『しっかりしろオ!! 流れは自分たちでもってくるもんだろがよ!!』

いきなり叫んじゃいましたが。

 

これ

よく自分に言い聞かせてますw

 

これはバスケット漫画

『スラムダンク』に出てくる

 

宮城リョータの言葉です

 

簡単にこの名言が生まれたシーンを振り返ると
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最強と言われていた高校、山王戦の後半。

点差が大きくなったものの、実力差ではそこまで離れているわけでは無いと感じた宮城。

『絶対に もう一度ウチに流れがくる!』
と、宮城はまだまだ試合をあきらめていません。

しかし仲間は、負けを意識した疲労などから相手に飲まれて足が止まっています。

簡単に相手に抜かれ、いつも出来ているプレーも出来ない状況。

このままでは追いつけなくなると、宮城が仲間にかけた言葉が

『しっかりしろオ!! 流れは自分たちでもってくるもんだろがよ!!』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

名言ですね。

 

どうしても
夢と現実の差、現実の壁により
現実から目を背けたくなったり、現実逃避したくなったりするものです。

 

だからと言って、何もせず立ち止まっていては何も変わりません。
自分たちで行動しチャレンジすることによって、変化が生まれ流れが変わります。

 

もし、
同じような状況で足が止まっていると感じているのであれば
この言葉を自分に言い聞かせて見てください。

 

『しっかりしろオ!! 流れは自分たちでもってくるもんだろがよ!!』

 

そして、目を覚まし行動しましょう!

 

この気持ちを忘れなければ
勝てないと思っていた相手にも勝つことが出来ます。

 

できてる人との差、強い人との差って

 

ほんの少しの気持ちの差と
ちょっとした経験の差でしかありません。

 

眠っている強い気持ちを呼び覚まし
良い流れを作りましょう!