The following two tabs change content below.
かねやま たかこ

かねやま たかこ

“退屈”が何より苦手な自由人。 今よりもっと粋な生き方を提案する 「アーリーセカンドライフクリエイター」 同じ女性としての悩みに答えながら、 安心してその一歩を踏み出すお手伝いをしています。 一番始めやすいのが実は40代、今ですよ!

 

何かと溜め込んじゃっていませんか?

心も身体も。

 

 

あまりに溜め込んじゃうと、

身動きが取りづらくなって、

動かないことが普通の人生へと

徐々にシフトして来ます。

 

 

動かない世界に一度ハマってしまうと、

その楽チンさに慣れ過ぎて

動き出すことが億劫になり、

ついついそこに留まろうとする。

 

 

これ人間の持つ、

一つの特性なのかもしれませんね。

でもこれって、

命の循環を完全に無視した行いなんです。

 

 

水は流れを失うと濁るように、

血はサラサラと流れてないと病気になるし、

人は動いてないと筋肉は衰え、

思考の衰退は活力をも奪います。

 

 

そして“腸”も、

活発に動いていてこそが自然の摂理であり、

人間が生きてく上で必要な栄養素を取り込み、

不要な排泄物を排出することが出来るのです。

 

 

そこで今、

私の周りのセラピスト達の間で話題になっている

新たなデトックス食材がコレ。

 

img63080717

 

 

きくらげ”です。

 

 

普段食卓にはなかなか並ばない食材かもしれませんが、

これかなりのスーパーフード。

薬膳料理に多く使われ、

特にアンチエイジング効果に優れています。

 

 


きくらげの魅力


 

①ビタミンD

 

ビタミンDは、

腸管でのカルシウムの吸収を促進し、

骨の形成を助ける栄養素です。

 

ビタミンDを多く含む食品の中でも、

ダントツの含有量を誇るのが

“きくらげ”なんです。

骨密度を上げて、

関節痛にも備えましょう!

 

 

②食物繊維

 

食物繊維は、

便の量を増やして便秘を防ぐほか、

最近では、心筋梗塞、糖尿病、肥満などの

生活習慣病の予防に役立つこともわかってきています。

 

 

きくらげは不溶性食物繊維ですが、

100gあたりの含有量は

ごぼうが3.4gに対し乾燥きくらげは57.4gと、

ここでもトップクラスを誇ります。

 

 

腸内環境を整え、

肥満防止と便秘を改善しちゃいましょう!

 

 

③鉄分

 

鉄分の一番の働きは

「全身に酸素を運ぶこと」です。

そのため、

鉄分の不足は全身の酸素不足となり、

貧血という状態に陥ります。

 

 

女性は特に不足しがちな栄養素ですよね。

鉄剤を飲むことによって胃がムカムカしたり、

吐き気がするなどの副作用も考えると、

やっぱり安全な食べ物から摂取したいものです。

 

 

代表的なレバーに比べて

3倍近い含有量があるので、

レバーが苦手な方には大きな味方です。

 

 

血液を浄化し、

体内から綺麗を目指しましょう!

 

 

④カルシウム

 

カルシウムは、

言わずとしれた骨の原材料です。

これなくしては、骨はできないです。

 

 

カルシウムが骨の原材料であれば、

ビタミンDはその栄養素です。

この両方があってこそ健康な骨が出来るのです。

 

 

乾燥きくらげの場合、

含有量は牛乳の約3倍。

どちらもバランスよく含まれているので、

健康な身体を作るのに

もってこいの食材だと言えますね。

 

 

いつまでも自分の足で

力強く生きて行きましょう!

 

 

⑤カリウム

 

カリウムが不足すると、

高血圧やむくみの原因になると言われています。

また、筋肉の収縮にも関わっているので、

痙攣を起こしたり、

倦怠感や食欲の低下をもまねくようです。

 

 

コレステロールや血糖値の上昇も抑えるので、

生活習慣病もきくらげの力によって

助けてもらいましょう!

 

 

⑥ビタミンB2

 

ビタミンB2は、脂肪を燃焼させ、

エネルギー代謝や細胞の新陳代謝を促進し、

健康な皮膚や髪、爪をつくるなど、

発育や美容に関わるビタミンです。

 

また、植物性のコラーゲンを含むので、

肌に潤いを与えます。

続けて食べれば、

シミやそばかすなどに有効で美肌効果があります。

 

 

いつまでも美しく保つには、

抗酸化力に優れているきくらげの力で、

老化を防ぎましょう!

 

 

 

これほどまでに“きくらげ”が

万能な食材だということを、

ご存知だったでしょうか?

 

 

中国ではメジャーな食材ですが、

日本ではまだまだ調理法を知らない方も多く、

なかなか食卓に登場する機会が少ないようです。

 

 

サラダや炒め物、スープやおでんなど、

一年中楽しめる食材ですので、

ぜひとも日常に取り入れてみてください。

 

 

綺麗な人は、

周りに良いエネルギーを与えます。

多くの女性が綺麗になれば、

日本全体が良いエネルギーに包まれて、

どこにも負けないハッピーな国に

生まれ変わるかもしれません。

 

 

『あたなの綺麗が日本を変える』

まずは内側から、

本物の綺麗を目指しましょう!

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

かねやま たかこ
かねやま たかこ
“退屈”が何より苦手な自由人。 今よりもっと粋な生き方を提案する 「アーリーセカンドライフクリエイター」 同じ女性としての悩みに答えながら、 安心してその一歩を踏み出すお手伝いをしています。 一番始めやすいのが実は40代、今ですよ!