからです。

 

 

 

さて、あなたは価値ある情報をどのように判断して得ていますか?
よろしければ以下の「コメントを入力してくだい」
と言う箇所があります。

こちらより入力して教えてください。直接私に届きます。

 

 

 

 

あっそうだ、最初の『ドキドキボールシーソー』はこの写真のようになんとかギリギリバケツでキャッチすることができ、娘も大喜びでした。
実は、1番喜んでいたのは私だったりして。

MP9A6849

 

 

 

 

本日も記事を読んでいただき有り難うございます。

家族との時間を作るのに集中したら世界が変わったファミリータイムマネージャーのノリックより。

この記事を書いた人

加藤 のりふみ
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」
人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?