The following two tabs change content below.
都並 佑樹

都並 佑樹

1972年生まれ。東北大学大学院修了。技術士(総合技術監理・建設)。頑張って取得した学歴や資格が、返って人生を消耗させていることに矛盾を感じたことがありませんか?数年前の私のように。古い常識を打ち破り、まずは年収10倍UPを共に目指しましょう!コモディティからの脱却を応援します!

仕事がらGoogle Earth(マップ)をよく利用しているのですが、最近大きな変化が有りました。

まだ首都圏など一部の地域だけのようですが、3D化されました。

東京タワーに着目

画面を右にずらすと、右上から見た画像。

Google Earth

左にずらすと、左上から見た画像。

Google Earth

どの方向にずらしても、その方向からの画像になります。

360度どの方向からも見ることができます。

少し前まではこうでした。

Google Earth

平面的な位置だけは合っていますが、画像自体は変化しません。

だから、どんなに右にずらしても左から見た斜めの写真がそのままです。それに影まで写っていますね。

 

これってすごくないですか?

テレビの画面を下から覗いたらスカートの中が見えてしまう技術ですよ。

今時小学生でもそんな馬鹿なことやらないと思いますが、30年前の少年の夢を実現してしまったようです。

蜃気楼と同じで光の屈折を応用しているらしいです。すごいですね~。

なので、女性の皆さん、あらゆる方向からの画像を撮影できる全方位カメラに注意した方がいいですよ!

現在は、測量目的以外の利用が禁止されてますが、秋葉原ではすでに小型化されて売りだされているそうです。

全方位カメラ

画面の下から覗いてみましょう ↑↑↑

全方位カメラ

なにか見えましたか? ↑↑↑

 

 

 

 

 

 

 

なんて、そんなわけ無いですよね。^^

見えていないところが写る訳ないのでご安心を!

(画像クリックしちゃった人は、コメントとともにシェアをお願いします。)

詳しくは知りませんが、飛行機を少しずつルートをずらしながら何側線も撮影して、あとから立体視の要領で高さ情報を取得して、画像にデータを持たせたのでしょうか。

立体視までは可能だとしても、それを高速でスムーズに表示するレンダリング技術もまたすごい。

試してみたい人は、こちらから。

埋め込みのままだと対応していないようなので、「拡大地図を表示」をクリックしてサイトに進んでください。

なお、スマホのアプリは、現時点で未対応のようです。

PS 全方位カメラはまともな商品です。仕事でよく使っています。笑

この記事を書いた人

都並 佑樹
都並 佑樹
1972年生まれ。東北大学大学院修了。技術士(総合技術監理・建設)。頑張って取得した学歴や資格が、返って人生を消耗させていることに矛盾を感じたことがありませんか?数年前の私のように。古い常識を打ち破り、まずは年収10倍UPを共に目指しましょう!コモディティからの脱却を応援します!