The following two tabs change content below.
青山 龍之介

青山 龍之介

サラリーマンブロガー。1987年生まれ。 早稲田大学大学院での応用化学専攻を経て、一部上場企業の広報として活躍。年間100組の来客対応や電子書籍出版の経験を元に、会社に依存しない生き方・働き方を提唱している。

サラリーマンブロガーの青山 龍之介です。

サラリーマンから抜け出したいという想いで、
数多くの本を読んだり、
同世代の起業家に会ってみたりする人もいるかと思います。

自分を変えたいという想いが行動に移されていることは
とてもいいことですね。

ただ、そこから意識高い系のサラリーマンの方に多いんですが、
自己啓発本を読みまくって、
モチベーション全開ながらもその先の行動には移さないパターンですね。

PAK88_toukyouekisyoumen20150112191247_TP_V1

モチベーションが上がること自体はとてもよくて、
そこからさらに勉強意欲が増すこともとても良い事なんですが、
いざ自分の立場を考えると起業や独立などは
リスクが多すぎて。。と多くの方が足止めとなります。

かくいう私も、サラリーマンとして本業を持っていますが、
今すぐに起業!とはなっていないわけです。

そのきっかけとなったのが、
経営学者でありコンサルタントの小杉俊哉氏の
『起業家のように企業で働く』という本に出会って気付きを得たからです。

IMG_0087


起業家マインドを持って仕事をする


小杉氏は、マッキンゼーやアップルなどで企業で働いた経験を持っている方で、

「起業家マインドを持って仕事をする」ということを
提唱していらっしゃいます。

まさに、私のようにサラリーマンブロガーとしての活動は、
本業を持ちながらも起業家マインドをもち活動することです。

この考え方は、本業にも驚くほどプラスに働くので、
やらされてる感を持たずして仕事ができるのです。


企業で働くことのメリットを最大限に活かす


いきなり起業してもなかなかできないことでも、

企業で働くことのメリットを活かせばできることもあります。

なぜなら、企業には豊富なリソースがあるからです。

ヒト・モノ・カネ・ブランド。

これらがあることで、
新たな事業に繋がることを手がけたり、
専門性を高めたスキルを身につけることすらできますよね。

私の場合は、ドイツのデュッセルドルフに
新規ショールームを創る計画を企てていますが、
そこには、人手や予算を企業から支援してもらうカタチで
実現に近づけています。

MIYAKO85_cafebreathetennai20140725_TP_V


起業せずに新しい事業を手がける


企業にいながらこのようなメリットをいかせば、

例えば今後起業・独立したときに活かせるスキル・経験を
身につけることができます。

その一歩として、
「起業せずに新しい事業を手がける」経験をしてみるのです。

MIMIYAKO85_cafedeworks20140725_TP_V

何も、それは本業に限った話ではなくて、
私のようにブログを書き続けて1つのメディアを創ってみたり、
ブログや文章を書くスキルを活かして、
そのノウハウを教えてみたり、
といった新たな事業に繋がることもいくらでもできるのです。

勢い余って起業する前に、
サラリーマンの方であれば、
いま属している企業のメリットを最大限に活用しましょう。

この記事を書いた人

青山 龍之介
青山 龍之介
サラリーマンブロガー。1987年生まれ。 早稲田大学大学院での応用化学専攻を経て、一部上場企業の広報として活躍。年間100組の来客対応や電子書籍出版の経験を元に、会社に依存しない生き方・働き方を提唱している。