The following two tabs change content below.
小西 玲太朗

小西 玲太朗

海外在住マルチアーティスト兼短編映画系文芸ロックバンド PAYFORWARD(ペイフォワード) コンポーザー。アニメーターとタッグを組んだ作品は第13回新国際ニコニコ映画祭大賞とユーザー賞を受賞、更に第15回文化庁主催メディア芸術祭で優秀賞、またニコニコ動画デイリーランキングでは総合ランキング1位を獲得し、累計再生数は300万を超える。また、グラフィックアーティストとしても活躍しており、Amanaグループ関連グラフィックアートコンテストではグランプリを受賞、大手ゲーム会社やメジャーレコード会社のプロダクトデザイン等も務めた。人気アパレルブランドAndAや韓国のアパレルメーカーにもアート作品を提供するなど、独自の世界観が注目される。また、インフルエンサーとしても強い影響力を持ち主宰するメールマガジンは発行部数20万部を上回り、Instagramフォロワーは2万2千名にのぼる。週刊誌特集掲載多数。世界に可能性を見出し海外移住。南国プーケットで400平米を超える豪邸に居を構え創作活動を開始する。

以前僕が書いた記事、年収1億越の元無名デザイナーが語る自分発信すべき11の理由でお伝えした「自分をメディアにしていく」というセクシーな考え方を聞いて自分もチャレンジしてみようかな。なんてことを考えるようになった方も多いかと思います。

そこで今回は、自分がメディアになって影響力を持つために一体どんな発信媒体を選ぶべきかというお話をしていきたいと思います。

 


結果を追求するために押さえておきたいポイント


[まず世の中には無数のメディアカテゴリがあります。テレビ・新聞・雑誌・ラジオ・ウェブ etc…
またそれぞれの分野でも多種多様なチャンネルに分かれてそりゃもう無数のメディアが混沌としているわけです。

重要なのは、各メディアの特徴や特性によってメディアの購読者にも属性が現れているということです。

ここをうまく理解して、自分を武器にしやすい媒体で、自分の武器が効きやすい属性の層を狙い撃ちできれば素早く効果を上げていけるということです。

で、いろいろと考えたんですが全部のメディアの特性や説明、効果的な発信方法を一記事でまとめると3?4冊の本ができてしまうようなボリュームになってしまうので記事を分けていこうと思います。

ということで今回の記事では「何故、媒体を選ばなければならないのか?」をお話していきたいと思います。

これは非常に簡単な事なんですが、改めて整理しましょう。

トレンドに左右されて自分の特性や武器とミスマッチな媒体で発信を始めちゃったりしないように。

 


せっかくやるなら着実に前に進んでいきましょ。


バリッバリのギャルがフワッフワのファッション誌ノンノとかを絶対読まないのと同じように
バチバチのヒッピーがシティダンディのファッション誌レオンなんぞ絶対に読まないのと同じように

「ある人にとっての価値」は「ある人にとって無価値」であるということです。

何が言いたいかというと需要と供給をマッチさせなければならないということです。

 


需要と供給の関係を知る


例えばツイッターではラフで緩い日常会話の様な発信をベースにコミュニケーションを発展させていく事に需要がありラフで緩い日常会話の中に心に響く発想や思想を盛り込んだりマメなコミュニケーションをはかったりする事が需要に対するアンサーになります。

ブログでは「知りたいことを調べる」時に「知りたいことが知れる」事が需要ですから、調べられていることに対してぴったりハマる情報を可能な限りわかりやすく、且つ詳しく提示する事が需要に対するアンサーになります。

 


マーケティングとはなんぞや


細かなテクニックやなんやらはこれから更新していく記事で記していきますが、需要のある場所がどこなのか、それはどういった属性の人々がもっているのか等の人物像を知る必要があります。これをマーケティングと言います。

マーケティングはなんのためにするのかというと自分をメディアとして影響力をつけることを目的とするなら自分の武器に最も効率良く効果を発揮させるためです。

もちろんマーケットに合わせて武器を変えていくこともできます。

これもマーケティングと言いますが、自分を発信して影響力をつけることを考える場合自分の趣味趣向等が武器になる場合がほとんどなので自分が影響力を広げていけるマーケットを探していくのが効率的でしょう。

 


どのマーケットにする?


で、最も参入障壁の低いインターネットメディアを利用する時に数ある発信可能媒体の中から既存ユーザーの属性を考慮して参入メディアを選定すれば「楽しく・早く・効率的に」影響力の輪を広げていける可能性があがるということなわけです。

そのタメにはまず自分がどんな性質の人間なのかを知る必要があります。

これについては次回の記事で。

 

この記事を書いた人

小西 玲太朗
小西 玲太朗
海外在住マルチアーティスト兼短編映画系文芸ロックバンド PAYFORWARD(ペイフォワード) コンポーザー。アニメーターとタッグを組んだ作品は第13回新国際ニコニコ映画祭大賞とユーザー賞を受賞、更に第15回文化庁主催メディア芸術祭で優秀賞、またニコニコ動画デイリーランキングでは総合ランキング1位を獲得し、累計再生数は300万を超える。また、グラフィックアーティストとしても活躍しており、Amanaグループ関連グラフィックアートコンテストではグランプリを受賞、大手ゲーム会社やメジャーレコード会社のプロダクトデザイン等も務めた。人気アパレルブランドAndAや韓国のアパレルメーカーにもアート作品を提供するなど、独自の世界観が注目される。また、インフルエンサーとしても強い影響力を持ち主宰するメールマガジンは発行部数20万部を上回り、Instagramフォロワーは2万2千名にのぼる。週刊誌特集掲載多数。世界に可能性を見出し海外移住。南国プーケットで400平米を超える豪邸に居を構え創作活動を開始する。