The following two tabs change content below.
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」 人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?

あなたは左利きですか?

 

 

 

私は・・・左利き?両利き?

・鉛筆を書く
・箸を持つ
・ボールを投げる

このうちどれか1つでも左手を使う人は「左利き」という記事があった。(どの記事か忘れました)

もしこれが、本当なら私は「右利き」。

 

 

でも、もう1項目追加して

・鉛筆を書く
・箸を持つ
・ボールを投げる
・ダーツの矢を投げる

とすると私は「左利き」になってしまいます。

 

 

 

そうなのです。
私は野球をするとき右投げ。
でも、何故かダーツの矢は右では投らげれない。
細かな事は左利き!?

 

 

 

たまに悩みます。
どっちの手を使えばよいか・・・

お箸は基本、右、でも左も使える。
野球も右打ちだが、左でも練習するし、
高校1年の時は左打ちを真剣に練習した。

ラケットはどっちかなぁ・・・多分左。
卓球は両手だね。パワーで押すなら右。ワザで勝負するなら左。

変な子でしょう!!

 

 

 

おたまが1番困る

よくある話で、
昔、親に強制されたようです。
基本左で、箸と鉛筆だけ右に強制され、
その影響で何個かは右になってしまったパターン。

その結果、自分でもよく悩む時がある。

でも、絶対に左でしか出来ないこともある。
・スプーン
・刺繍
・おしりを拭くの

1番、困っているのが”おたま”

ちょっとびっくり

hOyVE
http://matome.naver.jp/odai/2141005363216889701/2141243617578506003
でも、私と同じ、困っている人がいた。

 

 

 

あれ(おたまのこと)、凄く使いにくいんですよ。
右利きの人は、違和感ないと思いますが、尖っている方が片方しかなく、
食べ放題などでスープをすくうとき本当に使いにくい。
体の方におたまをたおす必要があり、結構難しいし、ヘタしたら汚れる・・・

 

 

 

お店やさんご一報を!

”食べ放題”をしているお店の人!!
⇒”両利き”用のおたまにかえるとお客が増えるかも!!

もし、交換しました!!というお店があったら
一番下の
「コメントを入力してください」
にコメントください。
そしたら記事に載せるかもです。
また、家から近ければ家族で行かせてもらいます。

 

 

意外と少ない左利き

ところで、
私の感覚では、左利きは2,3割りいて、
海外ではもっといたような感覚だったのですが、
調べてみると

 

 

日本   約12%
アメリカ 約1.8%
イタリア 約5.8%

 

 

で、日本が多くて、アメリカはほとんどいないとのこと。
意外とびっくりです。

日本の場合、最近では障害問題から右利きに強制的に直さないようになったことが主な理由。

アメリカは、両利きが多いとのこと。約28%。
右利き、左利きみたいな小さなことにはこだわらないようです。
さすがアメリカ!!

 

 

スポーツの正解は左利きが有利

でも、私の感覚で何故左が多いイメージが有るかというと
どうも野球に関係あるらしい。
そういえば、野球のメンバーでは左が多い。

野球で見ると圧倒的に左が有利

左バッター
一塁から近いだけで十分有利。
打ったら一歩すでに一塁に向いている。
右だと引っ張ったら、体が逆方向。

また、右投手には右打者、左投手には左打者が不利。
肩越しからボールを投げるので右投手vs左打者にくらべて醜い。
なので、プロ野球で代打はほぼピッチャーと逆のバッターが多い。
もしくはピンチでピッチャーを変える時はバッターと逆が多い。

ピッチャーも左が有利。
いろいろあるが、まず右投手に比べて左は少ないので慣れ、経験で見ても少ない。
また、左投手は一塁の牽制がうまい。なかなか2塁を盗めない。

なるほどなるほどと思ったが、
ふと疑問?

 

 

 

では、生まれは左の私が何故右投げ、右打ち??

どうも親に聞いたら、少年野球時代、
左打ちは、引っ張るとライトゴロ、
そしてライトからファーストのアウトがあるので、
これは駄目だと思い、右打ちに・・・

 

 

 

なんとも・・・

 

 

 

でも、そのおかげで両利きになれたのは事実。
右が疲れれば、左を使えばいい。
野球で右肩を痛めたが、ラケットは左OK。これからはテニスの時代?

そういう意味でいうと親に感謝です。

いろいろ調べていくと、スポーツの世界ではやはり左が有利、やはり圧倒的に右が多く、左の選手に慣れていないのが主な理由とのこと。

 

 

さて、あまり意味ないが私事でまとめると

 

 

■私の左利き/両利きのメリット

・両手で食べられる。
・右が疲れたら左にかえられる。
・野球で右肩を交渉しても左手でラケットを持て新たな趣味がもてる。

 

 

■私の左利き/両利きのデメリット

・左机の人のビールをよく飲んでしまう。
・寝ぼけて改札を1つ右側の通ったことがある
・おたまは先程の通り

 

 

 

■気を使うこと

・スプーンは左でしか持てないので、食事の席は左端に座るようにしていること。

 

 

左利きのあなたへ

さて、何が言いたかったかわからなくなったが左利きのあなたは何か思いついたはず。
これまでに困ったこと。それを私と共有しましょう。
そしたら、それを記事に書いて共感者を集めます。

 

ということで、コメントは

一番下の
「コメントを入力してください」
にコメントください。

 

 

 

家族との時間を作るのに集中したら世界が変わったファミリータイムマネージャーより

この記事を書いた人

加藤 のりふみ
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」
人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?