The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

前回ね、僕の営業の原点を紹介したわけだけど、これね。

要チェック。

⇒ ~営業の原点。京都・八ッ橋屋~

 

八ッ橋屋で働いてたけどさ、

僕はここが営業、接客のはじめての経験だったから

何をしていいかわからなかったのね。

 

接客って何したらいいの?って感じ。

営業って何をしたらいいの?って感じ。

 

そんなときにね、八ッ橋屋の前に人力車のお兄さんたちの陣地があったのね。

89E6919C20121

銀閣寺に向かう観光客の方たちに、

「人力車の乗りませんか?」って勧めてるんだけど、

 

それがヤバかった。

衝撃だったね。

めちゃくちゃ勉強になった。

 

何がすごかったかって、まあいろいろあるんだけどさ順番に説明してくね。

 


インパクト


IMG_0579_convert_20151001163318

観光客の方に声をかけるわけだけどさ、

声をかける一言目がすごかった。

 

なんて説明したらいいんだろう。

一発目で度肝ぬかれたね。

 

笑顔で大きな声なのはそうなんだけど、

グッと引き込まれるあの一言目。

 

人によって言うことは変わってくるんだけど

皆共通して一発目の声がすごかった。

 

営業でもさ、初めの1分が勝負とか言うじゃん?

人力車のお兄さんは初めの1秒でお客さんの心をわしづかみにしちゃってたよね。

 

言う内容じゃなくて、どのように一発目を伝えるかによって、大きく印象が変わるね。

はじめの1秒が勝負。

 

これかなり使わせいただきました。

おかげさまで八ッ橋売れました。

 


笑顔


IMG_0589

ずっと笑顔だよね。

あのさわやか笑顔には、男もやられるよね。

 

笑顔で接客するって当たり前に思うかもしれないけど、

笑顔で接客できてる人って少ないよね?

 

コンビニ行っても、ファミレス行ってもさ、

笑顔で接客してる人いなくない?

 

みんな当たり前のように「笑顔は大切」っていうけど

できてる人なんかほとんどいないからね。

 

その点、人力車のお兄さんたちは

まじでずっと笑顔。

 

あれだけ徹底できるのは本当にすごい。

 

しかも人を乗せて走ってるわけだから

普通に考えたらしんどいじゃん?

 

50M全力で走りながら笑顔たもてる?

 

これできないよね。

 

でも、人力車のお兄さんたちはどんなときも

ずっと笑顔なの。

これ本当にすごいことだからね。

 


知識


IMG_8676

人力車の乗ると、観光地のこと説明してくれんだけどさ、

この知識量がハンパないのね。

 

僕も京都で働いてたわけだから、

しかもお客さんに説明するわけだからさ

ちゃんと京都の勉強したのね。

 

それでも、彼らには勝てない。

 

実際に人力車のって説明受けたけど、

「なるほど~」って思うよね。

 

しかもね、ただ詳しいだけじゃない。

面白いんだって、これが。

もう笑えるよね。

だから人力車に乗ってるお客さんもめっちゃ笑顔。

 

このお客さんに笑ってもらいながら、興味を引きながら

説明するスキルはピカイチ。

 

だから僕も八ッ橋売るときは面白く説明するように心がけました。

感謝。

 


楽しそう


大

人力車のお兄さんってさ、

ずっと外にいるわけだから

夏は暑いし、冬は寒いし、雨にはうたれるし

結構過酷じゃん?

 

しかもマツコみたいなお客さんだったら

絶対にしんどいじゃん?

 

なのに、ずっと楽しそうにしてるのね。

見ててこっちも楽しくなってくるくらい。

 

お客さんを楽しませる以前に、

まずは自分が楽しんでる。

あの姿勢は本当にすごい。

 

2月とか8月とか八ッ橋屋めっちゃ暇なんだけど、

暇だと徐々にテンション下がってくるのね。

でも、人力車のお兄さんたちを見ていたら

元気がでてきて、こっちも頑張らないとなーって思えたわけよ。

それほど楽しそうだし、こっちも楽しくなってくる。

彼らは本当にすごい。

 

 

 

こんな感じで僕は人力車をいつも見ていたわけですよ。

で、彼らがやっていることをそのまま取り入れたら上手くいったっていうね。

それが今でも生きている。

人力車のお兄さんたちのおかげで僕はいま何とか生きていけてます。

感謝。

 

これって別に人力車に限らずなんだけど、

結局すごい人を真似るのが一番早いね。

営業に限らず、なんでもそう。

できている人のモノマネをするのが成果への最短の道。

OK?

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。